汎用フライス盤基礎研修(中央)(19KPE)

汎用フライス盤の操作方法、要素作業やその関連知識といったモノづくりの理論と実技について指南します。特に、NCフライス盤やマシニングセンタなどしか扱ったことのないような若手社員には、うってつけの研修です。

本研修のポイント

● フライス盤の原理・原則
● 技能検定3級課題加工
● モノづくりの理論と実技

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら
研修コード 19KPE
研修日程 2019年7月29日(月)、30日(火)、31日(水)【3日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 中央高等技術専門校  大きな地図で見る
上尾市戸崎975
対象者 これからの製造現場を担う若手社員
定員 5名
受講料 【会員】15,500円  【一般】21,500円 (テキスト代込・消費税込)
カリキュラム

    1 フライス盤の基礎

    • 回転、送り、切削条件、刃物
    • 万力の使用
    • 切削

    2 技能検定3級課題

    • 課題説明、検討
    • 刃物選定
    • 測定器の使い方

    3 要素作業

    • 6面加工
    • 段加工、ミゾ加工、こう配加工
    • 課題加工
    • 測定

    4 課題加工

    • 加工
    • 測定
    • まとめ

    使用する機械の機種・型番

    汎用フライス盤(立形) HIRAOKA2MF

    講師紹介 埼玉県立中央高等技術専門校
    職業訓練指導員
    備考

    ☆ご持参いただく物
    筆記用具、作業服、作業帽、安全靴、保護メガネ(※ノギスは貸し出します)

    ・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。

    本研修を受講された方はこちらの研修にも受講されています