QC手法入門研修(川越)(17KD2)

17kd2

基本的QC手法の習得 / 身近な事例を使った演習 / 品質管理のスキルアップ

品質管理の基礎となるQC手法について学びます。特に、チェックシート、パレート図、特性要因図については、身近な事例を用いた演習やグループディスカッションを交えながら、分かりやすく習得します。

申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ
研修コード 17KD2
研修名 QC手法入門研修(川越)
研修日程 平成29年2月20日(火)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 ウェスタ川越 第3会議室  大きな地図で見る
川越市新宿町1-17-17
対象者 新入社員、若手社員、主任クラス
定員 30名
受講料 【会員】7,500円  【一般】9,600円
カリキュラム

1.データの取り方・まとめ方

 

2.QC手法の必要性とその種類

 

3.基本的QC手法の演習(体得)

    • チェックシート
    • パレート図
    • 特性要因図
講師紹介 職場活性化研究所 代表
渡辺 孝 氏

プロフィール

東洋インキ製造(株)にて労務本部課長、人事課長、人材開発部課長をはじめ、QCサークル推進室長、TQC推進本部課長を歴任された。同社を退職後、QC・TQC活動に関する知識を活かして、自ら職場活性化研究所を設立。多くの企業で品質管理活動の指導講師として活躍するとともに、QC・TQMの普及・啓発活動を推進している。
また、(一財)日本科学技術連盟において、TQM奨励賞審査員・QCサークル上級指導士として活躍中である。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ