創ベのアドバイザーからのお役立ち情報!
アドバイザーコラム




創業・経営相談担当のアドバイザーから、よくある疑問や勘違いなど創業のあるあるケースや体験談、
目からウロコのお役立ち情報を各種お届けしていきます。


[2021年11月17日]市倉アドバイザー


【プチ起業で自分らしい働き方を実現しよう!】

 

私が担当しているご相談では新規の開業や集客などと同じように多いのが女性の方の起業のご相談です。最近では主婦起業、フリーランス、副業、週末起業など働き方の多様化が進みいろいろな働き方を表すワードをよく見かけます。今日は女性の起業に多い「プチ起業」について書いてみたいと思います。

 

 

<<プチ起業とは小さくはじめて育てていくビジネス>>

 

プチ起業とは一説では主婦が扶養範囲内で会社などの組織に属さず働くことを指すようですが、私はプチ起業とは「小さくはじめて、育てていくビジネス」だと思っています。私の周りでもプチ起業で自宅の空いている部屋を利用してエステサロンやネイルサロンを開いたり、昼間家族の居ない時間を利用してお料理教室を主宰したりする方でも、今ではその活動の他に本を出版したり、協会を立ち上げたりと事業を大きくされている方もたくさんおられます。

 

女性のプチ起業で特徴的なのは、ごく一般的な「起業」のように事業を大きくすること、収益をたくさん得ること以外に、自分のライフスタイルにあわせて働く時間などを決めたり、組織の縛りなどを受けずに自由に働くこと、自分の好きなことで人の役に立ちたいなど、自己実現的や、社会のため、QOL(充実した暮らし)などの理由によってプチ起業を選ぶ方が最近では増えているように感じます。

 

 

<<プチ起業の悩みで多いのは・・・>>

 

プチ起業を始めるにあたって特に多い悩みは①スキルや知識がない、②相談者や起業仲間がいない、③家族からの協力が得られない、などがあります。

 

まず、やりたいことが決まったらそのための準備として情報集めをしていきましょう!その中で必要なスキルや知識はしっかりと学びを深めてくことが大切になります。お客様からお金をいただいて商品やサービスを提供するからにはスキルや知識は必須です。

また、スキルや知識があれば家族からの理解や信頼を得やすくなります。

ただ、業種にもよりますが100%完璧を求めてしまうと、いつまで経っても活動をスタートできないなんて事になりがちです。ある程度準備が整ったらお友達や知人を対象としたテストマーケティングやモニターなどで少しづつ実績を作っていきましょう。

 

また、埼玉県では当施設のように無料で「起業相談」ができる施設もあります。アイデアはあるのに一歩が踏み出せない、スキルや資格は持っているけどどう生かしたらいいかわからない、そんな方はぜひお気軽にご相談にお越しいただければ嬉しいです。

 

 

[2021年10月19日]清水アドバイザー


ウェブ集客の施策・検証と経営課題について

集客は創業当初に限らず、多くの事業において継続的な課題のひとつです。ウェブ集客の相談に来訪される方には、すでに取り組まれていて成果が出ない、これから始めようと思うがどこから手を付けたらよいか判らないといった相談が多く寄せられます。それぞれのパターンについて順を追って述べてみます。

すでにウェブ集客を始められている方にはまず現状を伺います。

ウェブ集客になぜそのツールを用いたか、コストは一定期間にどの程度かけているか、そして結果に対する検証を行っているか、を伺います。例えば、普段使い慣れているFacebookを使って企業ページを作成してみた、ブログを新規開設して事業専用にしてみたなどです。基本的に無償のツールを用いる方が多く、行ったウェブ集客が施策に基づいていることや検証されているという方は少数になります。ウェブ集客の施策を明確にし検証を必ず行うことをお伝えしています。ウェブ集客の施策とはツールや広告など数多くある集客方法からどういった計画に基づいて始めたか、結果とはお問合せ数や注文数ではなく、来訪者の行動を指しています。

次にこれから始めようと思う方です。こちらはホームページやブログなどを用いたウェブ集客方法の種類とそれぞれの特徴をお伝えします。また、すでに取り組まれているSNSの有無やかけられるコストがあるかなどを確認します。今後、取り組まれるのであればその時点で最良と思われる選択をお伝えします。

ここまでが一般的な相談のやり取りになります。

このタイミングでウェブ集客の施策と検証をひとつのサイクルとしてみること、そしてウェブ集客の施策は明確な目的を持つこと、検証は数字で判断することを強くお伝えしています。こういったやり取りの中で経営の課題が見えてくることがあります。これから創業するのに課題があるのはなぜ?と感じる方もいるのではないかと思いますが、実はスタートから難しい取り組みをしたために成果を出せなくしている、もしくは成果を出しにくい方向に向かっている可能性があります。始める前から課題を作ってスタートしているかもしれません。事業を始めるにあたって難しいと感じる作業はどれくらいあるか、SNSは苦手だけど業者に頼むコストはかけられないなどがそれにあたります。もっと掘り下げて考えてみると、ご自身がこれから提供するサービスは世の中に受け入れられるのであろうか、受け入れられると考える理由はなにか、といったところから始まっています。末永く存続できる企業であるために、ご自身の事業内容を再考してみてください。

[2021年9月15日]町アドバイザー


こんにちは。創業・ベンチャー支援センター埼玉の町です。

初めてのコラムになりますが、今回は『融資について』です。
なぜ、融資についてなのかといいますと、創業相談の中で、最も多いのが、
この融資に関する相談となっているからです。
『融資について』今まで、ご相談いただいた方は、メモや復習として、
融資以外の相談をされていた方は参考がてらお読みください。

まず、創業期の方に理解してほしいことは、『お金の使途』についてです。
なぜ? と思われるかもしれませんが、融資のテクニック以前にこの観点が非常に大事です。

相談に来られる方の多くが漏れている観点です。
何がもれているかと言いますと、相談者の多くの方が、
『お金があれば成功する』もしくは、『融資≠返済』と認識している点です。

お金があれば成功するという考え方はあながち間違ってはいないのですが、
融資についての悩みを抱えられている相談者の多くの方が、返済の計画まで考えていません。
確かに、お金があれば会社は潰れません。しかし、融資のお金は返済の義務があるため、
いずれ無くなります。お金が無くなると会社は潰れます。当たり前ですよね。

ですが、この当たり前を見落としてしまいがちです。
創業期は考えることが多いため、脳が疲労していることに加えて、創業を支援する公的な融資制度が
充実していることから、お金が貰えると勘違いしてしまいがちです。
ですが、先ほどご説明させていただきました通り、融資には返済義務があります。
そのため、返済を踏まえた計画が重要になってきます。

さて、融資=返済義務があるという前提条件のお話が終わりました。
では、資金使途についてのご説明です。
ここでいう使途で考えたいポイントは、『融資を受けてお金をどう使いたいのか』を考えることです。

少し復習を挟みます。
金の使い方を大きく分けると、『消費』『投資』『浪費』ですよね。
今回のお金の使い方=使途は『投資』です。

では、この投資を行う目的は何でしょうか?
夢をかなえるためですか? 事業を行うためですか? それとも・・・?

そして、『融資を受けてお金をどう使いたいのか』を考えるうえで大切なポイントは、
“誰にとって有益な使途となるか”です。
夢をかなえるためや事業を行うためは、非常に素晴らしい考え方です。

しかし、融資を行う側からすると付随する考え方なのです。
融資を行う側が大前提で考えていることは、『貸したお金が返ってくるか否か』です。
これを大前提に頭に入れておきましょう。
すると、ただ単に『投資』と考えてしまうと、少しもの足りなくないですか?

もう一歩踏み込んで考えてみましょう。
具体的には、どのような投資なのかです。
例えば、新しい店舗を出店するために必要な『内装費』
例えば、効率よく事業を進めるために必要な『設備費』
例えば、自分の右腕となって働いてくれる従業員の『人件費』
例えば、販売する商品を仕入れるために必要な『費用』
例えば、店舗や商品を宣伝するために必要な『広告宣伝費』

そして、最も忘れてはいけないことは、投資なので、『リターン』があるということです。
このリターンを証明しないことには、融資はおりません。
そもそもリターンが証明できないのであれば、それは『投資』ではなく『浪費』です。

補足ですが、リターンの証明は『事業計画書』で行います。
事業計画書についてはまたの機会に。

金融機関は浪費に融資はしてくれません。金融機関の融資もまた投資なのです。
ゆえに、投資を行うことにより得られる、リターンを期待しています。
そして、金融機関のリターンは融資先企業(事業)の成長です。

以上のことを実現するために、お金の使途について考えることが重要なのです。

長文失礼いたしました。
まだ、続きますが続きはまた次回。


シェアする