新入・若手社員向けビジネス文書研修


ビジネス文書作成の基本として、一目でわかる「箇条書き」や主語と述語の明確化、ビジネスの常識とタブーなどを学ぶとともに、文書作成上達のポイント、文書作成演習(社内外文書例を使った「要約」の練習)を交えて、実践的なビジネススキルを体得します。

申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ
講座番号 18KAK
研修日程 平成30年4月11日(水) 【1日間】
研修時間 9:30~16:30(昼食休憩12:30~13:30)
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 新入社員、若手社員、内定者
定員 30名
受講料 【会員】8,900円  【一般】11,000円
(消費税、テキスト代含む)
カリキュラム 1.コミュニケーションの4象限 【実習/相互学習】
 1)なぜビジネス文書スキルが重要か?
 2)聴く/話す/読む/書く その重要性

2.ビジネス文書作成の基本
 1)社外文書と社内文書の相違点
 2)固有名詞と受信者/発信者の書き方
 3)殿と様と御中は何が異なるのか?
 4)タイトルなきビジネス文書なし
 5)拝啓/敬具、記/以上はワンセット
 6)前文の書き方(定型文)
 7)主文の書き方(結論・理由・背景)
 8)一目で判る箇条書きの効用
 9)間違いに気付かないマチガイあれこれ
 10)漢語的表現と接続詞、助詞、送り仮名
 11)敬語、法令用語、業界用語の使い方
 12)漢字/かな/数字/欧文の表記法
 13)「です」は「だ」に置換えられるか?
 14)短文こそビジネス文書の王道である
 15)事実と意見は区分する
 16)文体と用語を統一する
 17)目的別の各種文書の留意点
  (報告書/議事録/お詫び状/案内状/挨拶状/儀礼文書/抗議文など)
 18)Eメールのマナーと注意点

3.レポート作成 【実習/相互学習】

4.スキルアップの方法 【実習/相互学習】
 1)どうすれば上達できるのか? その秘訣
 2)推敲/見直し/編集/レイアウト

備考 ・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
・本研修には昼食は付きません。各自でご用意ください。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ