【募集受付を終了しました】【医療イノベーション】令和元年度 医療機器等専門展示会補助金の募集について(締切:6月28日(金))

公益財団法人埼玉県産業振興公社(以下、「公社」)では、医療機器分野の研究開発を実用化・製品化に結びつけることで、医療関連産業の育成・集積を図る医療イノベーション事業を推進しています。
この度、医療機器製販企業・医療機器製造企業等が、医療機器等専門の展示会に製品を展示され、医療従事者との医療機器の開発や医療機関への販売ルートを確立できると判断される展示会に対し出展料の一部を補助します。
制度利用を検討される企業様は、下記の公募要領及び展示会補助金交付申請書を確認のうえ、ご応募ください。

1 募集概要

公募要領(PDF)
応募様式(Wordファイル)

2 募集内容

(1)対象事業者

次のいずれかに該当する企業を補助対象とする。
【1】埼玉県内に本社又は事業所・工場がある企業。
【2】医療イノベーション埼玉ネットワークに登録されており、医療機関ニーズマッチング・研究会等で開発したプロトタイプ又は医療機器等を展示できる企業。
※同一学会では、国又地方公共団体等から出展補助金を受けていないこと。

(2)事業スケジュール

募集 令和元年6月18日(火)~6月28 日(金)
審査 令和元年7月中旬
結果 令和元年7月下旬
交付決定 令和元年7月下旬
展示会実績報告書 展示会終了後、1ヶ月以内に提出する。
経費書類の提出 展示会終了後、2ヶ月以内に提出する。
補助金の交付 実績報告書及び経費書類の提出が確認できた後、2ヶ月以内に交付するものとする。(精算払い)

 

(3)補助対象 経費

展示会出展料、展示装飾費に係る経費のうち1社に20万円を補助限度額とする。
(ただし、国内で開催する展示会に限定する)

(4)補助対象経費

採択予定件数  1社20万円(限度額)×5展示会=100万円
(ただし、申請できる企業者は、年間1展示会を限度とする)
対象となる展示会の期間  令和元年8月1日(木)~令和2年2月29日(土)

(5)申請に必要な書類

①令和元年度展示会補助金交付申請書
②展示会の出展に関する企業展示マニュアル
③展示会の出展に係る経費見積書
④会社案内

(6)受付期間

令和元年6月18日(火)~令和元年6月28日(金)17時(必着)まで

(7)応募方法

受付期間に申請書の必要書類を郵送するか、または公社(先端産業振興グループ)へ持参する。

3 申込み・問合せ先

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 有海・高橋

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870 FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【募集受付終了しました】医療機器分野参入のための海外認証等取得補助金のご案内(募集締切:7月12日)

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、医療機器分野に参入しようとする埼玉県内の中小企業者を支援するため海外取引に必要となる認証等の取得に関する経費の一部を補助します。
現在、認証取得に取組み中の企業も、申請書の提出が当該認証取得にかかる最終審査日の30日前までであれば、対象となりますのでご相談ください。

海外認証等取得補助制度の概要

対象事業者 令和2年3月15日までに医療分野に関する認証を取得する県内中小企業(既に構築を開始しているものも含む)
対象認証制度 ISO13485 CE・ULFDACFDA
対象経費 ・内部監査員養成研修費 ・翻訳料
・通訳料
・申請料(申込料)
※FDA,CFDAは除きます。
・審査料(書類審査、予備審査、本審査の各審査費用)
※CFDAは除きます。
・認証料(初回登録料)
・コンサルティング費(専門家に対して支払う謝金)
*認証取得ができなかった場合は、補助金は交付されません。
*消費税及び当該認証取得にかかる最終審査日より2年以上前の取組に要した経費は、補助対象外とします。
補助率及び限度額 上記の対象経費総額の2分の1以内で上限150万円
補助金の支払い 認証取得後に精算払い
補助対象期間 認証取得日(当該認証取得にかかる最終審査日)から遡って2年以内から令和2年3月15日までに執行した事業の経費

補助対象とする認証制度

①「ISO13485」  (医療機器の品質保証のための国際標準規格)
②「CEマーク」  (EU加盟国の基準を満たす製品に付けられるマーク)
③「ULマーク」  (米国保険業者安全試験所(UL)が発行する安全認証マーク)
④「FDA認証」   (米国食品医薬品局による米国の医療機器登録証)
⑤「CFDA認証」      (国家食品薬品監督管理総局による中国の医療機器登録証)

募集期間

令和元年6月14日(金)~令和元年7月12日(金)
審査会 7月下旬(予定)

申請書類

補助金交付候補指定申請書(様式第1号)
・決算報告書(直近2期分)
・会社案内(1部)
・商業登記簿謄本(1部)
*提出した書類は、交付決定結果の可否にかかわらずお返ししません。

申請方法

郵送による受付は行いません。直接、ご持参ください。
申請の際には、事前に電話連絡をくださるようお願いします。

資料

交付要綱
補助金交付候補指定申請書(様式第1号)
募集案内パンフレット

備考

本補助金の諸条件は、埼玉県医療機器産業海外認証等取得補助金交付要綱によります。

お問い合わせ先

公益財団法人 埼玉県産業振興公社 海外ビジネス支援グループ
(埼玉国際ビジネスサポートセンター)

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4156FAX. 048-645-3286

メール: sbsc@saitama-j.or.jp

令和元年度航空・宇宙産業参入支援展示会等補助金のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、県内中小企業の航空・宇宙関連産業への新規参入や事業拡大を図るため、航空・宇宙産業に関連する海外・国内の展示会の出展経費の一部を補助します。

【ご案内】

【募集期間】

令和元年6月10日(月)~6月19日(水)

【申請書類】

①令和元年度航空・宇宙産業参入支援展示会等補助金交付申請書【申請書類】

②展示会等の出展にかかる経費見積書・計画書

③会社案内

④決算書1期分(最新)

※ご提出いただいた書類は、審査結果の可否にかかわらず、返却いたしませんのでご承知ください。

【申請方法】

事前連絡のうえ、郵送または直接窓口へご持参ください。

【補助金交付要領】

ダウンロードして、事前にご確認ください。【交付要領】

【詳細情報】

■予定件数
海外・国内の展示会あわせて3件700万円(消費税含む)

■対象事業者
次の2項に該当する企業を補助対象とする。
①埼玉県内に本社または事業者・工場がある企業。
②埼玉航空機産業参入研究会に登録されており、優れた技術・製品を展示できる企業。
※同一展示会では、国または地方公共団体等から出展補助金を受けていないことを条件とする。

■【対象経費】
航空・宇宙産業に関連する展示会等の費用
・出展負担料
・展示会等出展にかかる装飾等の支援事業者への委託料
・展示会等出展にかかるマッチング支援のコンサルタント委託料
・通訳費  ・翻訳費  ・輸送費

■補助対象経費
補助額は次のとおりとする。消費税含む)
①出展の際の経費(出展負担料・装飾等の支援事業者への委託料・マッチング支援のコンサルタント委託料・通訳費・翻訳費・輸送費)の総額の2分の1までを補助する。(消費税含む)
②前項にかかわらず、1展示会につき、海外は1社あたり150万円、国内は50万円を補助限度額とする。(消費税含む)

【問い合わせ先】

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 鎌田

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870 FAX.048-857-3921

メール: airplane@saitama-j.or.jp

海外販路開拓支援事業補助金のご案内(募集締切しました)

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、県内中小企業の海外販路開拓を支援する支援機関等または複数で海外販路開拓に取り組む県内中小企業者に、その経費の一部を補助します。

海外販路開拓支援補助制度の概要

対象事業者
①または②に該当すること
①県内に事業所を有する中小企業者の海外販路開拓を支援する県内の商工会議所、商工会、市町村、及び組合、業界団体
②2者以上で海外販路開拓に取り組む県内中小企業の代表企業
対象事業 対象事業者が県内中小企業の海外販路開拓を目的に、海外で実施する海外展示会出展事業 対象事業者が県内中小企業の海外販路開拓を目的に、海外で実施する海外商談会開催事業
対象経費 ・出展料
・展示備品・装飾費
・展示関係物品輸送
・会場借上費
・企業マッチング経費
・商談会関係物品輸送費
・企業の資料翻訳・印刷費
・現地通訳費
・コンサルティング費
・支援機関職員渡航費・移動費
※交付決定以前の取組に要した経費及び、国又は埼玉県の他の補助制度の交付対象となる経費、消費税は対象経費外です。
補助率及び限度額 上記の対象経費総額の3分の2以内で上限100万円
補助金の支払い 事業終了後に精算払い
補助対象期間 補助金交付決定日から令和2年2月28日(金)まで執行した事業の経費

募集期間

令和元年5月20日(月)~令和元年6月3日(月)
審査会 6月上旬(予定)

申請書類

・補助金交付申請書(様式第1号)
・参加予定企業の会社案内
・事業実施主体の定款、規約、決算報告書、名簿等
・要綱第2条第5項に基づき、その要件を満たすことを証明する書類
(組合・業界団体のみ)
*提出した書類は、交付決定結果の可否にかかわらずお返ししません。

申請方法

申請の際には、事前に下記問合せ先に電話連絡をくださるようお願いします。

資料

・交付要綱
・補助金交付申請書(様式第1号)
募集案内パンフレット

備考

本補助金の諸条件は、埼玉県産業振興公社商工団体等・企業連携海外販路開拓支援事業補助金交付要綱によります。

お問い合わせ先

公益財団法人 埼玉県産業振興公社 海外ビジネス支援グループ
(埼玉国際ビジネスサポートセンター)

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4156FAX. 048-645-3286

メール: sbsc@saitama-j.or.jp

【募集受付を終了しました】【医療イノベーション】令和元年度学会展示補助金の募集について(締切り:5月31日(金))

公益財団法人埼玉県産業振興公社(以下、「公社」)では、医療機器分野の研究開発を実用化・製品化に結びつけることで、医療関連産業の育成・集積を図る医療イノベーション事業を推進しています。
この度、医療機器製販企業・医療機器製造企業等が、医学検査学会・呼吸器学会など専門領域に分かれた学会に製品を展示され、医療従事者との医療機器の開発や医療機関への販売ルートを確立できると判断される学会に対し出展料の一部を補助します。
制度利用を検討される企業様は、下記の公募要領及び学会展示補助金交付申請書を確認のうえ、ご応募ください。

1 募集概要

公募要領(PDFファイル)
応募様式(ワードファイル)

2 募集内容

(1)対象事業者

次のいずれかに該当する企業を補助対象とする。
【1】埼玉県内に本社又は事業所・工場がある企業。
【2】医療イノベーション埼玉ネットワークに登録されており、医療機関ニーズマッチング・研究会等で開発したプロトタイプ又は医療機器等を展示できる企業。
※同一学会では、国又地方公共団体等から出展補助金を受けていないこと。

(2)事業スケジュール

募集 令和元年5月13日(月)~5月31日(金)
審査 令和元年6月中旬
結果 令和元年6月下旬
交付決定 令和元年6月下旬
医療学会実績報告書 学会終了後、1ヶ月以内に提出する。
経費書類の提出 学会終了後、2ヶ月以内に提出する。
補助金の交付 実績報告書及び経費書類の提出が確認できた後、2ヶ月以内に交付するものとする。(精算払い)

 

(3)補助対象 経費

学会出展料、展示装飾費に係る経費のうち1社に20万円を補助限度額とする。
(ただし、国内で開催する学会に限定する)

(4)補助対象経費

採択予定件数   1社20万円(限度額)×10学会=200万円
(ただし、申請できる企業者は、年間1学会を限度とする)
対象となる学会の期間  令和元年7月1日(月)~令和2年1月31日(金)

(5)申請に必要な書類

①令和元年度医療学会展示補助金交付申請書
②医療学会の出展に関する企業展示マニュアル
③医療学会の出展に係る経費見積書
④会社案内

(6)受付期間

令和元年5月13日(月)~令和元年5月31日(金)17時(必着)まで

(7)応募方法

受付期間に申請書の必要書類を郵送するか、または公社(先端産業振興グループ)へ持参する。

■申込み・問合せ先

〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ 3階
公益財団法人 埼玉県産業振興公社 先端産業振興グループ 有海・高橋
TEL   048-711-6870   FAX  048-857-3921
E-MAIL  sentan@saitama-j.or.jp