【募集終了しました】令和4年度 彩の国ベンチャーマーケット出展企業募集中!【開催日:令和5年1月19日(木)】

彩の国ベンチャーマーケット

出場申込受付中!【11月7日(月)締切】

創業・ベンチャー支援センター埼玉HP
彩の国ベンチャーマーケット出場募集ページよりお申込みください

こちらをクリック!

独創的な技術・製品・サービス等で、新たな事業展開を目指すベンチャー企業のビジネスコンテスト「令和4年度 彩の国ベンチャーマーケット」を、令和5年1月19日(木)に開催します。
通算35回目となる今回は、会場を新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前)に移し、3年ぶりのリアル会場開催となります。
出場企業の皆様には、自社の技術・製品・サービスの優位性など、販路開拓や投融資、事業連携等を目的としたプレゼンテーションを行っていただきます。
県内外の多くの方々に自社の技術・製品・サービスを紹介できる絶好のチャンスですので、ふるってご応募ください。

開催概要

■開催日時

◆令和5年1月19日(木)

■会場

◆新都心ビジネス交流プラザ4階会議室

■応募要件

①~②のいずれかに該当し、かつ③④の条件をみたすベンチャー企業(法人・個人は問いません)

①SDGs推進や社会課題の解決に貢献する事業を展開している企業
②その他自由テーマ
③独創的なアイディア、技術、製品、サービス等を有し、既に事業を行っている、または、これから事業を行うための明確なビジネプランを有していること
④埼玉県内に本社または主要な事業拠点を有しているか、または、有する予定であり、技術及び経営の革新に積極的に取り組んでいること

■募集数

◆5社程度

■参加費

◆無料(書類作成提出や交通費等の諸費用は申込者負担となります)

■応募方法等

出場申込受付中!【11月7日(月)締切】

創業・ベンチャー支援センター埼玉HP
彩の国ベンチャーマーケット出場募集ページよりお申込みください

こちらをクリック!

お問い合せ

(公財)埼玉県産業振興公社 創業ベンチャー支援センター埼玉
担当:松浦

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-2222   FAX.048-857-3921

メール. venture@saitama-j.or.jp

【募集終了しました】「DX戦略策定セミナー【10月26日(水)】」参加者募集のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、県内中小製造業者の皆様がデジタル技術を使って「今までにない新たな価値」を生み出したり、ビジネスや組織、働き方など様々なかたちを「変革」することを目指し、DX戦略策定支援事業を実施しています。当セミナーでは法政大学経営大学院イノベーションマネジメント研究科の玄場公規教授と当公社の西村孝司デジタル活用コーディネーターが講演します。

※リーフレットはこちらをご覧ください。→DX戦略策定セミナーリーフレット

開催概要

■日時

令和4年10月26日(水)13:30~15:15

■方式

オンライン(ライブ配信/Zoomウェビナー使用)
※Zoom社のウェビナーを使用したWEB配信によるセミナーです。

※申込後、開催日前日までにメールでセミナーのURLをご案内します。インターネット環境があれば、URLをクリックするだけで、パソコンやスマートフォン等から参加(視聴)いただけます。

※ライブ配信となります。講演中にQ&Aでの質問を受け付けます。   
(
※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。)

■スケジュール

◆13:30~14:30
【講演1】「DX戦略の重要性と戦略策定上の課題」
法政大学経営大学院 イノベーションマネジメント研究科 研究科長 教授 玄場 公規 氏

<概要>日本企業にDX戦略の立案・実行が求められていることは周知の通りです。ただ、やみくもにDXを推進すると目標とした業務改善に繋がらないどころか、場合によっては損失を被る可能性すらあります。本講演では、何故DX戦略が必要なのか、また、戦略策定上の課題を紹介し、DX戦略策定の具体的なプロセスを提示します。

<プロフィール>東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了(学術博士)。東京大学工学系研究科助手、寄付講座助教授、立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科教授、スタンフォード大学アジア・パシフィックリサーチセンター客員研究員などを経て現職。

14:35~15:15
【講演2】「 経営デザインシートを活用したDX戦略策定支援 」
公益財団法人埼玉県産業振興公社 デジタル活用コーディネーター 西村 孝司

■定員

80名

■申込締切日

10月21日(金)

■対象

埼玉県内中小製造事業者等

■参加費

無料

■Zoomの注意事項について

・開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、ご参加ください。開会15分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

申込フォーム(事前申込制)

お申し込みはこちら

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 デジタル・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.j

【募集終了しました】令和4年度 「画像認識、AIを活用した先端的な製品開発」支援セミナー・WEBマッチング商談会【開催日9月26日(月)】参加者募集のご案内

人間の知能を模した機能をもって高度なコンピュータ処理を行う技術、AIAIは様々な領域で活用が進められていますが、とくに進歩が著しい技術が機械学習と呼ばれる技術領域であり、その中でもとくにビジネス活用が積極的に進んでいるのが画像認識の分野です。本セミナーでは、画像認識、AIを活用した先端的な製品開発の現状と最新の活用事例について解説いたします。併せて、県内企業のマッチング機会創出を図るべく今回の講師としてお迎えしました大学、企業との商談会を同時に開催します。
また、今回は新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、オンライン形式でセミナー、商談会を開催します。
インターネット環境があれば、どこでもパソコン、スマートフォン等を利用してご参加が可能です。

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和4年9月26日(月)・・・9:30~12:00
◆商談会   令和4年9月26日(月)・・13:30~16:30
※商談会は上記時間内で面談時間を商談会参加者様に個別にご案内します。

■会場

なし(WEBセミナー)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(9:30~12:00)
(1)画像認識、AIを活用した先端的な製品開発の現状
講師 佐賀大学理工学部理工学科機械工学部門 教授 佐藤 和也 氏
(2)画像認識、AIを活用した先端的な製品開発の最新事例①「毛髪・不良検出」
講師 東京理科大学先端工学部電子システム学科 教授 相川 直幸 氏
(3)画像認識、AIを活用した先端的な製品開発の最新事例②「環境の変化に対応して生き残ろう。アウトソース活用できます。」
講師 (株)アトラックラボ 代表取締役 伊豆 智幸 氏
(4)画像認識、AIを活用した先端的な製品開発の最新事例③「カイトシステム:高高度隊列飛行三次元空間情報収集ドローン型ロボット」
講師 (株)eロボティクス 代表取締役 板羽 昌之 氏

◆商談会(13:30~16:30)
◇商談対象者(本セミナー担当講師)◇
東京理科大学先端工学部電子システム学科 教授 相川 直幸 氏
(株)アトラックラボ 代表取締役 伊豆 智幸 氏
(株)eロボティクス 代表取締役 板羽 昌之 氏

■定員

50名

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー

・画像認識、AIを活用しての製品開発に関心がある企業
・画像認識、AIを活用しての製品開発を検討している企業

◆商談会
下記ニーズ情報をご参照ください。

①東京理科大学(http://www.te.noda.tus.ac.jp/pub/labs/aikawa/index-j.html
商談希望ジャンル:センサーを用いた計測制御や画像を用いた異物・不良検出

②(株)アトラックラボ(http://attraclab.com/hp/
商談希望ジャンル:生産設備の新世代ロボット化、建築・土木の無人化、安全対策、無人物流、農業の工業化

③(株)eロボティクス(https://www.e-robo.co.jp/
商談希望ジャンル:各種センサー及び測定機器・環境関連機器開発企業

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

※募集終了いたしました。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: miyazaki.yuya@saitama-j.or.jp

第3回産学連携技術シーズ発表会
【生命工学分野】講演動画配信:受講者限定版

産学連携支援センター埼玉では、大学・研究機関の研究・技術シーズと研究開発型企業が連携し、新たな製品・技術を開発する取り組みとして技術シーズマッチング会を開催します。   第3回産学連携技術シーズ発表会は、生命工学分野として産業の実用化が見込める技術シーズを講演します。大学・研究機関と連携し、貴社の製品・技術開発を推進したい企業の受講をお待ちしています。

〇第3回産学連携技術シーズ発表会【生命工学分野】

開催概要

■視聴できる期間

令和4年9月20日(火)~9月29日(木)10日間視聴できます
You Tubeを活用し視聴申込をされた方へ限定配信します

■視聴方法

視聴を希望される方は、受講申込をお願いします。
受講申込をされた方へ、講演録画を視聴できるURLを限定で配信します
URLは、受講者のメールアドレスに開催前日までにメールでお知らせします。
配信期間中はいつでも聴講可能です。

■参加費  無 料

■定 員    60名

■概 要

第1講演 傷害予防に必要な新コンセプトと材料特性による靴開発【20分】  
                                埼玉県立大学 保健医療福祉学部理学療法学科  助教 清水 新悟 氏

靴の中には、インソールという中敷きが挿入されています。インソールの目的は,なくなった土踏まず(アーチ)をサポートすることからアーチサポートと呼ばれます.しかしながら,アーチサポートは衝撃吸収作用を客観的な数値で評価されていないため,主観的です.本研究では,アーチの無い扁平足の衝撃吸収作用を考慮した素材と形状を選定し,製作した足部アーチを靴に挿入することで新しい靴開発を行います。
【適用分野・用途・業界】靴製作メーカー、ゴムメーカー、ロボットの足部関係


第2講演 画像観測可能な新しい化学センサ【20分】
      
                                埼玉大学 大学院理工学研究科数理電子情報部門 教授 内田 秀和 氏

新しい化学センサについて動作原理と応用技術を解説します。このセンサは化学反応を二次元で可視化して画像として観測することが可能で、化学顕微鏡をシンプルな構成で提供します。一般的な測定手法と組み合わせることで、多様な分子認識や機能性分子の探索に適した新しいアプローチを提供します。さらに、空気中の分子を取り込めば臭気計測が可能となるため、健康管理や室内環境計測、安全保障の分野などへの応用が期待できます。
【適用分野・用途・業界】室内環境計測、健康管理、ウェアラブルセンサ、セキュリティ、創薬、医療診断、探知犬(空港検疫、災害救助など)


第3講演 ウィルス感染症の高感度・迅速検出
【20分】      
                                東京家政大学  家政学部環境教育学科 教授 池田 壽文 氏

ウィルスや癌マーカーを高感度且つ迅速(約1時間)に”直接”検出するシステムを開発しています。PCR増幅した後にターゲットを検出する従来の光学的手法とは異なって、生体試料から抽出したターゲットを電気化学的に”直接”検出する方法です。センサーとして人工核酸であるペプチド核酸( PNA )を用いており、DNAを用いたときに発生する酵素分解・再現性の問題をクリアしています。まず、持ち運び可能な家畜感染症の迅速診断を目指し、ゆくゆくは、ヒト癌の超早期診断に対応したPOCT装置開発を進めていく予定です。
【適用分野・用途・業界】
PNAカートリッジ:
①血液・唾液由来の特定遺伝子抽出     ②家畜糞便由来のウィルス抽出
PNAセンサーチップ:
①マイクロRNAを利用したがん超早期判定  ②変異株を含む各種ウィルスの迅速測定


第4講演 スタッフ不足を解消する質の高いリハビリテーションシステムの開発【20分】 
      
                東京家政大学  健康科学部リハビリテーション学科 准教授 磯 直樹 氏

病気や加齢によって低下した運動機能を効率的に改善するためのリハビリテーションシステムです。仮想現実を活用し、対象者にリアルタイムにフィードバックすることで効果的な練習が行え、リハビリテーション専門職のスタッフ不足を補います。
【適用分野・用途・業界】リハビリテーションを必要とする医療福祉分野(医療機関から在宅を含めた介護領域)


第5講演 細胞機能評価デバイスの開発【20分】
                                東京電機大学 理工学部理工学科電子工学系 准教授 大越 康晴 氏

ダイヤモンド状炭素膜(DLC)の成膜領域をデザインして、各種細胞に応じて、細胞の接着性特性を判定するデバイスです。従来の手法では、培養中の細胞の分布の偏差といった偶発的な外乱が問題となりますが、本発明では、同一培養環境下で複数のDLCを同時に評価することで、各種細胞に適したDLCの表面機能について迅速な選択を可能とし、一般的なDLCの細胞親和性評価ツールを創る基盤技術となります。
【適用分野・用途・業界】再生医療市場において、細胞治療用の細胞培養や、医薬品開発の効率化を図る細胞培養容器のバイオインターフェースとしての用途が期待される。

 

第6講演 安全な取扱いが可能な二本鎖DNA蛍光標識技術の開発【20分】 
                東京電機大学 理工学部理工学科生命科学系  助教 高橋 俊介 氏

耐熱・耐酸・耐塩基性の特性を持つDNA結合性タンパク質を利用した核酸染色技術であり、生命・医薬分野への活用が期待できます。生体分子由来のため、安全に取扱いが可能です。DNAとの親和性が高く細胞内核染色や1分子蛍光イメージングが可能で、化合物核酸染色試薬と比べ、退色時間が長く、長時間イメージングも期待できます。
【適用分野・用途・業界】 生命・医薬分野の研究試薬などを想定

 

第7講演 竹リグノへミセルロース成分と利用【20分】 
                東京電機大学 理工学部理工学科生命科学系 教授 椎葉 究 氏

1 濃硫酸や濃アルカリ、有機溶媒、塩類などを用いることなく、減圧マイクロ波処理、蒸圧処理と酵素処理の組合せにより、竹から調製したリグノヘミセルロース成分
2 抗酸化性、血しょうコレステロール上昇抑制、免疫賦活作用効果、プレバイオティクス作用などの生理活性効果を見出した。健康食品素材や化粧品への利用、更に飼料への利用
3 土壌環境汚染の浄化(バイオレメディエーション)用資材への利用
【適用分野・用途・業界 】
・抗菌・抗ウィルス作用、抗酸化、老化防止作用、UV カット作用による化粧品原料
・強い抗酸化性、低級脂肪酸を産生する腸内細菌の活性化作用により脂質代謝の改善や免疫作用の改善作用による健康食品分野
・竹細胞組織成分が乳酸菌の生育を促進。 ペットの健康促進機能をもつ飼料
・竹細胞組織成分のバイオレメディエーション促進効果による環境汚染物質の分解剤

 

第8講演 市販塩からの好塩菌の分離および                                  
        それらが生産する好塩性酵素の諸性質解析と精製【20分】
                東洋大学 理工学部応用化学科  准教授 峯岸 宏明 氏

好塩菌が生産する好塩性酵素は高濃度の塩環境下で働けるだけでなく、耐熱性や耐有機溶媒性を有するものが多いことが知られています。一般的に、酵素反応は水反応系で行われるが、好塩性酵素を用いることで、これまで反応の場としての利用例が少ない有機溶媒存在下での反応が期待できます。本研究では好塩性酵素の社会実装を目指し、各種好塩性酵素を生産する微生物の探索と、それらが生産する酵素の精製・諸性質解析を行っています。
【適用分野・用途・業界】生物資源利用技術

 

第9講演 醤油諸味粕を減量・再資源化する好塩菌・耐塩菌の探索【20分】
                東洋大学 生命科学部応用生物科学科  准教授 高品  知典 氏

醤油諸味粕は醤油生産のおける副産物であり、日本国内で年間約6万トン発生しています。現在、それらは肥料や飼料、燃料として再利用されていますが、脱塩・乾燥処理が必要であり、コスト・環境保全の面で課題が残されているといえます。そこで脱塩処理せずに醤油諸味粕を分解減量する好塩菌・耐塩菌の探索を試みました。その結果、30℃および4℃で分解する微生物の分離に成功しましたので報告します。
【適用分野・用途・業界】産業廃棄物や副産物の減量および再利用、食品および環境関連業界等

 

第10講演 挿入外来遺伝子の強力で均一な発現をおこす                                       
        染色体上の位置の同定と当該位置への遺伝子挿入【20分】 
               日本大学 医学部医学科糖尿病代謝内科学 教授 石原  寿光  氏

役割が未解明の遺伝子の細胞における機能を解析するために、当該遺伝子のcDNAあるいは当該遺伝子に対するshRNAを発現する遺伝子を染色体に組込み、発現させることが行われてきた。
しかし、挿入遺伝子の発現量が、細胞によって均一にならないという問題が存在しています。
本発明は,外来性に挿入した遺伝子を均一に発現させる細胞株を容易に作製できるようにしたものです。
【適用分野・用途・業界】細胞を用いた研究における外来遺伝子の均一な発現

 

第11講演 医用画像処理装置: 肝癌の自動抽出プログラム【20分】 
               日本大学 医学部医学科消化器外科学 准教授 中山 壽之 氏

肝癌は第5位の癌死亡数を占めている。その画像診断にはCT装置が用いられているが、癌腫の形状により悪性度が異なることが知られています。従来は手術で摘出された切除標本を肉眼により形状判定していました。我々は術前CT画像から肝癌を自動抽出し、その形態を分類することで、悪性度の違いを術前に判別できるシステムを構築しました。本システムにより肝癌に対する治療方針はより拡大し患者予後を改善できると考える。
【適用分野・用途・業界】医用CT、医用MRI、医用超音波など腫瘍形態の自動抽出と判定

 

第12講演 小型で取扱いが容易な甲状腺ヨウ素モニタ【20分】 
               日本原子力研究開発機構 原子力科学研究所  放射線管理部 西野  翔 氏

原子力災害時には、住民や緊急作業者の内部被ばく評価のため、事故後早い段階で甲状腺モニタリングを行う必要があります。そこで、避難所等に持込んで使用できる可搬型の甲状腺ヨウ素モニタを開発しました。従来の甲状腺モニタは、病院等に固定された大型のものが多く、災害時に避難所等に持ち込んで使用することが困難でした。このモニタは、小型・軽量で可搬性に優れており場所を選ばず設置することが可能です。
【適用分野・用途】・緊急時医療 ・原子力災害時の内部被ばくモニタリング  ・医療(放射性ヨウ素内用療法等)におけるヨウ素131体内残存量測定

 

第13講演 キューピー株式会社が保有する開放特許の紹介【20分】 
             キューピー株式会社知的財産室 特許戦略担当 石川 範行 氏

1 練りがらし等のペースト状香辛料の辛味・香味の長期保存技術
香辛料を油脂、乳化剤及び僅かな水とともに糖アルコール中に分散させた自己乳化性を有した組成物とすることで、辛味や香味を消失することなく長期間保存できます。
【適用分野・用途】練りからし・練りわさび・辛子麺
2 根菜類の軟化技術
根菜類を重曹水溶液に浸漬処理後、キレート効果を有する酸を配合した調味液で味付けします。
【適用分野・用途】介護食
3 コロナウイルス又はノロウイルス不活化剤
卵白に一成分であるリゾチームの熱変性物によりコロナウィルス又はノロウィルスを不活化します。
【適用分野・用途】徐ウイルススプレー等(ウエットティッシュを除く)
4 花粉・ハウスダスト等のアレルギー改善組成物 及びその原料(酢酸菌)
花粉・ハウスダスト・ホコリ等による鼻汁・鼻づまり等のアレルギー症状をアルデヒト酸化能の高い特定の酢酸菌により改善します。
【適用分野・用途】サプリメント・アレルギー改善食品

 

■申込方法

受講を希望される方は、参加申込Gooleフォームに記載し送信くださるか、
または、受講申込書をメール(sangaku@saitama-j.or.jp)で事務局までお送りください
受講者に、講演を視聴できるURLを開催日までに配信します。
1 Googleフォームによる申込の場合(こちらから申込ください)👇
第3回産学連携技術シーズ発表会(受講申込書)【Googleフォーム版)
2 メールによる申込の場合(こちらの申込を事務局に送信ください)👇
第3回産学連携技術シーズ発表会【生命工学分野】(受講申込書)
第3回産学連携技術シーズ発表会【生命工学分野】講演内容

 

【シーズ発表会事務局】
 公益財団法人 埼玉県産業振興公社【産学連携支援センター埼玉】
 新産業振興部 産学・知財支援グループ  高 橋
 〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階
 TEL. 048-857-3901  FAX.048-857-3921
 メール sangaku@saitama-j.or.jp

【募集は終了しました】令和4年度 社会課題の解決に向けた企業連携型開発支援事業企画提案募集のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、社会課題の解決に向けて、先進技術を活用した試作を行おうとする県内中小企業を支援するため「社会課題の解決に向けた企業連携型開発支援事業」を実施します。下記の募集要項を確認のうえ、ご応募くださいますようお願いいたします。

1.募集概要

「令和4年度社会課題の解決に向けた企業連携型開発支援事業企画提案募集要項」(PDFファイル)
「令和4年度社会課題の解決に向けた企業連携型開発支援事業仕様書」(PDFファイル)

■企画提案申込

本業務の企画提案に応募を希望する場合は、以下の要件で書類を提出してください。

(1) 提出物
・・・「令和4年度社会課題の解決に向けた企業連携型開発支援事業企画提案書」(別紙様式1Word)
・・・見積書
・・・・
※見積額は、提案する試作品作製に係る一切の経費を見込んだ額とする。
・・・会社案内・カタログ等
(2) 提出方法
・・・持参、郵送、メール又はFAX。
(3) 提出期限
・・・令和4年8月31日(水)午後5時まで
・・・ア 持参の場合 月~金曜日 午前9時から午後5時まで。
・・・イ 郵送は原則として書留とすること。

■質問事項受付

募集要領の内容等に関する質問は次のとおり受け付けます。
(1) 受付期間
・・・令和4年8月24日(水)正午まで
(2) 受付方法
「募集要項の内容等に関する質問書(別紙様式2Excel)」に記入の上、電子メールで提出して下さい。

.選定スケジュール

 

募集 令和4年8月15日(月)~8月31日(水)
審査
※必要に応じてヒアリング等を実施します。
結果通知 令和4年9月上旬

.事業期間

令和4年10月~令和5年2月28日(火)

.問合せ先および書類の提出先

下記公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 先端産業振興グループに記載の方法で応募、お問い合わせください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870 FAX.048-857-3921

メール: miyazaki.yuya@saitama-j.or.jp

 

【募集終了しました】九都県市合同商談会in幕張メッセ2023 [発注側]参加企業募集(締切:9月2日(金))

※募集は終了しました

九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)では、首都圏産業の競争力強化を図るため、平成20年度から合同商談会を開催しています。

15回目となる今年度の開催概要と、発注側の参加企業の募集について、下記にご案内します。

ぜひ、この機会に発注企業としてご参加いただき、協力企業・外注企業の新規開拓や将来的な取引に結びつく情報収集等にご活用ください。

(受注側の参加企業の募集については、9月下旬に別途お知らせします。)

 

※詳細のご案内はこちら『発注側参加企業募集のご案内』

発注側参加企業募集概要
開催日時 令和5年1月24日(火)
12:50~17:00(受付12:00~)
会場 幕張メッセ 国際会議場2F コンベンションホール
募集対象 首都圏 (埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)エリアにおいて、協力・外注企業の新規開拓、将来的な発注案件に向けた情報収集等を希望する企業 ※全国から参加可
募集定数 72社程度 ※募集は終了しました
参加費 無料
商談形式 発注企業毎に設置した商談テーブルにおいて、
発注企業と受注企業(205社程度参加予定)が対面式で商談を実施
*商談相手と商談時間は事前に設定します
申込期限 令和4年9月2日(金)※募集は終了しました
申込手続 公益財団法人千葉県産業振興センター ホームページから
お手続きください。※募集は終了しました
https://www.ccjc-net.or.jp/link/9tokenshi2023.html

※注意事項※
本商談会は、幕張メッセにおける新型コロナウイルス感染拡大防止対策ガイドラインに沿って実施いたします。
コロナウイルス感染拡大、自然災害等の影響により、対面開催を中止する場合があります。対面開催を中止した場合は、商談リストを配布して各社で自由に商談していただく、非対面式の商談形式に変更させていただきますので、予めご了承くださるようお願いいたします。

【主催】<第15回九都県市合同商談会実行委員会>
構成:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市及び関係都県市の中小企業支援機関

<実行委員会事務局>千葉県商工労働部産業振興課

【お問い合せ先・お申し込み先】<九都県市合同商談会2023開催事務局>
公益財団法人千葉県産業振興センター 経営支援部 取引振興室
〒261-7123 千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブイースト23F
TEL:043-299-2654
Email:9tokenshi@ccjc-net.or.jp
HP:https://www.ccjc-net.or.jp/link/9tokenshi2023.html

 

(公財)埼玉県産業振興公社

創業・取引支援部 取引支援グループ 井ノ上・鳥山

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5

ソニックシティビル10階

TEL. 048-647-4086 FAX. 048-645-3286

メール: shoudan@saitama-j.or.jp

【募集終了】Raspberry Pi (ラズパイ)で行うIoT研修を開催します【8月25日(木)~9月30日(金)】

埼玉県産業振興公社と埼玉県産業技術総合センター(SAITEC)は、中小製造業の生産現場でのIoT化を支援するため、簡易で安価なシングルボードコンピュータRaspberry Pi 4 Model B(4GB)を使用したIoT導入のノウハウ・効果を体験する研修を開催します。

■案内チラシはこちら

概 要

■期間 令和4年8月25日(木)~令和4年9月30日(金)

期間中、講義動画はオンラインで配信します。ご都合の良い時間にご受講ください。


■内容 オンデマンド型研修
3時間程度の研修動画をオンデマンドで視聴しながら、ラズパイ上のPythonプログラムで、接続した各センサー、LED等の制御やグラフ化を体験するIoT研修です。
・シングルボードコンピュータ(Raspberry Pi 4 Model B(4GB))を使用します。
・教材は、公社から送付いたします。
 (※ディスプレイ等、一部の機材についてはご自身でご用意いただきます。
   詳細は、お申込み後にご連絡いたします。)
・教材のラズパイ一式とプログラムは、研修後も自社の現場でご活用いただけます。
・特典: 希望される企業は、研修後にSAITECによる伴走支援を受けることができます。

 

■受講条件 
「埼玉県DXコンソーシアム」の「一般会員」でIoT化を検討している中小企業

※「非会員の方」は、研修申込と同時にお申込みください。
(埼玉県DXコンソーシアムの入会費、年会費は無料です。)

「埼玉県DXコンソーシアム」については、下記ページよりご確認ください。
https://www.saitama-j.or.jp/iot/dxconsortium

お申込みは「原則1社につき1名まで」とさせていただきます。(同一企業であっても研修参加者の所属する事業所が異なる場合は、事業所ごとにお申込み可能です。)

※「埼玉県DXコンソーシアム」の「一般会員(大企業)」
または、「協力会員」の方で受講をご希望される方
・お申込期限後、定員に空きがある場合のみ、受講のお申込みを受付いたします。
・申込状況によっては、受講できる場合もございますので、ご興味のおありの方は
お申込みください。
・受講の可否につきましては、お申込期限後、受講対象となった場合のみ
ご連絡させていただきます。

■定員 50社(原則1社につき1名まで)
※上記条件を満たす企業から先着順に決定
■受講料 無料
■申込期限 令和4年8月10日(水)
■活用状況アンケートへのご協力
研修ご受講後、一定期間経過した後にRaspberry Piの活用状況についてのアンケートを送らせていただきます。活用状況のアンケートにご協力ください。

 

お申込み

申込フォームからお申し込みください

【注意事項】
※お申込みいただいた後、事務局にて受講条件を満たすか確認したうえで、改めて受講の可否をメールでご案内します。
※お申込フォーム送信時点で、定員を上回るお申込みがあった場合は、受講条件を満たしていても受講できないことがございます。 大変恐れ入りますが、予めご承知おきください。
※お申込後10日を経過しても事務局からメールが届ない場合、大変恐れ入りますが事務局までご連絡ください。

事務局 埼玉県産業振興公社 デジタル・技術支援グループ
TEL:048-621-7051 E-mail:iot@saitama-j.or.jp

セミナー、研修のご案内について

セミナーのご案内のほか、デジタルテクノロジー関連のイベント情報については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 デジタル・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

令和4年度 試作品作製・実証等支援事業企画提案募集のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、社会課題の解決に向けて、先進技術を活用した試作や実証を行おうとする県内中小企業を支援する試作品作製・実証等支援事業を実施します。
そこで、社会課題の解決に向けて、先進技術を活用した試作や実証を行おうとする県内中小企業を広く募集します。下記の募集要項を確認のうえ、ご応募ください。

1.募集概要

「令和4年度試作品作製・実証等支援事業企画提案募集要項」(PDFファイル)
「令和4年度試作品作製・実証等支援事業仕様書」(PDFファイル)

■企画提案申込

本業務の企画提案に応募を希望する場合は、以下の要件で書類を提出してください。

(1) 提出物
・・・「令和4年度試作品作製・実証等支援事業企画提案書」(別紙様式1Word)
・・・見積書
・・・・
※見積額は、提案する試作品作製、実証、展示会出展に係る一切の経費を見込んだ額とする。
・・・会社案内・カタログ等
(2) 提出方法
・・・持参、郵送、メール又はFAX。
(3) 提出期限
・・・令和4年6月15日(水)午後5時まで
・・・ア 持参の場合 月~金曜日 午前9時から午後5時まで。
・・・イ 郵送は原則として書留とすること。

■質問事項受付

募集要領の内容等に関する質問は次のとおり受け付けます。
(1) 受付期間
・・・令和4年6月13日(月)正午まで
(2) 受付方法
「募集要項の内容等に関する質問書(別紙様式2Excel)」に記入の上、電子メールで提出して下さい。

.選定スケジュール

 

募集 令和4年6月2日(火)~6月15日(火)
審査
※必要に応じてヒアリング等を実施します。
結果通知 令和4年7月上旬

.事業期間

令和4年7月~令和5年2月28日(火)

.問合せ先および書類の提出先

下記公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 先端産業振興グループに記載の方法で応募、お問い合わせください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870 FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

(公募終了しました)令和4年度 埼玉県中小企業等外国出願支援事業補助金の募集について

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、優れた技術等を有する埼玉県内中小企業者等の海外事業展開を支援するため、外国出願に伴う費用の一部を補助します。

補助金案内ちらし

1.令和4年度埼玉県中小企業等外国出願支援事業<国補助事業>
補助金の募集概要

(1)募集概要

申請受付期間

令和4年5月12日(木)~6月17日(金)17:00(必着)

対象出願

産業財産権(特許、実用新案、意匠、商標)の外国への出願
※原則、既に日本国特許庁に出願を行っている案件が対象です

対象経費

外国特許庁への出願手数料、現地代理人費用、国内代理人費用、翻訳費用

対象者

埼玉県内に本社または事業所 を有する中小企業者及びそれらの中小企業者で構成されるグループ

(2)補助金の概要

補助額上限 複数出願を合算して最大300万円まで
補助率 助成対象経費の1/2以内
補助額の上限
(1案件につき)
特許 150万円
実用新案 60万円
意匠 60万円
商標 60万円
商標のうち、
冒認対策商標
30万円

※冒認対策商標とは、第三者(他人)による抜け駆け出願(冒認出願)の対策を目的とした商標登録出願のことです。

(3)要項・記入例等

要項等

公募要項【本要項を確認のうえご申請ください】

実施要領

記入例・様式

申請書/協力承諾書 記入例(特許)
申請書/協力承諾書 記入例(商標)
資金計画(記入例)
資金計画(様式)
(賃上げ予定企業のみ)賃金引上げ計画の誓約書及び従業員への賃金引上げ計画の表明書
別紙1-1(給与総額)常時使用する従業員がいる場合
別紙1-2(平均受給額)常時使用する従業員がいる場合
別紙1-3(給与総額)常時使用する従業員がいない場合
別紙1-4(平均受給額)常時使用する従業員がいない場合

Q&A

よくある質問Q&A

2.様式申請・提出・問合せ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社
新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋(智)
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階
TEL:048-621-7050
Eメール:takahashi.tomohiro@saitama-j.or.jp

Webフォームによる様式申請はこちら

<申請手順>

1.上記EメールまたはWebフォームに必要事項を入力
2.受付後、当方から交付申請書様式(Word)等を送付
3.様式に記入し、添付書類を作成・用意のうえ、上記宛先まで提出(6月17日(金)17:00必着)

<書類の事前確認>

※本提出いただく前に申請書、添付書類の事前確認を行っております。(形式的な不備の確認で、採択の可能性について保証はいたしかねます。)
ご希望の場合は6月10日(金)17:00までに電子データを上記アドレスに送信してください。

3.その他 参考情報

特許協力条約に基づく国際出願(PCT出願)に係る「国際出願手数料」及び「取扱手数料」の国際出願促進交付金の交付を受けるための手続の詳細につきましては、こちらを御覧ください。

【特許庁サイト】
国際出願促進交付金の交付申請手続

特許協力条約に基づく国際出願(PCT出願)に係る「調査手数料・送付手数料」及び「予備審査手数料」についての軽減措置を受けるための手続はこちらをご覧ください。

【特許庁サイト】
国際出願に係る手数料の軽減措置の申請手続

 また、ジェトロを通じて、新たに中小企業の海外での模倣品の製造元や流通経路等を把握するための侵害調査及び調査結果に基づく模倣品業者への警告文作成、行政摘発までを支援する事業(中小企業海外侵害対策支援事業)も合わせて実施予定です。詳細は以下の内容をご参照ください。
【特許庁サイト】
中小企業海外侵害対策支援事業

(参考)
以下ウェブサイトで中小企業の方が海外展開をする際の支援施策情報を掲載しておりますのでご活用ください。
【経済産業省サイト】
2022年版中小企業海外展開支援施策集(関東版)

4.R4年度 採択企業一覧(12件)

企業名 所在地 出願種別
河野製紙株式会社 蓮田市 特許
株式会社アクアデザイン さいたま市 特許
テクシアマシナリー株式会社 新座市 特許
株式会社オプトハブ さいたま市 特許
アール・ナノバイオ株式会社 和光市 特許
京葉ケミカル株式会社 狭山市 特許
KOTOBUKI Medical 株式会社 八潮市 特許
株式会社ICST さいたま市 特許
株式会社シバサキ 秩父市 特許
アート食品株式会社 さいたま市 特許
滝澤酒造株式会社 深谷市 商標
株式会社バリバス 入間市 商標
お問い合わせ

産学・知財支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-621-7050FAX. 048-857-3921

問合せフォーム

受付時間: 9:00〜17:00(土日・祝祭日除く)

令和4年度 産学連携による技術開発力向上支援事業研究テーマ企画申請募集のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社(以下、「公社」)では、先進的な技術に関する知見や機器を有する大学と連携して、県内ものづくり企業の技術開発力向上を目指す産学連携による技術開発力向上支援事業(以下、「技術開発力向上支援事業」という。)を実施します。
そこで、大学より県内ものづくり企業と連携し得る先進的な研究テーマを広く募集します。下記の募集要項を確認のうえ、ご応募ください。

1.募集概要

「令和4年度産学連携による技術開発力向上支援事業研究会設置大学企画申請募集要項」(PDFファイル)

■企画提案申込

本業務の企画提案に応募を希望する場合は、以下の要件で書類を提出してください。

(1) 提出物
・・・「令和4年度産学連携による技術開発力向上支援事業研究テーマ企画申請書」(別紙様式1Word)
・・・その他補足資料」(任意)
(2) 提出方法
・・・持参、郵送、メール又はFAX。
(3) 提出期限
・・・令和4年5月13日(金)午後5時まで
・・・ア 持参の場合 月~金曜日 午前9時から午後5時まで。
・・・イ 郵送は原則として書留とすること。

■質問事項受付

募集要領の内容等に関する質問は次のとおり受け付けます。
(1) 受付期間
・・・令和4年5月9日(月)正午まで
(2) 受付方法
「募集要項の内容等に関する質問書(別紙様式2Excel)」に記入の上、電子メールで提出して下さい。

.選定スケジュール

 

募集 令和4年4月25日(月)~5月13日(金)
審査
※必要に応じてヒアリング等を実施します。
結果通知 令和4年5月下旬

.事業期間

令和4年6月~令和5年2月28日(火)

.問合せ先および書類の提出先

下記公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 先端産業振興グループに記載の方法で応募、お問い合わせください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870 FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

【募集終了しました】「事業再構築補助金活用ガイドセミナー・WEB相談会【開催日5月31日(火)】」参加者募集のご案内

 事業再構築補助金はポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済情勢の変化に対応するため、企業が思い切った事業再構築(新分野進出、事業再編など)の取り組みを支援する国の補助制度です。
本セミナーでは、この制度の概要から活用ノウハウに至るまで分かりやすく解説いたします。併せて、活用を検討中の企業様を対象に個別相談会を実施いたします。

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和4年5月31日(火)  10:45~12:00
◆相談会   令和4年5月31日(火)  13:30~16:30
※相談会は上記時間内で面談時間を相談会参加者様に個別にご案内します。

■開催方式

WEBセミナー(オンラインセミナー) Zoom開催
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には前日までに別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:45~12:00)
(1)補助金とは?
(2)補助金のスケジュール
(3)事業再構築補助金の制度内容(再構築指針、公募要領、事業計画書)
(4)採択されるポイント

◆相談会(13:30~16:30)
◇相談会対応者◇
埼玉県産業振興公社埼玉県よろず支援拠点 青木 一生 コーディネーター(本セミナー担当講師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・浅見 智彦 コーディネーター
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらからチラシをご覧いただけます。→チラシが開きます。

■講師

公益財団法人埼玉県産業振興公社

埼玉県よろず支援拠点 青木 一生 コーディネーター

精密機器メーカーに入社後、調達・生産管理・経理など工場管理業務及び全社的な生産技術戦略立案や技術動向調査業務に携わる。中小企業診断士として独立後、埼玉県産業振興公社よろず支援において主に国や県などの施策活用支援をしている。また、企業支援系Youtube「アラコン経営塾」において補助金の最新情報の案内など、中小企業の皆様に役立つ情報を提供し、好評を得ている。登録者約1万5千人。

■相談会対応者

公益財団法人埼玉県産業振興公社

埼玉県よろず支援拠点 青木 一生  コーディネーター(本セミナー担当講師)

埼玉県よろず支援拠点 浅見 智彦 コーディネーター

航空専門商社に勤務し、航空機、航空機器や複合材の販売を担当。その後、中小企業診断士の資格を取得しコンサルタントとして独立。事業計画策定、販路開拓、補助金申請の支援等を中心に中小企業の経営支援に携わる。

 

■定員

セミナー50名(申込先着順)
相談会・・12社(申込先着順)※1社あたりの相談時間により相談社数が減少する場合がございますので、予めご承知おきください。

■参加費

無料

■対象者

本補助金の申請を検討されている県内企業

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記のボタンから入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。

※お申込み受付は終了しました。

 

※ 参加申込いただきました皆様には前日までに別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎・高見澤

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【終了しました】第2回中小企業補助金活用セミナー「令和4年度経済産業省の支援策について」【3月17日】参加者募集のご案内

中小・小規模企業の皆様にご活用頂ける各種補助金や税制支援策等について、経済産業省関東経済産業局の担当者より、ご説明をいただきます。

令和4年度に実施予定の中小企業・小規模企業向けの支援施策を詳しく解説!

「ものづくり補助金」や「事業再構築補助金」をはじめ、新製品開発や新事業参入をお考えの皆様にとって気になる支援策の最新情報をご提供します。

※注)本セミナーはオンライン彩の国ビジネスアリーナ2022(1月25日~2月14日)にて実施の第1回中小企業補助金活用セミナーと同じ内容です※

開催概要

■開催日時

令和4年3月17日(木)14:00~15:15※予定

講演会(Zoomウェビナーによる聴講)          14:00~15:15

■開催方式

Zoomウェビナーによるオンライン開催

※参加URLは、お申込のメールアドレス宛に開催前日までにお知らせいたします。

オンライン参加
Zoom社のWebミーティングシステムを使用したWeb配信によるセミナーです。
参加者は、インターネット環境のある場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)
・・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

■講演内容

「令和4年度経済産業省の支援策について

講師:関東経済産業局 地域経済部 地域振興課
係長(埼玉・山梨・長野・静岡担当リーダー)
鈴木 崇史 氏

■定員

80名 (申込先着順)

■参加費

無料

■申込期限

令和4年3月17日   13:00

■オンライン参加希望の方へ

【Zoomの注意事項について】

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
・参加に必要なZoomアドレス等は、開催前日までにお申込み時に登録いただいた
 E-MAILへお送りいたします。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることを
 お勧めします。
 [接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声で
 ご参加いただくことができます。
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、次の入力フォームからお申し込みください。

・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます

 

※ WEB参加を希望された皆様には別途参加URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 松浦

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870 FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.j

【募集終了しました】「スマートモビリティを活用する社会へ ~Hondaのモバイルパワーパック関連の技術や今後の展開~【開催日3月11日(金)】」参加者募集のご案内

今後より一層の電動のロボットやモビリティが普及されることが予想されます。
今年発表された「ホンダモバイルパワーパック」についての特徴や技術的優位性、今後の発展について講演頂きます。また、今後の社会実装に向けた課題、課題解決に向けた他企業様との協力等についてご講演頂きます。

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和4年3月11日(金)  11:00~12:00

■開催方式

WEBセミナー(オンラインセミナー) Zoom開催
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■対象者

・ロボット業界の参入に関心を持つ県内中小企業
・モバイルパワーパックに興味を持つ県内中小企業

■講師

株式会社 本田技術研究所
先進パワーユニット・エネルギー研究所
エグゼクティブチーフエンジニア 岩田 和之 様

■定員

50名(申込先着順)

■参加費

無料

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
募集終了いたしました。多くのお申込みありがとうございました。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【終了しました】【オンライン研修】「第2回 AI・IoTツール導入実践研修」を開催します。【開催日:令和4年1月28日】

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、埼玉県内の中小製造業がIoTやITを駆使して生産現場の合理化や高度化を推進するための人材の育成支援を行っています。

今回は、コグネックス株式会社(Cognex)製のVisionPro Deep Learningの概要や利用事例、 VisionPro Deep Learning利用のAIシステム構築方法を学ぶとともに、各機能の実習を行います。

チラシはこちら

当研修は、埼玉県AI・IoTコンソーシアム会員が対象です。
未加入の場合でも、コンソーシアムに入会登録することでお申込みができます。
入会申し込みはこちらからお願いいたします。

開催日時等

日時

・1月28日(金)
10:00-16:00

開催方法【オンライン】

・コグネックス株式会社より配信し、受講者は自社又は自宅での受講。
(PCは受講者全員に公社が無料で貸出いたします)

対象者

・県内中小製造業者
・AIシステムの構築に携わる予定で、基本的なPCスキルを持っている方。

募集人数

・10名(先着順) ※原則1社1名
※お申込が定員に達した場合は、キャンセル待ちとさせていただきます。

受講料

・5,000円(消費税、テキスト代込み)

内容等

内容

①VisionPro Deep Learningの概要(システム構成、概要)
②VisionPro Deep Learningの利用事例
③Deep Learning 各機能の実習
④VisionProとDeep Learningとの連携
⑤VisionPro Deep Learning利用のAIシステム構築方法
APIを利用したAIシステムの構築方法や既存システムとの連携方法

講師

・コグネックス株式会社
トレーニング担当者 安達 崇 氏

お申込み

お申込みは下記お申し込みフォームよりお願いいたします。
お申込みフォームはこちら

募集開始のご案内について

AI・IoT普及セミナーの他、デジタルテクノロジー関連のイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 デジタル・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

    締め切りました「医療・ヘルスケアDX×社会課題解決セミナー(WEB開催)【9月14日(火)】」参加者募集のご案内

    ウェアラブル端末やスマホアプリを活用した製品・サービスが登場するとともに、コロナ禍の影響もありオンライン診療等の活用が進んでいます。高齢化社会を迎える中、医療機関内外の健康データを集めて利活用することで、疾病の予防や早期診断が可能となると期待されています。本セミナーでは、医療・ヘルスケア機器の最新動向を紹介するとともに、最新のサービス事例や、それらを用いて地域課題を解決するため自治体と連携し取り組んでいる企業の事例を紹介します。今回は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、オンライン形式でセミナーを開催します。インターネット環境があれば、どこでもパソコン、スマートフォン等を利用してご参加が可能です。

    開催概要

    ■開催日時

    令和3年9月14日(火)13:30~16:00

    ■開催方法

    WEB開催
    ・Zoom社のウェビナーを使用したWeb配信で開催します。
    ・参加者は、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
    (※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)
    Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions
    ※ 参加申込いただきました皆様には別途参加登録用URLをご案内させていただきます。

    ■開催概要

    ◆13:30~15:30 セミナー開催

    ・・『医療・ヘルスケアDXの最新動向』

    ・・・・埼玉県産業振興公社 清水美雪コーディネータ(株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役)

    ・・『オンラインを活用した新しいリハビリの取り組み』

    ・・・・合同会社アグリハート 代表社員 木村 佳晶 氏

    ・・『オンライン診療システムKizunaWeb開発事例と地域課題解決の取り組みについて』

    ・・・・ボーダレス・ビジョン株式会社 代表取締役 佐々木 春光 氏

    ・・『自治体・ヘルスケアベンチャーのマッチング事業について』

    ・・・・関東経済産業局 地域経済部 次世代産業課 課長 石原 優 氏

    ◆15:30~16:00 オンライン交流会

    (オンラインネットワーキングツール oVice上にて開催)

    ・・・・※oViceについては下記をご参照ください
    ・・・・・・・・公式サイト・・https://ovice.in/ja/
    ・・・・・・・・使用方法動画https://www.youtube.com/watch?v=uWvffaCR_nk

    ■定員

    50名

    ■参加費

    無料

    ■対象者

    医療・ヘルスケア事業への参入・事業拡大を検討している企業
    医療・ヘルスケア事業の導入を検討している自治体         等

    【聴講された方へ、アンケートのお願い】(任意)
    //今後の参考のためにぜひご回答ください。開催後にご案内いたします。
    【Zoomの注意事項について】
    本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
    ////開会時間近くになりましたら申し込み後お知らせするURLをクリックし、ご参加ください。
    //
    ・Zoomを初めて使用される方は、必ず「接続テスト」を実施していただくことをお勧めします。
    ・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
    ・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止いたします。
    ・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

    お申し込み・お問い合せ

    参加をご希望される方は、次の入力フォームに必要事項を記入の上お申し込みください。

    【お申込みは締め切りました】


    ・募集案内パンフレット

    ※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます。

    (公財)埼玉県産業振興公社

    新産業振興部 先端産業振興グループ 有海・松浦

    〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

    TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

    メール: sentan@saitama-j.or.jp

    締め切りました「第1回CASE研究会技術セミナー(Web配信)【開催日9月10日(金)】」のご案内

    ~ADASの高度化と自動運転に必要な技術~

    ※募集定数となりましたので、お申込みを締め切りました。

    自動運転に関する様々なシステム開発が推進される中で、高度なADAS(自動運転レベル2)機能が市場へ導入されはじめています。 このセミナーでは、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)にて 衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得し2020年度「ファイブスター大賞」を受賞したスバル レヴォーグ搭載の技術に関する講演のほか、センシングから車両制御等、多方面から自動運転の実現に取り組んでいる日立Astemoの技術や動向等をご紹介いたします。

    ※ADAS:Advanced Driver-Assistance Systems(先進運転支援システム)

    開催概要

    ■開催日時

    令和3年9月10日(金)  13:30~15:45(Zoomウェビナー)

    ■開催方式

    WEBセミナー(オンラインセミナー) Zoom開催
    ・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
    ・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
    ・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。

    ※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URL開催前日までにご案内させていただきます。
    ご案内チラシはこちら

    ■講演内容

    講演1
    テーマ 「新型レヴォーグに搭載した新世代アイサイトのご紹介」
    講師 (株)SUBARU 技術本部 ADAS開発部 部長 柴田 英司 氏、主査 丸山 匡 氏
    概要 SUBARUの運転支援技術開発の成り立ち、歴史、特徴から、車両の総合安全のコンセプト、最新のアイサイト技術についてご説明いたします。
    プロフィール 柴田 氏 1989年入社 以降、車両の電気・電子技術開発に従事
    丸山 氏 2003年入社 以降、運転支援システム開発に従事
    講演2
    テーマ 「自動運転を支える車載製品の技術開発」
    講師 日立Astemo(株) 技術開発統括本部
    次世代モビリティ開発本部 自動運転技術開発部
    シニアダイレクター 村松 彰二 氏
    ※日立Astemo:2021年1月、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が経営統合し誕生
    概要 ”安全安心”を軸に、自動運転技術の進展と普及が加速している中で、日立グループでは、センシングから車両制御、自動運転システムの検証まで、多方面から自動運転の実現に取り組んでいます。
    本講演では、自動運転の動向と日立Astemoの取組みを紹介します。
    プロフィール 1995年   日立製作所 日立研究所に入所。画像処理関連の
    研究開発に従事。
    2010年   クラリオン(株)に出向し車載カメラシステムの開発を担当
    ~2013年
    2017年~  日立Astemo(株)にて自動運転技術の先行開発に従事

     

    ■定員

    80名(申込先着順)

    ■参加費

    無料

    ■申込期限

    9月6日(月)16:00まで

    ■お申込み

    参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
    定数となりましたのでお申込み受付は終了となりました。

    ※ 参加申込いただきました皆様には別途参加に必要なZoomアドレス等を開催前日までにご案内させていただきます。

    ■Zoomの注意事項

    ・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

    ・参加に必要なZoomアドレス等は、開催前日までにお申込み時に登録いただいたE-MAILへお送りいたします。

    ・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
    [接続テスト用URL] https://zoom.us/test

    ・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

    ・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

    ・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

    (公財)埼玉県産業振興公社

    新産業振興部 先端産業振興グループ 荒井・宮崎

    〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

    TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

    メール: jidosha@saitama-j.or.jp

    【締め切りました】「オーダーメイド型AI研修」の受講企業を 募集しています。            【応募締切8月6日(金)】

    公社では、本年度も、鶴ヶ島ジャンクション周辺の13市町に事業所を構える中小製造業の皆様を対象とした、「オーダーメイド型AI研修」を開催します。
    オーダーメイド型AI研修(PoC研修)とは、AIを活用したシステムの自社導入を検討中の企業に対して、AIシステム導入前に行うPoC(注)を経験することにより、学習データ収集、学習モデル構築、学習モデル評価等の作業を通して、AI導入のノウハウを学ぶ実践型AI研修です。

    (注)Proof of Conceptの略で、直訳すると「概念実証」ですが、最近では「実証実験」という言葉とほぼ同義で使われています。今回の研修では、AI導入の技術的実現性、効果とコスト、具体性などを検証することを指しています。

    1.対象企業

    ・鶴ヶ島ジャンクション周辺の13市町に事業所があり、
        事業所で PoC 研修を実施できる中小製造業
    ・対象となる13市町
        川越市、飯能市、東松山市、狭山市、入間市、坂戸市、
        日高市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、川島町、吉見町、鳩山町

    2.募集企業数

    5社 (受講の可否については、応募申請書を審査の上、公社で選定いたします。)

    3.研修テーマ

    製造品の画像データによる外観検査
    ※研修受託企業が、音・振動データ検知の PoC も実施可能な場合、PoC テーマをそれに変更
       できる場合があります。 希望される場合は、応募申請書【応募様式3】にご記入ください。

    4.研修受講費用

    無料

    5.スケジュール

    ・令和3年8月    6日(金) 17:00 募集締切(メールでのお申込み)
    ・令和3年8月 17日(火) 研修受講企業の選定(予定)
    ・令和3年8月 30日(月) 研修受講企業への合同説明会(予定)
    ※合同説明会は公社会議室にて行います。(予定)
       研修受講企業のご担当者様は必ず出席してください。
    ※研修期間、実施時期
       令和3年9月から令和4年2月までの間に、1企業あたり3ヶ月程度の PoC 研修を実施しま
       す。なお、企業毎の研修時期は、調整のうえ公社で決定いたします。

    6.応募方法(メールにてお申込みください。)

    応募申請書類及び所定のデータをメール添付の上、お申込みください。
    (1)応募申請書 【応募様式1】【応募様式2】【応募様式3】
    (2)判定サンプルデータ 【様式自由】
             「①製造品の画像データによる外観検査」の場合
               研修対象とする「製品」、「不良品」の画像データをそれぞれ数枚
             「②工作機械の振動・音データによる故障検出」の場合
               工作機械の「正常時の音」、「異常時の音」の音声データをそれぞれ2分間程度、数件
               ※これは研修委託企業が実施可能な場合のみとなります。
    (3)PoC 環境を設置する場所・ラインが分かる画像データ数枚
    <ダウンロード>
    募集要項(PDF)
    応募申請書【応募様式1】(Word形式)
    応募申請書【応募様式2】(Word形式)
    応募申請書【応募様式3】(Word形式)
    記入例(PDF)

    7.提出先

    メールにてお申込みください。
    (1)申込先       令和3年度 オーダーメイド型 AI 研修 事務局
    (2)締切日       令和3年8月6日(金)17:00(必着)
    (3)メールアドレス    iot@saitama-j.or.jp
    (4)メールタイトルは、「令和3年度オーダーメイド型 AI 研修申込み」と表記して、
          送信してください。

    メールでのお申し込み後、「受領確認」のメールをお送りします。
    メールにて応募申請書をご提出後、数日経っても「受領確認」のメールが
    届かない場合は、大変お手数ですが、公社までご連絡ください。

    <お問合せ先>
    公益財団法人 埼玉県産業振興公社
    新産業振興部 デジタル・技術支援グループ
    令和3年度 オーダーメイド型 AI 研修 事務局
    TEL 048-621-7051

    募集開始のご案内について

    AI・IoT人材育成研修 その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
    ご希望の方はお役立ちメールサービスをお申し込みください。

    (公財)埼玉県産業振興公社

    新産業振興部 デジタル・技術支援グループ

    〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

    TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

    メール: iot@saitama-j.or.jp

    令和3年度埼玉県中小企業等外国出願支援事業<国補助事業>補助金 採択企業について

    公益財団法人埼玉県産業振興公社では、優れた技術等を有する埼玉県内中小企業者等の海外事業展開を支援するため、外国出願等に伴う費用の一部を補助する事業を実施しています。
    このたび、令和3年度の申請に対する審査を行い、下記の企業を補助対象者として採択しましたので、お知らせいたします。

    ■採択企業一覧

    企業名 所在地 出願種別
    クアビット株式会社 川口市 特許
    株式会社モーリス 入間市 特許・商標
    株式会社オプトハブ さいたま市 特許
    有限会社ヒューマンリンク 朝霞市 特許
    株式会社モリタ東京製作所 北足立郡伊奈町 特許
    株式会社カヤバオフィス 蕨市 特許
    株式会社ピノーレ 幸手市 特許
    京葉ケミカル株式会社 狭山市 特許・商標
    DeepFlow株式会社 富士見市 特許
    株式会社ライトニックス 草加市 特許
    株式会社ま さいたま市 意匠・商標
    株式会社アクアデザイン さいたま市 商標
    株式会社エーチームデザイン さいたま市 商標

     

    ■埼玉県中小企業等外国出願支援事業<国補助事業>補助金 概要

     詳細こちら

    お問い合わせ先

    〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
    (公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋

    TEL. 048-621-7050 FAX. 048-857-3921

    【終了しました】             デジタルテクノロジー推進事業       令和3年度 第3回 AI・IoT普及セミナー     

    ■当日視聴(Zoom)のお申込み受付終了(8月18日)

    8/18(水)12:00時点で、定員90名となりましたので、
    当日視聴のお申込受付は終了とさせていただきます。

    なお、期間限定視聴(YouTube)のお申込みにつきましては、
    現在受付中ですので、本セミナーのご視聴を希望される方は、
    大変恐れ入りますが期間限定視聴(YouTube)のご視聴を
    ご検討頂けましたら幸いです。

     

    ■期間限定視聴(YouTube)のお申込み受付終了(8月25日)

    今回のセミナーは、より多くの方にご視聴いただけるよう、
    現在、YouTubeでの期間限定配信の視聴お申込みを受付けております。

    視聴をご希望される方は、下記のお申込み用URLよりお申込みください。

    詳細は下記のとおりです。

    申込期間 : 8月25日(水)13:00まで

    視聴期間 : 8月25日(水)15:00から
    8月31日(火)24:00まで

    定  員 : なし
    ※Zoom当日視聴のお申込みをされた方もお申込可能です。

    お申込みフォーム: https://forms.gle/mSjEuBhrcBw9QgsF9

    公益財団法人埼玉県産業振興公社では、主に埼玉県内の中小製造業がAI・IoTを活用する際に参考となる情報を提供するため、AI・IoT普及セミナーを開催しています。

    第3回目の今回は、第1部では、基調講演として、三菱電機システムサービス株式会社から講師をお招きし、「スマートファクトリー実現にむけたトータルIoTソリューションのご紹介」と題し、スマートファクトリー化の取組みについてご説明いただきます。

    第2部では、「令和2年度AI・IoT・ロボットシステム導入トライアル補助金」の成果発表として、野口精機株式会社、池上金型工業株式会社、株式会社ビー・アンド・プラスの3社から報告していただきます。

    チラシ

    開催日時等

    ■テーマ:「情報をシームレスに繋ぐスマートファクトリー」や「導入事例」から学ぶデジタル活用技術

    ■日時:令和3年8月24日(火)13:30-16:00

    ■締切日:令和3年8月20日(金)18:00

    ■WEB配信:Zoom社のウェビナーを使用したライブ配信にて行います。

    対象:埼玉県内の中小製造業の経営や実務者等

    定員:90名(先着順)

    参加費:無料

    内容

    第1部 <基調講演> 13:30~14:30

    スマートファクトリー実現にむけたトータルIoTソリューションのご紹介

    <講演内容>
    AI・IoT技術は、稼働監視だけでなく、工場の運営にも広く活用することができます。セミナーでは、中小店舗・施設向けのエネルギー管理システムから、産業・工場向けの監視・制御システムまで、様々な事例を交え、スマートファクトリー化によって実現できるトータルIoTソリューションについてご説明させていただきます。

    <講演者>
    三菱電機システムサービス株式会社
    機電事業推進センター
    担当部長 飯田 裕一 氏

    第2部 <補助金成果発表> 14:40~15:55

    (1)14:40~15:05 野口精機株式会社
    IoTを活用した製造現場測定データ収集とデータ活用による品質管理

    <講演内容>
    工程内検査の手入力記録を自動で品質管理データベースへ取り込み、検査記録帳表、管理図など自動生成できるシステムを構築しました。さらには、解析、アラーム機能等を活用し品質管理レベルを刷新させることができました。弊社のシステム構築に関する実例をご紹介します。

    <講演者>
    野口精機株式会社 東松山開発グループ
    マネージャー 佐々木 信幸 氏

    (2)15:05~15:30 池上金型工業株式会社
    大型樹脂製品を対象としたAI活用スマート精密加工システムの開発

    <講演内容>
    切削加工状況の変動をAEセンサにより把握、その情報を元に加工位置や加工速度等の変化、および加工機内の温度等の相関関係をAI解析しながら、安定・高精度加工を実現する制御システムを開発しました。開発での苦労話や今後の方向性などについてご説明させていただきます。

    <講演者>
    池上金型工業株式会社
    技術開発グループ
    グループ長 松澤 隆 氏

    (3)15:30~15:55 株式会社ビー・アンド・プラス
    センサ製造ライン用自動半田システムの構築

    <講演内容>
    補助金で構築した自動半田システムによって、弊社では工数を大きく低減させることができました。今回のセミナーでは、開発における苦労話や注意点、今後の改善方針などについてご紹介させていただきます。

    <講演者>
    株式会社ビー・アンド・プラス
    自動化推進室
    チームスタッフ 太田 弘一 氏

    お申込み

    こちらの送信フォームよりお申込みください。
    ※お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
    開催前日までに、お申込みいただいたメールアドレスへZoomアドレスを配信します。お申込みの際、メールアドレスの入力間違いにご注意ください。


    募集開始のご案内について

    AI・IoT普及セミナーの他、デジタルテクノロジー関連のイベントの募集については、メールでもご案内しております。
    ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

    (公財)埼玉県産業振興公社

    新産業振興部 デジタル・技術支援グループ

    〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

    TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

    メール: iot@saitama-j.or.jp

    令和3年度「社会課題解決型先端デジタル技術実証・実装支援補助金」採択企業について

    公益財団法人埼玉県産業振興公社では、「社会課題解決型先端デジタル技術実証・実装支援補助金」の交付先として、県内企業4社を採択しました。補助金による支援のほか、実証事業の伴走支援等を行うことで、社会課題解決に資する先端デジタル技術の社会実装を推進します。

    ■採択事業一覧

    企業名 所在地 補助事業 社会課題
    株式会社フィアロ
    コーポレーション
    新座市 MR・センシング技術を活用した
    遊び「移動型デジタルパーク」
    新しい生活様式
    株式会社アーベル
    ソフト
    坂戸市 AI・IoTを活用した”密”状況の
    動画監視、換気環境監視
    新型コロナウイルス
    感染拡大防止
    株式会社ベルニクス さいたま市
    南区
    太陽光発電による自立型
    ワイヤレス給電スタンド
    災害対策、
    新しい生活様式
    株式会社三和 熊谷市 葉物野菜自動収穫ロボット スマート農業の実現

    ■社会課題解決型先端デジタル技術実証・実装支援補助金 概要

     チラシ

     交付要綱

     募集要領

     ※制度の詳細はこちらをご覧ください。

    お問い合わせ先

    〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
    (公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 デジタル・技術支援グループ

    TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

    メール: iot@saitama-j.or.jp