「ロボットアーム・ハンド参入ガイドセミナー&ロボットアーム・ハンド WEB商談会【開催日1月19日(火)】」参加者募集のご案内

近年様々な分野において人手不足が大きな課題になりつつある中、私たちの生活を支えより豊かにしてくれるような人間共生型のロボットの普及導入が進んでおります。また、アフターコロナを見据えた中で、こうしたロボットに対するニーズはますます高まっております。
本セミナーでは、産業用のみならず、普段の一般生活でも役立つロボットの課題解決をする上で重要となる「ロボットアーム・ハンド」の現状と活用事例について解説いたします。
併せて、ロボットハンド・アームの開発現場への参入機会を提供すべく、今回の講師としてお迎えしました企業様との商談会を同時に開催します。

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和3年1月19日(火) 10:00~12:00
◆商談会   令和3年1月19日(火) 13:30~16:30
※商談会は上記時間内で面談時間を商談会参加者様に個別にご案内します。

■会場

なし(WEB形式)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:00~12:00)
(1)ロボットアーム・ハンドの現状
講師 埼玉県産業振興公社 コーディネータ 岩田 昇資 氏
(2)ロボットアーム・ハンドを活用した事例①
遠隔釣りロボットの活用
講師  (株)Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
(3)ロボットアーム・ハンドを活用した事例②
義肢の展望について
講師 (株)リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

◆商談会(13:30~16:30)
◇商談対象者(本セミナー担当講師)◇
株式会社Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
株式会社リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

■定員

50名(商談会は各社6名)

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー
部品納入から製品開発まで様々な形でロボット産業に参入を検討している企業等

◆商談会
ロボット産業に参入を検討している、あるいは既に参入していて事業拡大を図りたい
県内企業(ロボットアーム・ハンドに対する部品納入などを含む。)
詳しくは下記ニーズ情報をご参照ください。

社名 ㈱Re-al ㈱リコー
HP https://re-al.co.jp/ https://www.ricoh.co.jp/
商談希望 ジャンル ロボット制作にあたり、下記の開発及び生産が可能な企業様と商談を希望します。
・遠隔制御ネットワーク構築、生産委託
・工業デザイン
義肢に関するノウハウをお持ちで、サポートが可能な企業及び医療等の関連する企業様
不可条件 商談希望に沿った商談案件を優先させていただきます。

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問? https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎・岡部

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【締め切りました】令和2年度 第4回 AI・IoT普及セミナーを開催します【開催日:12月10日(木)】

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、主に埼玉県内の中小製造業がAI・IoTを活用する際に参考となる情報を提供するため、「AI・IoTを活用した新たな挑戦!」をテーマにAI・IoT普及セミナーを開催します。

チラシ

開催日時等

■テーマ:AI・IoTを活用した新たな挑戦!

■日時:令和2年12月10日(木)14:00-16:00

■締切日:令和2年12月7日(月)15:00

■WEB配信:Zoom社のウェビナーを使用したライブ配信にて行います。

対象:埼玉県内の中小企業経営者・実務者等

定員:90名(先着順)

参加費:無料

内容

14:00~15:00

1.「データを活用した新たな機械加工に挑戦!!」

<講演内容>

当社は創業以来、機械加工を基盤に様々な産業分野の部品加工に取り組んできており、近年は精密・高度な加工技術を追求、獲得し、エネルギー・油圧機器・半導体装置・航空機・医療分野等のシェアを飛躍的に伸ばしてきました。さらに、自らの技術を深掘りする為、加工中の加工現象の計測評価技術の開発にも注力しています。計測評価技術の高度化のためには、切削・接合の良否を決める重要な物理現象(抵抗、温度、振動)を正確に計測できるデバイスが必要と考え、リアルタイムにそれら物理現象をセンシングできるツールを開発しました。近年はセンシングデータを基に工作機械CNCにフィードバックできるシステムも自社開発し、また、AIも活用し適応制御にも取り組んでいます。機械加工の現場に面白さ、ワクワク感を取り戻し、イノベーションを起こすべく、弊社の取組みをご紹介します。

<講演者>

株式会社山本金属製作所 代表取締役社長 山本 憲吾 氏

15:05~16:00

2.「オープンソースで始めるボトムアップ型スマートファクトリーの提案」

<講演内容>

コロナ禍以前から、「スマートファクトリー」、「Industrie4.0」というキーワードは製造業界でバズワード化され、今年はこれに「製造業におけるDX」という新しい言葉が加わりました。しかし、実際に取り組める具体的な内容となるとその実装手段の具現化は難しく、一方、モノづくりの現場では顕在化している小さな課題が実在します。
トップダウン型とは異なるAI・IoTとロボットを連繋させたボトムアップ型の工場のスマート化に取り組むことで、大規模投資を伴わない生産性向上が可能となる「オープンソース技術」を切り口に要素技術や事例を紹介します。

<講演者>
株式会社GRIPS 代表取締役 森田 康氏

お申込み

お申込みは送信フォーム

よりお申込みください。

※お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
お申込みいただいたメールアドレスへ開催前日までにZOOMアドレスを配信しますので
アドレスの入力間違いにご注意ください。


募集開始のご案内について

AI・IoT普及セミナー、その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

【終了しました】「第3回CASE研究会WEBセミナー【11月27日(金)】」参加者募集のご案内

  今年度3回目となるCASE 研究会は、【 自動運転 】 をメインテーマに取り上げます。
  先日ホンダは「レベル3( 条件付自動運転 )」の乗用車を今年度中に国内販売すると発表しました。レベル3の車の実用化を国が承認したのは世界初とのことです。今後さらに自動運転車両の開発・普及が進展していくものと予想されます。
  今回のセミナーでは、自動運転車両の普及を推進している【 国土交通省 】から 最新動向と今後の展望 について、また 、東京大学発のベンチャー企業で各地で実証試験を実施している【 先進モビリティ株式会社 】には、自動運転車両の開発現場の実態 についてご紹介していただきます。

※リーフレットはこちらをご覧ください。→第3回CASE研究会セミナーリーフレット

開催概要

■日時

令和2年11月27日(金)13:30~15:50

■会場

WEBセミナー
※Zoom社のWEBミーティングシステムを使用したWEB配信によるセミナーです。
※ライブ配信となります。録画ではないため後日視聴することはできません。
※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。

■テーマ

「自動運転の開発現場と今後の展望」 

■スケジュール

◆13:30~13:40 主催者挨拶、趣旨説明
◆13:40~14:40
【講演1】「自動運転の実現に向けた取り組みについて」
     国土交通省 自動車局 技術・環境政策課 専門官 岡本 慎平 氏
     
<概要>国土交通省自動車局では、自動車の安全基準の策定等による安全なクルマ作りの推進や、先進技術を利用した安全運転支援システムを搭載する自動車の開発・実用化・普及の促進等を通じて、交通事故の削減に大きく貢献することを目的としています。本講演では、自動運転の実現に向けた国土交通省自動車局の取り組みを紹介します。
◆14:40~14:50 休憩
◆14:50~15:50
【講演2】「 自動運転バスの実証実験と社会実装に向けて 」
     先進モビリティ株式会社 商品開発部 部長 釘宮 航 氏
 
<概要>当社は、自動運転バスや隊列トラックといった社会に欠かせない大型商用車両の自動運転技術で「地域の交通・物流に関する課題の解決、新しいまちづくり・地域の活性化」をミッションとした、東大発のベンチャー企業です。自動運転車両の実証実験が盛んになり、当社も国内の様々なプロジェクトに参画してきました。本講演では、実証実験の取組状況や課題について、自動運転車両を開発する側の視点からご紹介します。

■定員

90名 (募集期限:令和2年11月24日(火))※定員に達し次第、申込を締め切ります。

■参加費

無料

■CASE研究会 会員について

CASE研究会会員(会費無料)に登録いただきますと、今後のセミナー等の情報を優先的にご案内させていただきます。登録希望の有無は、下記の申込フォームの項目からお選びください。

【Zoomの注意事項について】
本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、
ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

申込フォーム(事前申込制)

お申し込みはこちら

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.j

【終了しました】令和2年度 第3回次世代自動車技術講演会(WEB配信) 聴講者募集のご案内【開催日:12月11日(金)】

次世代自動車支援センター埼玉では、県内企業の技術力強化を支援するため、自動車産業を取り巻く最新の動向を紹介しています。

チラシ

内容

【講演1】「自動車産業を巡る状況と対応の方向性」

<講師>
経済産業省 関東経済産業局 産業部 製造産業課 航空宇宙・自動車産業室
係長 百瀬 亮 氏

<講演の概要>
CASE、MaaSという新潮流を受けて、100年に1度の大変革期と言われる自動車産業。今何が起きていて、その流れにどのように対応することが求められているか、経済産業省の取組や施策、各地域での取組などを紹介しながら、お話しします。

【講演2】「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2020 視察報告」

 <講師>
公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構
副理事長 次世代自動車センター浜松 センター長
望月 英二 氏

<講演の概要>
2020年1月6日から6日間、米国ネバダ州ラスベガスで世界最大の家電見本市であり、近年は最新の次世代自動車関連技術の重要な発表の場であるCES2020が開催されました。次世代自動車センター浜松では、CESの視察を行い、収集した次世代自動車に関する最新技術情報を会員企業に報告しています。今回は、その報告内容から抜粋してCES2020における注目すべき主要テーマの解説や国内外の部品メーカー及び完成車メーカーの展示ブースについて紹介をします。また、自動車業界に関する最新情報も併せて報告します。

開催日時等

日時

令和2年12月11日(金)13:30-15:40

形式

WEBセミナー
※Zoom社のウェビナーを使用したWEB配信によるセミナーです。
※申込後、開催日前日までにメールでセミナーのURLをご案内します。インターネット環境があれば、URLをクリックするだけで、パソコンやスマートフォン等から参加(視聴)いただけます。
※ライブ配信となります。講演中にQ&Aでの質問を受け付けます。   
(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。)
※当日の資料は事前にメール配信するアドレスからダウンロードしていただきます。配布資料の印刷は可能ですがデータのコピーは禁止します。

参加費

自動車産業部会会員無料 (公社会員:1,000円、一般:2,000円 消費税含む。)

申込締切日

自動車産業部会会員:12月4日まで。
公社会員及び一般の方:11月27日まで。
お申し込み後に請求書を発行いたします。12月4日までに参加費を振り込んでいただき、入金確認後、前日までにセミナーのURLをご案内します。
【Zoomの注意事項について】
・開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、ご参加ください。開会30分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。

・接続テスト用URLはこちらです

・Zoomのよくある質問はこちらです

募集パンフレットはこちら

お申込み

こちら(webフォーム)よりお申し込みください。

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉 担当/黒田
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

「令和2年度彩の国ベンチャーマーケット」(オンライン)の出展企業を募集します。【開催日:1月8日(金)~2月8日(月)】

公益財団法人埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)では、独創的な技術・製品・サービス等によって新たな事業展開を目指すベンチャー企業の販路開拓や資金調達などを支援するため、「令和2年度彩の国ベンチャーマーケット」を開催します。
今回は、来年1月に開幕するオンライン彩の国ビジネスアリーナにベンチャーマーケットの特別サイトを設け、出展企業のプレゼンテーション動画を掲載します。県内外の多くの方々に自社の技術・製品・サービスを御紹介できる絶好のチャンスですので、ふるってご応募ください。

開催概要

■開催日時

◆令和3年1月8日(金)~令和3年2月8日(月)

■会場

◆「オンライン彩の国ビジネスアリーナ」の「彩の国ベンチャーマーケット」特別サイト

■応募要件

本県の産業発展と雇用創出を担うベンチャー企業(法人・個人は問いません)で、①~④のいずれかの条件を満たし、かつ⑤及び⑥の条件を満たす企業
①Withコロナ、アフターコロナ時代に向けたサービスを提供している企業
②SDGs推進や社会課題の解決に貢献する事業を展開している企業
③スポーツ、ロボット、環境、医療分野、航空宇宙分野、IoTを中心に事業を展開している企業
④自由テーマ
⑤独創的なアイディア、技術、製品、サービス等を有し、既に事業を行っているか、または、これから事業を行うための明確なビジネスプランを有していること
⑥埼玉県内に本社または主要な事業拠点を有しているか、または、有する予定であり、技術及び経営の革新に積極的に取り組んでいること

■募集数

◆5社程度

■参加費

◆無料(書類作成提出や交通費等の諸費用は申込者負担となります)

■応募方法および提出方法

①「エントリーシート」については下記の書類をダウンロードの上、ご記入ください。
その他②~④の書類とあわせて期日までにご提出ください。
①作成した「エントリーシート」※「エントリーシート」をクリック
②会社案内
③決算書(直近3期分:※事業開始前の場合は不要)
<必要に応じて>
④その他補足資料(ビジネスプランの基礎となる研究成果報告書、関連する知的財産権証明書類など)

エントリーシート
出展募集案内

■応募内容等の審査

◎1次審査[書類審査]
お送りいただいた応募書類の内容を審査します。 ※審査結果(合否)については、11月下旬頃にご連絡いたします
◎2次審査[面談審査](11月下旬~12月上旬実施予定 オンライン参加可)
応募書類の内容に関して発表していただきます。 ※審査結果(合否)については、12月上旬頃にご連絡いたします

■応募締切

◆令和2年11月25日(水)※下記の方法で提出ください
・メール(venture@saitama-j.or.jp)
・郵送(必要書類25日必着)
・持参(創業ベンチャー支援センター埼玉(新都心ビジネス流プラザ3階):17時迄

■PR動画撮影(出展特典)

企業紹介およびプレゼンテーション動画撮影
面接審査に合格した企業には、公社が企業紹介動画とプレゼンテーション動画を作成します。
動画は無償で提供しますので、販売促進やPR活動に御活用ください。
※企業紹介動画は1社当たり2分程度、プレゼンテーションの時間は1社当たり5分程度とします
※撮影についての詳細は別途調整の上、スケジュールを決定します
撮影日時(現在調整中):令和2年12月上旬~中旬
撮影場所:貴社及び撮影スタジオ(予定)

■最終審査会

◎プレゼンテーション動画をもとに最終審査を行います。
※優秀者には、「埼玉県知事賞」、「埼玉県産業振興公社理事長賞」が授与されます。

お問い合せ

(公財)埼玉県産業振興公社 創業ベンチャー支援センター埼玉
担当:大松・西出

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-2222   FAX.048-857-3921

メール:venture@saitama-j.or.jp

【受付終了しました】公社会員優待WEBセミナー 『脱・昭和』のリーダー養成セミナーを開催します【開催日:令和3年1月22日(金)】〈Web配信〉

令和の時代が始まり、企業を取り巻く環境は激変し、組織運営の方法も大きく変わってきています。それでも、上司・先輩社員が「昭和」を引きずっていることで、「平成」生まれの若手社員が真の力を発揮できていない場面がでてきています。本セミナーでは、組織を元気にし、生産性を高めるために、上司・先輩社員が「令和」の時代にふさわしい「リーダー」としての役割を実践する方法について解説します。

本セミナーのポイント

●「昭和」生まれの価値観と「平成」生まれの価値観の違いは?
●「令和」という新しい時代のリーダーとしてどう変わっていくべきか?
●Zoomを使用したオンラインセミナー

研修チラシ

お申し込みはこちら

 

研修コード 20KTE
研修日程 令和3年1月22日(金)Zoom開催
研修時間 研修時間:13:30~15:30
研修会場 WEBセミナー(オンラインセミナー)
受講方法 Zoom

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます
※ セミナーを録画させていただきますのでご了承ください
※ セミナー後、録画動画を期間限定配信します

Zoomのウェビナー機能を使用したWeb配信によるセミナーです。
参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。

(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)

対象者 中堅社員、管理職、経営幹部
定員 50名
受講料 会員 無料
一般 2,100円
カリキュラム 1日間〈Zoom開催〉
1.「昭和」の上司・先輩社員とは
・上司・先輩社員の役割
2.組織を元気にする「平成」の上司・先輩社員
・組織活性ワード
3.上司・先輩社員の「演技力」
・演技力が人間関係を円滑にする
講師紹介 株式会社キャラウィット

代表取締役 上岡 実弥子 氏

プロフィール

長野県生まれ。企業において、販売企画やマーケティングに携わり、1999年に独立。現在、SC、行政、医療法人、民間企業など幅広いクライアントに対し、CSコンサルティング、事業計画策定、人財育成事業を行っている。女性の視点をいかした支援は「楽しく分かりやすい」と好評。全国でのセミナー講演の実績多数。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286

【締め切りました】「埼玉県AI・IoTコンソーシアム」   第1回フォーラム(WEB配信)を開催します【開催日:11月17日(火)】

令和2年11月17日(火)に埼玉県AI・IoTコンソーシアム「第1回フォーラム(WEB配信)」を開催します。

本フォーラムでは、「今、企業にDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められる理由とは?」と題して、アフターコロナに向け加速化するDXについて、その正体や中小製造業との関係などを具体的な事例を交えて詳説します。
さらに、最新のAI活用動向を踏まえ、AI・IoTプラットフォームに搭載されたばかりの新機能(マッチング機能)やAI導入のポイントなどについて紹介します。

本フォーラムは「埼玉県AI・IoTコンソーシアム会員(一般・協力)」が対象となりますが、未加入の場合でも申込時にコンソーシアムへの入会登録(会費無料)をすることで参加できます。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

※案内リーフレットはこちら

概 要

■日時:令和2年11月17日(火) 14:00~16:00

■テーマ:「今、企業にDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められる理由とは?」

■開催方式:Zoom ウェビナーによるライブ配信

■参加費:無料

■スケジュール(予定):
14:00~14:05 開会、挨拶(埼玉県産業労働部次世代産業幹)
14:05~15:05
【講演1】「 製造業における DX とは(アフターコロナに向けて)」
CIO Loungeメンバー IoT Link Labo代表  田井 昭 氏
(元コニカミノルタ 執行役 IT企画部長(CIO))
15:05~15:10 休憩
15:10~16:00
【講演2】「 誰もがAIでやりたいことにチャレンジできる地域を目指して
~AI・IoTプラットフォームのご紹介~ 」
株式会社富士通総研 コンサルティング本部行政情報化グループ
チーフシニアコンサルタント 長谷川 誠 氏

■定員:90名 ※定員に達し次第、申込を締め切ります。
※同一企業からのお申込みは最大2名までとさせていただきます。
※定員を上回る多数の申込がある場合は、同一企業からの参加人数を
1名に制限する場合がございますので、予めご了承ください。

■募集期限:令和2年11月12日(木)

■参加条件:埼玉県AI・IoTコンソーシアム「一般会員」および「協力会員」
※未加入の場合でも申込時にコンソーシアムへの入会登録(会費無料)をすることで
参加できます。
入会登録は、申込フォームから同時に行うことができます。
「埼玉県AI・IoTコンソーシアム」の詳細は、埼玉県ホームページをご覧ください。

 

お申込み

申込フォームはこちら

【注意事項】
※お申し込みいただいた後、申込完了の自動返信メールが送信されます。
後日、登録されたメールアドレスにWEB配信URLの案内メールを送信します。
※申込フォーム送信完了時点で定員を上回る申込があった場合は、
参加できない場合がございますので、予めご了承ください。
※同一企業からのお申込みは最大2名までとさせていただきます。
ただし、定員を上回る多数の申込がある場合は、同一企業からの参加人数を
1名に制限する場合がございますので、予めご了承ください。
※開催の前日(11/16(月))までにWEB配信URLの案内メールが届かない場合、
下記事務局までご連絡ください。
事務局:埼玉県産業振興公社 IoT・技術支援グループ
TEL:048-621-7051 E-mail:iot@saitama-j.or.jp

メールでのご案内について

AI・IoT関連のセミナー、その他イベントの案内については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

【終了しました】「令和2年度 第2回モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会 技術セミナー(Web配信)」 参加者募集のご案内 【開催日:令和2年11月11日(水)】

次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため、「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」を設置しています。同研究会では、最新の技術動向や業界の技術ニーズなどの情報共有の場として技術セミナーを開催しています。今回は、『小型高効率モータとそのパワーコントロールの進化』を研究会テーマとしています。

チラシ

内容

【テーマ『小型高効率モータとそのパワーコントロールの進化』】

【講演1】
「小型低損失モータの開発」

<講師>
株式会社本田技術研究所
先進パワーユニット・エネルギー研究所 高電圧パワーユニット開発室                          
          アシスタントチーフエンジニア 梓沢 慶介 氏

<講演概要>
ホンダは、新型フィットに従来の小型車向け1モータハイブリッドシステムに対し、燃費が大幅に向上する2モータハイブリッドシステムを小型化し採用した。本講演では、上記小型車向け2モータハイブリッドシステムに搭載するために、小型・低損失・静粛性を実現した新開発のモータについて紹介する。

【講演2】
「小型2モータハイブリッド車向けパワーコントロールユニットの開発」

<講師>
株式会社ケーヒン 開発本部 電動技術統括部 PCU 開発部
               主任技師      樫村 之哉 氏

<講演概要>
 独自の All-in-One 型パワーモジュールを搭載した中型2モータハイブリッド車向け第2世代パワーコントロールユニット(PCU) を 2016年に製品化した。本講演では、小型2モータハイブリッド車向けに、第2世代をベースに新開発した小型・軽量 第3世代PCUの技術を紹介する。

開催日時等

日時

令和2年11月11日(水)13:30-15:30

形式

※Zoom社のウェビナーを使用したWEB配信によるセミナーです。
※申込後、開催日前日までにメールでセミナーのURLをご案内します。インターネット環境があれば、URLをクリックするだけで、パソコンやスマートフォン等から参加(視聴)いただけます。
※ライブ配信となります。講演中にQ&Aでの質問を受け付けます。   
(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。)
※当日の資料は事前にメール配信するアドレスからダウンロードしていただきます。配布資料の印刷は可能ですがデータのコピーは禁止します。

参加費

自動車産業部会会員 無料
公社会員 1,000円 上記以外 2,000円(すべて消費税含む)

申込締切日

自動車産業部会会員は11月4日まで。
公社会員及び一般の方は10月28日まで。
請求書を送付いたしますので11月4日までに参加費を振り込んでいただきます。入金確認後、前日までにセミナーのURLをご案内します。

お申込み

お申込みはこちら(webフォーム)から

募集パンフレットはこちら

Zoomの注意事項について

・開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、ご参加ください。開会30分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。

・接続テスト用URLはこちらです

・Zoomのよくある質問はこちらです

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ 黒田

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

【Webセミナー】「新エネルギー分野参入支援セミナー」を開催します(開催日11月30日(月))

デジタル・IT化が急激に進む昨今、電力消費量が増大するに伴い再生可能エネルギーの普及拡大が急務となっています。
そこで、新エネルギー分野への新たな参入の可能性を探るべく、新エネルギーに関する最新の技術動向やメーカーによる実用化事例にまつわるセミナーを開催いたします。
新エネルギー分野に関心のある企業のご参加をお待ちしております。

★参加お申し込みはこちら(入力フォームが開きます)★

★案内チラシはこちら★

開催概要

■開催日時

令和2年11月30日(月) 14:00~16:00

■開催方法

WEBセミナー

・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の「Zoomの注意事項」をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途受講用URLをご案内させていただきます。

■プログラム

14:00~14:05

あいさつ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部長 島田 守
14:05~14:35

基調講演

新エネルギーに対する国の施策と最新の技術動向

国立研究開発法人産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域ゼロエミッション研究戦略部 イノベーションコーディネーター(工学博士)

西尾 匡弘 氏

14:35~15:05

事例紹介①

パワー半導体材料“酸化ガリウム”

株式会社ノベルクリスタルテクノロジー 代表取締役社長

倉又 朗人 氏

15:05~15:35

事例紹介②

ワイヤレス給電を使った新たなエネルギーの配り方

株式会社ベルニクス 代表取締役社長 鈴木 健一郎 氏

15:35~15:45

事例紹介③

マグネシウム蓄電池実現に向けて

埼玉県産業技術総合センター 電気・電子技術・戦略プロジェクト担当 主任研究員(工学博士)

栗原 英紀 氏

15:45~16:00

セミナー総括

コロナ後を見据えた新エネルギー分野のあり方とマッチングの必要性

公益財団法人埼玉県産業振興公社 先端産業コーディネータ

京島 良幸

■定員

50名(申込順)

■参加費

無料

Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら受講用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(受講用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、次の入力フォームよりお申込みください。
・入力フォームはこちら(入力フォームが開きます)。

※ 参加申込いただきました皆様には後日、受講用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 長谷部

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

「オーダーメイド型AI研修(研修費用:無料)」の受講企業を募集しています。【応募締切:10月23日(金)】

鶴ヶ島ジャンクション周辺の13市町に事業所を構える中小企業向けに「オーダーメイド型AI研修」を開催します。
AIシステムの導入を検討中の企業が、AIシステム導入前にPoC(Proof of Concept)を経験することにより、学習モデル構築、学習データ収集、検証等の作業を通して、AI導入のノウハウを学ぶ実践的な研修です。

1.対象企業

鶴ヶ島ジャンクション周辺の13市町に事業所があり、事業所でPoC研修を実施できる中小企業製造業
(13市町名) 川越市、飯能市、東松山市、狭山市、入間市、坂戸市、日高市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、川島町、吉見町、鳩山町

2.募集企業数

1社 (応募内容に基づき公社で審査・決定))

3.研修テーマ

製造品の画像データによる検品

4.研修費用

無料

5.スケジュール

令和2年10月23日(金)17:00 募集締切
令和2年10月28日(水)PM 審査会(ZoomまたはTeamsで実施予定)
令和2年10月30日までに研修受講企業1社の選定、結果通知
令和2年11月上旬 研修受講企業1社への概要説明会研修(1日)
その後、令和2年11月下旬から令和3年2月上旬までの間に、3ヶ月程度のPoC研修を実施。

6.応募方法

提出データ(電子メールで提出)
1.応募申請書(別紙1)
2.判定サンプルデータ
テーマ:画像データによる検品の場合
研修対象とする「製品」「不良品」画像データをそれぞれ数枚

7.提出先電子メールアドレス

  iot@saitama-j.or.jp
※メール受領後、受領確認のメールをお送りします。
メール提出後、数日経っても受領確認のメールが届かない場合は、お手数ですが、下記窓口までご連絡ください。

8.募集締切

令和2年10月 23 日(金)17:00(必着)

9.募集要項

こちらからダウンロードしてください。

10.応募申請書(別紙1)

こちらからダウンロードしてください。

募集開始のご案内について

IoT人材育成研修 その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

【終了しました】【配属先企業視察研修】外国人労働者 戦力化ノウハウ習得研修を開催します【開催日:令和2年10月16日(金)】〔先着20名〕

日本人とは違う外国人特有の考え方や行動特性を理解し、効果的なコミュニケーション法や指導法を習得します。また、実際の外国人技能実習生とふれあい、グループディスカッションとロールプレイングで外国人との効果的なコミュニケーション方法の理解を深めます。

本セミナーのポイント

●外国人労働者の戦力化に携わっているプロが実体験を交えた講義を行います
●実際の育成現場を視察します

研修チラシはこちら

お申し込みはこちら

4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 20KSB
研修日程 令和2年10月16日(金)
研修時間 9:30~16:30(昼休憩1時間)
研修会場 エフ・ジィ・ケー株式会社 住所:埼玉県羽生市上川崎520
※現地集合・現地解散です。
※交通費は各自ご負担ください。
※昼食は各自、会場外でお取りいただきます。
※工場側の要請により、「同業他社は対象外」となっております。申込みが完了した場合でも、工場側の判断で受け入れをお断りする場合があります。予めご了承ください。
対象者 ・外国人労働者を採用したが、期待した成果に結びついていない企業のマネジメント層の方
・外国人労働者を部下に対し、どう指導すれば良いかわからない企業のマネジメント層の方
・これから外国人労働者の採用を検討している企業の人事担当者
定員 20名
受講料 会員13,300円 一般15,400円(消費税込)
カリキュラム 1.外国人雇用の現状と今後の見通し

2.外国人の特性に関する基礎知識
(1)日本人との特性の違い

3.外国人労働者に対するコミュニケーションと指導法
(1)外国人コミュニケーションの前提
(2)日本人との「言葉」や「態度」の違い
(3)外国人スタッフに対する指導のポイント

4.国籍ごとのマネジメント法の違い
(1)国籍ごとの特性と価値観
(2)国籍ごとのマネジメントのポイント

5.配属先企業の現場視察(エフ・ジィ・ケー株式会社)

6.ロールプレイング
※実際の企業で起きるであろう具体的ケースを想定した指導のトレーニング

7.まとめ・質疑応答

※カリキュラムは変更となる場合があります

講師紹介 R&A Consulting株式会社

 代表取締役 佐藤 僚祐 氏

プロフィール

慶應義塾大学法学部政治学科卒。2003年に自動車部品製造会社「東京ガスケット工業(株)」入社。2017年に代表取締役に就任(現職)。中小企業経営者としての経験を活かし、中小企業の様々な問題を解決することを目的とした「R&A Consulting(株)」を設立し、代表取締役に就任(現職)。外国人技能実習制度の有効活用を目的としたセミナーや、外国人技能実習生に日本語と日本の文化風習ルールを教える「RAC Human Academy」を運営。製造会社では実際に延べ10名以上の多国籍の技能実習生と留学生を受け入れている。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。お申込みが少ない場合は中止させていただくことがあります。
お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286

【募集終了しました。】九都県市合同商談マッチング2021 発注側参加企業募集(締切:11月5日(木))

九都県市合同商談会は、首都圏産業の国際競争力強化を図るため、平成20年度から九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)が連携して開催する商談会であり、取引先新規開拓のきっかけづくりや新たなビジネスチャンスの創出を目的とするものです。

この機会に発注側参加企業としてご参加いただき、協力・外注企業の新規開拓や将来的な取引に結びつく情報収集活動等の場としてご活用ください。

今年度はコロナ禍において3密を防ぐため、1日のみで行う対面形式ではありません。具体的な発注案件を基に受注側参加企業の募集を行い、商談に向けた事前マッチングを行います。

商談は、対面、WEB会議、電話など、形式を問いません。各社ごとの方針、相手方との調整により行っていただきます。

 

開催概要
開催期間 令和3年2月15日(月)~2月26日(金)
募集対象 首都圏(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)エリアにおいて、協力・外注企業の新規開拓、将来的な発注案件に向けた情報収集等を希望する企業
参加費 無料
募集企業数 発注側参加企業:80社 受注側参加企業:205社
商談方式 具体的な発注案件をもとに発注側参加企業、受注側参加企業、両者の商談希望を事務局で取りまとめて商談リストを作成いたします。

商談リストをもとに、開催期間内に商談をしていただきます。(商談方法については、対面、WEB会議、電話等、各社ごとの方針、相手方との調整により行っていただきます。)

開催までの流れ 発注側参加企業募集

申込締切:令和2年 11月5日(木)    

詳細は【発注側参加企業募集のご案内】にてご確認ください。

申込方法:【発注側参加企業申込書】をダウンロードしていただき、必要事項をご入力のうえ、shoudan@saitama-j.or.jp宛に送信ください。

②発注案件一覧の掲示(11月上旬公開予定)

発注側参加企業より寄せられた発注案件を掲示いたします。

③受注側参加企業募集 (11月上旬~12月上旬)

11月9日(月)10時(予定)より下記URLより募集開始します!

https://www.saitama-j.or.jp/seminar/assen-9tokenshi2021jy/

 

発注案件をご確認のうえ必要事項、商談希望を入力いただきお申込みを承ります。

④発注側参加企業の商談希望受付 (12月下旬~1月上旬)

発注側参加企業へ受注側参加企業に対しての商談希望を承ります。

⑤商談リストの配布(2月上旬)

事務局にて商談希望を調整し各企業に商談リストを配布いたします。

⑥商談 2月15日(月)~2月26日(金)

各企業の方針、相手方との調整により商談を行ってください。

⑦商談経過調査

開催後、商談経過調査にご回答いただきます。

 

お問い合わせ先

九都県市合同商談マッチング2021開催事務局
公益財団法人埼玉県産業振興公社 取引振興部 取引支援グループ 五十嵐・藤井

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4086FAX. 048-645-3286

メール: shoudan@saitama-j.or.jp

 

(募集終了しました)「機械要素技術展」に出展する県内中小企業を募集します(締切:9月30日(水))

 埼玉県産業振興公社では、「第25回機械要素技術展」埼玉県パビリオンに出展する県内中小企業を募集します。
出展料及び共通小間装飾経費の一部補助により、出展企業のビジネスマッチングを促進し、県内企業が有する優れた加工技術や製品のアピールと取引機会の拡大及び受注確保を支援します。この機会にぜひ貴社の販路開拓にご活用ください。
なお、本展示会は展示会場での商談に加え、会期中のオンライン商談サービスも予定されています。

対象展示会
名称

第25回 機械要素技術展
目的

出展企業のビジネスマッチングを促進し更なる経営基盤の強化を図る

開催日

令和3年2月3日(水)~2月5日(金) 3日間

開催場所

幕張メッセ 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

主催

リード エグジビション ジャパン株式会社

出展対象

「第25回機械要素技術展」に出展しようとする埼玉県内に主要な事業所を有する中小企業で、高度な加工技術の展示・PRを行うことができる企業

募集要件

下記の要件全てを満たした中小企業、組合等を対象とします。
■埼玉県内に主たる事業所を有すること
■(公財)埼玉県産業振興公社に受発注企業登録済み、または登録に同意すること(登録無料)
■展示内容が主催者の定める出展対象であること
■本事業の利用により、販路拡大・受注確保の効果が期待できること
■統一小間仕様など、共同出展による制約について了承すること
■出展後のアンケート調査、商談結果・経過調査に協力すること

募集定数

8社程度(4小間)

出展内容

4小間(約64.8㎡;間口12.0m×奥行5.4m×高さ2.7m)を出展企業で分割して使用する。(共有商談スペースを含む)
出展小間位置は、「機械要素技術展」主催者が決定する。
※新型コロナ感染拡大防止対策を講じた設営を実施する。

費用負担

25万円(税込み)(出展料及び共通小間装飾経費の一部負担分)(出展経費の1/3相当)
※出展料及び共通小間装飾経費以外で出展に伴い必要となる経費については、出展企業の負担とする。
※天災等の不可抗力により、展示会が開催不能であると「機械要素技術展」主催者が判断した場合、展示会を中止することがある。「機械要素技術展」主催者が会期前日までに中止を決定した場合は、出展負担金を全額返金する。ただし、出展料及び共通小間装飾経費以外で出展に伴い生じた経費については、「機械要素技術展」主催者及び(公財)埼玉県産業振興公社は補償の責を負わず、出展者の負担とする。

応募方法

提出書類

■「第25回機械要素技術展」出展支援応募申込書 1部(EXCELファイル
会社案内 1部
展示する技術・製品の参考資料 一式
・電子データ化(PDF、JPEG等)された会社案内がある場合、応募申込書と一緒にメールに添付してお送り下さい。電子データが無い場合は、下記申込先にご郵送ください。  
※ご提出いただいた書類は、返却いたしませんので、予めご了承ください。
※ご提出いただいた書類は、採否に係る審査評価の目的のみ利用し、その他目的にて利用しません。
※応募申込書の個人情報は、埼玉県産業振興公社からの連絡調整と本事業の円滑な遂行及び改善のための分析等に利用します。収集した情報は、法令に基づく開示要求があった場合、本人の同意があった場合、その他特別な理由のある場合を除き、第三者には提供しません。

提出方法

「メール」または「郵送」または「持参」
・ メール申込の場合:応募申込書(EXCELファイル)と会社案内をスキャン等により電子データ化して事務局宛shoudan@saitama-j.or.jpに送信する。
・郵送/持参申込の場合:上記提出書類を、事務局まで提出する。
・ご提出いただいた書類は、返却いたしません。
・ご提出いただいた書類は、採否に係る審査評価の目的のみ利用し、その他目的に利用しません。

申込先

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
(公財)埼玉県産業振興公社 取引振興部 取引支援グループ あて
電話:048-647-4086 FAX:048-645-3286
Eメール:shoudan@saitama-j.or.jp

受付期間

令和2年9月3日(木)~令和2年9月30日(水)(17:00まで)
※提出書類必着とする。
※応募者が募集定数に達しない場合など、応募状況等に応じて追加募集(第2次募集)を行う。

出展者 決定

・出展者審査要領に基づき、審査会において応募者の中から出展者を決定する。
・審査結果は10月下旬までに書面にて通知する。
※採否の理由等についての問い合わせには応じられません。予めご了承ください。

留意事項

■応募内容確認等のため、(公財)埼玉県産業振興公社から電話等のヒアリングを依頼する場合がある。
■出展に当たっては、「第25回機械要素技術展」主催者が定める出展規約を順守する。
■各欄ごと、差しさわりのない範囲内で、具体的な内容を記入する。記入漏れは減点対象となる場合がある。

<お申し込み・お問い合せ先> 公益財団法人埼玉県産業振興公社
取引振興部 取引支援G 藤井・芳賀
〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F
電話:048-647-4086(直通)  FAX:048-645-3286
shoudan@saitama-j.or.jp

「先端素材展示会出展支援事業」出展者募集のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、先端素材に関する技術や製品等の販路を開拓したい県内中小企業支援の一つとして、展示会への出展支援を行います。
特に、企業様が保有する技術・製品がユーザー(顧客)に直結するような展示会への出展を対象といたします。
「nanotech2021」「高機能プラスチック展」につきましては、別途共同出展者を募集いたします。
販路開拓の一助として、ぜひご検討ください。

先端素材展示会出展支援事業」募集案内

※先端素材:
ナノカーボン、セルロースナノファイバーに加え、炭素繊維複合材のCFRPや機能性ガラス素材、高耐熱かつ高強度な樹脂素材、高機能繊維に利用される素材など、「高性能化」「高付加価値化」「軽量化」「高強度化」を実現する素材を指す

募集期間

月30日(水)17時必着まで

※順次審査を行ない、支援決定額が予算に達し次第、募集を終了します

出展支援について

支援件数

4件程度

支援対象

出展費(小間代)
※対象費用については、主催者等が公社に直接請求することとします。
上限を超えた残額については、企業様から直接主催者等にお支払いただきます。

※オンライン展示会への出展も対象となります。
ただし、下記条件を満たすもの且つ募集要領記載の審査基準を満たすもの
・企業の個別照会ページを取得すること
・企業の製品や技術を紹介する動画等を掲載すること
・商談ツールを有すること

上限

25万円

対象展示会

2021年3月20日までに開催される展示会

対象事業者

埼玉県内に登記簿上の本店又は主たる事業所を置く中小企業

出展対象

次に該当するものを展示すること
Ⅰ 先端素材を活用した素材又は製品
Ⅱ 先端素材を活用する技術又は装置
Ⅲ 先端素材の材料・素材の評価測定技術又は装置
Ⅳ 先端素材の活用により産業振興に資するもの

応募方法について

募集要領をご確認のうえ、申請書類に必要事項を記入し、郵送または直接ご持参下さい。
9月30日(水)(17:00時必着)
※持参の場合は事前に電話連絡ください。

展示会出展支援事業募集要領

展示会出展支援事業申請書

注意事項

採択通知後に出展を取りやめる場合は、速やかに連絡ください。その場合発生するキャンセル料については、100%申請者の負担となります。
ご了承ください。

 

 

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901FAX. 048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.jp

【終了しました】WEBセミナー「実践!SDGsセミナー」を開催します【開催日:令和2年9月28日】

【実践!SDGsセミナー】

公社では、県内中小企業のSDGs経営を推進することにより、持続可能な経営、新たな事業機
会の創出などを実現し、県内産業の振興を図るため、「実践!SDGsセミナー」を開催します
。参加者にSDGsと自社との関係について考えてもらい、自社の社会に対しての本質的な価値
を見つけ出すと同時に、全社的な意志共有の進め方についても学びます。
SDGsを経営に取り入れるヒントを得たい方、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:9月28日(月)13:30~16:30(受付15分前から)
Zoomによる配信(別途参加URLをご案内します)
内 容:(第1部)基調講演
学校法人先端教育機構 SDGs総研
主任研究員 白田範史 氏
・ニューノーマル時代のSDGsの取組
・なぜSDGsに取り組む必要があるのか
・SDGsの取組方法、取組手順
・今後のワークショップセミナーの紹介

 

 

 

 

(第2部)SDGs実践企業事例紹介
株式会社恒電社 代表取締役 恒石隆顕 氏

 

 

 

 

定 員:先着100名まで
参加費:無料 ※事前登録制

【申込み】【募集は終了しました!】
■webから
■チラシから(FAXにて下記までご送付ください。)
①「実践!SDGsセミナー(第1回目)」申込書→R2 SDGsセミナーパンフレット

【Zoomの注意事項について】
・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、
ご参加ください。開会15分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お問い合わせ先
〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10F
TEL. 048-647-4085  FAX. 048-645-3286
メール: hitoshi@saitama-j.or.jp

【終了しました】令和2年度 第3回 AI・IoT普及セミナーを開催します【開催日:9月11日(金)】

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、主に埼玉県内の中小製造業がAI・IoTを活用する際に参考となる情報を提供するため、AI・IoT普及セミナーを開催します。本セミナーでは、当公社のAIトライアル補助金を利用した県内中小製造業の担当の方から導入の経緯や苦労話しなど、他では聞けない内容を紹介します。

チラシ

開催日時等

■テーマ:中小製造業でのAI活用への挑戦!

■日時:令和2年9月11日(金)14:00-15:40

■WEB配信:Zoom社のウェビナーを使用したライブ配信にて行います。

対象:埼玉県内の中小企業経営者・実務者等

定員:90名(先着順)

参加費:無料

内容

14:00~15:00

1.「令和元年度オーダーメイド型AI研修を体験して見えてきた
 New Normal時代の製造業を支えるAI外観検査」

<講演内容>

令和元年度オーダーメイド型AI研修に参加した、県内製造業4社のAI活用に向けたPOCの取組から明らかとなった「製造検査・検品工程へのAI適用のポイントやノウハウ」をご説明します。
さらに、今回研修で使用した製造業検査・検品向けAIソフトウェア「RAPID機械学習」をご紹介すると共に、New Normal時代(With corona、After corona)の新たなAI画像解析ソリューションの考え方についても説明致します。

<講演者>

NEC AI・アナリティクス事業部 マネージャー 祐成 光樹 氏

15:10~15:40

「令和元年度AIトライアル補助金採択企業」

2.「画像認識AIを利用したクラッド材の自動目視検査システム」

<講演内容>

2019年度AIトライアル補助金で採択された開発に取り組んだ内容を紹介します。本開発ではパッケージ製品を使わず、AI部分・メカ部分をそれぞれ新規開発しました。実際の開発の進み方や苦心した点について、これから導入をご検討の方のご参考になれば幸いです。

<発表者>

北光金属株式会社 生産技術グループ 斎藤 英之 氏

お申込み

お申込みは送信フォーム

よりお申込みください。


募集開始のご案内について

IoT普及セミナー、その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

  • 【終了しました】「令和2年度 第1回モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会 技術セミナー(Web配信)」 参加者募集のご案内 【開催日:令和2年9月9日(水)】

    次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため、「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」を設置しています。同研究会では、最新の技術動向や業界の技術ニーズなどの情報共有の場として技術セミナーを開催しています。今回は、『電動化とその要素技術』を研究会テーマとし、2名の講師を迎えて講演していただきます。

    チラシ

    内容

    【テーマ『電動化とその要素技術』】

    【講演1】
    「電動化環境における高周波回路技術」
    –通信やセンシングに求められるハーネスの技術–

    <講師>
    神奈川工科大学
    自動車システム開発工学科 電動システム研究室  教授 クライソン トロンナムチャイ氏

    <講演概要>
    自動車の電動化が拡大する状況で、高電圧回路と、通信や自動運転のための高周波回路の共存が大きな課題となっています。そのため、設計段階でシステムとして成立する回路やハーネス仕様の決定が強く求められています。特に走行用モータ・インバータシステムから発する大きな電磁ノイズがレーダや車内ネットワークに影響を与えないための効果的なシールド技術について講演を行います。

    【講演2】
    「世界のバーチャルエンジニアリング実態と日本の課題」
    -IT/Digital技術「駆使」の開発とものづくり-
    ポストコロナのリモートワーク化を見据えて

    <講師>
    東京電機大学 
    非常勤講師   内田  孝尚 氏

    <講演概要>
    世界的に進む設計と物づくりの融合が今後の開発、製造を大きく変える。そのキーとなるテクノロジーがバーチャルエンジニアリングであるが、多様な企業が参入できることを前提とした世界のスタンダードに対して、いま日本は遅れをとっている。特に部品のモジュール化により達成基準が明確になれば、リモートワーク化が容易になる。
    実物の代わりにバーチャルモデルが商品として扱うビジネスモデルとしてのバーチャルエンジニアリングの世界の実状と今後対処すべき日本企業の課題について講演を行います。

    開催日時等

    日時

    令和2年9月9日(水)13:30-15:30

    形式

    ※Zoom社のウェビナーを使用したWEB配信によるセミナーです。
    ※申込後、開催日前日までにメールでセミナーのURLをご案内します。インターネット環境があれば、URLをクリックするだけで、パソコンやスマートフォン等から参加(視聴)いただけます。
    ※ライブ配信となります。講演中にQ&Aでの質問を受け付けます。   
    (※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。)
    ※当日の資料は事前にメール配信するアドレスからダウンロードしていただきます。

    参加費

    自動車産業部会会員 無料
    公社会員 1,000円 上記以外 2,000円(すべて消費税含む、)

    申込締切日

    自動車産業部会会員は9月1日まで。
    公社会員及び一般の方は8月26日まで。
    事前に参加費を振り込んでいただき、入金確認後、前日までにセミナーのURLをご案内します。

    お申込み

    お申込みはこちら(webフォーム)から

    募集パンフレットはこちら

    Zoomの注意事項について

    ・開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、ご参加ください。開会30分前から接続いただくことが可能です。
    ・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
    ・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。

    ・接続テスト用URLはこちらです

    ・Zoomのよくある質問はこちらです

    メールでの募集案内について

    各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
    ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

    お問い合わせ先

    〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
    次世代自動車支援センター埼玉
    (公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ 黒田

    TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

    メール: jidosha@saitama-j.or.jp

    (募集終了しました)「オーダーメイド型AI研修(研修費用:無料)」の受講企業を募集しています。(応募締切:8月14日(金))

    鶴ヶ島ジャンクション周辺の13市町に事業所を構える中小企業向けに「オーダーメイド型AI研修」を開催します。
    AIシステムの導入を検討中の企業が、AIシステム導入前にPoC(Proof of Concept)を経験することにより、学習モデル構築、学習データ収集、検証等の作業を通して、AI導入のノウハウを学ぶ実践的な研修です。

    1.対象企業

    鶴ヶ島ジャンクション周辺の13市町に事業所があり、事業所でPoC研修を実施できる中小企業製造業
    (13市町名) 川越市、飯能市、東松山市、狭山市、入間市、坂戸市、日高市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、川島町、吉見町、鳩山町

    2.募集企業数

    4社 (応募内容に基づき公社で審査・決定))

    3.研修テーマ

    ① 製造品の画像データによる検品
    ② 工作機械の音データによる故障予兆検出

    4.研修費用

    無料

    5.スケジュール

    令和2年8月14日(金)17:00 募集締切
    令和2年8月下旬 研修受講企業4社の選定、結果通知
    令和2年8月下旬 研修受講企業4社への合同説明会
    その後、令和2年9月から令和3年2月までの間に、1企業あたり3ヶ月程度のPoC研修を実施。(企業毎の研修時期は、調整のうえ公社で決定させて頂きます)

    6.応募方法

    提出データ(電子メールで提出)
    1.応募申請書(別紙1)
    2.判定サンプルデータ
    ①テーマ:画像データによる検品の場合
    研修対象とする「製品」「不良品」画像データをそれぞれ数枚
    ②テーマ:音データによる故障予知検出の場合
    工作機械の正常時の音と異常時の音をそれぞれ、2分間程度を数件
    3.「PoC環境を設置する場所・ライン」が分かる画像データ数枚

    7.提出先電子メールアドレス

      iot@saitama-j.or.jp
    ※メール受領後、受領確認のメールをお送りします。
    メール提出後、数日経っても受領確認のメールが届かない場合は、お手数ですが、下記窓口までご連絡ください。

    8.募集締切

    令和2年8月 14 日(金)17:00(必着)

    9.募集要項

    こちらからダウンロードしてください。

    10.応募申請書(別紙1)

    こちらからダウンロードしてください。

    募集開始のご案内について

    IoT人材育成研修 その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
    ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

    (公財)埼玉県産業振興公社

    新産業振興部 IoT・技術支援グループ

    〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

    TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

    メール: iot@saitama-j.or.jp

    【終了しました】公社会員優待セミナー(経営者向け)『withコロナで到来したビジネスチャンス~自社の強みを知り発信する~』を開催します【開催日:令和2年9月4日(金)〈Web配信〉、9月16日(水)〈集合型〉】

     製品に対してうまくターゲティングできてない、自社技術の良さがよくわかっていない、効果的な情報発信ができずにいるという企業の声を多く耳にします。withコロナによる変化の激しい時期である一方で、匠の技が光り、レトロ感や老舗感が流行る「原点回帰」の時代でもあり、自社の強みをどう発信し、その良さをどう引き出すかがポイントとなってきます。デジタル化による発信は難しそうに見えて、実は簡単に始められます。本セミナーを通じて、分析とターゲティングを行いながら、自社の強みを理解しデジタル化する手段を学びます。

    #withコロナ #デジタル化 #原点回帰 #自社の強み・弱み #ビジネスチャンス #ターゲティング

    本セミナーのポイント

    ●withコロナ時代の社会変化とデジタル化の重要性を理解します
    ●自社の強みと弱みを分析して「気づきましょう」
    ●必要なデジタル化の手法や方法を学びます

    研修チラシ

    お申し込みはこちら

     

    研修コード 20KTC
    研修日程 1日目:令和2年9月4日(金)Zoom開催
    2日目:令和2年9月16日(水)公社研修室開催
    研修時間 1日目:14:00~15:30
    2日目:13:30~16:30
    研修会場 1日目:Webセミナー(オンラインセミナー)
    2日目:埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
        〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5
              大宮ソニックシティビル10階
        TEL 048-647-4087
    受講方法 1日目:Zoom

    ※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます
    ※ セミナーを録画させていただきますのでご了承ください
    ※ セミナー後、録画動画を期間限定配信します

    Zoomのウェビナー機能を使用したWeb配信によるセミナーです。
    参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。

    (※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)

    2日目:埼玉県産業振興公社 研修室へお越しください

    対象者 withコロナ時代のビジネスチャンスをつかみたい中小企業の経営者、経営幹部
    定員 25名
    受講料 会員 無料
    一般 3,000円
    カリキュラム 1日目〈Zoom開催〉
     1.イントロダクション 社会変化を捉える
     2.今のトレンド with コロナ時代のデジタル化
       商品情報のデジタル化とその重要性
     3.自社を知る、振り返る
    2日目〈公社研修室開催〉
     4.自社の強みと弱みを分析して「気づく」
     5.自社の強みに合ったデジタル化
     6.必要な技術、知識等を補うセミナー、研修の紹介
     7.フォローアップ支援
       ICTコンサルティング等の紹介

    講師紹介 株式会社電通

    シニア・リサーチ・ディレクター 金井 毅 氏

    プロフィール

    さいたま市在住。1983年電通入社。新聞局、大手飲料メーカー担当などを経て、2011年の震災以降、地域の販売・ブランド戦略を数多く手掛けている。
    活動例:埼玉県「NEXT商店街」プロジェクト推進委員
        岩手県産業創造アドバイザー

    備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
    お問い合わせ先

    研修・情報グループ

    〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

    TEL. 048-647-4087
    FAX. 048-645-3286

    【締め切りました】「AI・IoT人材育成研修(技術者養成コース)受講者募集のご案内(締切日:8月20日(木)、定員30名(先着順))

    新型コロナウィルス感染症が世界的な流行をみせる中、AI・IoTシステムの導入・活用が経営や生産活動の継続に大きな役割を果たす時代となっています。
    県内中小企業製造業の現場技術者を対象に、AIを含むIoTシステム構築におけるリーダーを育成するため「AI・IoT人材育成研修(技術者養成コース)」を開催します。
    「AI」「IoT」「可視化分析」をテーマに、座学だけでなくプログラミング等の実習を取り入れ、実践的なスキルを習得します。
    さらに一般社団法人ディープラーニング協会が実施する「G検定」の合格を目指す特別カリキュラムを含め、計18日間の充実した研修内容となっています。

    1.研修期間

    令和2年8月27日(木)から令和3年2月までの間の18日間

    2.研修場所

    新都心ビジネス交流プラザ4階会議室(さいたま市中央区上落合2-3-2 JR北与野駅前)

    ※ 「新型コロナウィルス感染防止」への対応として以下の通りご案内致しますので、ご理解下さい。

     ・状況により上記会場での集合型だけでなく、オンライン講義での実施となる場合があります。

     ・状況により日程が変わる場合があります。

     ・予定しているカリキュラムが一部変更になる場合があります。

     ・新型コロナウィルス感染防止対策としてマスクの着用をお願い致します。

     ・会場ではアルコール消毒、随時換気、体温測定、など対応致します。

     ・会場では個席パーテーションをご用意しています。

    3.対象者

    県内中小企業製造業に勤務し、基本的なPCスキルを持つ現場技術者
    本研修の参加の際は、埼玉県AIIoTコンソーシアムへの入会が必須となります。入会金・年会費は無料です。下記7.応募方法の送信フォームから入会手続きも同時にできます。)

    4.募集人数

    30名(先着順)

    5.受講費用

    4万円(税込、教材費・G検定受験料を含む)

    6.募集締切

    令和2年8月20日(木)

    7.応募方法

    こちらの送信フォームから直接申し込むか、リーフレット裏面に必要事項を記入して、FAXで申し込む。

    8.日程、カリキュラム詳細

    こちらのリーフレット①(表面)②(裏面)をご覧ください。

     

    募集開始のご案内について

    IoT人材育成研修 その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
    ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

    (公財)埼玉県産業振興公社

    新産業振興部 IoT・技術支援グループ

    〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

    TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

    メール: iot@saitama-j.or.jp