企業会計入門研修(19KIA)

ビジネスにおける世界共通言語といえる「お金」。企業における「お金」の流れが分かれば、儲けにつなげる力が身につきます。また、顧客のニーズに合わせつつ儲けを生み出す提案にも繋がります。この研修会では、企業会計の目的・役割をはじめ、仕分けから決算までの一連の流れをやさしく解説します。さらに、繰り返し演習問題を行うことで、企業における「お金」の流れについて、理解を深めます。

本研修のポイント
●実務経験豊富なプロの税理士が他社の実例などを通じて分かりやすく解説
●演習あり

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 19KIA
研修日程 2019年8月1日(木),2日(金)【2日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 新入社員、実務担当者、営業担当者、企業会計の基礎を学びたい方
定員 30名
受講料 【会員】15,600円  【一般】19,800円 (消費税込)
カリキュラム 1.会計の役割
2.企業会計の基本原理
3.所取引の処理方法
4.企業会計の税金
5.財務分析の基礎
6.決算書のしくみ
講師紹介 原義彦税理士事務所 税理士 原 義彦 氏

プロフィール

1990年法政大学経済学部卒業。靴メーカーの営業職を経たのち、98年に堀江國明税理士事務所に勤務。企業会計の研究などを手掛ける。2004年税理士登録・独立。細かくややこしい企業会計の話を、相手の立場に応じてわかりやすく伝えるのに定評がある。

備考 ・電卓をご持参ください。
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。