管理者のための計数感覚向上研修(17K30)

17k30

会社の数字をカラダで理解 / 計数感覚を磨く / 儲けのヒントを得る

会社の数字の見かたを分かりやすく学びます。数字が苦手な方でも理解しやすいように、人間の体に置き換えた会社の分析方法を学び、計数に関する理解を深めます。また、企業における栄養分(数字)の行き渡り方を会得することで、成長過程を実感できます。

受講生の声
  • 社内での経営報告におけるB/S、P/Lの見方も、これからより理解を深めていけそうです。製造関係なので原価低減活動に生かしていきたいです
  • 会社の健康状態を自身の体に置き換えることで、非常に理解できた
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ
研修コード 17K30
研修名 管理者のための計数感覚向上研修
研修日程 平成29年9月12日(火)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 課長クラス、部長クラス、会社の数字を理解したい方
定員 30名
受講料 【会員】7,500円  【一般】9,600円
カリキュラム

1.決算書のしくみと見方

    • 損益計算書のしくみと見方
    • キャッシュフロー計算書のしくみと見方
    • 貸借対照表のしくみと見方
    • 3つの決算書の関連図

2.損益計算書と損益分岐点

    • トントンの売上高とは?
    • 経営安全率、って何?
    • 売上単価が下がったけど、いくら売れば大丈夫?
    • 赤字製品は製造中止にしたら、かえって赤字になる?
    • 事例研究

3.キャッシュフローと支払能力

    • キャッシュはいくらあれば安全か?
    • 投資はどのくらいまでできるか?
    • 借入はまだできるか?など
    • 事例研究

4.貸借対照表とキャッシュ体質図

    • 売上が増えたのに、借入がますます増えてしまう?
    • 売上が減ったのに、現金が増えた?
    • 悪玉コレステロールが過大にあったらどうなる?
    • 善玉が悪玉コレステロールをおさえてくれる?
    • がん細胞は無いでしょうね?
    • 会社の肥満体質、って何?
    • 事例研究

5.状態の悪い会社の事例

 

講師紹介 税理士法人Triple Win(トリプル ウィン)
代表社員 堀江 國明 氏

プロフィール

1985年税理士登録
1987年独立開業
現在、税理士業務の他に研修会やセミナー等における講演活動を積極的に行っている。

<主な著書>
・『ゴルフのスコアでみる損益分岐点(ぎょうせい)』
・『これだけでわかる決算書(池田書店)』
・『税務証拠資料全書(中央経済社)』
・『貸付用語辞典(銀行研修社)』
・『はじめてでもわかる簿記と経理の仕事(成美堂出版)』 など

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ