ISO14001法規制研修(19KOI)

環境に関連する法規制は、さまざまな社会情勢を受け、頻繁に制定・改正が行われています。そこで、認証取得されている企業および認証取得を目指す企業を対象に、EMS構築推進に欠かせない『法規制のポイント』を、実務に即して解説します。
併せて、貴社に適用する環境法、国が制定する法律、都道府県・政令市町村が制定する条例、その他要求事項を簡単に特定できる手法(法規制特定チェックシート)を紹介します。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

本研修のポイント

●ISO認証審査員としての経験豊富な講師が実務の目線から解説します
●事例紹介、演習あり

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 19KOI
研修日程 2019年11月7日(木)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 主任クラス、課長クラス、部長クラス、法規制責任者
定員 25名
受講料 【会員】11,900円  【一般】14,000円 (消費税込)
カリキュラム 1.ISO14001規格が要求する法規制のポイント
ISO14001には17項目の要求事項があり、このうち、法規制については、次の2ケ所に記述されています。
・法的及びその他の要求事項(4.3.2)
貴社に適用される環境関連法規制等を的確に把握する手順及び変更等を追跡する手順の確立が求められています。
・順守評価(4.5.2)
貴社に適用されている法規制の順守状況を定期的に評価する手順の確立が求められています。
2.対象となる環境法規制等
 ISO14001が要求している法規制等は、次の3点です。
・国が制定する法律
・都道府県、政令市、市町村が制定する条例
・組織が同意するその他の要求事項仕方
3.貴社に適用する法規制の特定、調査の仕方
・「法規制特定チェックシート」を使用し、貴社に適用する法規制を簡単に特定します
・業種、規模、製造設備、原材料、立地状況等の要因を基に適用する法規制を特定します
4.適用する法規制の順守状況の把握の仕方
・「法規制順守チェックシート」を使用し、法規制の順守状況を定期的に評価します
講師紹介 J-MaxPro 代表 上田 茂 氏

プロフィール

公益財団法人日本生産性本部コンサルティング部経営コンサルタントとして企業のISO認証を支援。環境マネジメントシステム主任審査員、品質マネジメントシステム主任審査員。

備考 ・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。