営業に役立てるABC分析研修(17KD9)

17kd9

ABC分析の手順 / 事例紹介と演習 / ABC分析の活用法作

ABC分析は重点分析とも呼ばれ、沢山あるものを整理して大事なものから順に並べて管理していこうとするもので、経営のあらゆる面で活用できる有力な管理手法の一つです。
在庫管理のほか、生産管理、販売管理など業務のあらゆる面で活用できるABC分析について、事例紹介や演習を交えて学びます。

受講生の声
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ
研修コード 17KD9
研修名 営業に役立てるABC分析研修
研修日程 平成29年6月5日(月)【3時間】
研修時間 13:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 若手社員、中堅社員、管理監督者
定員 20名(※申込締切日の時点で申込者が5名以下の場合、中止とさせていただきます)
受講料 【会員】4,500円  【一般】5,600円
カリキュラム
  • ABC分析とはなにか
  • ABC分析的在庫管理とは
  • 【事例演習】ABC分析の営業戦略への応用
  • ABC分析を戦略に活かす
講師紹介 株式会社スタジオ02 代表取締役
大関 暁夫 氏

プロフィール

1959年東京生まれ。開成高校、東北大学卒。横浜銀行に入り、現場および現場指導の他、新聞記者経験も含めプレス、マーケティング畑を経験。アイデアマンとしてならし、金融危機の預金流出時には勝率連動利率の「ベイスターズ定期」を発案し、経営危機を救ったことも。支店長職をひと区切りとして銀行を円満退社し、「経営コンサルタント 兼 新興市場企業役員 兼 企業会社社長」としてマルチ志向で活動フィールドを広げる。
・コンサルティングの専門は、人と組織。営業にも精通している。
・実業家としては、”日本一暑い街”熊谷をカレーで街おこししようとカレー専門店を立ち上げ、激辛「熊谷かれーぱん」が地元の新名物としてブレーク。それを機に熊谷「食」の街おこし「くま辛」の仕掛け人となる
・またBLOGOS有力ブロガーとして多くの読者の支持を得、政治、経済、文化の幅広い分野にわたり鋭い切り口で世論を動かすネット上のオピニオンリーダーとしても知られる。J-CASTニュースで話題を集めた「営業は難しい~ココを直せばうまくいく!」をはじめ各種連載を執筆中。

http://www.studio-02.net/

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ