新入・若手社員向けホウレンソウ強化研修【NEW】


昨今の新入社員傾向などをふまえ、新規に企画しました!

組織人として、上司との円滑な意思疎通=ホウレンソウ(報連相)は欠かせません。
指示命令系統の重要性を理解し、上司に対する口のきき方、話し方に加え、「わかりやすい報告・連絡」「わからない事の訊き方(相談・質問)」などを、演習を通じて実践的に学びます。

申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ
講座番号 18KAJ
研修日程 平成30年4月10日(火) 【1日間】
研修時間 9:30~16:30(昼食休憩12:30~13:30)
研修会場 大宮ソニックシティ10階 当公社研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5
対象者 新入社員、若手社員、内定者
定員 30名
受講料 【会員】7,500円  【一般】9,600円
(消費税、テキスト代含む)
カリキュラム 1.上司とのコミュニケーション
 1)職場の「コミュニケーション」とは
 2)上下関係をわきまえる:態度、言葉遣い、気配り
 3)上司の多忙さを理解する
    上司1人に部下多数、新人だけを見られない

2.新人に求められる言動
 1)能動的に「覚え」「学び」「身に付け」「行動する」
 2)受け身の姿勢=人間的未熟さ
 3)良くない事例:返事がない、わかったふり、勝手に「調べる」、
         質問しない「〇〇してくれない」「わからない」

3.新人の仕事は「報連質(報告・連絡・質問)」
 1)「報・連・相」と「報・連・質」の違い
 2)質問は新人の“仕事”-分からないことは放置しない
 【演習】ケーススタディ:質問する/しない

4.「報連質」の基礎技術
 1)報告
  ・主語、述語、6W2Hを明確に話す
  ・短文で話す
  ・結論から話す:ホールパート法、PREP法
 2)連絡
  ・組織の連絡方法を守る:定型連絡、連絡網
  ・連絡文のひな形をまねる
 3)質問
 ・上司への声掛け・依頼
 ・質問の方法:オープンクエスチョン、クローズドクエスチョン
 ・復唱確認、メモの方法
 ・質問対応への感謝
 【演習】報連質

備考 ・カリキュラム内容は予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
・本研修には昼食は付いておりません。各自でご用意ください。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ