(公社会員限定無料セミナー)【WEB配信】『~コロナ疲れもコレで解決~ ストレス対処セミナー【リラクゼーション編】』を開催します【開催日:令和2年6月10日(水)】〔先着30名無料〕

新型コロナウイルスの影響により、仕事の面でも、生活の面でも、新たなストレスを抱えている方が増えています。心の健康を維持するポイントを学びながら、リラクゼーションや呼吸法についても紹介していきます。

本セミナーのポイント

●労働者にふりかかる新たなストレスとは?
●ストレスを緩和する方法とは?
●パソコンやスマート端末(スマートフォンやタブレットなど)とインターネットが接続できる環境があれば、ご参加いただけます

研修チラシはこちら

お申し込みはこちら

 

研修コード 20KUD
研修日程 令和2年6月10日(水)
研修時間 14:00~15:00
研修会場 Webセミナー(オンラインセミナー)

【受講方法】
Zoom

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます

Zoom社のWebミーティングシステムを使用したWeb配信によるセミナーです。
参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。

(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)

対象者 仕事で日頃からストレスを感じている方
定員 30名
受講料 無料(受講後、アンケートにご協力ください)
カリキュラム 1 ストレスとは何か?

2 労働者を取り巻く環境変化による新たなストレス

3 どのようにストレスと向き合うか?

4 ストレスへの対処方法

5 Q&A

※カリキュラムは変更となる場合があります

講師紹介 こころの共育研究所

代表 庄司 順子 氏

プロフィール

人材活性コンサルタント。メンタルコーチ、心理カウンセラー、セミナー講師。大手損保、生命保険会社の営業として勤務後、コーチング・心理学を学ぶ。企業の風土改革や定着率サポート、メンタルヘルスを専門とする。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286

「助っ人メーカーマッチングサイト」のご案内

新型コロナウィルス対策用の資機材メーカーでは、海外からの部品調達遅延などで生産に支障が出ています。医療機関や介護施設では資機材が不足して医療行為に影響がでています。新たな製品の商品化を目指す企業では、開発や量産等で急ぎ必要な協力企業探しに苦慮しています。
このような現状の中、(公財)埼玉県産業振興公社では、協力企業の仲介や、早期製品化に役立つ現場ニーズ等も紹介するマッチングサイトを開設しました。

新型コロナウィルス感染対策の関連資機材の早期普及支援

助っ人メーカーマッチングサイト
~コロナ対策資機材の早期普及を目指して~ 開設:2020年5月22日(金)

助っ人が欲しい

・資機材メーカー ・・・海外からの部品が届かずに生産できない
・・・・・・・・・・・・・人手が足りずに増産できない
・医療機関、介護施設 こんな資機材が急ぎ欲しい
・集客施設、学校・・・ 消毒や検温、遠隔対応をしたいがどこかできないか
・自治体 ・・・・・・・物資が足りない行政や民間の施設がある

◆調達ニーズ等ある場合は、下記より登録シートをダウンロードの上、事務局(sentan@saitama-j.or.jp)まで
ご送付ください。
・・・調達ニーズ登録シート(Excel)

助っ人なります

機材メーカー  ・・・部品作れます
・・・・・・・・・ ・・・購入部品を融通します
・・・・・・・・・ ・・・組立を手伝います
・・・・・・・・・ ・・・営業や納品を手伝います
・・・・・・・・・ ・・・一緒に商品化します
・大学、研究機関 ・・・研究シーズがあります
・・・・・・・・・・・・・一緒に開発できます
・・・・・・・・・・・・・性能試験できます
・・・・・・・・・・・・・評価分析装置を有料でご利用いただけます

◆助っ人ニーズのある場合は、下記掲載案件の詳細をご確認の上、対応掲載案件番号を明記し、事務局(sentan@saitama-j.or.jp)までご連絡ください。

新型コロナウィルスに関連して資材調達に苦慮する企業を支援するため「助っ人メーカーマッチングサイト」のシステムを利用し、広く提案を募集します。
募集も応募もいずれも無料です。

<ご利用にあたっての注意事項>
●本サイトをきっかけとした取引は、双方の自己責任のもと行ってください。
 サイト事務局である(公財)埼玉県産業振興公社はよりよい仲介に努めますが、一切の責任を負わないものとします。
●本サイトは、新型コロナウイルス対策で資機材が不足する医療機関への支援、経済的打撃などを受けている中小企業の製品開発や販路開拓支援を目的としています。
 つきましては、本サイトの主旨に合致しないと事務局が判断したものについては対応いたしません。
●当公社による商品開発等のサポート支援は埼玉県内企業を優先させていただきます
/あらかじめご了承ください。

【概念図】

■案件一覧 (詳細は、各案件名をクリックして下さい) 

1.新型コロナウイルスRNA抽出キットの実用化(資機材メーカー)
2.リケガードフィルム使用フェイスガードの卸販売(資機材メーカー)
3.三室型 強酸性次亜塩素酸電解水の販路開拓・取次(資機材メーカー)
・・・

◆「助っ人メーカーマッチングサイト」におけるお問合せは、下記までお願いいたします。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 高野・有海

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【動画紹介】令和2年度埼玉県起業支援金公募に関する概要説明の動画を公開しました!

当公社では、人口減少が進む県内の対象地域において地域課題の解決を目指す社会的起業に要する経費の一部を補助する「埼玉県起業支援金補助事業」の公募を実施しております。

つきましては、下記リンク先のホームページにて公募に関する概要を動画等にてご説明させていただいておりますので、申請をご検討されている皆様におかれましては、ぜひリンク先のホームページや動画をご覧いただき、本事業の公募に関する概要をご確認いただきますようお願いいたします。 

 

起業支援金に関する情報及び動画はこちらのページをご覧ください。

「nano tech 2021共同出展者募集」のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、先端素材分野の一つであるナノマテリアルに関する技術・製品を保有し、販路開拓を行う埼玉県内の企業の皆様を支援いたします。
今般、ナノテクノロジーに関する研究から応用まで異分野・異業種が集まる展示会「nano tech2021」に、共同出展してみませんか。
貴社の保有する技術の可能性を全国に発信します。

nanotech2021共同出展者募集

募集期間

2020年9月30日(水)必着

募集概要

nanotech2021開催日時

2021年1月27日(水)~29日(金)※予定(開催日が変更になる場合もございます)
準備日:1月26日(火)

会場

東京ビックサイト ※予定 独法・大学・公的機関エリア

募集企業

企業 ※多数応募の場合は選考となります。
(1企業展示スペースW1980mm×D495mm)

募集対象

次のⅠ、Ⅱのいずれも該当する企業
Ⅰ 埼玉県内に登記簿上の本店又は主たる事務所を置く中小企業
Ⅱ ナノマテリアルに関する技術・製品を保有する中小企業

出展費用

10万円(税込)
出展ブース費用及び装飾費用を含みます。
備品を使用される場合などオプション利用費につきましては、別途企業様のご負担となります。

応募方法について

nanotech2021共同出展出展者募集(裏面)に必要事項を記入し、展示製品のチラシ・カタログ等資料を添付の上、E-mailまたはFAXでお申込み下さい。
9月30日(水)締切

結果について

10月中旬採択結果をお知らせします。

 

※新型コロナウィルスの影響で、展示会が延期・中止の可能性もございます。
ご了承ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901FAX. 048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.jp

「第9回 高機能プラスチック展 共同出展者募集」のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、独自の先端素材技術を有し、販路開拓を行う埼玉県内の企業の皆様を支援いたします。
東日本の材料メーカーやユーザーが多数来場し、商談マッチングできる高機能素材WEEKの「第9回高機能プラスチック展」に、共同出展してみませんか。
貴社の保有する技術の可能性を全国に発信します。
※「nanotech2021]などへの出展については、別途募集の「nanotech2021共同出展者募集」をご参照ください

第9回 高機能プラスチック展 共同出展者募集

募集期間

2020年8月31日(月)必着

募集概要

開催日時

2020年12月2日(水)~4日(金)

会場

幕張メッセ

出展ブース

全体ブース(6m×3m)

募集企業

企業 ※多数応募の場合は選考となります。
(1企業展示スペースW900mm×D495mmを予定 共有商談スペース有)

募集対象

次のⅠ、Ⅱのいずれも該当する企業
Ⅰ 埼玉県内に登記簿上の本店又は主たる事務所を置く中小企業
Ⅱ 下記出展対象製品に関する技術・製品を保有する中小企業

出展費用
10万円(税込)
出展ブース費用及び装飾費用を含みます。備品使用料等のオプション利用費は別途企業負担になります。 

対象製品

・高機能樹脂・バイオプラスチック
・複合材(CFRP、CFRTP、炭素繊維、CNF等)
・プレプリグ
・繊維強化プラスチック(GFRP、AFRPなど)
・関連成型機/周辺機器 ・検査、測定、分析機器 等

応募方法について

第9回 高機能プラスチック展 共同出展出展者募集(裏面)に必要事項を記入し、展示製品のチラシ・カタログ等資料を添付の上、E-mailまたはFAXでお申込み下さい。
8月31日(月)締切

結果について

9月中旬頃採択結果をお知らせします。

※新型コロナウィルスの影響で、展示会が延期・中止となる可能性もございます。
中止となった場合、本事業も中止とさせていただきます。
ご了承ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901FAX. 048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.jp

「先端素材展示会出展支援事業」出展者募集のご案内

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、先端素材に関する技術や製品等の販路を開拓したい県内中小企業支援の一つとして、展示会への出展支援を行います。
特に、企業様が保有する技術・製品がユーザー(顧客)に直結するような展示会への出展を対象といたします。
「nanotech2021」「高機能プラスチック展」につきましては、別途共同出展者を募集いたします。
販路開拓の一助として、ぜひご検討ください。

先端素材展示会出展支援事業」募集案内

※先端素材:
ナノカーボン、セルロースナノファイバーに加え、炭素繊維複合材のCFRPや機能性ガラス素材、高耐熱かつ高強度な樹脂素材、高機能繊維に利用される素材など、「高性能化」「高付加価値化」「軽量化」「高強度化」を実現する素材を指す

募集期間

月30日(水)17時必着まで

※順次審査を行ない、支援決定額が予算に達し次第、募集を終了します

出展支援について

支援件数

4件程度

支援対象

出展費(小間代)
※対象費用については、主催者等が公社に直接請求することとします。
上限を超えた残額については、企業様から直接主催者等にお支払いただきます。

上限

25万円

対象展示会

2021年3月20日までに開催される展示会

対象事業者

埼玉県内に登記簿上の本店又は主たる事業所を置く中小企業

出展対象

次に該当するものを展示すること
Ⅰ 先端素材を活用した素材又は製品
Ⅱ 先端素材を活用する技術又は装置
Ⅲ 先端素材の材料・素材の評価測定技術又は装置
Ⅳ 先端素材の活用により産業振興に資するもの

応募方法について

募集要領をご確認のうえ、申請書類に必要事項を記入し、郵送または直接ご持参下さい。
9月30日(水)(17:00時必着)
※持参の場合は事前に電話連絡ください。

展示会出展支援事業募集要領

展示会出展支援事業申請書

注意事項

採択通知後に出展を取りやめる場合は、速やかに連絡ください。その場合発生するキャンセル料については、100%申請者の負担となります。
ご了承ください。

 

 

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901FAX. 048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.jp

『CEMS事業参入支援事業』研究会の参加企業を募集します!

埼玉県産業振興公社では「新エネルギープロジェクト推進事業」の一環として、令和2年度から『CEMS事業参入支援事業』を実施いたします。
※CEMS=Community Energy Management System(地域エネルギーマネジメントシステム)

本事業は、環境・エネルギー領域を対象として開発した再生可能エネルギー活用技術(地中熱・太陽光/熱etc)を、住宅だけでなく他領域にも幅広く活用し、地域エネルギーインフラ構築の一助として最大限の省エネルギー効果を実現することを目的としております。

つきましては、上記の『CEMS事業参入支援事業』を実施するにあたり、新たに以下の4つの研究会を立ち上げることとなりました。皆様のご参加をお待ちしております。

★参加お申し込みはこちら(入力フォームが開きます)★

埼玉県では、新エネルギープロジェクトで開発した技術を活用した、CEMS事業への参入を支援していきます。

研究会紹介

①広域・施設対応型 地中熱地域面的活用システム開発

集合住宅、高齢者施設など対象範囲を広げ、直膨式・間接式で地中熱の地域全体での活用を目指します。

②広域・施設対応型 高効率マルチ出力電源開発

業務用施設、ショッピングセンターなどを対象に蓄電池、DC-DCコンバータ、太陽光/太陽熱ハイブリッド型パネルを活用し、地域と連携する高効率マルチ出力電源を目指します。

③施設対応型 温熱環境制御システム開発

高齢者施設、保育・教育施設などを対象に潜熱蓄熱材(PCM)利用、温冷感指標(PMV)を活用し、環境性能の向上とエネルギー消費量削減を目指します。

④広域・施設対応型 省エネルギー/未利用エネルギーデマンド制御開発

集合住宅などを対象に再生可能エネルギーを利活用し、エネルギー消費量削減と平準化を目指します。

研究会概要

令和2年度スケジュール(予定)

5月~6月 当ホームページにて参加企業を募集
7月~3月 各研究会立ち上げ後、個別研究会を開催(年3回程度を予定)

参加方法

こちらの登録フォームよりお申し込みください。
・お申し込みフォーム

申込受付後、担当よりご連絡いたします。

お問い合わせ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 先端産業振興グループ
電話:048-711-6870   FAX:048-857-3921
E-mail:sentan@saitama-j.or.jp

「先端素材製品開発研究会」参加企業募集のご案内

先端素材製品開発研究会は昨年度まで埼玉県ナノカーボン研究会として各テーマに沿った試作開発に取り組み、展示会への出展等おこなってまいりました。
今年度は2つの分科会に分かれ、スピーカーや車載部品といった出口に近い開発テーマに焦点を当てた製品開発を進めてまいります。
研究会では、川上から川下まで様々な企業を募り、オープンイノベーション形式で参加企業が製品開発に取り組むほか、参加した企業同士が新たに連携して自社の課題解決につなげたり、新規事業等のアイディア創出の機会の場としてご活用いただけます。
チャレンジ精神旺盛な企業の皆様のご参加をお待ちしております。

※今年度よりナノカーボン分野は先端素材分野に変更となりました。

開催概要

座長

富山県立大学 客員教授 永田員也氏

テーマ等

分科会①スピーカー

音響メーカーをオブザーバーに招き、CNTを使ったモーターコイルやCNFを使った振動板を中心に製品開発を行います。

分科会②車載部品

車載部品メーカーをオブザーバーに招き、CNTやCNF等先端素材を使った構造部材や内装品、耐熱製品の製品開発を行います。

回数

全4回(第1回は7月頃を予定)

定員

10社程度/分科会

参加費

10,000円/社

場所

第1回:調整中

注意事項(参加条件)

・本研究会にご参加いただく場合、公社指定の秘密保持契約を結んでいただきます。
ひな形をご確認ください。秘密保持契約書案(ひな形)
・研究会終了後、参加報告書をご提出いただきます。

その他

・試作開発した成果は「nanotech2021」「彩の国ビジネスアリーナ2021」に出展いたします。
・試作開発の費用の一部は公社が負担いたします。

申込み方法

募集案内に必要事項記載の上FAXでお申込みいただくか、下記申し込みボタンよりお申し込みください。
FAX:048-857-3921

先端素材製品開発研究会募集案内申し込みはこちら

 

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901FAX. 048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.jp

令和2年度 埼玉県中小企業等外国出願支援事業<国補助事業>補助金の募集について〔締切:6月19日(金)〕

公益財団法人埼玉県産業振興公社(以下、「公社」という。)では、優れた技術等を有する埼玉県内中小企業者等の海外事業展開を支援するため、外国出願等に伴う費用の一部を補助します。
制度利用を検討される中小企業者等の皆様は、下記の募集概要等をご確認のうえ、ご応募ください。
※ジェトロと当事業における同一案件の併願(重複)申請はできません。
なお、公社で不採択となった案件についてはジェトロの受付期間内に再応募することが可能です。

補助金案内チラシ

1.令和2年度埼玉県中小企業等外国出願支援事業<国補助事業>
補助金の募集概要

(1)募集概要

公募要項【必ずご一読ください】

応募様式

応募様式の記入見本(特許・実用新案・意匠及び商標)

※上記応募様式(word版)の入手については、公募要項に記載のとおり、下記Eメールアドレスに
以下の事項をご記入の上、お申し込みください。
折り返し返信メール(添付ファイル)にて申請書類一式のデータをお送りいたします。

件名:令和2年度外国出願補助金申請書類希望
1)企業名
2)担当者(部署名、氏名)
3)住所
4)電話番号
5)外国出願の種類(特許、実用新案、意匠、商標、冒認対策商標)

公募要項に記載の実施要領はこちらをご覧ください。

実施要領(主に申請者と公社の間で使用)

(2)主なスケジュール

公募期間        令和2年 5月14日(木)~6月19日(金)まで【郵送必着】
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、持参による提出はご遠慮願います
書類審査        令和2年 7月 中旬(予定)
交付決定        令和2年 7月 下旬(予定)
外国出願締切      令和2年12月 末日まで
実績報告提出      令和3年 1月 末日まで
補助金の額の確定    令和3年 3月 中旬まで
補助金の支払      令和3年 3月 末日まで

※補助金の交付を受ける中小企業者等については、その名称、所在地、交付の決定を受けた出願種別、採択日、交付決定日、法人番号、交付決定金額及び確定金額について公表させていただきます。

2.埼玉県中小企業等外国出願支援事業<国補助事業>補助金の概要

(1)補助対象

補助対象者 埼玉県内に本社または事業所 を有する中小企業者及びそれらの中小企業者で構成されるグループ
※地域団体商標に係る外国出願に限りましては、事業協同組合その他の特別の法律により設立された組合、商工会、商工会議所及びNPO法人(特定非営利活動法人)も対象とします。
補助対象
出願種別
特許
実用新案
意匠
商標
商標のうち、冒認対策商標
補助対象経費 外国特許庁への出願手数料、現地代理人費用、国内代理人費用、翻訳費用

※交付決定日以降に発生した費用が対象です。

補助対象範囲 複数出願及び複数国が可能
出願完了期限 令和2年12月末

 

(2)補助率及び補助額の上限

補助率 助成対象経費の1/2以内
補助額上限 下記1出願に対する各補助額の上限内で
複数出願を合算して最大300万円まで
1出願に対する補助対象出願種別ごとの補助額の上限 特許 150万円
実用新案 60万円
意匠 60万円
商標 60万円
商標のうち、
冒認対策商標
30万円

 

3.申込み・問い合わせ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社
新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋、関根
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階
TEL:048-621-7050
Eメール:chizai@saitama-j.or.jp

 

4.その他

特許協力条約に基づく国際出願(PCT出願)に係る「国際出願手数料」及び「取扱手数料」の国際出願促進交付金の交付を受けるための手続の詳細につきましては、こちらを御覧ください。

【特許庁サイト】
国際出願促進交付金の交付申請手続

特許協力条約に基づく国際出願(PCT出願)に係る「調査手数料・送付手数料」及び「予備審査手数料」についての軽減措置を受けるための手続はこちらをご覧ください。

【特許庁サイト】
国際出願に係る手数料の軽減措置の申請手続(2019年4月1日以降に国際出願をする場合)
国際出願に係る手数料の軽減措置の申請手続(2019年3月31日以前に国際出願をした場合)

 また、ジェトロを通じて、新たに中小企業の海外での模倣品の製造元や流通経路等を把握するための侵害調査及び調査結果に基づく模倣品業者への警告文作成、行政摘発までを支援する事業(中小企業海外侵害対策支援事業)も合わせて実施予定です。詳細は以下の内容をご参照ください。
【特許庁サイト】
中小企業海外侵害対策支援事業

(参考)
以下ウェブサイトで中小企業の方が海外展開をする際の支援施策情報を掲載しておりますのでご活用ください。
【中小企業庁サイト】
中小企業海外展開支援施策集

 

令和2年度起業支援金(埼玉県起業支援金補助事業)のご案内(締切:6月22日(月))

埼玉県では、人口減少が進む地域において地域課題の解決を目指し起業する方に、国の地方創生推進交付金を活用し上限200万円(補助率2分の1)の補助を行います。

制度の概要

対象となる地域

秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、小鹿野町、東秩父村、神川町
(※過疎法または山村振興法の指定地域を含む9市町村が対象です。)

対象となる方(主な要件)

・本事業の公募開始日以降、本事業の補助事業期間完了日までに個人事業の開業届出若しくは
会社等の設立を行い、その代表者となる者であること。
・県内に居住していること、又は、本事業の補助事業期間完了日までに県内に居住することを
予定していること。
・個人事業の開業届出若しくは会社等の設立を本事業の対象地域で行う者であること。

対象となる事業(主な要件)

・県が地域再生計画において定める分野において、地域の課題の解決に資する社会的事業で
あり、新たに起業する事業であること。
なお、社会的事業とは、次の(ア)~(ウ)の全てに該当するものであることを要する。
(ア)地域社会が抱える課題の解決に資すること(社会性)。
(イ)提供するサービスの対価として得られる収益によって自律的な事業の継続が可能
であること(事業性)。
(ウ)地域の課題に対し、当該地域における課題解決に資するサービスの供給が十分で
ないこと(必要性)。
・対象となる地域において実施する事業であること。
・起業支援金の支給対象者の公募開始日以降、起業支援金の交付決定を受けた事業の事業期間
完了日以前に新たに起業する事業であること。

対象となる経費

新たに起業する方が起業に要する経費
(人件費、店舗等借料、設備費、原材料費、借料、知的財産権等関連経費、
謝金、旅費、外注費、委託費、マーケティング調査費、広報費等)
※上記の費目でも、一部対象とならない経費があります。

公募期間

令和2年4月17日(金曜日)~6月22日(月曜日)
※採択・交付決定は7月下旬頃を予定しています。

受付機関

対象となる地域の商工会議所・商工会で申請を受け付けます。

公募説明会

本補助金に関する公募説明会につきましては、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ観点から開催いたしませんので、詳細は下記リンク先のホームページをご覧いただくか、担当までお問い合わせください。

詳細

募集要項・Q&A・提出書類など起業支援金に関する詳細情報は、下記のリンク先でご案内しております。
埼玉県起業支援金のホームページ

お問い合わせ

本事業の実施に当たっては、公益財団法人埼玉県産業振興公社の運営する創業・ベンチャー支援センター埼玉が事務局となります。
※詳しくは、創業・ベンチャー支援センター埼玉までお問い合わせください。
(電話:048-711-2222)

移住支援金

移住支援金に関する情報は、下記のリンク先でご案内しております。
埼玉県地域政策課のホームページ

※ご不明な点等は、埼玉県地域政策課にお問い合わせください。
(電話048-830-2773)

【動画紹介】中小企業向けAI・IoTに関する補助金などの施策説明

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 埼玉県AI・IoTコンソーシアム
~第1回
AI・IoT普及セミナー」~
「第3部:令和2年度 中小企業 
AI・IoT活用支援事業」の動画配信について
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「第1回AI・IoT普及セミナー」の中の「第3部:令和2年度 中小企業AI・IoT支援
  事業」の動画配信(50分程度)になります。

  AI・IoTに関する補助金などの各種施策をご説明いたします。

 〇概要
公社が実施する令和2年度AI・IoT活用支援事業のご紹介です。特に、令和
2年度事業の
AI・IoTコンソーシアム活動や、新たな施策を踏まえた補助金事
業、普及事業、人材育成研修、について詳しく説明します。
 〇講師
公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ
AI・IoTコーディネータ 山脇 隆司
 ○詳しくはこちら

(2)テキスト(後半)

(3)動画

 
(4)公募・募集案内
詳細はこちら

 

IoT普及セミナー、その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方は
iot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

【募集終了しました】公益財団法人埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)
令和2年度伴走支援事業業務委託に係る企画提案の募集について<締切4月21日(火)>

公益財団法人埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)では、今後、飛躍的な成長が期待される「スポーツ関連ビジネス」分野において、ベンチャー企業の成長促進やビジネスの加速化を図るため、伴走支援事業を実施します。

つきましては、この事業の受託者を選定するための企画提案を下記のとおり募集します。

1 委託業務の名称

伴走支援事業業務委託
※業務委託の内容については「仕様書」をご覧ください。

2 応募資格

「企画提案競技実施要項」に定めるとおり、法人格を有する民間団体とします。

【関係資料】

企画提案競技実施要項(PDF)

様式1 企画提案応募申込書(ワード)

様式2 会社概要(ワード)

様式3 事業費等見積書(ワード) ※記載例(PDF)

様式4 欠格に該当しない旨の誓約書(ワード)

様式5 質問書(ワード)

仕様書(PDF)

3 応募期間

令和2年4月21日(火曜日)17時 必着

4 質問に対する回答の公表

なし

 

【応募・問合せ先】

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階
公益財団法人埼玉県産業振興公社
企業支援部企業支援グループ(創業・ベンチャー支援センター埼玉) 大松
TEL 048-711-2222

令和2年度 次世代自動車センター埼玉 試作開発助成事業募集のご案内

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ観点から、当面の間、対面での相談等を中止しております。
ご相談事業者様の健康・安全を考慮し、インターネットでの相談対応とさせていただきます。
ご相談ご希望の事業者様は、まずは、ご連絡ください。(048-621-7051)

試作・開発助成

次世代自動車支援センター埼玉では、自動車産業部会会員の中小企業者を対象に、自動車産業及び先端要素技術に関連する技術開発のための試作品やサンプル製品を製作するための費用の一部を助成する事業者を公募します。
助成金額は1社当たり上限30万円、書類審査により、3社程度まで助成いたします。
応募条件は「ビジネスアリーナ2021」での試作品展示(パネル原稿の作成を含む)と経費支払報告書の作成です。

募集要項

チラシ

概要

事業名称:令和2年度 次世代自動車支援センター試作開発助成事業
対象企業:自動車産業部会会員の中小企業者
助成金額:上限30万円(消費税込み)
選考方法:書類審査により3社程度を選考
対象経費:原材料費・消耗品費等、外注加工費、評価試験等の設備使用料など
事業期間:交付決定日~令和2年12月25日(開発と経費振込の完了)
募集期間:令和2年4月1日~令和2年4月30日(17時必着)
応募書類:実施計画書(様式1)、経費積算書(様式2)

実施計画書(xls)(様式1) 経費積算書(xls)(様式2) 経費支払報告書(xls)(様式3)(こちらからダウンロードしてください)
特  典: ◆彩の国ビジネスアリーナ2021やWEB上で試作品をPR
◆コーディネータによる技術的アドバイス
◆販路拡大支援

なお、対象分野については、従来の自動車に関連する技術開発のほか、先端要素技術(医療・ヘルスケア、ロボット・AI・IoT、新エネルギー、航空・宇宙・モビリティ―の先端素材)に関連すると考えられる技術開発の分野も対象とします。

ビジネスアリーナ2020試作品展示

東洋樹脂株式会社-完全防水型ドローン用フレームの開発(防水仕様キャノピーの製作)
富士測範株式会社-ADSビーム窓向け薄肉品加工トライアル

※詳細については、事業募集要項をご覧ください。

※ご不明な点については、下記までお気軽にお問合せください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

令和2年3月 DVDを新たに追加購入しました!

貸出DVDについて

公社では、公社会員様に経営や人材育成に役立つビデオ・DVDソフトを無料で貸出しています(宅配可。送料はご負担ください)。
この度、アンガーマネジメント、タイムマネジメント、ハラスメントに関する新作DVD(6本)を購入しました。社内研修や人材育成・自己啓発などに是非ご活用ください。

令和2年3月度

整理番号 タイトル 時間
G-152 パワハラを防ぐアンガーマネジメント 38分
G-153 タイムマネジメントで働き方改革①全社員編 29分
G-154 タイムマネジメントで働き方改革②管理職編 37分
G-155 ハラスメントのない職場づくり①新入社員・若手社員編 23分
G-156 ハラスメントのない職場づくり②中堅社員・管理職編 28分
G-157 ハラスメントのない職場づくり③工場・作業現場編 25分
新規購入DVDのチラシはこちら
ビデオ検索システムはこちら

 本システムは、公社が保有するビデオを検索できるものです。なお、ビデオ貸出しは公社会員企業様向けのサービスです。一般企業の方も、公社会員に入会すればビデオ貸出しサービスを利用できます。是非、公社会員へのご入会をご検討ください。

公社会員のご案内はこちら

令和元年10月度

整理番号 タイトル 時間
G-146 ケースで学ぶ 実践!フィードバックあなたは部下の成長を支援できているか? 86分
G-147 OJT事例集 部下育成実践のポイント 100分
G-148 コーチング・スキル実践講座 ①傾聴のスキル 33分
G-149 コーチング・スキル実践講座 ②承認のスキル 28分
G-150 コーチング・スキル実践講座③質問のスキル 43分
G-151 あなたが守る!製造現場のコンプライアンス モノづくりの基本はルール・マナーの徹底から 45分

令和2年度 車両分解研究会のご案内

次世代自動車支援センター埼玉の車両分解研究会は、自動車部品の分解・観察・評価を行い、各社の技術開発力・製品開発力の向上やビジネス展開に活かすことを目的に実施しています。

※本事業は、令和2年度予算の成立を前提としており、内容を変更する場合があります。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部イベントが延期になる可能性もあります。変更・延期が生じた場合、当サイトに掲示すると同時に、申込をされた皆様には直接メールでご連絡差し上げます。

研究会の趣旨

「次世代自動車支援センター埼玉」が中心となり、中小企業単独では難しい最新車両の分解分析研究(ベンチマーク)を行います。
参加企業が連携して最新車両の部品を分解調査解析することで、最新技術や技術動向を察知し、今後の技術開発戦略や新たなビジネス展開に貢献することを目的としています。得られた知見を基に自社の保有技術をさらに強化して、自動車メーカーやTier1メーカーをはじめ、他産業も含めた幅広い企業への提案力向上を目指します。

活動内容

  1. 試乗会を行い、完成車としての機能や性能を体験します。 完成車の貸出も予定。
  2. 主要部品の分解作業に立ち会い、部品構成や搭載レイアウトなどについて調査します。
  3. 各社で研究テーマを設定し、分解部品の貸出を受けて調査解析を行います。
    (公社アドバイザーによる各社の研究テーマ設定や、調査解析の進め方についてのアドバイスも可能です)
  4. 各社の調査・解析結果は、最終報告会での発表や報告書にまとめて参加企業で共有します。

分解車両

ホンダ『フィット』
~シリーズ&パラレル型新型2モーターハイブリッド/ホンダセンシング搭載~

《 特徴・注目技術 》
パワートレイン
・次世代型 2モーターユニット  e:HEV 採用
・新骨格高回転モーター
・エンジンルーム搭載小型パワーコントロールユニット
・高容量バッテリー

車体
・多彩なシートアレンジや広い荷室容量
・最新運転支援デバイス採用
・ショートノーズ化最適パッケージ
・運転席視界の拡大

日程計画

1.試乗会

車両概要説明後にテストコースで試乗(希望者のみ)
(対車両自動ブレーキ、ペダル誤操作抑止体験なども予定しています)
日程:2020年8月27日(木)・28日(金)
場所:埼玉自動車大学校 テストコース(1周600m)
(埼玉新都市交通ニューシャトル丸山駅より徒歩2分)

2.車両貸出

日程:2020年7月下旬~8月下旬(1社あたり1週間貸出※事前予約制)
貸出場所:埼玉県産業振興公社 新都心ビジネス交流プラザ(試験走行不可 運搬車手配・費用は借受企業負担)

3.発足会・講演会・車両分解見学会

発足会・車両の開発コンセプトや主要技術についての講演の後、車体から主要部品の取り外しの様子と一部の部品分解を見学します。各社参加人数を制限したうえでの開催またはウェブ発信とします。

日程:2020年9月16日(水)(発足会・講演会・分解見学)
   講師 本田技術研究所 予定
   2020年9月17日(木)(分解見学)
場所
:埼玉自動車大学校 講義室・整備実習場

4.分解部品展示確認会

主要分解部品の展示を行います。
日程:2020年10月1日(木)・2日(金) 
場所:埼玉県産業技術総合センター。

分解部品の貸出 調査・解析

10月15日(木)~1月15日(金) なお、部品の貸出には申込書が必要です。

5.最終報告会・報告書発行

分解部品の調査・解析結果報告会等を行い、参加企業で調査結果を共有します。
日程:2020年3月15日(月)最終報告会
場所:埼玉県産業振興公社 新都心ビジネス交流プラザ。
報告書の発行は4月を予定しています。

対象者

自動車産業部会会員(埼玉県産業振興公社及び自動車産業部会への会員登録が必要)、日本自動車部品工業会会員、浜松地域イノベーション推進機構次世代自動車センター会員、 富山県新世紀産業機構とやま次世代自動車研究会会員

募集企業数

40社程度

申込期限

1次募集:4月10日(金)まで
2次募集:5月7日(木)まで
3次募集:8月中旬まで

 

 

参加費

中小企業 15,000円/社(消費税含む)
大企業 70,000円/社(消費税含む)

※日本自動車部品工業会会員、浜松地域イノベーション推進機構次世代自動車センター会員、富山県新世紀産業機構とやま次世代自動車研究会会員は別途8,800円(1,100円×8か月分※)を負担※8月の試乗会から3月の最終報告会までの会費相当分

募集パンフレットはこちら

お申し込み

こちらの(webフォーム)よりお申込みください。
また、申込時に秘密保持誓約書のご提出をお願いいたします。

秘密保持誓約書はこちらから

後援(予定)

一般社団法人日本自動車部品工業会

協力(予定)

学校法人佐藤栄学園 埼玉自動車大学校
埼玉県産業技術総合センター
公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構
公益財団法人富山県新世紀産業機構

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

【中止しました(3/27)】【中小企業向けAI・IoT補助金など】第1回AI・IoT普及セミナー開催【開催日:4月9日(木)】

このたび予定しておりました「第1回AI・IoT普及セミナー」について、現下の新型コロナウイルス感染拡大の情勢を踏まえ、中止とさせていただくこととしました。心よりお詫び申し上げます
なお「AI・IoT・ロボットシステム導入トライアル補助金」については、後日当HPでご案内いたします。

埼玉県内の中小企業がAI・IoTを活用する際に参考となる情報を提供するため、第1回AI・IoT普及セミナー(※1)を開催します。今回は、AI(人工知能)の最新動向の解説に加え、AI・IoTに関する補助金などの各種施策をご説明いたします。

このような方にオススメです。

・AI(人工知能)の最新動向を知りたい方
・AI、IoTに関する中小企業支援内容ついて知りたい方
・埼玉県AIコンソーシアム(※2)への入会を検討している方

チラシ

※1 AI・IoT普及セミナーは令和2年度から「埼玉県AIコンソーシアム」の取組として
実施します。会員・非会員を問わず、どなたでも参加できます。
※2 「埼玉県AIコンソーシアム」は、令和2年度から「埼玉県AI・IoTコンソーシアム」
に改称します。
なお、コンソーシアムの詳細については、こちらをご覧ください。

開催日時等

日時:令和2年4月9日(木)13:20~17:00
会場:新都心ビジネス交流プラザ4階 会議室(さいたま市中央区上落合2-3-2)
対象:埼玉県AIコンソーシアム会員の方、または埼玉県内の中小企業経営者・実務者等
定員:100名(申込順)
参加費:無料
主催:埼玉県、(公財)埼玉県産業振興公社

内容

挨拶(13:20~13:30)

1部(13:30~14:30)
「人工知能技術の現状と展望~実世界で使いこなしてゆくために~」

・概要

ビッグデータを活用した機械学習により性能を上げた人工知能技術が、スマート社会の基盤技術として、社会の様々な場面で使われるようになっています。人工知能技術のこれまでの発展と現状,使いこなしてゆくためのポイントおよび今後の展望についてお話します。

・講師

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能研究センター
副研究センター長 麻生 英樹 氏

・プロフィール

1983年に通商産業省工業技術院電子技術総合研究所に入所。その後、ドイツ国立情報処理研究センター客員研究員などを経て、現職に至る。現在はニューラルネットワークなどの統計的機械学習の基礎理論と、それを応用した学習能力を持つ知的情報処理システムの研究に携わる。

2部(14:40~15:30)「経済産業省のIoT関連施策について」

・概要

地域中小企業のIoT利活用を促進するため、IoT推進ラボ等での取組内容や、令和元年度補正予算・令和2年度予算案等の施策内容など、経済産業省のIoT関連施策全般の説明に加え、中小ものづくり企業のIoT活用事例について紹介します。

・講師

経済産業省 関東経済産業局 地域経済部 次世代・情報産業課長 室住 敬寛 氏

・プロフィール

1994年に経済産業省関東経済産業局に入局。産業クラスター計画や経営革新等支援機関等の業務に従事したのち、同局オープンイノベーション参事官を経て、現在は次世代・情報産業課長を務める。

3部(15:40~16:40)「令和2年度AI・IoT支援事業について」

・概要

公社が実施する令和2年度AI・IoT活用支援事業をご紹介します。特に、令和2年度事業のAI・IoTコンソーシアム活動や、新たな施策を踏まえた補助金事業(※3)、普及事業、人材育成研修、について詳しく説明します。

※3 公社が実施する補助金の詳細は、こちら(AI・IoT・ロボットシステム導入トライアル補助金のご案内)
※本事業は、令和2年度予算の成立を前提としており、予告なく内容を変更する場合があります。

・講師

公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ IoTコーディネータ 山脇 隆司

・プロフィール

長年、電気メーカー(IT系)でコンピュータシステムの企画、製造、販売に従事。海外ビジネスを担当後、関連会社(製造系)では経営責任者を経験。

県内機関からIoT関連支援策のご案内(16:40~17:00)

アクセスマップ














募集開始のご案内について

IoT普及セミナー、その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

【第3回産学連携技術シーズ発表会延期のお知らせ】 (開催日3月10日(火))

【第3回産学連携技術シーズ発表会延期のお知らせ】
(開催日3月10日(火))

3月10日(火)開催予定でした「第3回産学連携技術シーズ発表会」ですが
新型コロナウィルス感染拡大の防止の観点から延期とさせていただくこととしました。
楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、心より深く
お詫び申し上げます。
なお、発表会につきましては、6月、7月の開催を予定し調整しておりますので
改めてご案内申し上げます。

【第3回産学連携技術シーズ発表会開催します!】
(開催日3月10日(火))

★テーマ:「食ビジネス~食と健康~」★

「産学連携支援センター埼玉」は、ビジネス展開や課題解決に役立つ大学・研究機関・企業の様々な技術シーズを紹介し、 「産・学」「産・産」の連携を促進します。今回は、「食ビジネス~食と健康~」をテーマにシーズを紹介。企業による産学連携事例紹介、開放特許(技術シーズ)の紹介もします。
ポスターセッション・名刺交換会では、具体的な技術相談から学生のリクルート・販路拡大・技術提携などのよもやま話まで、「産・学」「産・産」がざっくばらんに話し合える場です。
 「産・学」「産・産」連携による技術革新への絶好の機会として、是非ご参加ください。

開催日:令和2年3月10日(火)
時 間:13:30~17:00(開場:13:00)
会 場:新都心ビジネス交流プラザ4階(さいたま市中央区上落合2-3-2)
参加費:無料
定 員:先着50名

開催案内はこちら

【発表者紹介】

メールでのお申し込みはこちら

(中止しました)【IoT導入事例紹介!】第6回 IoT普及セミナーを開催します【開催日:3月6日(金)】

このたび予定しておりました「第6回IoT普及セミナー」について、新型コロナウィルス感染拡大の防止の観点から中止とさせていただくこととしました。
皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、心より深くお詫び申し上げます

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、埼玉県内の中小製造業がIoT・AIを活用する際に参考となる情報を提供するため、IoT普及セミナーを開催しています。第1部では、IoT・AIの基礎から、最近の活用の方向性について分かりやすく説明します。第2部では、県内中小企業がIoT導入を考えた経緯、導入の際に生じた課題やIoTの導入で現場がどう変化したかなど、実際のIoT導入に関わったコーディネータより説明します。

チラシ

開催日時等

日時:令和2年3月6日 (金) 13:30~15:40
会場:秩父地域地場産業振興センター 5階 501会議室(秩父市宮側町1-7)
対象:埼玉県内の中小企業経営者・実務者等
定員:50名(申込順)
参加費:無料

内容

1部(13:30~14:30)

「IoT・AI活用から始まるものづくりの変革」
~IoT・AIの基礎知識と実践活用の方向性~

<概要>
中小製造業におけるIoT化は、加速度的に進んでいます。最近は、AIを絡めたIoT化を目指す企業も増えており、今まで以上にIoT・AI活用を意識していく必要があります。講演では、IoT・AIの基礎から、最近の活用の方向性について分かりやすく説明します。
<講師>
株式会社サートプロ 代表取締役CEO 近森 満 氏
<プロフィール>
東邦電子(現沖電気コミュニケーションシステムズ)に入社。その後、外資系コンピュータ教育会社 法人営業部長、ナショナル・コンピュータ・システムズ・ジャパン代表取締役社長を経て、2003 年、UML 教育研究所 代表取締役社長に就任、世界的な標準化団体OMG と事業創出を行う。2006 年 株式会社サートプロを起業し、代表取締役CEO に就任。資格認定・検定試験事業の立上げ運用とIoT/IT 教育サービス支援事業を行う。情報処理推進機構 地方版IoT 推進ラボ ビジネス創出事業メンター、一般社団法人 IT 職業能力支援機構 理事長、IoT 検定制度委員会 事務局長。

2部(14:40~15:40)

「事例から学ぶ、ものづくりのIoT活用の進め方」

<概要>
IoTを導入した県内中小企業の事例をご紹介します。 IoT導入を考えた経緯、導入に当たって生じた課題やIoTの導入で現場がどう変化したかなど、実際の導入に関わったIoTコーディネータが説明します。
(事例テーマ)
「RFIDを活用した製品動態の把握」「稼働状況の見える化による生産性向上」「見える化したデータと熟練者の知識のデータベース化」「電子計算機とホストコンピューターの連動による作業効率の向上」など
<講師>
公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ
IoTコーディネータ 山脇 隆司
<プロフィール>
長年、電気メーカーでコンピュータシステムの企画、製造、販売に従事。中国、台湾、東南アジアなどでのビジネスを担当後、関連会社では経営責任者を経験。これまでの経験を活かし、IT、IoT、AI利活用による生産性向上等、中小企業の課題解決を支援します。















主催:(公財)埼玉県産業振興公社
共催:秩父商工会議所

募集開始のご案内について

IoT普及セミナー、その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

【中止しました】令和2年4月開催 新入社員教育研修受講者募集のご案内

 このたび4月に開催を予定しておりました新入社員教育研修について、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から「すべて中止」とさせていただきます。
 皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、心より深くお詫び申し上げます。

新入社員・若手社員を対象に、社会人としての心構えを認識していただくとともに、基本的なマナー、言葉づかい、職場でのコミュニケーションやチームワークの大切さなどについて、グループワークを交えながら実践的に学びます。
また、配属先に応じた内容を習得するカリキュラムになっており、“生産部門”では、「モノづくりの基本や安全作業」など、“一般部門”では「接遇や名刺の受け渡し」などについて学びます。
さらに、ビジネスの基本を学ぶ、新入社員・若手社員向けのオプション研修(別料金)も開催します。社会人として押さえておきたい、電話応対、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)強化、ビジネス文書作成、人間関係構築、工具入門の5研修をご用意しております。

新入社員教育研修 生産部門・一般部門

開催日時

令和2年4月2日(木)~7日(火)【1コース2日間】
9:45~16:30(昼食休憩45分)

コース・会場

大宮・草加・川越・熊谷・飯能で開催します。
詳細は、下記一覧表からご覧ください。

令和2年度新入社員教育研修 生産部門・一般部門パンフレット

研修名 開催日 コード
新入社員教育研修(生産・大卒/大宮) 4/2(木),3(金) 20KAA
新入社員教育研修(生産/大宮)Ⅰ 4/2(木),3(金) 20KAB
新入社員教育研修(生産/大宮)Ⅱ 4/2(木),3(金) 20KAC
新入社員教育研修(生産/大宮)Ⅲ 4/6(月),7(火) 20KAD
新入社員教育研修(生産/大宮)Ⅳ 4/6(月),7(火) 20KAE
新入社員教育研修(生産/川越) 4/2(木),3(金) 20KAF
新入社員教育研修(生産/熊谷) 4/2(木),3(金) 20KAG
新入社員教育研修(生産/草加) 4/6(月),7(火) 20KAH
新入社員教育研修(一般/大宮) 4/2(木),3(金) 20KAI
新入社員教育研修(一般/飯能) 4/6(月),7(火) 20KAJ

カリキュラム

〇共通

  1. 社会人としての心構え
  2. 社会人としての基本的なマナーの習得
  3. ビジネスコミュニケーション
  4. 効率的な仕事の進め方
  5. これからの自己目標

〇生産部門(生産部門に求められる考え方と基本行動)

  1. お客様から満足され、喜ばれるものづくり
  2. 5Sの基本
  3. 生産の目的
  4. 後工程はお客様
  5. ものづくりの基本を理解する
  6. 安全作業

〇一般部門(一般部門に求められる考え方と基本行動)

  1. 一般部門に求められる行動
  2. 来客、訪問時のマナー
  3. 名刺の扱い方
  4. 効率的な仕事の進め方
  5. 上司、先輩への配慮

オプション研修

開催日時

令和2年4月8日(水)~
9:30~16:30(昼食休憩60分)

コース・会場・カリキュラム

詳細は、下記一覧表からご覧ください。

令和2年度新入社員教育研修 オプション研修パンフレット

研修名 開催日 コード
新入・若手社員向け新たな人間関係構築研修 4/9(木) 20KAM
新入・若手社員向け電話応対研修 4/10(金) 20KAN
新入・若手社員向けホウレンソウ強化研修 4/13(月) 20KAK
新入・若手社員向けビジネス文書研修 4/8(水) 20KAL
新入・若手社員向け工具入門研修(熊谷) 4/16(木),17(金) 20KAO
新入・若手社員向け工具入門研修(川口) 4/14(火),15(水) 20KAP
新入・若手社員向け工具入門研修(春日部) 4/20(月),21(火) 20KAQ
新入・若手社員向け工具入門研修(川越) 4/22(水),23(木) 20KAR

会場

各会場は下記をご覧ください。

研修会場一覧

お申込み

各ホームページの申込みフォームをご利用いただくか、
下記のPDFファイルをプリントアウトしFAXでお申込みください。
FAX:048-645-3286

生産部門・一般部門・オプション研修の申込書

お問い合わせ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 研修・情報グループ
TEL:048-647-4087

【中止しました】会員優待セミナー『若手社員のためのビジネスコミュニケーション』を開催します【開催日:令和2年3月23日(月)】

コミュニケーションを図る上で、陥りやすい誤解や理解不足がなぜ起こるのか。円滑なコミュニケーションには、分かりやすい話し方=ロジカルコミュニケーションが大切です。このロジカルコミュニケーションの基本となる「分かりやすい話し方の基礎(ストーリーラインと話す内容の整理)」を身に付けるために、身近な話題での演習を通して、職場で実践できるように分かりやすく学びます。

本セミナーのポイント

●コミュニケーションの仕組みを理解することで、情報を正確に伝達するために分かりやすい話し方が大切であることを、講義や演習を通じて習得します。
●分かりやすい話し方を組み立てる際に、意識したい要点を紹介してポイントごとに講義や演習を通じて習得します。また、分かりやすい話し方で最も重要なストーリーラインについても習得します。
●設定された身近なテーマで、実際に情報の整理からストーリーラインをつくり発表してもらいます。身近なテーマでも意識するだけでも情報が整理され、自分の話し方が分かりやすくなることを体感していただきます。

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 19KTG
研修日程 2020年3月23日(月)【半日(PM)】
研修時間 13:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5
大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 若手社員、後輩指導にあたる中堅社員
定員 30名
受講料 【会員】無料  【一般】2,100円 (消費税込)
カリキュラム 1.オリエンテーション

・コミュニケーションで知っておくべきこと

・ビジネスシーンで一目置かれる話し方とは

2.分かりやすい話し方の基礎

・分かりやすい話し方の3大要素

・ストーリーラインとは

3.分かりやすい話し方の実践

・ストーリーラインの肝となる情報を整理する

・身近なテーマを設定した演習

4.まとめ

 ・持ち帰るポイントの整理

 

講師紹介 ㈱リンクスビジネスラボラトリー

代表取締役 山田 主規 氏

プロフィール

大手コンサルティングファームを経て、1994年にコンサルティング事務所AMC(オーセンテック・マネジメント・コンサルティング)を設立、同事務所代表に就任。1998年、各分野の工キスパー卜を融合させたシンクタンク機関「~会社を元気にする会社~リンクス経営研究所」を設立して同グループの代表。現在は、主に中小・中堅企業再建支援コンサルティング及び、上場企業やベンチャー企業の経富戦略・マーケティンゲ・組織開発コンサルティングを中心に活躍中。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286