会員優待セミナー『指導の幅が広がる”叱り方・褒め方”セミナー』を開催します【開催日:令和2年3月9日(月)】

部下(後輩)の行動改善と行動強化に向け、叱り方と褒め方を習得します。
上手な叱り方と褒め方のスキル習得に加えて、“叱る・褒める” ことの価値認識を強化します。
スキルと姿勢の双方を強化し、職場実践につなげます。

本セミナーのポイント

●部下の行動改善につながる効果的な叱り方を習得します。部下の意欲を引出す伝え方、ダメージの抑え方、叱るポイントの着眼点などを、講義や演習を通じて習得します。
●部下の行動強化につながる効果的な褒め方を習得します。部下の意欲が高まる伝え方、褒める箇所の着眼点、効果的な言い回しなどを、講義や演習を通じて習得します。
●叱ること・褒めることの目的や意義の理解度を高め、実践姿勢を強化します。

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 19KTH
研修日程 2020年3月9日(月)【半日(PM)】
研修時間 13:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5
大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 管理職、後輩指導にあたる中堅社員
定員 30名
受講料 【会員】無料  【一般】2,100円 (消費税込)
カリキュラム 1.オリエンテーション
~叱るとは、褒めるとは

2.効果的な叱り方を身に付ける
(1) 叱る際の留意点
    ①怒るな叱れ、責めるな叱れ
    ②頭ごなしに叱らない
    ③見下した言い方をしない
(2) 行動改善への意欲を引出す
    ①叱る理由を理解・納得させる
    ②自己肯定感を高める
(3) 重要ポイントはインパクトを高める
(4) ダメージを抑える
(5) 叱るを実践する

3.効果的な褒め方を身に付ける
(1) 褒めることの重要性
(2) 褒める効果
    ①行動の強化
    ②自信や自己肯定感の向上
    ③信頼関係の醸成
(3) 褒める箇所の着眼点
    ①日頃の望ましい行動
    ②仕事の結果
    ③改善された行動
(4) 褒めた後の改善点の効果的な指摘
(5) 効果的な褒め方、言い回し
(6) 褒めるを実践する

講師紹介 人材育成フォレスト

代表 松岡 直人 氏

プロフィール

専門商社、システム開発会社、北海道生産性本部を経て、平成25年6月に個人事務所を設立。
主に企業を対象に、新入社員から管理者までの階層別研修、部下指導やコミュニケーションなどのテーマ別研修を実施している。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286

DVDを新たに購入しました!人材育成にぜひご活用ください。

貸出DVDについて

公社では、公社会員様に経営や人材育成に役立つビデオ・DVDソフトを無料で貸出しています(宅配可。送料はご負担ください)。
この度、コンプライアンス、人事・人材開発に関する新作DVD(6本)を購入しました。社内研修や人材育成・自己啓発などに是非ご活用ください。

新着DVD一覧
整理番号 タイトル 時間
G-146 ケースで学ぶ 実践!フィードバックあなたは部下の成長を支援できているか? 86分
G-147 OJT事例集 部下育成実践のポイント 100分
G-148 コーチング・スキル実践講座 ①傾聴のスキル 33分
G-149 コーチング・スキル実践講座 ②承認のスキル 28分
G-150 コーチング・スキル実践講座③質問のスキル 43分
G-151 あなたが守る!製造現場のコンプライアンス モノづくりの基本はルール・マナーの徹底から 45分
新規購入DVDのチラシはこちら
ビデオ検索システムはこちら

 本システムは、公社が保有するビデオを検索できるものです。なお、ビデオ貸出しは公社会員企業様向けのサービスです。一般企業の方も、公社会員に入会すればビデオ貸出しサービスを利用できます。是非、公社会員へのご入会をご検討ください。

公社会員のご案内はこちら

会員優待セミナー『RPA入門セミナー~RPAの概要から実際の活用法まで解説~』を開催します【開催日:令和2年2月14日(金)】

「働き方改革」が叫ばれる昨今、生産性や業務効率を向上させることなく、残業を抑制して早期退社を促すだけでは、未完了の仕事が多発したり、持ち帰り仕事が増えたりと、経営上、大きなリスクとなってしまいます。他方で「これ以上、人件費は増やせない」「増やしたくても、労働不足の今、簡単には採用できない」という声もよく耳にします。
コストをかけずに労働時間を短縮する、というのは非常に困難な経営課題ですが、現在のテクノロジーの進歩によって解決する術があります。
その代表的なものがRPA(Robotic Process Automation)で、PCによる業務の効率化・自動化です。システムに詳しくなくても、事務員が直感的な操作をすることにより、実現できます。
本セミナーでは、「RPAとは何か?」「自社でも導入できそうか?」など、概要から実際の活用法まで解説します。

本セミナーのポイント

●「RPAとは何か?」「自社でも導入できそうか?」など、概要から実際の活用法まで解説
●実機によるデモンストレーションを行いますので、実際に体感できます。

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 19KTF
研修日程 2020年2月14日(金)【半日(PM)】
研修時間 13:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5
大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 ○業種については全業種対象
○ホワイトカラーのパソコン作業がある企業
○本格的なシステム導入までは必要がない企業
○事務部門の生産性・効率を向上させたい企業
定員 30名
受講料 【会員】無料  【一般】2,100円 (消費税込)
カリキュラム ①「働き方改革」を推進する手法は複数あるが…

②その中でも有効なRPAとは、そもそも何?

③RPAでいったい何ができるのか?

④RPAを活用したら、具体的にどういった効果が?

⑤RPAのデメリットは?

⑥具体的な活用事例の紹介

⑦実機によるデモンストレーション

講師紹介 M&Nコンサルティング株式会社

代表取締役社長 中谷 充宏 氏

プロフィール

業歴16年目になる社会保険労務士事務所が母体で、アウトソーシング部門を分離して法人化した企業。NTTの情報システム本部の元システムエンジニアで、システム開発に従事。ITやシステムに明るく、給与計算代行等の事務処理を多数請け負う中で、中小企業の生産性・業務効率の向上が最大の課題で、自社でRPAを試したところ大きな効果を得られるなど、RPAの普及に力を入れている。

備考 ・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286

『公社会員感謝の集い』を開催します【開催日:令和2年2月18日(火)】

公社会員 感謝の集い 2019

日頃、埼玉県内の産業を支えている企業の皆様が一堂に会して、交流を図る集いです。今回は、HILLTOP株式会社 代表取締役副社長 山本昌作 氏をお招きして、独自の経営手法や人材育成についてご講演いただきます。
また、今年度は参加者の会社案内や製品を展示できるテーブルを交流会場に設置します(無料、希望者のみ)。当日は県内企業や金融機関だけでなく、県内大学の産学連携担当の方もお招きする予定です。ぜひ、自社のPRにもご活用ください。

開催日時

令和2年2月18日(火)15:00~18:30

プログラム

第1部 15:00~17:00

      • 理事長からのごあいさつ
      • 講演

    『楽しくなければ仕事じゃない!~非常識な経営手法が企業と人を変える~』
    講師 HILLTOP株式会社 代表取締役副社長 山本昌作 氏
    【プロフィール】
    立命館大学経営学部を卒業。商社からの内定を受けるが母親から懇願され、家業である従業員5人の鉄工所(現在のHILLTOP株式会社)に入社する。当初、大手自動車メーカーとの取引が売上の8割を占めていた。毎年繰り返されるコストダウン要求に嫌気がさし、自らの意思で取引を打ち切る。新たな顧客を求めて東奔西走する中で、変種変量生産システムである「HILLTOPシステム」を確立、24時間無人稼動の生産システムを実現する。こうしたシステムに支えられた、同社独自の“ロングテール型ビジネスモデル”は多くの顧客から支持を得ることとなり、現在の取引社数は2000社を超える。
    また京都試作ネットの設立にも参画、同ネットはものづくり企業の地域連携成功例として大きな注目を集めている。名古屋工業大学工学部非常勤講師、大阪大学非常勤講師など講師・講演活動も勤め現在に至る。自身も一級技能士。

第2部 17:10~18:30

      • 交流会

    立食形式の懇親会 産業人同士の交流・ビジネスチャンス拡大
    ・県内工業系大学との産学連携
    ・公社の取り組みをパネルで展示

参加費

お一人様 3,000円(消費税含む)

会場

大宮ソニックシティビル4階 市民ホール
(さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

定員

100名(先着順)

お申込み方法

下記のメールフォームもしくはチラシをプリントアウトしFAXでお申込みください。

お申込みメールフォーム

公社会員感謝の集い案内チラシ

※公社会員でない方もご入会いただければご参加いただけます。

海外ビジネスにおける安全対策実践セミナー【開催日:12月18日(水)】

 日本企業の海外進出が進み、企業関係者の活動地域が広がる中、国際ビジネスを行う企業にとって、海外における様々な不測の事態を想定し、駐在員や出張者の安全確保が重要な課題となっています。

 本セミナーでは、海外安全対策の専門家から、最新の世界のリスク・事例の説明、事前の予防措置、有事の際の対処方法について、実演を交えて解説します。皆様のご参加をお待ちしております。

◇ 開催概要

日 時:2019年12月18日(水)14:00~16:00(受付13:30~)
会 場:
大宮ソニックシティビル10階埼玉県産業振興公社研修室A
(さいたま市大宮区桜木町1-7-5 JR大宮駅西口より徒歩5分
主 催:ジェトロ埼玉貿易情報センター、公益財団法人埼玉県産業振興公社
定 員:
50名(先着順)※定員になり次第締切となります。
参加費:
無料

◇ プログラム

14:00~15:40
 JETRO海外安全対策エキスパートによる
①海外におけるリスク・事例の説明(テロ・自然災害・紛争・強盗・病気等)
②各種対策の紹介(テロ・強盗を想定した実務訓練等)

15:40~16:00 質疑応答

講師

JETRO 海外安全対策エキスパート 菅原 出 氏  他3名
国際政治アナリストとして世界の戦争、テロ現場を取材。2005年から英危機管理大手G4S社でイラク、アフガニスタン、ベネズエラ等ハイリスク国でのセキュリティ対策に従事。その後、日本の大手プラント会社、商社や国際協力機構(JICA)の危機管理アドバイザーを務め、中東、アジア、アフリカの危険地における治安情勢分析やセキュリティ対策についての助言を提供。2019年4月よりNPO法人海外安全・危機管理の会の代表理事を務める。

お申し込み方法

ジェトロ埼玉へWEBからお申し込みください。お申込みフォーム

詳細は下記「案内チラシ」からご確認ください。

案内チラシ

お申込締切:2019年12月13日(金)12時00分

お問い合わせ先

(公財)埼玉県産業振興公社 海外ビジネス支援グループ

担当:井原、田瀬

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4156FAX. 048-645-3286

メール: sbsc@saitama-j.or.jp

令和元年度航空・宇宙産業参入支援事業にかかる人材育成補助金のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、県内中小企業の航空・宇宙産業への人材育成を促進していくため、研修会等の経費の一部を補助します。

 

【募集期間】

令和元年10月25日(金)~令和2年2月28日(金)

※予算がなくなり次第、終了いたします。

【申請書類】【申請書類一式】

①埼玉県産業振興公社航空・宇宙産業参入支援事業にかかる人材育成補助金交付申請書

②埼玉県産業振興公社航空・宇宙産業参入支援事業にかかる人材育成補助金研修会等計画書

③会社案内

④研修会等の案内書類

※ご提出いただいた書類は、審査結果の可否にかかわらず、返却いたしませんのでご承知ください。

【申請方法】

必要書類を郵送又は直接、公社まで持参してください。

【補助金交付要綱】

ダウンロードして、事前にご確認ください。     【交付要綱】

【詳細情報】

■補助対象者
埼玉県内に本社又は事業所・工場がある中小企業

■補助対象経費
・航空・宇宙産業に関する人材育成を目的とする研修の費用(受講料、参加料、テキスト代、講師の出張料等)で、請求書・領収書等により支払った事実及び金額 が確認できるもの
・対象となる研修会等は当該年度中の開始及び終了が証拠書類により、確認できるもの

■補助額
研修会等に参加した人数や研修会数にかかわらず、対象となる経費の2分の1以内とし、50万円(消費税を含む)を上限とする

■対象となる研修会等
①非破壊検査研修Level2までの基礎応用編(超音波・磁粉探傷・浸透探傷)
②CAD研修(CATIA V5等)
③航空・宇宙産業の生産技術・生産管理・品質管理に関する研修
④その他航空・宇宙産業の人材育成に資する研修で、公社理事長が認めるもの

■対象となる研修会等の期間
平成31年4月1日(月)~令和2年3月31日(火)

【問い合わせ先】

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 鎌田

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870 FAX.048-857-3921

メール: airplane@saitama-j.or.jp

(募集終了しました)CASE無料講演会「モビリティ変革の動向をつかむ」参加者募集【開催日:11月26日(火)】

自動車産業に変革をもたらす技術(CASE)や複数の交通手段を快適に利用する技術(MaaS)について現在、どのような開発が進められ、これからどのような車社会となっていくのかを学んでいただく講演会です。
自動車産業に関わる方はもちろん、様々な企業等の皆様のご参加をお待ちしています。
CASEConnectedAutonomousShared & ServicesElectric 
MaaS Mobility as a Service)

開催日時等

日 時:令和元年11月26日(火)13:30-16:30
会 場:新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室(さいたま市中央区上落合2-3-2)
参加費:無料

内 容

■講演1 「自動運転の高度化を目指して」

<講師>
 日産自動車株式会社 総合研究所 モビリティ&AI研究所 所長 山村 智弘 氏

<講演の概要>
これから知能化が進むクルマとして、自動運転技術のさらなる高度化が求められています。日産自動車での最新の研究成果の一部として、ドライバ特性を理解・反映した自動運転特性の研究例や、モビリティサービス実現に向けた取り組み例を紹介します。

<プロフィール>
1987年  東京大学工学部航空学科 卒業
1987年  日産自動車入社 研究、先行開発、情報システムなどの業務を経験
2018年~ 現職
      専門分野:運転支援システムのヒューマンファクター、人間工学、
      シミュレーション技術

■講演2 「自動運転の発展を支える自動車部品開発」

<講師>
 日立オートモティブシステムズ株式会社
 技術統括本部 次世代モビリティ開発本部 自動運転技術開発部
 主幹技師 谷道 太雪 氏

<講演の概要>
自動運転の発展には、人間の目の代わりに人・車・標識・車線等の道路環境を捉える外界認識と、脳の代わりに運転の仕方を考える高度な情報処理技術が欠かせません。本講演では、自動運転に必要な外界認識を支えるセンサ装置と情報処理を実行する計算装置の開発について紹介します。

<プロフィール>
1998年 自動車間制御用ECU(Electric Control Unit)の開発に従事
2013年 社内プロジェクト自動運転プロジェクトリーダ
2016年 日立オートモティブシステムズアメリカ先行開発部門シニアダイレクタ
現在  自動運転開発技術部にて自動運転システムの企画担当主幹技師。

■講演3 「ナビタイムジャパンのMaaSに関する取り組みと今後の展開」

<講師>
 株式会社ナビタイムジャパン MaaS事業部 部長 森 雄大 氏

<講演の概要>
日本におけるMaaSの動向のご紹介と、ナビタイムジャパンのコア技術である「トータルナビ」を活用したマルチモーダルなモビリティサービスや交通事業者などとの連携、今後の展望などについて紹介します。

<プロフィール>
2009年 株式会社ナビタイムジャパン入社。2年間モバイルアプリケーション開発に従事。
2011年 商品企画部門へ異動。『自転車NAVITIME』、『カーナビタイム』を企画。
2013年 テレマティクス事業部長に就任。コネクテッドカー向けにオンラインサービスを
    提供する事業を立ち上げ、同サービスを欧州自動車メーカー複数社に導入。
2016年 トータルナビ事業部長に就任。徒歩、電車、バスなど複数の移動手段を組み合わせて
    最適な経路案内を行う『NAVITIME 』を提供する事業の責任者を務める。
2019年 4月よりMaaS事業を立ち上げ、責任者を務める。

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

事業承継・成長戦略セミナー「株式公開と成長型M&Aを活用した事業承継について」【開催日:11月28日(木)】

事業承継を検討されている経営者・後継者の方で“業界の変化が激しい時代に、会社の行く末をどうするか?”と悩まれていませんか?事業承継を機に今後の成長戦略の選択肢として、株式公開(IPO)やMA等第三者承継を有効活用するケースが増えています。従来に比べると、最近では中小企業による資本市場活用の選択肢は、多様化してきております。本セミナーでは、経営者、今後を託される後継者の皆様に、“急成長するプロ・マーケット”を含めたIPO市場と成長型M&Aの動向と事例をご紹介し、さらに失敗事例を参考に事業承継の進め方について、わかりやすく説明いたします。株式公開(IPO)やMAにご興味のある皆様もこの機会にぜひご参加ください。

プログラム

講 師

1部【14001500株式公開(IPO)について

講師 株式会社東京証券取引所 上場推進部 課長 宇壽山 図南  

2部【15001600成長型M&Aについて

講師 野村證券株式会社 さいたま支店 企業金融課長 金子 芳行  

3部【16001630失敗事例に学ぶ事業承継の進め方             

講師 公益財団法人埼玉県産業振興公社 埼玉県よろず支援拠点 チーフコーディネーター 越智 隆史(税理士) 

4部【16301700事業引継ぎ支援センターについて

講師 埼玉県事業引継ぎ支援センター 統括責任者 石川 峰生

日 時

2019年11月28日(木)14:00~17:00(受付13:30~)

場 所

新都心ビジネス交流プラザ4階 会議室A
さいたま市中央区上落合2-3-2
新都心ビジネス交流プラザ

対象者

経営者、後継者、経営幹部

定 員

60名(定員に達し次第締め切ります)

受講料

無料

共 催

埼玉県よろず支援拠点
野村證券(株)

後援

埼玉県事業引継ぎ支援センター
(株)東京証券取引所/(株)日本取引所グループ

講師紹介

株式会社東京証券取引所
上場推進部 課長 宇壽山 図南(うずやま となみ)  

※講師略歴

1997年 上智大学経済学部卒業

1997年 株式会社東京証券取引所入社

2002年から2007年 上場審査部で新規上場申請会社の審査業務に従事

2010年 一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 修士課程(MBA)修了

2012年6月より現職 現在は新規株式公開(IPO)の支援業務に従事

お申込み

■Webからお申込みできます。→事業承継セミナー申込みフォーム

■チラシのお申込み欄に必要事項をご記入いただき、FAXにて下記までご送付ください。
R1③事業者向けセミナー参加申込書はこちら(FAX:048-645-3286)

お問合せ・申込み先

公益財団法人埼玉県産業振興公社  企業支援グループ 細合、小原
TEL: 048-647-4085 / FAX: 048-645-3286

埼玉県インドネシア商談会の参加企業募集のご案内(2020年1月14日実施)〈募集期間を延長します〉

  インドネシアは世界第4位の人口約2億6千万人を有し、巨大で成長著しい市場のひとつです。ASEAN首位のGDPを誇り、中間所得層のさらなる拡大により、今後も堅調な成長が見込まれます。
 埼玉県産業振興公社は、インドネシアのジャカルタ近郊の工業団地において、主に製造業関連企業を対象に、商談会を下記の要領で開催いたします。
 御要望に応じたインドネシアローカル企業との商談を調整します。取引先の新規開拓の機会として、是非本商談会を御活用ください。

インドネシア商談会概要

開催日 2020年1月14日(火)12時00分~17時00分
開催場所 ジャカルタ近郊の工業団地内会場(調整中)
内容 インドネシアローカル企業との1対1での商談
(5社程度の商談設定)
※事前ヒアリングにより、御要望の企業とのマッチングを調整します。
募集数 5社
応募要件 インドネシアでのビジネスを実施中もしくは、ビジネス展開を検討する埼玉県内に本社または主要な事業所を有する製造業関連事業を営む中小企業者
費 用 参加費無料
※渡航費、現地滞在費等は自己負担になります。
支援内容 ①商談アレンジ支援
②商談資料翻訳・印刷
③通訳の手配(1社につき1名)
④公社職員による現地サポート
商談参加の流れ ①参加申込書の提出
参加申込書に御要望の商談先等の情報を具体的に記載の上、FAX(048-645-3286)またはEメール(sbsc@saitama-j.or.jp)にてお申込みください。
②事前ヒアリング
参加申請書をもとに、参加可否を決定します。その後、参加決定企業には、商談ニーズ等のご要望を詳しく伺います。
※必ずしもご要望の企業との商談設定を保証するものではございません。
③プレゼン資料の作成
商談会で使用するプレゼン資料について原稿をご提出いただき、公社が翻訳、印刷します。
④商談相手先の開拓・確保
御要望に基づき、現地企業との商談を設定します。
商談先の情報及び商談スケジュールは事前に提供いたします。
募集締切
2019年11月29日(金)17時00分まで

募集パンフレット(参加申込書)

お問い合わせ先

公益財団法人 埼玉県産業振興公社 海外ビジネス支援グループ
嶌田・村岡

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4156FAX. 048-645-3286

メール: sbsc@saitama-j.or.jp

【募集終了致しました】九都県市合同商談会inパシフィコ横浜2020受注企業募集

首都圏産業の国際競争力の強化を図るため、平成20年度から九都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)が連携して合同商談会を開催し、今回で12回目を迎えます。この商談会は、取引先の新規開拓のきっかけづくりや新たなビジネスチャンスの創出を目的とするものです。是非、この機会に受注企業としてご参加いただき、新規取引先の開拓に向けてご活用ください。
【過去の実績】受発注企業合わせて309社が参加!
発注企業95社・受注企業214社・商談回数773回(平成30年度)

「受注企業募集チラシ」(pdf)

開催日

令和2年2月5日(水)12:50~17:00(受付12:00~)

会 場

パシフィコ横浜 2階 アネックスホール
(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

募集対象

発注案件一覧表(web上で公開・随時更新)
https://www.kipc.or.jp/seminar_event/40321/に対する個別商談を希望する埼玉県内の中小企業(全体では、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県内の中小企業が対象となります)※注意 受注企業参加申込書は上記URLの申込書ではなく埼玉県受注側参加申込書を使用して下さい。(お申込みには事前の電話予約が必要となります。)

商談形式

発注側参加企業ごとに商談テーブルを配置。
発注側参加企業と対面形式により商談を実施します。
商談スケジュールは事前に設定します。

募集定数

埼玉県で50社
(九都県市全体での募集定数は255社程度を予定しています。)

参加費

3,000円/社
※受付確定後、請求書を送付します。払込手数料は申込者負担となりますのでご了承ください。

申込期間

令和元年10月24日(木)~11月29日(金)
※受付開始日以降、先着順で受付けします。申込受付期間内であっても募集定員に達し次第、受付締切となります(定員を超えた場合はキャンセル待ちの扱いとさせていただきます)。

申込手続

<申込方法>
■STEP1
発注案件情報をWeb上で公開・随時公開しています。自社にマッチする発注案件の有無をご確認いただき、参加をご検討ください。
発注案件一覧表の確認
https://www.kipc.or.jp/seminar_event/40321/
※注意 受注企業参加申込書は上記URLの申込書ではなく 埼玉県受注側参加申込書を使用して下さい。(お申込みには事前の電話予約が必要となります。)
■STEP2
事務局宛てお電話で申込受付の可否(募集枠に空きがあるか否か)をご確認ください。
埼玉県事務局(電話) 048-647-4086
■STEP3
受注側参加申込書フォーム(Excel)をダウンロードしてください。
埼玉県受注側参加申込書  
■STEP4
作成した受注側参加申込書(Excel)を電子メールに添付し事務局宛てお送りください。
埼玉県事務局(電子メールアドレス) shoudan@saitama-j.or.jp
■STEP5
事務局から届く請求書に基づき参加費をお振込みください。
参加費の入金が確認できた時点で申込確定とさせていただきます。

留意事項

■商談の組合せは、申込時の商談希望と発注側参加企業の商談希望を合せて調整を図ります。開催日までに「商談スケジュール表」を送付する予定ですが、商談希望が特定の発注側参加企業に集中した場合など、ご希望に添えないこともありますので予めご了承ください。
■業種・業態その他の条件に合致しない場合は、お申込みをお断りすることがあります。
■参加費の入金が確認できた時点で申込確定とさせていただきます。
■参加費支払前のエントリー辞退は可能です。
■参加費支払後は、原則、ご返金はいたしませんので予めご了承ください。
■天災等の不可抗力により、商談会が開催不可能であると主催者が判断した場合、商談会を中止・中断することがあります。その場合、参加者の負担経費、生じた損害等について、主催者は補償の責を負いませんので予めご了承ください。

主 催

九都県市合同商談会実行委員会
埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市
相模原市
(公財)埼玉県産業振興公社・(公財)千葉県産業振興センター
(公財)東京都中小企業振興公社・(公財)神奈川産業振興センター
(公財)横浜企業経営支援財団・(公財)川崎市産業振興財団
(公財)千葉市産業振興財団・(公財)さいたま市産業創造財団
(公財)相模原市産業振興財団

協力

一般社団法人横浜市工業会連合会

後 援

経済産業省関東経済産業局・独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部
(公財)全国中小企業振興機関協会

<開催までのスケジュール(予定)>
※開催までのスケジュールは変更となる場合がございますので予めご了承ください。

~11月29日(金) -受注側参加企業募集期間-
発注案件に申し込んでいただく形で受注側参加企業を募集します。
1月上旬 -当日の商談スケジュール等資料の送付-
受注側・発注側参加企業双方の商談希望を踏まえ、開催事務局が商談スケジュールを調整し、事前にお知らせします。
2月5日(水) -商談会開催-
受付開始 12時/ 開始時間 13時/
1回当たりの商談時間は20分間を予定しております。

【お問い合わせ先】
九都県市合同商談会開催事務局(埼玉県担当)
公益財団法人埼玉県産業振興公社 取引振興部 取引支援グループ
〒330-8669 さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4086  FAX 048-645-3286
URL http://www.saitama-j.or.jp   Email: shoudan@saitama-j.or.jp

「新興市場開拓セミナー ~中東を狙え!~」参加者募集のご案内【開催日:令和元年12月5日(木)】

 日本にとってエネルギー供給の最大地域である中東は、これまでは地域情勢や社会の変化の視点から報道されてきましたが、近年では脱石油・産業多角化を進めるとともに、豊富な若年層を抱えていることから、欧米企業が注目しており、日本にとっても大手企業だけではなく、中堅・中小企業やスタートアップ企業にとっても、新たなビジネス機会創出の場として期待が高まっています。

 本セミナーでは、現在の中東全般の経済概況や商習慣等について最新の動向を交えながらお話しします。また、ハラール食品等の中東向け輸出、インバウンド対応に関する現状や対応策についてもお伝えします。皆様のご参加をお待ちしております。

◇ 開催概要

日 時:2019年12月5日(木)14:00~15:45(受付13:30~)
会 場:
大宮ソニックシティビル10階埼玉県産業振興公社研修室A
   (埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10階)
     https://www.sonic-city.or.jp/?page_id=178
主 催:
ジェトロ埼玉貿易情報センター、公益財団法人埼玉県産業振興公社
定 員:
50名(先着順)※定員になり次第締切となります。
参加費:
無料

◇ プログラム

第1部(14:00~14:50)
 講演:「中東全般の経済概況・ビジネストレンド」
 講師:ジェトロ海外調査部海外地域戦略主幹 中東担当 西浦 克
第2部(14:55~15:35)
 講演:「ハラール食品等の中東向け輸出の可能性・インバウンド対応」
 講師:ジェトロ農林水産・食品部農林水産・食品課 課長代理 籠瀬 明佳
質疑応答(15:35~15:45)

~講師プロフィール~

ジェトロ海外調査部海外地域戦略主幹 中東担当 西浦 克
1995年ジェトロに入構。ロサンゼルス、経済産業省などでの勤務を経て、2014年から約3年半ドバイに駐在。現地では日本企業の進出や法務労務相談、コンテンツ、スタートアップ支援などを担当。2017年12月から海外地域戦略主幹として、中東地域の事業戦略の立案に従事。2019年7月から中東アフリカ課長を兼務し、同地域の情報発信・提供を行う。
ジェトロ農林水産・食品部農林水産・食品課 課長代理 籠瀬 明佳
1999年ジェトロに入構。「ジェトロ貿易投資報告」の執筆、ASEANにおける産業育成支援、中小企業の海外進出支援などの業務に携わる。2012年より、現職にて、日本の農林水産物・食品の海外輸出に向けた各種調査を担当。

お申し込み方法

 インターネット
下記WEBよりお申し込みください。
https://www.jetro.go.jp/customer/act?actId=B0054829E
 FAX
インターネット環境下にない方は、案内チラシに必要事項をご記入頂き、ジェトロ埼玉(048-650-2530)までご送付ください。

案内チラシ

お申込締切:
2019年11月29日(金)17:00まで

お問い合わせ先

(公財)埼玉県産業振興公社 海外ビジネス支援グループ

担当:井原、田瀬

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4156FAX. 048-645-3286

メール: sbsc@saitama-j.or.jp

【終了しました】「令和元年度 第3回モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」参加者募集のご案内【開催日:令和元年11月13日(水)】

次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため、「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」を設置しています。同研究会では、最新の技術動向や業界の技術ニーズなどの情報共有の場として技術セミナーを開催しています。今回は、『水素社会に向けた燃料電池車の現状と今後』を研究会テーマとし、2名の講師を迎えて講演していただきます。

チラシ

内容

【テーマ】『水素社会に向けた燃料電池車の現状と今後』

【講演1】「FCVの開発と初期市場の創出~水素社会を目指して~」

<講師>
トヨタ自動車株式会社 先進技術統括部
担当部長 河合 大洋 氏
<講演概要>
2019年夏までに、国内・米/加州・欧州で合計9000台以上のFCV/MIRAIが市場導入され、FCバス/SORAも2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け100台規模の導入が始まりました。日本、米国、欧州各国に加え、中国での取組が活発になっています。本講演では、日本、欧州、米国、中国等における水素、FCVを取り巻く現状と課題、今後の方向性について説明します。

【講演2「水素エネルギー社会への取組」

<講師>
日本エア・リキード株式会社 水素エネルギー事業部 事業推進部
マネージャー 谷水 賢史 氏
<講演概要>
水素は輸送部門のエネルギー転換における解決策の一つとして更なる注目を集めています。エア・リキードは50年以上にわたり、水素の製造から貯蔵、供給に至るバリューチェーン全体における専門技術を培ってきました。水素ステーションの整備を通じたエア・リキードの取組と現状を紹介します。

開催日時等

日時

令和元年11月13日(水)13:30-15:30

会場

新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室(さいたま市中央区上落合2-3-2)

参加費

自動車産業部会会員 無料
公社会員 1,000円
上記以外 2,000円
(すべて消費税含む、当日現金で申し受けます。)

お申込み

お申込みはこちら(webフォーム)から
または、チラシ裏面のFAX申込書よりお申込みください。

チラシ

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ 黒田

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

会員優待セミナー『現場のムダをなくすためのIE手法実践セミナー』を開催します【開催日:2020年2月25日(火)】

生産現場におけるムダは職場経験が長くなるほど慣れのために、見えにくくなってしまいがちです。いかにして、ムダに気付くかがポイントになります。本セミナーでは製造現場におけるムダの見つけ方とその排除方法について、どう実践していけばよいのかを学びます。

本研修のポイント

●IE手法を使った分析方法を習得することによりムダの排除と歩留まり向上を目指す。
●日常の生産活動において見過ごされがちなムダを顕在化させるための工程分析の進め方について紹介。
●ムダを顕在化させるために有効な設備総合効率の考え方と、ムダの撲滅に有効ななぜなぜ分析手法を紹介。

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 19KTE
研修日程 2020年2月25日(火)【半日(PM)】
研修時間 13:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5
大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 設備保全担当者、製造現場主任、責任者
定員 30名
受講料 【会員】無料  【一般】2,100円 (消費税込)
カリキュラム 1.ムダを排除するための改善活動の進め方
2.7つのムダとは
3.IE手法による作業改善の進め方
4.IE7つ道具を活用した分析方法
5.ムダを顕在化させるために有効な設備総合効率の考え方
6.ムダの撲滅に有効ななぜなぜ分析手法
講師紹介 株式会社日本能率協会コンサルティング

TPMコンサルタント 中西 浩明 氏

プロフィール

社団法人日本プラントメンテナンス協会に入職。コンサルタント管理業務やTPM優秀賞審査事務局などを担当。分社化にともない株式会社JIPMソリューションに移籍後、海外や国内の営業を担当。タイに赴任。タイからの帰国後、株式会社日本能率協会コンサルティングのコンサルタントとして現在に至る。

備考 ・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。

≪大学シーズ発掘ツアー≫開催のご案内【開催日:11月8日(金)、26日(火)】

大学が保有するお宝シーズを発掘するため、企業の皆様と一緒に埼玉県立大東洋大学に訪問します。
施設見学やシーズ発表から皆様が使える施設やシーズを発掘しませんか?

ちらしはこちら

埼玉県立大学訪問編

選りすぐりの4つのシーズ発表と試作品・デモ機を前に先生方と名刺交換会を開催します。その後は、リハビリ、介護、スポーツ・健康機器等の開発に活用できる実習室を見学いたします。

<日時>

令和元年11月8日(金)13:30~16:30

<概要>

【シーズ紹介+名刺交換会】
≪発表者の紹介≫

研究シーズ発表① 健康開発学科

准教授
久保田 亮氏

【セルロースアセテート膜電気泳動法と高感度銀染色液を
用いた腎障害部位分類法】
患者尿をセルロースアセテート膜に塗布し電気泳動を行い、専用の銀染色液で染色後、尿蛋白分画を行う。この分画像を尿蛋白病態解析ソフトウェアで解析することで、腎障害部位を分類でき、腎臓病の診断の補助になると考えます。また本法は腎生検結果と良好な一致率が得られています。
研究シーズ発表② 作業療法学科

教授
濱口 豊太氏

【ロボティクスリハビリテーションの開発】
人工知能システムは既にリハビリテーションに浸透し、ロボティクスリハビリテーションというジャンルを形成しつつあります。我々は行動予測、ジェスチャー認識などから新しいリハビリテーションの開発に挑んでいます。今回は我々が開発した病態運動の評価・練習システムの基盤技術と臨床応用について解説いたします。
研究シーズ発表③ 理学療法学科

准教授
国分 高徳氏

【”運動”をKeywordとした傷害予防や治療効果検証、関連する
製品開発】
我々の研究テーマは、「”運動”が身体へ与える効果について、科学的に解明すること」です。研究手法としては、健常大学生や高齢者、時には有疾患者を対象とし、運動学データを収集しています。今後は、様々な既存製品のアップデートにデータを活用し、主に疾患の発症を予防する製品の開発へ繋げたいと考えています。
研究シーズ発表④ 理学療法学科

准教授
小栢 進也氏

【軟骨がすり減っても元気な膝を保つために】
私たちは靴、靴下、ストッキングなど日常生活の工夫で高齢者の膝の痛みを軽減する方法を調べています。さらに、膝の痛み由来の硬くぎこちない動きを簡単な計測システムで測定し、滑らかな運動へと変えるくにゃくにゃ体操の開発など実施中の研究を紹介いたします。

 

【施設見学】

・ヒューマンケア実習室(バリアフリー家具・用具・調度品)(右図参照)
・運動学実習室(床反力計内蔵トレッドミル 他)
・水治療法実習室(水治療法)
・義肢・装具学実習室(義肢・装具等)

<定 員>

20名(先着順)

<会場>

埼玉県立大学
(越谷市三野宮820番地)
大学への詳細アクセスはこちら

詳細チラシはこちら

 

 

 

東洋大学川越キャンパス訪問編

医療機器開発や最先端ナノサイエンス/ナノテクノロジー研究、バイオサイエンス/バイオテクノロジー研究、バイオ・ナノ融合研究等の研究開発を推進している【バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター】や、医工学分野、脳科学分野、免疫学分野の研究を推進している【生体医工学研究センター】での施設見学、研究内容紹介、研究者との交流を行います。

<日時>

令和元年11月26日(火)13:30~16:30

<概要>

【バイオ・ナノエレクトロニクス研究センタ-】(詳細はクリック)

研究紹介、施設・装置見学並びに研究者との交流
理工学部・教授(センター長)   前川 透氏
理工学部・教授(副センター長) 花尻 達郎氏

≪施設紹介文≫

「バイオ・ナノ融合分野」の研究教育の真の国際拠点を目指し、国内外の先端研究教育機関と連携して研究教育プログラムを開発・推進する一方で、埼玉県の医療機器開発プロジェクト等にも参加し、県内の企業と医療機器開発に取り組んでいます。
また、最先端ナノサイエンス/ナノテクノロジー研究、バイオサイエンス/バイオテクノロジー研究、バイオ・ナノ融合研究等の研究開発を推進しています。
※透過型電子顕微鏡やX線電子分光等の各種機器をリーズナブルに活用できます。

 

【生体医工学研究センター】(詳細はクリック)

研究紹介、施設・装置見学並びに研究者との交流
理工学部・教授(センター長) 加藤 和則氏
理工学部・教授                  寺田 信幸氏
理工学部・准教授                窪田 佳寛氏

≪施設紹介文≫

「多階層的研究によるアスリートサポートから高齢者ヘルスサポート技術への展開」をテーマとして、文部科学省の私立大学研究ブランディング事業にも採択され、医工学分野、脳科学分野、免疫学分野の研究を推進しています。
また、国内の様々な企業と連携した医療機器の開発や熱中症対策としての食品開発等にも積極的に取り組む一方、国産カヌー「水走」開発プロジェクトにも注目が集まっています。
※脳波測定器、レーザー顕微鏡等の各種装置を保有しています。

<定 員>

20名(先着順)

<会場>

東洋大学 川越キャンパス
(川越市鯨井2100)
大学への詳細アクセスはこちら

 

 

お問い合わせ先

メールでのお申し込みはこちらをご利用ください。

 

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
産学連携支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 産学・知財支援グループ

TEL. 048-857-3901 FAX. 048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.jp

 

グローバルビジネス研究会「輸出塾」参加者募集 ≪全6回≫   *希望回のみの参加も可

 埼玉県産業振興公社では、「輸出」をテーマとして海外の販路拡大を目指す企業を対象としたグローバルビジネス研究会「輸出塾」を開催します。海外で市場開拓するためには、何をすべきか、何を準備すべきかを知り、輸出を具体的にイメージすることが不可欠です。そこで、本塾では座学に加え、ディスカッションなど参加型のセッションも取り入れ、輸出についての知識を習得していただきます。ぜひご参加いただき、研究会を通じてネットワークを広げてください。

 皆様のご参加をお待ちしております。

内容

第1回 10月17日(木)13:30~16:00 「中小企業が知っておきたい世界市場」
第2回 11月14日(木)14:30~16:00 「輸出取引に対するリスクヘッジ策
~為替リスク、代金回収リスクを中心に」
第3回 11月27日(水)13:30~16:30 「輸出貿易実務の基礎」
第4回  1月21日(火)10:00~12:00  「輸出ビジネスモデル1
マーケティング、事業計画のポイント」
第5回  1月21日(火)13:00~16:00  「輸出ビジネスモデル2 事業計画書の作成」
第6回  2月(未定)         「海外進出事例と公的支援策」

講師

第1回 愛知淑徳大学 教授 真田幸光 氏
第2回 埼玉りそな銀行 資金証券部マネージャー 石井喜弘 氏
埼玉りそな銀行 法人部国際事業室エキスパート 古橋浩人 氏
第3回 貿易投資アドバイザー 前田直明 氏
第4回 株式会社 クレスタント 代表取締役 村上 隆 氏
第5回 株式会社 クレスタント 代表取締役 村上 隆 氏
第6回 海外支援アドバイザー 村岡 滋

*講師プロフィールについてはこちらからご確認ください。→ 開催案内

会場

大宮ソニックシティビル内 会議室
*第2回のみ ビジネスプラザさいたま(JRさいたま新都心駅東口)

対象者

県内中小企業経営者・経営幹部、貿易実務担当者

定員

10名(先着順) *定員になり次第締切となります。

費用

公社会員 13,200円(税込)
一  般 26,400円(税込)(公社年会費含む。公社会員に入会いただきます)

*どちらも希望回のみの参加可
公社会員:3,300円(税込)/回
一  般:6,600円(税込)/回

お申込み

E-mail、FAXのいずれかでお申込みください。追ってお申込み受付確認のご連絡を差し上げます。
お申込みフォームはこちら

お問い合わせ先

(公財)埼玉県産業振興公社 海外ビジネス支援グループ

担当:井原、田瀬

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4156FAX. 048-645-3286

メール: sbsc@saitama-j.or.jp

企業成長のための人材確保セミナー〈プロフェッショナル人材戦略セミナー〉【開催日:11月20日(水)】

本セミナーでは、企業成長に欠かせないプロフェッショナル人材(中核人材)採用のポイントを、最近の採用動向、実際にプロフェッショナル人材を採用された企業の事例を元に紹介いたします。
人材不足や人材採用でお悩みの企業様は、是非ご参加ください。

1 日 時

令和元年11月20日(水曜日) 14時30分から16時30分まで

2 会 場

飯能信用金庫 研修所(飯能市稲荷町24-4)
※西武池袋線飯能駅北口より徒歩12分

3 対 象

県内中小・中堅企業 経営者、経営幹部、人事責任者

4 定 員

30名(参加費無料)

5 内 容
(1)プロフェッショナル人材戦略拠点について
(2)プロフェッショナル人材戦略拠点活用事例紹介

有限会社天ヶ瀬工業 代表取締役社長 天ヶ瀬和弘氏

(3)講演「成功事例からみるキャリア採用のポイント」
【講師】パーソルキャリア株式会社 人材紹介事業部地域活性支援室 室長 伊藤 鑑 氏

2006年にパーソルキャリア株式会社(旧株式会社インテリジェンス)中途入社。9年間で延べ5,000人以上の転職相談に携わる。法人営業、キャリアアドバイザーの経験を経て2016年1月より現職。
埼玉県における成功事例を元に、採用動向、求職者から自社が「選ばれる」ためのコツや、求職者への訴求ポイントについてお伝えします。

6 申込方法
・インターネットの場合
申込フォームはこちら
・FAXの場合

チラシ裏面の申込欄に必要事項をご記入の上、FAXで送付ください。

セミナーチラシはこちら

・メールの場合

セミナーチラシ裏面にある記入項目をメール本文に記載の上、下記アドレスに送付ください。

 

お問い合わせ先

〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2
新都心ビジネス交流プラザ3階

プロフェッショナル人材戦略拠点

TEL. 048-858-7558 FAX. 048-857-3921

メール: projinzai@saitama-j.or.jp

PLC制御基礎研修(中央Ⅱ)を追加開催します【開催日:2020年1月22日(水)、23日(木)】

ご好評につき、追加開催いたします。
今年度最終のご案内ですので、ぜひこの機会にご検討ください。
詳細は以下の通りです。

開催概要

【日時】

令和2年1月22日(水)、23日(木)9:30~16:30

【会 場】

中央高等技術専門校
上尾市戸崎975

【対象】

生産現場の若手社員、管理監督者

【定 員】

10名

【参加費】

【会員】13,000円  【一般】17,000円 (テキスト代込・消費税込)

【開催内容】

1.PLC基礎
 •シーケンス制御
 •PLC制御の概要
 •PLCの構成

2.プログラミング
 •ラダー図
 •基本命令
 •プログラムの構成

3.基本回路

4.プログラミングソフトの操作

5.回路作成実習

お申込み

お申し込みフォームはこちら
4名以上のお申し込みはこちら
詳細ページはこちら

お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087FAX. 048-645-3286

メール: kensyu@saitama-j.or.jp

自動車エンジン分解研修(熊谷Ⅲ)を追加開催します【開催日:2019年11月21日(木)、22日(金)】

ご好評につき、追加開催いたします。
今年度最終のご案内ですので、ぜひこの機会にご検討ください。
詳細は以下の通りです。

開催概要

【日時】

令和元年11月21日(木)、22日(金)9:30~16:30

【会 場】

熊谷高等技術専門校
熊谷市新堀新田522(JR籠原駅より徒歩15分)

【対象】

新入社員、若手社員、主任クラス

【定 員】

10名

【参加費】

【会員】8,000円  【一般】12,000円 (テキスト代込・消費税込)

【開催内容】

1.全体構成および外観点検
・エンジンショートの確認
・補機類の確認
・オイル漏れの点検
・冷却水漏れの点検

2.分解
・エンジン補機類の取り外し
・エンジン本体の分解
・シリンダヘッドの分解
・シリンダブロックの分解

3.測定点検

4.構造作動
・作動原理
・部品特性
・一般的なトラブル

お申込み

お申し込みフォームはこちら
4名以上のお申し込みはこちら
詳細ページはこちら

お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087FAX. 048-645-3286

メール: kensyu@saitama-j.or.jp

【募集終了しました】☆参加費無料☆人材獲得競争を勝ち抜く!採用力強化セミナーを開催します(開催日10月2日(水))

ウェスタ川越 創業支援ルーム×埼玉よろず支援拠点
コラボ企画「経営力向上ミニセミナー」

10月第一回のテーマは「人材」

人手不足が経営を揺るがす大きな問題となっている中、人材を確保するためのコツをお伝えします。激化する人材獲得競争を勝ち抜く採用戦略の立て方と、コストをかけずに実践できる求人テクニック、自社の強みの魅せ方をお伝えします。

〇「経営力向上ミニセミナー」とは?
埼玉県よろず支援拠点では、昨年9,000件を超える経営者・事業者の相談から、実際に成果につながった知識・経験・ノウハウをセミナーで解説できるようにまとめました。
前年度に引き続き、ウェスタ川越創業支援ルームとコラボして、創業者にもわかりすい内容で、必要な知識・ノウハウを提供します。全講座無料!お気軽にお申し込みください。

★参加お申し込みはこちら(入力フォームが開きます)★

★案内チラシ・FAX申込用紙はこちら★

開催概要

【セミナー名】

人材獲得競争を勝ち抜く!採用力強化セミナー

【日 時】

令和元年10月2日(水)
18:00~20:00(受付開始17:45)

【会 場】

ウェスタ川越 5F 創業支援ルーム内
(〒350-1124 川越市新宿町1-17-17)
JR川越線・東武東上線「川越駅」西口より徒歩5分
西武新宿線「本川越駅」より徒歩15分

【定 員】

10名(申込先着順)

【参加費】

無料

【講 師】

埼玉県よろず支援拠点コーディネーター 須永 高明

お申し込み

★こちらの入力フォームからお申し込みいただけます★
または、
FAX申込用紙にご記入いただき、FAX又はメールにて下記までご送付ください。

FAX:048-645-3286
E-mail:yorozu@saitama-j.or.jp

お問い合わせ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 埼玉県よろず支援拠点事務局
電話:0120-973-248
E-mail:yorozu@saitama-j.or.jp

ロボティクスカーニバル2019with電気通信大学を開催します(開催日10月29日(火))

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、国立大学法人電気通信大学と連携し、「ロボティクスカーニバル2019」(ロボティクスシーズマッチング)を開催します。
大学や研究機関が持つ優れた最先端の研究シーズや、ビジネスの「原石」をご紹介しますので、製品開発・課題解決に生かす絶好の機会として是非ご参加ください。
また、大学研究者や参加企業との情報交換、ネットワークづくりの場としてもご活用ください。

★参加お申し込みはこちら(入力フォームが開きます)★

★案内チラシ・参加申込書(FAX送付用)はこちら★

開催概要

【日時】

令和元年10月29日(火)
13:00~17:00(受付開始12:30)

【会 場】

「新都心ビジネス交流プラザ」4階会議室
さいたま市中央区上落合2-3-2(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅から徒歩8分)

【定 員】

100名(申込順)

【参加費】

無料

【開催内容】

第1部 基調講演
基調講演「ものづくりと日本の未来」
(講演者)電気通信大学特任教授 千野 俊猛 氏

第2部 シーズ発表
・産学事例紹介『りっかーたん』 野嶋 琢也 氏
・シーズ発表①『擬人化ロボットアーム』 姜 銀来 氏
・シーズ発表②『Inclination Manipulator』 櫻井 翔 氏
・電通大発ベンチャー紹介『小型ロボットアームの活用事例の紹介』
株式会社MTM システムズ 代表取締役 城野 遼太 氏

第3部 パフォーマンス・展示名刺交換会
・『先端技術とエンタテイメント』及びパフォーマンス キャンディzoo ナイトメア
・展示、情報交換会

【事務局】

先端産業支援センター埼玉

お申し込み

★こちらの入力フォームからお申し込みいただけます★
または、
参加申込書にご記入いただき、FAX又はメールにて下記までご送付ください。

FAX:048-857-3921
E-mail:sentan@saitama-j.or.jp

※開催日の一週間前に受講票をメール(またはFAX)でお送りいたします。
プリントアウトして、当日受付にお出しください。

お問い合わせ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 先端産業振興グループ
電話:048-711-6870   FAX:048-857-3921
E-mail:sentan@saitama-j.or.jp