令和3年4月開催 新入社員教育研修 受講者募集のご案内

新入社員教育研修に『WEB版』が加わりました!社内の会議室等から、新入社員の皆さまが一緒に参加できます。(3名以上一括申込でWEB割引あり)

新入社員・若手社員を対象に、社会人としての心構えを認識していただくとともに、基本的なマナー、言葉づかい、職場でのコミュニケーションやチームワークの大切さなどについて、グループワークを交えながら実践的に学びます。
さらに、新入社員・若手社員向けのオプション研修(別料金)も開催します。社会人として押さえておきたい、電話応対、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)強化、ビジネス文書作成、人間関係構築、オンライン会議、ビジネスソフト(Word、Excel)、工具入門をご用意しております。

新入社員教育研修(生産部門・一般部門)

開催日時

令和3年4月2日(金)~9日(金)【全12コース】
9:40~16:30(昼食休憩50分:昼食は各自でお願いします)

カリキュラム・コース・会場

大宮・草加・川越・鴻巣・飯能で開催します。
また、配属先に応じた内容を習得するカリキュラムになっており、“生産部門”では、「モノづくりの基本や安全作業」など、“一般部門”では「接遇や名刺の受け渡し」などについて学びます。
詳細は、下記一覧表からご覧ください。

令和3年度新入社員教育研修・オプション研修の詳細について

研修名 開催日 コード
新入社員教育研修(生産大卒/大宮) 4/5(月),6(火) 21KAA
新入社員教育研修(生産/大宮)Ⅰ 4/5(月),6(火) 21KAB
新入社員教育研修(生産/大宮)Ⅱ 4/7(水),8(木) 21KAC
新入社員教育研修(生産/川越) 4/5(月),6(火) 21KAF
新入社員教育研修(生産/鴻巣) 4/5(月),6(火) 21KAG
新入社員教育研修(生産/草加) 4/8(木),9(金) 21KAH
新入社員教育研修(生産WEB)Ⅰ【WEB開催】 4/5(月),6(火) 21KAD
新入社員教育研修(生産WEB)Ⅱ【WEB開催】 4/7(水),8(木) 21KAE
新入社員教育研修(一般/大宮) 4/8(木),9(金) 21KAI
新入社員教育研修(一般/飯能) 4/7(水),8(木) 21KAJ
新入社員教育研修1日(一般WEB)Ⅰ【WEB開催】 4/2(金) 21KAK
新入社員教育研修1日(一般WEB)Ⅱ【WEB開催】 4/9(金) 21KAL

オプション研修

開催日時

令和3年4月12日(月)~23日(金)【全12コース】
9:30~16:30(昼食休憩60分;昼食は各自でお願いします)

カリキュラム・コース・会場

詳細は、下記からご覧ください。

研修名 開催日 コード
新入・若手社員向けビジネス文書研修 4/12(月) 21KAN
新入・若手社員向け電話応対研修 4/13(火) 21KAP
新入・若手社員向け新たな人間関係構築研修 4/14(水) 21KAO
”はじめてのオンライン会議”基本とマナー研修【WEB開催】 4/15(木) 21KRM
新入・若手社員向けホウレンソウ強化研修 4/19(月) 21KAM
新入社員向けWord研修 4/21(水) 21XAA
新入社員向けExcel研修Ⅰ 4/22(木) 21XAB
新入社員向けExcel研修Ⅱ 4/23(金) 21XAC
新入・若手社員向け工具入門研修(川口) 4/13(火),14(水) 21KAR
新入・若手社員向け工具入門研修(熊谷) 4/15(木),16(金) 21KAQ
新入・若手社員向け工具入門研修(春日部) 4/19(月),20(火) 21KAS
新入・若手社員向け工具入門研修(川越) 4/21(水),22(木) 21KAT

会場

各会場は下記をご覧ください。

研修会場一覧

お申込みについての注意事項

〇請求書および振込用紙は発行しておりません。
〇研修開始7日前を過ぎてのキャンセルは、原則として返金できかねますのでご容赦ください。
 尚、新型コロナによるキャンセルは当日連絡でもキャンセル料はかかりません。
〇申込は定員に達した時点で受付を締め切らせていただきます。(先着順)
〇新型コロナの影響や、受付が定員に満たない場合、日程の変更または中止させていただく場合
 がございます。

お申込み

各研修ホームページの申込フォームからお申込みください。
下記メールへのお申込みもできます。
メール:kensyu@saitama-j.or.jp

新入社員教育研修・オプション研修の申込書(Word版)

開催にあたって

〇公社主催の研修会におきましては、新型コロナウイルスの感染症対策を徹底させていただき
 ます。<詳細はこちら>
〇よくある質問  <詳細はこちら>

お問い合わせ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 研修・情報グループ
TEL:048-647-4087

「令和2年度 埼玉医療機器等製品事例成果発表会withニーズマッチングin埼玉県立がんセンター (WEB開催)【2月10日(水)】」のご案内

埼玉県では、さいたま市や支援機関が連携し、医療機関、医療機器メーカー、ものづくり企業等が参画する「医療イノベーション埼玉ネットワーク」を構築しています。 このたび、医療現場のニーズにもとづきと企業が共同開発した事例を紹介する「埼玉医療機器等製品事例成果発表会」と医療機関の医療者と医療機器メーカー、ものづくり企業が連携し、新たな医療機器を開発する取り組みである「ニーズマッチング会」をオンライン形式で開催いたします。ぜひご参加ください。        

★募集案内パンフレット

開催概要

■開催日・場所

令和3年2月10日(水)Web開催

埼玉医療機器等製品事例成果発表会 16:00~17:00

・・
・・■講演 「withコロナ時代の医工連携に期待すること」
・・・オルバヘルスケアホールディングス株式会社
・・・(2021/1/1 株式会社カワニシホールディングス株式会社より社名変更)
・・・・・・代表取締役社長 前島 洋平 氏

・・■成果事例紹介
・・・医療イノベーション埼玉ネットワークの取組成果として、製品化した事例企業の事例
・・・・発表プレゼンテーションを実施します。(4社予定)
//・・ニーズマッチング会から製品化した製品についても紹介いたします。

ニーズマッチングin埼玉県立がんセンター 17:00~18:00

・・・医療現場からの臨床ニーズについて発表いただきます。

同時開催 Web展示会 約20社 2月10日(水)~3月3日(水)  

・・企業の製品・技術・試作品等を紹介します。出展企業への問合せが可能です。

・・                      
・・・・・・・・・・・・・・   …../昨年度の様子             

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、次の入力フォームに必要事項を記入の上お申込みください。
★入力フォームはこちら

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

WEBセミナー「未来を予測し自社の経営力に(コロナの先の価値デザイン続編)」を開催します(2月15日(月))

 生活様式・社会構造…あらゆることが加速度的に変化する今、企業の持続的成長には「変化への柔軟な対応」と「自社のありたい姿の追求(価値デザイン)」が必要です。
一方で、「未来の自社のありたい姿を描きたくても、その基礎となる情報が足りない」という声が企業様から多く寄せられています。
そのため、今回は、未来予測といえばこの方、(株)アクアビット代表 田中 栄 氏をお招きし、メガトレンドを含む社会の変化について幅広く解説いただきます。
自社の事業環境がどのように変化していくのか。自社の未来像を描くためのヒントに、ぜひご活用ください。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

本セミナーは、昨年開催のWEBセミナー「コロナの先の価値デザイン」の続編として企画しました。本セミナー単独でもご受講可能ですが、ぜひこちらも併せてご覧ください。
WEBセミナー「コロナの先の価値デザイン」へ

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、WEBセミナー形式で開催します。

お申し込みはこちら
セミナーリーフレットはこちら

開催概要

■日時

令和3年2月15日(月)13:30~16:15

■会場

WEBセミナー
※Zoomを使用予定ですが、状況により他の配信手段(YouTube等)に変更する場合があります。
※申込後、開催当日の午前中までにメールにてセミナーURLをご案内します。インターネット環境があれば、URLをクリックするだけでパソコンやスマートフォン等からご視聴いただけます。
(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。)

■セミナータイトル

コロナの先の価値デザイン続編「未来を予測し自社の経営力に」
(第2回知財経営力向上セミナー2020)

■スケジュール

◆主催者挨拶・諸連絡 13:30~13:35

◆【第1部】「新たな価値社会と経営戦略」13:35~13:55(20分)

・・・・埼玉県産業振興公社 産学連携ネットワークマネージャー 兼
・・・・知財経営コーディネーター  西村 孝司

 

◆【第2部】「未来予測」
<前半>クラウドロニクス 13:55~14:40(45分)
         (休憩10分)
<後半>サスティナビリティ・ライフイノベーション 14:50~15:50(1時間)

・・・・株式会社アクアビット 代表取締役
・・・・・・チーフ・ビジネスプロデューサー 田中 栄 氏
<講師略歴>
早稲田大学政治経済学部卒業。CSKグループ会長・故・大川功氏の下で事業計画の策定、業績評価など、実践的な経営管理を学ぶ。マイクロソフト(株)入社後は、WordおよびOfficeのマーケティング戦略の担当を経て、日本法人の事業計画立案を統括。さらにXboxの創業メンバーとして、ビジネスの全体設計を担う。
同社を退社後、2003年2月(株)アクアビットを設立し、代表取締役に就任(現職)。幅広い分野の企業で中長期戦略立案を支援。シリーズ累計1600社以上導入の法人向けレポート『未来予測レポート』シリーズを刊行。
2015年5月~2019年4月、あずさ監査法人KPMGジャパン 総合研究所 顧問。

◆公社からのご案内 15:50~15:55(5分)

◆質疑応答(第1部・第2部とも) 15:55~16:15(20分)

■対象

県内中小企業の経営者・管理者・県内中小企業支援機関
 ※県外の方もお申込み可能ですが、申込状況により県内企業を優先させていただく場合がございます。

■定員

80名

■参加費

無料

■後援

一般社団法人首都圏産業活性化協会(TAMA協会)

【Zoomの注意事項について】
本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用予定です。
開始時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、
ご参加ください。開始15分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込みはこちら
セミナーリーフレットはこちら

◆その他
カラーホイールを含むSDGsロゴと17のSDGsアイコン•使用ガイドライン

(公財)埼玉県産業振興公社

知的財産総合支援センター埼玉 産学・知財支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7050 FAX. 048-857-3921

メール: chizai@saitama-j.or.jp

【Web配信】感染症対策を含んだ「事業継続力強化計画策定オンラインセミナー」【開催日:令和3年2月15日(月)】参加者募集のご案内

 

◆日 時 令和3年2月15日(月)13:30~14:30
◆方 式 ZOOM(ウェビナー)
◆定 員 先着50名様
◆受講料 無料
◆対象者 県内中小企業の経営者、経営幹部、事業継続力強化計画を策定したい方
【セミナーの概要】
感染症対策を含んだ「事業継続力強化計画策定オンラインセミナー」
(1)BCPの必要性
(2)事業継続力強化計画認定制度のメリット
(3)感染症対策を含む「事業継続力強化計画」の策定手順
(4)事業継続力強化計画認定でのチェックポイント
【講師紹介・略歴】
アイショウコンサルティングLLC 代表社員 村田成巳 氏
【事業継続力強化計画の認定制度とは】
中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度です。
認定を受けた中小企業は、税制措置や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられます。
計画に記載する項目の事例は以下のとおりです。
●ハザードマップ等を活用した自然災害リスクの確認方法
●安否確認や避難の実施方法など、発災時の初動対応の手順
●人員確保、建物・設備の保護、資金繰り対策、情報保護に向けた具体的な事前対策
●訓練の実施や計画の見直しなど、事業継続力強化の実行性を確保するための取組等

《申込・問い合わせ先》
(公財)埼玉県産業振興公社 経営支援グループ TEL 048-647-4085

「Webでの申込みはこちら」

 

 

「工科系大学・研究機関WEBツアー
 ~大学のお宝シーズを発掘しよう!~」
【開催日:2月3日(水)】参加者募集のご案内

大学・研究機関への訪問や連携は「敷居が高い!」と感じていませんか?
産学連携支援センター埼玉では、複数の大学・研究機関を一緒にオンライン訪問し、身近に感じていただく出会いの場として「工科系大学・研究機関WEBツアー」を開催いたします。
今回は、工科系の県内4大学・1研究機関がイチ押しのシーズや活用できる施設情報等を持って集結!
一緒に“お宝シーズ”を探しに行きましょう。
ツアー終了後は、担当コーディネータが付いて具体的な相談、連携をコーディネートします。
本ツアーは、Zoomミーティングを使用したオンラインツアーです。インターネット環境があれば、どこでもパソコン、スマートフォン等を利用してご参加が可能です。

ちらしはこちら
お申し込みはこちら

開催日時等

■開催日時 2月3日(水)13:30~15:10

■参加方式 Zoomミーティングによる参加(登録申込要)

■参加費   無 料

■募集人数 50名

ツアー参加大学・研究機関

・埼玉大学
・芝浦工業大学
・東京電機大学
・ものつくり大学
・埼玉県産業技術総合センター

参加方法について

【Zoomの注意事項について】
本ツアーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時間近くになりましたら申し込み後お知らせするURLをクリックし、ご参加ください。
・Zoomを初めて使用される方は、必ず「接続テスト」を実施していただくことをお勧めします。
・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止いたします。
・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

 

お申込み

参加をご希望される方は、下記参加申込フォームよりお申し込みください。
・参加申込フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

【動画配信】大学研究シーズ見学会in東京電機大学(お宝シーズ発掘ツアー)
【配信期間:1月25日~2月8日】

大学お宝シーズを発掘しよう!

新たな製品・技術を開発するため、大学・研究機関の研究・技術シーズのプレゼンテーション&施設見学会を開催します。
今回は、未来型科学技術者の育成に力を入れている東京電機大学理工学部が有する6つの専門分野から理学系・電子工学系・機械工学系の最新シーズ5つをお届けいたします。

【ちらし】はこちら

開催日時等

■配信期間 1月25日(月)~2月8日(月)

■聴講時間 1講演20~30分(1講演のみの聴講も可)

■参加方式 YouTube視聴による聴講(登録申込要)
※お申込後配信期間近くなりましたら、聴講用URLを送付いたします。

■参加費   無 料

 

講演概要

・・東京電機大学の産学連携について

・・・講演1  有機蛍光体による目視可能な有害物質センサーの開発
・・・・・・・・・・・・・・理学系 准教授 足立 直也 氏

・・・講演2  産業機械の動的挙動を解析して、運動精度向上を目指す
・・・・・・・・・・・・・・ 機械工学系 准教授 山崎 敬則 氏

・・・講演3  細胞機能制御を目的とした表面処理技術の開発
・・・・・・・・・・・・・・ 電子工学系 准教授  大越 康晴 氏

・・・講演4  穿刺術トレーニング装置の実現「心嚢穿刺」「骨髄穿刺」・・・・
・・・・・・・・・・・・・・電子工学系 准教授  荒船 龍彦 氏

・・・講演5  振動対策に関する研究
・・・・・・・・・・・・・・機械工学系 教授 古屋 治 氏

 

お申込み

参加をご希望される方は、下記参加申込フォームよりお申し込みください。
・参加申込フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋・梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

Hondaのエンジニアが語る技術活用セミナー 参加者募集のご案内(WEB配信)

本田技研工業(株)(以下『Honda』)が開発した6つの技術を、 Hondaの現役エンジニアがご説明いたします。
Hondaの技術を活用した事業化にご興味のある方、新たな製品を生み出すアイデアをお探しの方は是非ご参加ください。
紹介された技術の中で興味があるものがございましたら、マッチング支援いたしますので事務局までお問合せください。

開催概要

このセミナーは、Hondaで開発されたユニークな技術とそれを利用する企業のマッチング支援を行うことで新たな製品の創造を行うことを目的に実施いたします。

 開催日時  2021年2月4日(木) 14:00~16:30
 参加費  無料
 定員  90名
(90名を超えた場合はYoutubeでご参加いただけます)
 対象者  オンライン彩の国ビジネスアリーナをご覧いただく全ての企業様
https://bizmatch.saitama-j.or.jp/
 参加方法  オンライン(Zoom社Webinarを使用したLIVE配信)
参加申込
※定員を超えた場合、それ以降のお申込みはYoutube LIVEによる視聴となります。
 申込締切  2月1日(月) 9:00 まで
その他  聴講後、紹介された技術について興味がある方は、マッチング支援等を行いますので、事務局までご連絡ください。

※注意事項
・Hondaの同業他社など、ご参加をお断りさせて頂く場合がございますので、あらかじめご了承ください。
(お断りに際しては、事務局よりご連絡させていただきます。)
・発表スライドの録画・録音はご遠慮ください。

 

ご紹介予定のHonda技術

Hondaが開発した技術とその技術を活用した成功事例等をご紹介します。聴講いただいた技術の中から活用を検討したい方には、マッチングのご支援もいたします。

➀抗インフルエンザウイルス、抗アレルゲン加工布地(アレルクリーンプラス)
【技術概要】
シート布地上に付着したインフルエンザウイルスやアレルゲン物質を不活性化する加工剤を施した布地
【特徴・効果】
不活性化性能に加えて、数十種類の自動車用途の厳しい要求性能(外観性、堅牢性、耐光性、難燃性など)も満足
【活用できそうな分野】
家具、事務用品、公共施設/交通機関の内装、その他不特定多数が触れる製品
 ➁撥水・撥油性の布地(ファブテクト)
【技術概要】
シート表皮に飲食物の汚れが浸み込みにくく、簡単にお手入れできる布地
【特徴・効果】
・撥水、撥油性により、飲み物(水性)、揚げ物・マヨネーズ(油性)をこぼしても浸み込みづらい。ふき取ることで油シミを防止できる。
・数十種類の自動車用途の厳しい要求性能(外観性、堅牢性、耐光性、難燃性など)も満足
【活用できそうな分野】
家具、飲食店の座席/内装、事務用品、その他丸洗い洗濯ができない布地製品
 ➂HyDコート技術
【技術概要】
6価クロムフリーの高耐食性・外観性に優れた樹脂コーティング(黒/銀)およびこれらの処理を施したボルト類
【特徴・効果】
6価クロムの規制に伴い、代替として用いられた3価クロム系の化成処理被膜は、発色と耐食性に課題があった。
今回の開発品は、3価クロム化成処理を下地に、トップコートとして特殊な樹脂塗料の焼き付け塗装(ディップスピン)を行うことにより、外観性と高耐食性を両立。また、摩擦調整剤の配合により、従来のボルト比で 同等以上のトルク係数のバラつき低減を実現、ボルトについては弊社二輪製品で採用中。
【活用できそうな分野】
国内有名ボルトメーカーの参画により、さまざまな種類のネジ・ボルト類への対応も可能であり、その他軸物への処理に関しても、ご相談いただけます。
 ➃発電機・水ポンプのエンジン排熱を利用した蒸留水生成装置
【技術概要】
普段通りに発電機・水ポンプを使用しながら飲料水を生成することができる装置
【特徴・効果】
エンジン排熱を利用するためランニングコストが無く、フィルター等の消耗部品無しの構造のため メンテナンスが容易
【活用できそうな分野】
アフリカ等の飲料水へのアクセスが容易でない国でのニーズが見込まれる。
 ➄高強度耐熱マグネシウム合金
【技術概要】
耐熱性に優れており、熱伝導率が汎用マグネシウム合金AZ91Dに対して約2倍。
溶解作業中の難燃性も優れている。
【特徴・効果】
既存のマグネシウム合金と比較すると、アルミニウム合金並みに高温強度・熱伝導性・耐食性が向上。また、アルミニウム合金が使用されているような高温/腐食環境において、マグネシウムの良さ(軽量性/振動吸収性)を発揮可能 。
【活用できそうな分野】
自動車エンジン部品・周辺部品、トランスミッションケース、内外装部材、インバータ―・コンバーター等電力変換機器ケース等の部材の活用が見込まれる。
 ➅無人車両搬送ロボット
【技術概要】
車両の車輪を持ち上げて搬送を行うロボット。車両,施設自体が無人車両を移動させる機能を備えていなくても,無人の車両を移動させることができる。
【特徴・効果】
全方向車輪と,車輪持ち上げ用のリフトアームを組み合わせたロボットを2台1組使って車両を持ち上げ,所望の方向に移動を行う。
【活用できそうな分野】
・駐車施設内での自動駐車,出庫(オートバレーパーキング)
・非接触充電方式のEVの計画充電
・展示場での移動展示 など

お申込み

お申込みはこちら(webフォーム)から

※注意事項

・開催前日までにメールでご案内しますので、入力するメールアドレスに間違いがないことをご確認ください。
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問はこちらです


メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ事務局

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

「第2回CNF実用化セミナー
 ~テーマ:機能性添加剤①食品~」
【開催日:2月5日(金)】参加者募集のご案内

先端素材の一つ、「CNF(セルロースナノファイバー)」は、植物由来であることから化粧品や食料品、そしてCNFの特性を活かす複合材料まで様々な分野への利用が期待されています。
このたびCNFの応用分野について、3回にわたり実用化セミナーを開催します。
第2回は「食品」をテーマに、食品に活用できるCNFの特性や安全性についての基礎から、最新の研究開発動向、製品開発事例など具体的な利用方法について紹介します。
新素材のCNFに興味・関心がある方は、ぜひご参加ください。
本セミナーは、新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、Zoomウェビナーを使用したオンラインセミナーです。インターネット環境があれば、どこでもパソコン、スマートフォン等を利用してご参加が可能です。

募集チラシはこちら

開催日時等

■開催日時 2月5日(金)14:30~16:45

■参加方式 Zoomウェビナーによる聴講(登録申込要)

■参加費   無 料

■募集人数 90名

講演概要

講演1 「セルロースナノファイバーを食品等に利用するために」
・・・・・講師:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
・・・・・・・・森林資源科学研究領域 研究専門員 林徳子氏

■講演2 「日本製紙のCNF-食品用添加剤としての利用-」
・・・・・講師:日本製紙株式会社 参与 研究開発本部長代理 CNF研究所長 野々村文就氏

■講演3「バイオマスナノファイバー“BiNFi-s”を使った化粧品・食品への応用」
・・・・・講師:株式会社スギノマシン経営企画本部開発プロジェクトG
・・・・・・・・アシスタントマネジャー 近藤兼司氏

聴講方法について

【Zoomの注意事項について】
本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時間近くになりましたら申し込み後お知らせするURLをクリックし、ご参加ください。
////開会1時間前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、必ず「接続テスト」を実施していただくことをお勧めします。
・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止いたします。
・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

 

お申込み

参加をご希望される方は、下記参加申込フォームよりお申し込みください。
・参加申込フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

感染症対策を含んだ「事業継続力強化計画策定支援」【募集中】

感染症対策を含んだ「事業継続力強化計画策定支援」
◆事業期間:令和3年3月31日まで
◆対  象:県内に事業所を有し、事業継続計画(BCP)が未策定の中小企業
◆支援回数:3回(1回当たり3時間以内)
◆形  式:オンライン(ZOOM)にて専門家が策定支援します。
※ネットワーク環境が必須です(マイクとカメラ付きのパソコンをご用意ください。)
◆費  用:無料
◆募  集:20社
【支援内容】
第1回:事前ヒアリング、計画の作成準備
第2回:計画案の作成
第3回:計画の完成
【事業継続力強化計画の認定制度とは】
中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度です。
認定を受けた中小企業は、税制措置や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられます。
計画に記載する項目の事例は以下のとおりです。
●ハザードマップ等を活用した自然災害リスクの確認方法
●安否確認や避難の実施方法など、発災時の初動対応の手順
●人員確保、建物・設備の保護、資金繰り対策、情報保護に向けた具体的な事前対策
●訓練の実施や計画の見直しなど、事業継続力強化の実行性を確保するための取組等

《申込・問い合わせ先》
(公財)埼玉県産業振興公社 経営支援グループ 山﨑まで  TEL 048-647-4085

Webでの申込先:「感染症対策を含んだ事業継続力強化計画策定支援」申込み

お問い合わせ先
〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10F
TEL. 048-647-4085  FAX. 048-645-3286
メール: hitoshi@saitama-j.or.jp

 

 

【Web配信】公社会員特別講演会&オンライン交流『ニューノーマル時代に求められる企業のあり方とは? ~不況にも負けない企業風土づくり~』を開催します【開催日:令和3年1月25日(月)】

公社会員特別講演会

 日頃、公社をご利用いただいている会員企業様を対象に感謝の気持ちを込めて「公社会員特別講演会」を開催いたします。例年「公社会員感謝の集い」を開催しておりましたが、感染症予防の観点から今年度は”集う”ことが難しいため、オンラインによる「公社会員特別講演会」を開催いたします。今年度は、京セラコミュニケーションシステム株式会社 コンサルティング事業本部教育編集部 責任者 田中隆章 氏をお招きして、ニューノーマル時代に求められる企業のあり方についてご講演いただきます。
 また、講演会だけでなく参加者限定のオンライン交流の場を設けます。特設ページにて参加者同士の名刺交換や企業のPR動画を掲載することも出来ます。ぜひ、自社のPRにもご活用ください。

開催日時

◆特別講演会    令和3年1月25日(月)13:30~15:00
◆オンライン交流  令和3年1月25日(月)~2月8日(月)15:00迄

概要

◆特別講演会

テーマ

『ニューノーマル時代に求められる企業のあり方とは?
             ~不況にも負けない企業風土づくり~』

講師

京セラコミュニケーションシステム株式会社
コンサルティング事業本部 教育編集部 責任者 田中 隆章 氏

講師プロフィール

1987年 株式会社福武書店(現ベネッセホールディングス)入社後、教育事業に従事し、2002年小中学校事業部長、2006年文教カンパニーヴァイスプレジデント、2007年教育事業本部執行役員補などを歴任。2010年より、グループ会社のベネッセグループ韓国法人・㈱ベネッセコリア副社長に就任。2013年にはベネッセグループシステム会社・㈱シンフォーム代表取締役社長就任。2015年より京セラコミュニケーションシステム株式会社に入社し、経営企画部・事業部長、教育事業推進室長などに着任後、2018年4月より現職。

方式

ZOOM(ウェビナー)※申込後、URLをお送りします。

参加費

無料(公社会員限定)

定員

100名

◆オンライン交流

下記のコンテンツは参加者限定の無料コンテンツです。企業PRにぜひご活用ください。

企業交流

企業概要の掲載や自社HPへのリンクが可能。またオンライン上で名刺交換出来ます。

企業PR動画

企業のPR動画を掲載します。

新規入会企業紹介

ご参加者の中で今年度ご入会いただいた企業様へ別途ご連絡いたします。
企業交流とは別ページで掲載できますので、ぜひお申込みください。

お申込み方法

下記のメールフォームからお申込みください。

お申込みメールフォーム

公社会員特別講演会&オンライン交流案内チラシ

※公社会員でない方もご入会いただければご参加いただけます。ぜひ公社会員への入会をご検討ください。公社会員については下記のページをご参考ください。

公社会員について

お問い合わせ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社 研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286

【動画配信】オンライン彩の国ビジネスアリーナ
産学連携支援シーズ発表会【配信期間:1月11日~2月8日】

ビジネスや課題解決に役立つ大学・研究機関・企業の技術シーズを紹介します。
今回は、「食ビジネス」と「エレクトロニクス・製造領域」の2テーマで、大学・研究機関のセンシング技術と革新的な製造技術を紹介します。
大学・企業とのマッチングを希望される方は、当センターまで連絡ください。

開催日時等

■配信期間 1月11日(月)~2月8日(月)

■聴講時間 1講演30分(1講演のみの聴講も可)

■参加方式 You Tube視聴による聴講(登録申込要)

■参加費   無 料

第1回 テーマ「食ビジネス」

・・・講演1  もち性大麦の調理特性と各種調理品への活用
・・・・・・・・東洋大学 食環境科学部 准教授 露久保 美夏 氏

・・・講演2  竹類からの健康素材の開発
・・・・・・・・東京電機大学 理工学部 教授 椎葉 究 氏

・・・講演3  産学連携事例紹介
・・・・・・・・株式会社ピックルスコーポレーション 統括事業本部
・・・・・・・・研究開発室 室長 中西 愛美 氏

・・・講演4  開放特許シーズ紹介
・・・・・・・・森永製菓株式会社 研究開発戦略部 企画グループ 金井 貴和子 氏

第2回 テーマ「エレクトロニクス・製造領域」

・・・講演1  味覚センサーの開発
・・・・・・・・埼玉大学 工学部  准教授 長谷川 有貴 氏

・・・講演2  3Dプリンタを活用した人工筋肉
・・・・・・・・ものつくり大学 技能工芸学部 教授 松本 宏行 氏

・・・講演3  驚異のナノカーボンエレクトロニクスとバイオセンサー
・・・・・・・・東洋大学 理工学部 准教授 根岸  良太 氏

・・・講演4  布上電子回路の高耐久化技術
・・・・・・・・産業技術総合研究所 研究員 古志 知也 氏

・・・講演5  ブレインコンピュータインターフェイス
・・・・・・・・芝浦工業大学 工学部 教授 堀江 亮太  氏

・・・講演6  電機メーカー開放特許紹介
・・・・・・・・株式会社 リコー 知的財産本部 加藤 研也  氏

お申込み

参加をご希望される方は、下記参加申込フォームよりお申し込みください。
・参加申込フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋・梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

【LIVEセミナー】オンライン彩の国ビジネスアリーナWebセミナー
令和2年度産学連携支援セミナ―
『令和3年度 国の中小企業支援施策の概要』【開催日:1月29日(金)】

関東経済産業局による令和3年度予算の概要を中心とした中小企業等向けの支援策や、産業技術総合研究所による地域中堅・中小企業との連携メニューや活用事例、日本原子力研究開発機構の開放特許を活用し中小企業と開発を進める成果展開事業等を詳しく解説!
中小企業の皆様の新技術・新製品開発を全力でサポートいたします。

 

【ちらし】はこちら

開催日時等

■開催日時 1月29日(金)10:00~11:40

■参加方式 Zoomウェビナーによる聴講(登録申込要)

■参加費   無 料

■募集人数 90名

講演概要

講演1 「中小企業等にご活用頂ける経済産業省の主な支援策について」
講師:関東経済産業局 地域経済部 地域振興課 係長 鈴木 崇史氏

■講演2 「産総研及び連携制度の紹介」
講師:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 イノベーション推進本部
・・・地域連携部 関東地域室室長 鷹觜利公氏

講演3「成果展開事業とイチオシ知財のご紹介」
講師:国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 研究連携成果展開部
・・・知的財産管理・利用促進課 技術副主幹 諸橋裕子氏

聴講方法について

・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

 

お申込み

参加をご希望される方は、下記参加申込フォームよりお申し込みください。
・参加申込フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋・梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

【動画配信】大学研究シーズ見学会in埼玉県立大学(お宝シーズ発掘ツアー)
【配信期間:1月25日~2月8日】

大学お宝シーズを発掘しよう!

新たな製品・技術を開発するため、大学・研究機関の研究・技術シーズのプレゼンテーション&施設見学会を開催します。
今回は、看護・理学療法・作業療法・社会福祉・健康開発の専門分野の教育・研究中核機関として地域に貢献している埼玉県立大学の最新研究シーズと研究施設を紹介します。

【ちらし】はこちら

開催日時等

■配信期間 1月25日(月)~2月8日(月)

■聴講時間 1講演20分(1講演のみの聴講も可)

■参加方式 YouTube視聴による聴講(登録申込要)
※お申込後配信期間近くなりましたら、聴講用URLを送付いたします。

■参加費   無 料

 

講演概要

・・・埼玉県立大学の産学連携・施設紹介

・・・講演1  筋シナジー解析を用いた変形性関節症や脳疾患患者に対する運動解析
・・・・・・・・・・・・・・理学療法学科 教授 金村 尚彦 氏

・・・講演2  呼吸器シュミレーションモデリング研究
・・・・・・・・・・・・・・ 理学療法学科 准教授  木戸 聡史 氏

・・・講演3  運動が身体に及ぼす影響に関する基礎研究
・・・・・・・・・・・・・・ 理学療法学科 准教授  国分 貴徳 氏

・・・講演4  運動関連脳電位でパワーアシストするロボットリハビリテーション・・・・
・・・・・・・・・・・・・・作業療法学科 教授 濱口 豊太 氏

・・・講演5  電子顕微鏡を用いた細胞診検査に関する研究
・・・・・・・・・・・・・・健康開発学科 准教授 矢野 哲也 氏

 

お申込み

参加をご希望される方は、下記参加申込フォームよりお申し込みください。
・参加申込フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋・梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

「ロボットアーム・ハンド参入ガイドセミナー&ロボットアーム・ハンド WEB商談会【開催日1月19日(火)】」参加者募集のご案内

近年様々な分野において人手不足が大きな課題になりつつある中、私たちの生活を支えより豊かにしてくれるような人間共生型のロボットの普及導入が進んでおります。また、アフターコロナを見据えた中で、こうしたロボットに対するニーズはますます高まっております。
本セミナーでは、産業用のみならず、普段の一般生活でも役立つロボットの課題解決をする上で重要となる「ロボットアーム・ハンド」の現状と活用事例について解説いたします。
併せて、ロボットハンド・アームの開発現場への参入機会を提供すべく、今回の講師としてお迎えしました企業様との商談会を同時に開催します。

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和3年1月19日(火) 10:00~12:00
◆商談会   令和3年1月19日(火) 13:30~16:30
※商談会は上記時間内で面談時間を商談会参加者様に個別にご案内します。

■会場

なし(WEB形式)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:00~12:00)
(1)ロボットアーム・ハンドの現状
講師 埼玉県産業振興公社 コーディネータ 岩田 昇資 氏
(2)ロボットアーム・ハンドを活用した事例①
遠隔釣りロボットの活用
講師  (株)Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
(3)ロボットアーム・ハンドを活用した事例②
義肢の展望について
講師 (株)リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

◆商談会(13:30~16:30)
◇商談対象者(本セミナー担当講師)◇
株式会社Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
株式会社リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

■定員

50名(商談会は各社6名)

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー
部品納入から製品開発まで様々な形でロボット産業に参入を検討している企業等

◆商談会
ロボット産業に参入を検討している、あるいは既に参入していて事業拡大を図りたい
県内企業(ロボットアーム・ハンドに対する部品納入などを含む。)
詳しくは下記ニーズ情報をご参照ください。

社名 ㈱Re-al ㈱リコー
HP https://re-al.co.jp/ https://www.ricoh.co.jp/
商談希望 ジャンル ロボット制作にあたり、下記の開発及び生産が可能な企業様と商談を希望します。
・遠隔制御ネットワーク構築、生産委託
・工業デザイン
義肢に関するノウハウをお持ちで、サポートが可能な企業及び医療等の関連する企業様
不可条件 商談希望に沿った商談案件を優先させていただきます。

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問? https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎・岡部

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

「助っ人メーカーマッチングサイト」のご案内

 新型コロナウィルス対策用の資機材メーカーでは、海外からの部品調達遅延などで生産に支障が出ています。医療機関や介護施設では資機材が不足して医療行為に影響がでています。新たな製品の商品化を目指す企業では、開発や量産等で急ぎ必要な協力企業探しに苦慮しています。
このような現状の中、(公財)埼玉県産業振興公社では、協力企業の仲介や、早期製品化に役立つ現場ニーズ等も紹介するマッチングサイトを開設しました。

新型コロナウィルス感染対策の関連資機材の早期普及支援

助っ人メーカーマッチングサイト
~コロナ対策資機材の早期普及を目指して~ 開設:2020年5月22日(金)

▶【案件No S1.S4飛沫感染防止用具の提供】について、公社の仲介により県内医療機関への提供が実現いたしました! 

助っ人が欲しい

・資機材メーカー ・・・海外からの部品が届かずに生産できない
・・・・・・・・・・・・・人手が足りずに増産できない
・医療機関、介護施設 こんな資機材が急ぎ欲しい
・集客施設、学校・・・ 消毒や検温、遠隔対応をしたいがどこかできないか
・自治体 ・・・・・・・物資が足りない行政や民間の施設がある

◆調達ニーズ等ある場合は、下記より登録シートをダウンロードの上、事務局(sentan@saitama-j.or.jp)まで
ご送付ください。
・・・調達ニーズ登録シート(Excel)

助っ人できます

機材メーカー  ・・・部品作れます
・・・・・・・・・ ・・・購入部品を融通します
・・・・・・・・・ ・・・組立を手伝います
・・・・・・・・・ ・・・営業や納品を手伝います
・・・・・・・・・ ・・・一緒に商品化します
・大学、研究機関 ・・・研究シーズがあります
・・・・・・・・・・・・・一緒に開発できます
・・・・・・・・・・・・・性能試験できます
・・・・・・・・・・・・・評価分析装置を有料でご利用いただけます

◆助っ人ニーズのある場合は、本ページ下部に掲載されている案件詳細を確認・対応掲載案件番号を明
記のうえ(対象案件がない場合にはその旨シート送信時メールにご記載ください)、下記より登録シート
をダウンロードし、事務局(sentan@saitama-j.or.jp)までご送付ください。
・・・助っ人登録シート(Excel) 

新型コロナウィルスに関連して資材調達に苦慮する企業を支援するため「助っ人メーカーマッチングサイト」のシステムを利用し、広く提案を募集します。
募集も応募もいずれも無料です。

<ご利用にあたっての注意事項>
●本サイトをきっかけとした取引は、双方の自己責任のもと行ってください。
 サイト事務局である(公財)埼玉県産業振興公社はよりよい仲介に努めますが、一切の責任を負わないものとします。
●本サイトは、新型コロナウイルス対策で資機材が不足する医療機関への支援、経済的打撃などを受けている中小企業の製品開発や販路開拓支援を目的としています。
 つきましては、本サイトの主旨に合致しないと事務局が判断したものについては対応いたしません。
●当公社による商品開発等のサポート支援は埼玉県内企業を優先させていただきます
/あらかじめご了承ください。

【概念図】

■『助っ人欲しい』案件一覧 (詳細は、各案件名をクリックして下さい) 

1.新型コロナウイルスRNA抽出キットの実用化(資機材メーカー)
2.リケガードフィルム使用フェイスガードの卸販売(資機材メーカー)
3.三室型 強酸性次亜塩素酸電解水の販路開拓・取次(資機材メーカー)

■『助っ人できます』企業一覧 (詳細はクリック先の内容詳細・シートに記載の企業HP等でご確認下さい) 

///S1.飛沫感染防止用具の提供(主に医療機関向け)
///S2.部品製作~商品化のお手伝い(メーカー向け)
///S3.メカ設計・エレキ設計・組み立て・加工・塗装などご相談可能(メーカー向け)
// S4.オリジナル特殊生地を活かした医療向け防護服のご提案(主に医療機関向け)

 S5.消毒・滅菌工程の簡易確認シールの製造・提供
///S6.医療機器のOEM製作
///S7.様々な製品の生産設備の開発設計を支援致します
///S8.工場(CR)・倉庫スペース、工数のご提供
///S9.救急隊員を感染から守る超軽量飛沫防止カバー
///S10.アクリルパネル等コロナ対策グッズの製作(医療機器部品、検査装置メーカー)
///S11.フェイスシールド・パーティション・スマートスキャナ
///S12.屋外用簡易PCR検査ルーム 
///S13.工事いらずの監視カメラ LED直管カメラ 
///S14.簡易ガウン・ニトリルグラブ・PVCグラブ
///S15.最適な患者管理に貢献するベッド固定型飛沫防止フード

■『お役立ち情報』補助金等 (詳細はクリック先のHP等でご確認下さい) 

///・サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金について


◆「助っ人メーカーマッチングサイト」におけるお問合せは、下記までお願いいたします。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 高野・有海

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.j

【締め切りました】令和2年度 第4回 AI・IoT普及セミナーを開催します【開催日:12月10日(木)】

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、主に埼玉県内の中小製造業がAI・IoTを活用する際に参考となる情報を提供するため、「AI・IoTを活用した新たな挑戦!」をテーマにAI・IoT普及セミナーを開催します。

チラシ

開催日時等

■テーマ:AI・IoTを活用した新たな挑戦!

■日時:令和2年12月10日(木)14:00-16:00

■締切日:令和2年12月7日(月)15:00

■WEB配信:Zoom社のウェビナーを使用したライブ配信にて行います。

対象:埼玉県内の中小企業経営者・実務者等

定員:90名(先着順)

参加費:無料

内容

14:00~15:00

1.「データを活用した新たな機械加工に挑戦!!」

<講演内容>

当社は創業以来、機械加工を基盤に様々な産業分野の部品加工に取り組んできており、近年は精密・高度な加工技術を追求、獲得し、エネルギー・油圧機器・半導体装置・航空機・医療分野等のシェアを飛躍的に伸ばしてきました。さらに、自らの技術を深掘りする為、加工中の加工現象の計測評価技術の開発にも注力しています。計測評価技術の高度化のためには、切削・接合の良否を決める重要な物理現象(抵抗、温度、振動)を正確に計測できるデバイスが必要と考え、リアルタイムにそれら物理現象をセンシングできるツールを開発しました。近年はセンシングデータを基に工作機械CNCにフィードバックできるシステムも自社開発し、また、AIも活用し適応制御にも取り組んでいます。機械加工の現場に面白さ、ワクワク感を取り戻し、イノベーションを起こすべく、弊社の取組みをご紹介します。

<講演者>

株式会社山本金属製作所 代表取締役社長 山本 憲吾 氏

15:05~16:00

2.「オープンソースで始めるボトムアップ型スマートファクトリーの提案」

<講演内容>

コロナ禍以前から、「スマートファクトリー」、「Industrie4.0」というキーワードは製造業界でバズワード化され、今年はこれに「製造業におけるDX」という新しい言葉が加わりました。しかし、実際に取り組める具体的な内容となるとその実装手段の具現化は難しく、一方、モノづくりの現場では顕在化している小さな課題が実在します。
トップダウン型とは異なるAI・IoTとロボットを連繋させたボトムアップ型の工場のスマート化に取り組むことで、大規模投資を伴わない生産性向上が可能となる「オープンソース技術」を切り口に要素技術や事例を紹介します。

<講演者>
株式会社GRIPS 代表取締役 森田 康氏

お申込み

お申込みは送信フォーム

よりお申込みください。

※お申込み完了後に自動返信メールが届きます。
お申込みいただいたメールアドレスへ開催前日までにZOOMアドレスを配信しますので
アドレスの入力間違いにご注意ください。


募集開始のご案内について

IoT普及セミナー、その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp

【終了しました】「第3回CASE研究会WEBセミナー【11月27日(金)】」参加者募集のご案内

  今年度3回目となるCASE 研究会は、【 自動運転 】 をメインテーマに取り上げます。
  先日ホンダは「レベル3( 条件付自動運転 )」の乗用車を今年度中に国内販売すると発表しました。レベル3の車の実用化を国が承認したのは世界初とのことです。今後さらに自動運転車両の開発・普及が進展していくものと予想されます。
  今回のセミナーでは、自動運転車両の普及を推進している【 国土交通省 】から 最新動向と今後の展望 について、また 、東京大学発のベンチャー企業で各地で実証試験を実施している【 先進モビリティ株式会社 】には、自動運転車両の開発現場の実態 についてご紹介していただきます。

※リーフレットはこちらをご覧ください。→第3回CASE研究会セミナーリーフレット

開催概要

■日時

令和2年11月27日(金)13:30~15:50

■会場

WEBセミナー
※Zoom社のWEBミーティングシステムを使用したWEB配信によるセミナーです。
※ライブ配信となります。録画ではないため後日視聴することはできません。
※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。

■テーマ

「自動運転の開発現場と今後の展望」 

■スケジュール

◆13:30~13:40 主催者挨拶、趣旨説明
◆13:40~14:40
【講演1】「自動運転の実現に向けた取り組みについて」
     国土交通省 自動車局 技術・環境政策課 専門官 岡本 慎平 氏
     
<概要>国土交通省自動車局では、自動車の安全基準の策定等による安全なクルマ作りの推進や、先進技術を利用した安全運転支援システムを搭載する自動車の開発・実用化・普及の促進等を通じて、交通事故の削減に大きく貢献することを目的としています。本講演では、自動運転の実現に向けた国土交通省自動車局の取り組みを紹介します。
◆14:40~14:50 休憩
◆14:50~15:50
【講演2】「 自動運転バスの実証実験と社会実装に向けて 」
     先進モビリティ株式会社 商品開発部 部長 釘宮 航 氏
 
<概要>当社は、自動運転バスや隊列トラックといった社会に欠かせない大型商用車両の自動運転技術で「地域の交通・物流に関する課題の解決、新しいまちづくり・地域の活性化」をミッションとした、東大発のベンチャー企業です。自動運転車両の実証実験が盛んになり、当社も国内の様々なプロジェクトに参画してきました。本講演では、実証実験の取組状況や課題について、自動運転車両を開発する側の視点からご紹介します。

■定員

90名 (募集期限:令和2年11月24日(火))※定員に達し次第、申込を締め切ります。

■参加費

無料

■CASE研究会 会員について

CASE研究会会員(会費無料)に登録いただきますと、今後のセミナー等の情報を優先的にご案内させていただきます。登録希望の有無は、下記の申込フォームの項目からお選びください。

【Zoomの注意事項について】
本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、
ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

申込フォーム(事前申込制)

お申し込みはこちら

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.j

【終了しました】令和2年度 第3回次世代自動車技術講演会(WEB配信) 聴講者募集のご案内【開催日:12月11日(金)】

次世代自動車支援センター埼玉では、県内企業の技術力強化を支援するため、自動車産業を取り巻く最新の動向を紹介しています。

チラシ

内容

【講演1】「自動車産業を巡る状況と対応の方向性」

<講師>
経済産業省 関東経済産業局 産業部 製造産業課 航空宇宙・自動車産業室
係長 百瀬 亮 氏

<講演の概要>
CASE、MaaSという新潮流を受けて、100年に1度の大変革期と言われる自動車産業。今何が起きていて、その流れにどのように対応することが求められているか、経済産業省の取組や施策、各地域での取組などを紹介しながら、お話しします。

【講演2】「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2020 視察報告」

 <講師>
公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構
副理事長 次世代自動車センター浜松 センター長
望月 英二 氏

<講演の概要>
2020年1月6日から6日間、米国ネバダ州ラスベガスで世界最大の家電見本市であり、近年は最新の次世代自動車関連技術の重要な発表の場であるCES2020が開催されました。次世代自動車センター浜松では、CESの視察を行い、収集した次世代自動車に関する最新技術情報を会員企業に報告しています。今回は、その報告内容から抜粋してCES2020における注目すべき主要テーマの解説や国内外の部品メーカー及び完成車メーカーの展示ブースについて紹介をします。また、自動車業界に関する最新情報も併せて報告します。

開催日時等

日時

令和2年12月11日(金)13:30-15:40

形式

WEBセミナー
※Zoom社のウェビナーを使用したWEB配信によるセミナーです。
※申込後、開催日前日までにメールでセミナーのURLをご案内します。インターネット環境があれば、URLをクリックするだけで、パソコンやスマートフォン等から参加(視聴)いただけます。
※ライブ配信となります。講演中にQ&Aでの質問を受け付けます。   
(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。)
※当日の資料は事前にメール配信するアドレスからダウンロードしていただきます。配布資料の印刷は可能ですがデータのコピーは禁止します。

参加費

自動車産業部会会員無料 (公社会員:1,000円、一般:2,000円 消費税含む。)

申込締切日

自動車産業部会会員:12月4日まで。
公社会員及び一般の方:11月27日まで。
お申し込み後に請求書を発行いたします。12月4日までに参加費を振り込んでいただき、入金確認後、前日までにセミナーのURLをご案内します。
【Zoomの注意事項について】
・開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、ご参加ください。開会30分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。

・接続テスト用URLはこちらです

・Zoomのよくある質問はこちらです

募集パンフレットはこちら

お申込み

こちら(webフォーム)よりお申し込みください。

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉 担当/黒田
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

「令和2年度彩の国ベンチャーマーケット」(オンライン)の出展企業を募集します。【開催日:1月8日(金)~2月8日(月)】

公益財団法人埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)では、独創的な技術・製品・サービス等によって新たな事業展開を目指すベンチャー企業の販路開拓や資金調達などを支援するため、「令和2年度彩の国ベンチャーマーケット」を開催します。
今回は、来年1月に開幕するオンライン彩の国ビジネスアリーナにベンチャーマーケットの特別サイトを設け、出展企業のプレゼンテーション動画を掲載します。県内外の多くの方々に自社の技術・製品・サービスを御紹介できる絶好のチャンスですので、ふるってご応募ください。

開催概要

■開催日時

◆令和3年1月8日(金)~令和3年2月8日(月)

■会場

◆「オンライン彩の国ビジネスアリーナ」の「彩の国ベンチャーマーケット」特別サイト

■応募要件

本県の産業発展と雇用創出を担うベンチャー企業(法人・個人は問いません)で、①~④のいずれかの条件を満たし、かつ⑤及び⑥の条件を満たす企業
①Withコロナ、アフターコロナ時代に向けたサービスを提供している企業
②SDGs推進や社会課題の解決に貢献する事業を展開している企業
③スポーツ、ロボット、環境、医療分野、航空宇宙分野、IoTを中心に事業を展開している企業
④自由テーマ
⑤独創的なアイディア、技術、製品、サービス等を有し、既に事業を行っているか、または、これから事業を行うための明確なビジネスプランを有していること
⑥埼玉県内に本社または主要な事業拠点を有しているか、または、有する予定であり、技術及び経営の革新に積極的に取り組んでいること

■募集数

◆5社程度

■参加費

◆無料(書類作成提出や交通費等の諸費用は申込者負担となります)

■応募方法および提出方法

①「エントリーシート」については下記の書類をダウンロードの上、ご記入ください。
その他②~④の書類とあわせて期日までにご提出ください。
①作成した「エントリーシート」※「エントリーシート」をクリック
②会社案内
③決算書(直近3期分:※事業開始前の場合は不要)
<必要に応じて>
④その他補足資料(ビジネスプランの基礎となる研究成果報告書、関連する知的財産権証明書類など)

エントリーシート
出展募集案内

■応募内容等の審査

◎1次審査[書類審査]
お送りいただいた応募書類の内容を審査します。 ※審査結果(合否)については、11月下旬頃にご連絡いたします
◎2次審査[面談審査](11月下旬~12月上旬実施予定 オンライン参加可)
応募書類の内容に関して発表していただきます。 ※審査結果(合否)については、12月上旬頃にご連絡いたします

■応募締切

◆令和2年11月25日(水)※下記の方法で提出ください
・メール(venture@saitama-j.or.jp)
・郵送(必要書類25日必着)
・持参(創業ベンチャー支援センター埼玉(新都心ビジネス流プラザ3階):17時迄

■PR動画撮影(出展特典)

企業紹介およびプレゼンテーション動画撮影
面接審査に合格した企業には、公社が企業紹介動画とプレゼンテーション動画を作成します。
動画は無償で提供しますので、販売促進やPR活動に御活用ください。
※企業紹介動画は1社当たり2分程度、プレゼンテーションの時間は1社当たり5分程度とします
※撮影についての詳細は別途調整の上、スケジュールを決定します
撮影日時(現在調整中):令和2年12月上旬~中旬
撮影場所:貴社及び撮影スタジオ(予定)

■最終審査会

◎プレゼンテーション動画をもとに最終審査を行います。
※優秀者には、「埼玉県知事賞」、「埼玉県産業振興公社理事長賞」が授与されます。

お問い合せ

(公財)埼玉県産業振興公社 創業ベンチャー支援センター埼玉
担当:大松・西出

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-2222   FAX.048-857-3921

メール:venture@saitama-j.or.jp

【受付終了しました】公社会員優待WEBセミナー 『脱・昭和』のリーダー養成セミナーを開催します【開催日:令和3年1月22日(金)】〈Web配信〉

令和の時代が始まり、企業を取り巻く環境は激変し、組織運営の方法も大きく変わってきています。それでも、上司・先輩社員が「昭和」を引きずっていることで、「平成」生まれの若手社員が真の力を発揮できていない場面がでてきています。本セミナーでは、組織を元気にし、生産性を高めるために、上司・先輩社員が「令和」の時代にふさわしい「リーダー」としての役割を実践する方法について解説します。

本セミナーのポイント

●「昭和」生まれの価値観と「平成」生まれの価値観の違いは?
●「令和」という新しい時代のリーダーとしてどう変わっていくべきか?
●Zoomを使用したオンラインセミナー

研修チラシ

お申し込みはこちら

 

研修コード 20KTE
研修日程 令和3年1月22日(金)Zoom開催
研修時間 研修時間:13:30~15:30
研修会場 WEBセミナー(オンラインセミナー)
受講方法 Zoom

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます
※ セミナーを録画させていただきますのでご了承ください
※ セミナー後、録画動画を期間限定配信します

Zoomのウェビナー機能を使用したWeb配信によるセミナーです。
参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。

(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)

対象者 中堅社員、管理職、経営幹部
定員 50名
受講料 会員 無料
一般 2,100円
カリキュラム 1日間〈Zoom開催〉
1.「昭和」の上司・先輩社員とは
・上司・先輩社員の役割
2.組織を元気にする「平成」の上司・先輩社員
・組織活性ワード
3.上司・先輩社員の「演技力」
・演技力が人間関係を円滑にする
講師紹介 株式会社キャラウィット

代表取締役 上岡 実弥子 氏

プロフィール

長野県生まれ。企業において、販売企画やマーケティングに携わり、1999年に独立。現在、SC、行政、医療法人、民間企業など幅広いクライアントに対し、CSコンサルティング、事業計画策定、人財育成事業を行っている。女性の視点をいかした支援は「楽しく分かりやすい」と好評。全国でのセミナー講演の実績多数。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
お問い合わせ先

研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10F

TEL. 048-647-4087
FAX. 048-645-3286