「第3回CASE研究会WEBセミナー」を開催しました(開催日:11月27日(金))

次世代自動車支援センター埼玉では、自動車産業のメガトレンドであるCASEConnected、Autonomous、Shared & Services、Electric)やMaaS(Mobility as a Service)を、県内企業のビジネスチャンスに結びつけるため、昨年度から「CASE研究会」を発足して活動しています。

今年度3回目となるCASE 研究会は【 自動運転 】をテーマに、自動運転車両の普及を推進している【 国土交通省 】から「最新動向と今後の展望」について、また 、東京大学発のベンチャー企業で各地で実証試験を実施している【 先進モビリティ株式会社 】から「自動運転車両の開発現場の実態」について紹介していただきました。

参加者アンケートでは、「様々な実証実験がいたる所でなされていて、自動運転がかなり進んでいることが分かった」「自動運転に関連した技術等が参考になった」「(WEBセミナーは)移動の時間、(感染)リスクがなく、生産性向上に繋がる」といったお声を頂戴しました。

次回の第4回CASE研究会WEBセミナーは、令和3年2月下旬に開催予定となっております。
参加方法等については、改めて公社ホームページ等でご案内いたします。

※本セミナーのリーフレットはこちらをご覧ください。→第3回CASE研究会セミナーリーフレット

開催概要

■日時

令和2年11月27日(金)13:30~15:50

■会場

WEBセミナー

■テーマ

「自動運転の開発現場と今後の展望」

■スケジュール

◆13:30~13:40 主催者挨拶、趣旨説明
◆13:40~14:40
【講演1】「自動運転の実現に向けた取り組みについて」
     国土交通省 自動車局 技術・環境政策課 専門官 岡本 慎平 氏

<概要>国土交通省自動車局では、自動車の安全基準の策定等による安全なクルマ作りの推進や、先進技術を利用した安全運転支援システムを搭載する自動車の開発・実用化・普及の促進等を通じて、交通事故の削減に大きく貢献することを目的としています。本講演では、自動運転の実現に向けた国土交通省自動車局の取り組みを紹介します。
◆14:40~14:50 休憩
◆14:50~15:50
【講演2】「 自動運転バスの実証実験と社会実装に向けて 」
     先進モビリティ株式会社 商品開発部 部長 釘宮 航 氏

<概要>当社は、自動運転バスや隊列トラックといった社会に欠かせない大型商用車両の自動運転技術で「地域の交通・物流に関する課題の解決、新しいまちづくり・地域の活性化」をミッションとした、東大発のベンチャー企業です。自動運転車両の実証実験が盛んになり、当社も国内の様々なプロジェクトに参画してきました。本講演では、実証実験の取組状況や課題について、自動運転車両を開発する側の視点からご紹介します。

■参加者数

46名(36社)

■参加費

無料

■CASE研究会 会員について

CASE研究会会員(会費無料)に登録いただきますと、CASE・MaaSの最新動向をお届けする【無料メルマガ】や、今後のセミナー等の情報を優先的にご案内させていただきます。詳細は、CASE研究会ホームページをご覧ください。

 

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

次世代自動車支援センター埼玉 CASE研究会

〒338-0001
  埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2
  新都心ビジネス交流プラザ3階
  TEL 048-621-7051  FAX 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

【Webセミナー】令和2年度『新エネルギー分野参入支援セミナー(開催日:令和2年11月30日(月))』を開催しました。

埼玉県産業振興公社では、新エネルギー分野への新たな参入の可能性を探るべく、新エネルギーに関する最新の技術動向やメーカーによる実用化事例にまつわるセミナーをオンラインで開催しましたところ、58名の方に聴講していただきました。

★当日の案内チラシはこちら★

開催概要

■開催日時

令和2年11月30日(月) 14:00~16:00

■開催方法

WEBセミナー

■プログラム

あいさつ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 島田 守
基調講演

新エネルギーに対する国の施策と最新の技術動向

国立研究開発法人産業技術総合研究所 西尾 匡弘 氏

事例紹介① パワー半導体材料“酸化ガリウム”

株式会社ノベルクリスタルテクノロジー 倉又 朗人 氏

事例紹介② ワイヤレス給電を使った新たなエネルギーの配り方

株式会社ベルニクス 鈴木 健一郎 氏

事例紹介③ マグネシウム蓄電池実現に向けて

埼玉県産業技術総合センター 栗原 英紀 氏

セミナー総括 コロナ後を見据えた新エネルギー分野のあり方とマッチングの必要性

公益財団法人埼玉県産業振興公社 京島 良幸

■参加費

無料

開催報告

■当日の配信映像

■セミナーを振り返って

本セミナーにおいて、酸化ガリウムの将来展望や、ワイヤレス給電の広範囲に渡る実用化技術、マグネシウム蓄電池の実用化事例と各課題を改めて知る機会になったなど、聴講いただいた方々から多くのご意見をいただきました。
また、このセミナーを契機に、県内中小企業同士のマッチングや、県内中小企業と国・埼玉県の研究機関とのマッチング、県内中小企業と大手企業とのマッチングにつながった事例が7件散見されるなど、県内中小企業の新製品開発や販路開拓の支援につながる機会を創出することができました。
今回のセミナーで講演をしていただいた講演者の皆様、また、聴講していただいた皆様ありがとうございました。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 長谷部

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870?? FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

「ニーズマッチングin埼玉医科大学病院【開催日:11月20日(金)】」を開催しました

医療イノベーション埼玉ネットワークでは、医療機関の医療者と医療機器メーカー、ものづくり企業が連携し、新たな医療機器を開発する取り組みとしてニーズマッチングを開催しています。
今回は、埼玉医科大学病院から、最新の臨床ニーズを提案いただきました。新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえたオンライン形式での開催でしたが、医療従事者と連携し医療機器開発を推進したい企業様にご参加頂き、臨床起点のマッチングを推進するための大変有意義な会となりました。

開催結果

■日時

・・令和2年11月20日(金) 16:00~17:30

■対象

・・医療機器メーカー、医療機器製造業、医療関係者、医工連携に関心をお持ちの方、医療イノベーションネットワーク企業 等
・・・(※「医療イノベーションネットワーク」…埼玉県内外の企業や大学・研究機関、医療機関などが参加する産学医のプラット
・・・・フォーム
  登録者数:423社・機関(H31.3月末現在) 詳しくはこちら

■会場

・・WEB開催

■参加人数

・・37

■共同主催・・

・・公益社団法人埼玉県臨床工学技士会・医療イノベーション埼玉ネットワーク
・・(事務局 公益財団法人 埼玉県産業振興公社)

■参加費

・・無料

■概要

<ニーズ発表会でのニーズ一覧>

No 開発するデバイスの種類
オートクレーブ可能な包装シート
乳幼児胸部X線撮影支援システム
待機医療機器の充電環境の改善
AIを用いた自動穿刺システム
血糖値持続管理システム
車椅子トイレの補助便座
点滴スタンドのコンパクトサイズへの改善
モバイルアラーム

   
・・・・                                     当    日    の   発   表    の   様   子                                  

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

【募集終了】埼玉県プロフェッショナル人材戦略拠点 非常勤事務員(アシスタント)の募集について(応募締切:12月16日)

募集内容

公益財団法人埼玉県産業振興公社に設置されている埼玉県プロフェッショナル人材戦略拠点において、アシスタント業務を行う非常勤事務員を公募します。

● 区 分
非常勤事務員

● 募集人数
1 名

● 職務内容
詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。

● 勤務場所
公益財団法人埼玉県産業振興公社 北与野事務所
さいたま市中央区上落合2丁目3番地2 新都心ビジネス交流プラザ3階

● 任用期間
令和3年1月12日~令和3年3月31日
※勤務状況、能力等により更新になる場合があります。

● 応募資格・勤務条件等
詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。

● 申込方法
下記応募書類(様式1~様式3)に必要事項を記入し、
郵送(特定記録郵便)又は持参で下記の応募・問合せ先へお申し込みください。
※郵送の場合、封筒の表に「非常勤事務員採用選考申込書」と朱書きしてください。

● 受付期間
令和2年12月7日(月)~令和2年12月16日(水)※必着

公募要領・応募書類

・非常勤事務員募集案内 (PDF)
・[様式1]応募申込書 (Word)
・[様式2]履歴書 (Word)
・[様式3]エントリーシート (Word)

応募・問合せ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社 経営支援グループ 成澤
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2丁目3番地2 新都心ビジネス交流プラザ3階
電 話 048-858-7558
FAX 048-857-3921

→埼玉県プロフェッショナル人材戦略拠点ホームページはこちら

【募集終了】取引マッチングコーディネーターの募集について(応募締切:12月9日)

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、県内中小製造業に対する販路拡大支援の一環として、大手企業の発注案件開拓をはじめ、県内中小企業の受注ニーズ収集、受発注案件に基づく企業マッチング、商工団体・支援機関との連携促進、受発注取引に関する適切な助言等を行う「取引マッチングコーディネーター」を募集しています。

募集職種

取引マッチングコーディネーター 1名

募集要領等

こちらをご覧ください。

応募・お問い合わせ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社
取引振興部 取引支援グループ
担当:鳥山・松浦
〒330-8669 さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10階
電話 048-647-4086

「第1回 先端医療手術機器研究会【開催日:10月28日(水)】」を開催しました。

医療イノベーションネットワークでは、産学医が融合した医工連携ネットワークの形成により、新たな医療機器の開発を支援しています。
現在、先端医療の現場では、使用される医療機器や検査機器が日々進化し、新たな治療法や術式が生まれており、使用されている機器の動向や今後医療現場で求められる医療器具の課題を理解することがますます重要になっています。
今回は、肝胆膵外科、内視鏡外科、臓器移植をご専門とされ埼玉医科大学国際医療センターでご活躍の合川公康氏、角膜移植、ドライアイ、涙道疾患をご専門とされ「全身病の眼病変」の著書もおありの埼玉医科大学病院石川聖氏にお話しいただきました。
医療機器開発を検討中の企業様、開発中の企業様などにご参加いただき、
普段目にする機会が少ない最先端の医療機器を使用した、最先端の医療がどのように行われているかについて、実際に医療に携わっていらっしゃる先生からご紹介いただくことができ、大変有意義な研究会となりました。

開催結果

■日時

令和2年10月28日(金) 13:30~16:00

■対象

医療機器メーカー、医療機器製造業、医療イノベーションネットワーク企業 等
(※「医療イノベーションネットワーク」…埼玉県内外の企業や大学・研究機関、医療機関などが参加する産学医のプラットフォーム  登録者数:411社・機関(H30.12末現在) 詳しくはこちら

■会場

WEB開催

■参加人数

42名

■主催

医療イノベーション埼玉ネットワーク(公益財団法人 埼玉県産業振興公社)

■参加費

無料

■概要

◆13:30~13:40 開会挨拶
13:40~14:40
【講演1】「町工場から手術室へ-手術現場で本当に必要なもの-」
   埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科 准教授 合川公康 氏
14:40~15:40
【講演2】「眼科機器の特殊性と現状」
・・ 埼玉医科大学病院 眼科 助教 石川 聖 氏
◆15:40~15:50 閉会挨拶
・・

        
・・・・                     当    日    の    講    演    の    様    子                                  
お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

日本弁理士会 関東会 知的財産セミナー2020(オンライン開催:無料)

意匠セミナー(建築物・店舗内装・画像)

こんな方におススメです
●複数店舗展開される店舗経営者
●建築家・内装デザイナー
●ECサイトに関心のある経営者・担当者・Webデザイナー

開催日 2020年11月27日(金)
時 間 15:00~16:30
会 場 オンラインセミナー(ZOOM)

○チラシはこちら
https://www.jpaa-kanto.jp/chizai_seminars/jpaa-kanto2020/saitama/1127.pdf
○詳細はこちら(日本弁理士会 関東会のHPに繋がります)
https://www.jpaa-kanto.jp/chizai_seminars/jpaa-kanto2020/saitama_1127.html

【募集終了】先端産業支援センター埼玉 非常勤事務員の募集について

募集内容

公益財団法人埼玉県産業振興公社に設置されている先端産業支援センター埼玉において、運営業務を行う非常勤事務員を公募します。

● 区 分
非常勤事務員
● 募集人数
1 名
● 職務内容
詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。
● 勤務場所
公益財団法人埼玉県産業振興公社 北与野事務所
さいたま市中央区上落合2丁目3番地2 新都心ビジネス交流プラザ3階
● 任用期間
令和2年12月1日~令和3年3月31日
※勤務状況、能力等により更新になる場合があります。
● 応募資格・勤務条件等
詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。
● 申込方法
下記応募書類(様式1~様式3)に必要事項を記入し、
特定記録郵便で下記の応募・問合せ先へ送付してください。
※封筒の表に「非常勤事務員採用選考申込書」と朱書きしてください。
● 受付期間
令和2年10月28日~令和2年11月10日 ※令和2年11月10日消印有効

公募要領・応募書類

・非常勤事務員募集案内 (PDF)
・[様式1]応募申込書 (Word)
・[様式2]履歴書 (Word)
・[様式3]エントリーシート (Word)

応募・問合せ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社 先端産業振興グループ 宮崎・高野
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2丁目3番地2 新都心ビジネス交流プラザ3階
電 話 048-711-6870
FAX 048-857-3921

→先端産業支援センター埼玉ホームページはこちら

「第2回CASE研究会WEBセミナー」を開催しました(開催日:10月2日(金))

 次世代自動車支援センター埼玉では、自動車産業のメガトレンドであるCASEConnected、Autonomous、Shared & Services、Electric)やMaaS(Mobility as a Service)を、県内企業のビジネスチャンスに結びつけるため、昨年度から「CASE研究会」を発足して活動しています。

 今年度2回目となるWEBセミナーでは、「新しいクルマのかたちとモビリティの多様化」をテーマに、超小型モビリティやグリーンスモールモビリティといった「新しいクルマ・モビリティ」や全国各地で実施されている実証試験についてご紹介しました。

 参加者アンケートでは、「グリーンスモールモビリティが進んでいるのが良く分かった」「ラストワンマイル等に対応する低速モビリティの最新の動向を知ることができた」「低速の電動自動車を構築するための考え方やポイントが参考になった」「(WEBセミナーのため)移動時間がかからず参加しやすかった」「海外からでも参加できた」といった多くのお声を頂戴し、大変好評のうちに終了しました。

※本セミナーのリーフレットは、こちらをご覧ください。

■日時

令和2年10月2日(金)13:30~15:50

■開催方法

WEBセミナー

■テーマ

「新しいクルマのかたちとモビリティの多様化」 

■スケジュール

◆13:30~13:40 主催者挨拶、趣旨説明
◆13:40~14:40
【講演1】「グリーンスローモビリティの価値と将来展望」
     公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団
                    交通環境対策部 部長 圓山 博嗣 様

<概要>高齢化する地域社会において、公共交通の衰退による移動困難が顕在化している。交通エコロジー・モビリティ財団は、2016年より地域の端末交通としてのグリーンスローモビリティの可能性に着目し、普及推進に向けた調査・研究を重ねてきた。2018年から国交省等と連携し全国各地で実証実験を実施し、2019年には国による5年間の車両購入補助事業も始まった。本講演ではその内容を紹介し、グリーンスローモビリティを含めた将来のモビリティを展望する。
◆14:40~14:50 休憩
◆14:50~15:50
【講演2】「 “低速電動モビリティ”について 」
     株式会社シンクトゥギャザー 代表取締役 宗村 正弘 様
 
<概要>高齢化社会、環境保全、観光振興などの社会的課題に対して、弊社は「低速電動モビリティ」の導入を提案している。高速・大量移動への社会ニーズに正対するが、地域社会では「のんびりゆっくり」「和気あいあい」をテーマとした人間味溢れる乗り物を求める、新たな時代が到来している。本講演では新しいモビリティの一端を担う「低速電動モビリティ」を詳解する。

■参加者数

38名(36社)

■参加費

無料

■CASE研究会 会員について

CASE研究会会員(会費無料)に登録いただきますと、CASE・MaaSの最新動向をお届けする無料メルマガや、今後のセミナー等の情報を優先的にご案内させていただきます。詳細は、CASE研究会ホームページをご覧ください。

 

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

次世代自動車支援センター埼玉 CASE研究会

〒338-0001
  埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2
  新都心ビジネス交流プラザ3階
  TEL 048-621-7051  FAX 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp

「ニーズマッチングin埼玉県技士会ニーズマッチング会【開催日:10月2日(金)】」を開催しました

医療イノベーション埼玉ネットワークでは、医療機関の医療者と医療機器メーカー、ものづくり企業が連携し、新たな医療機器を開発する取り組みとしてニーズマッチングを開催しています。
今回は、埼玉県臨床工学技士会から、最新の臨床ニーズを提案いただきました。新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえたオンライン形式での開催でしたが、医療従事者と連携し医療機器開発を推進したい企業様にご参加頂き、臨床起点のマッチングを推進するための大変有意義な会となりました。

開催結果

■日時

・・令和2年10月2日(金) 17:00~18:30

■対象

・・医療機器メーカー、医療機器製造業、医療関係者、医工連携に関心をお持ちの方、医療イノベーションネットワーク企業 等
・・・(※「医療イノベーションネットワーク」…埼玉県内外の企業や大学・研究機関、医療機関などが参加する産学医のプラット
・・・・フォーム
  登録者数:423社・機関(H31.3月末現在) 詳しくはこちら

■会場

・・WEB開催

■参加人数

・・69名

■共同主催・・

・・公益社団法人埼玉県臨床工学技士会・医療イノベーション埼玉ネットワーク
・・(事務局 公益財団法人 埼玉県産業振興公社)

■参加費

・・無料

■概要

<ニーズ発表会でのニーズ一覧>

No 開発するデバイスの種類
サージカルスモークの少ない電気メス
外れないネジ式(ルアー)ロック
いろいろなところに取り付けられる針捨てボックス
在宅呼吸器を載せられるベビーカー(ベビーカー取り付けカート)
レスピレータアラームのPHS連動(スマホ連動)
階段昇降可能なストレッチャー
エコープローブ保持器
ICUでの患者周り環境のコード・ケーブル類削減

   
・・・・                                     当    日    の   発   表    の   様   子                                  

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

配属先企業視察研修:外国人労働者 戦力化ノウハウ習得研修を開催しました(開催日:10月16日(金))

R&A Consulting株式会社代表取締役 佐藤 僚祐 氏を講師に迎え、配属先企業視察研修「外国人労働者 戦力化ノウハウ習得研修」を開催しました。
本研修では、日本人とは違う外国人特有の考え方や行動特性を理解し、効果的なコミュニケーション法や指導法を習得しました。また、実際の外国人技能実習生とふれあい、外国人との効果的なコミュニケーション方法の理解を深めました。
受講者アンケートでは「一般的な内容だけでなく、実際の外国人に接している立場からの研修で大変参考になった。」「非常に勉強になった。」などといった意見をいただき、大変好評でした。

開催日概要

日時:令和2年10月16日(金)9:30~16:30
研修会場:エフ・ジィ・ケー株式会社
受講料:公社会員 13,300円  一般 15,400円
受講者:4名

内容

カリキュラム

1.外国人雇用の現状と今後の見通し
2.外国人の特性に関する基礎知識
 (1)日本人との特性の違い
3.外国人労働者に対するコミュニケーションと指導法
 (1)外国人コミュニケーションの前提
 (2)日本人との「言葉」や「態度」の違い
 (3)外国人スタッフに対する指導のポイント
4.国籍ごとのマネジメント法の違い
 (1)国籍ごとの特性と価値観
 (2)国籍ごとのマネジメントのポイント
5.配属先企業の現場視察(エフ・ジィ・ケー株式会社)
6.まとめ・質疑応答

講師

R&A Consulting株式会社 代表取締役 佐藤 僚祐 氏

当日の様子

(公財)埼玉県産業振興公社

総務企画部 研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階

TEL. 048-647-4087FAX. 048-645-3286

メール: kensyu@saitama-j.or.jp

【募集は終了しました】起業支援金スタッフの募集について(応募締切:9月24日(木))

公益財団法人埼玉県産業振興公社(創業・ベンチャー支援センター埼玉)では、
埼玉県起業支援金補助事業に関する業務を担当するスタッフを募集しています。

※起業支援金とは、人口減少が進む県内9市町村の対象地域において地域課題
 の解決を目指して起業する方に、国の地方創生推進交付金を活用し
 上限200万円(補助率2分の1)の補助を行う事業です。
 「起業支援金」の詳細については、ホームページをご覧ください。

募集職種

起業支援金スタッフ 若干名

募集案内等

こちらをご覧ください。

応募期間

令和2年9月11日(金)~9月24日(木)
※9月24日(木)17時必着で、提出書類をご持参もしくは郵送してください。

応募・お問い合わせ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社
経営支援部 創業支援グループ 倉崎 村上
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2
新都心ビジネス交流プラザ3階
電話 048-711-2222

Webセミナー:「Web会議を上手に仕切りたい人必見!Web会議ノウハウ習得セミナー」を開催しました(開催日:7月30日(木))

株式会社コミュニティネット 代表取締役 今井房子 氏を講師に迎え、Webセミナー「Web会議を上手に仕切りたい人必見!Web会議ノウハウ習得セミナー」を開催しました。

本セミナーでは、Web会議でよく利用されるZoomを活用し、Web会議で利用したい基本的なZoom機能やWeb会議を上手に仕切るためのノウハウを学びました。
受講者アンケートでは「講師の方の説明が上手な上に、ポイントを的確にとらえていて、分かりやすかった」「ZOOM主催者側のポイントがよく理解できた」などといった意見をいただき、大変好評でした。

※今後も、企業に役立つ新たなテーマのWebセミナーをご提案していきます。

開催日概要

日時:令和2年7月30日(木)14:00~15:30
会場:Webセミナー
受講料:会員 2,000円
    一般 3,000円
受講者:40名

内容

カリキュラム

1 Web会議について
2 Web会議を開催する事前準備
3 Web会議で利用したいZoom機能
4 Web会議のコツ
5 Web会議(Zoom)の活用事例
6 Q&A

講師

株式会社コミュニティネット
代表取締役 今井房子 氏

当日の様子

(公財)埼玉県産業振興公社

総務企画部 研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階

TEL. 048-647-4087FAX. 048-645-3286

メール: kensyu@saitama-j.or.jp

【募集は終了しました】埼玉県よろず支援拠点 非常勤事務員の募集について

募集内容

埼玉県産業振興公社では、令和2年度中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(埼玉県よろず支援拠点)の実施するにあたり、運営業務を行う非常勤事務員を公募します。

● 区 分
非常勤事務員
● 募集人数
1 名
● 職務内容
詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。
● 勤務場所
公益財団法人埼玉県産業振興公社 大宮事務所
さいたま市大宮区桜木町1丁目7番地5 ソニックシティビル10F
● 任用期間
令和2年9月1日~令和3年3月31日
※勤務状況、能力等により更新になる場合があります。
● 応募資格・勤務条件等
詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。
● 申込方法
下記応募書類(様式1~様式3)に必要事項を記入し、
特定記録郵便で下記の応募・問合せ先へ送付してください。
※封筒の表に「非常勤事務員採用選考申込書」と朱書きしてください。
● 受付期間
令和2年8月5日~令和2年8月14日 ※令和2年8月14日消印有効

公募要領・応募書類

・非常勤事務員募集案内 (PDF)
・[様式1]応募申込書 (Word)
・[様式2]履歴書 (Word)
・[様式3]エントリーシート (Word)

応募・問合せ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社 経営支援グループ 吉野・塚田
〒330-8669 さいたま市大宮区桜木町1丁目7番地5 ソニックシティビル10F
電 話 048-783-3926
FAX 048-645-3286

→埼玉県よろず支援拠点公式ホームページはこちら

新型コロナウイルスによる海外ビジネスへの影響について

埼玉県産業振興公社では、新型コロナウイルス感染拡大による海外ビジネスへの影響や自治体・公的機関に対する支援ニーズを把握するため、埼玉県、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)埼玉貿易情報センターとともに調査を実施しました。

調査結果の概要

1 新型コロナウイルス感染症の影響~8割超が「マイナスの影響」~
  • 貿易や海外進出などの海外ビジネスを行っている企業(166社)のうち、86.1%の企業が過去3か月にマイナスの影響が出ていると回答した。
  • 最も多かった回答は「取引の減少」(貿易67.3%、海外進出52.1%)で、減少した企業の3割以上が「50%以上減少」と回答した。
  • 海外に現地法人や工場を持つ企業(73社)では、「現地法人・工場の活動を一部制限」(39.7%)や「現地法人・工場の活動停止中」(32.9%)との回答も多かった。
  • 一方、海外ビジネスを行っている企業(166社)のうち、3.6%の企業が巣ごもり需要の拡大等によりプラスの影響を受けたと回答している。
2 海外展開の今後の意向~5割超が「拡大意向」~
  • 今後の海外ビジネスの展望については、56.6%の企業が「海外ビジネスを拡大したい」と回答し、高い意欲が示された。
  • 自治体や公的機関に期待する支援としては、「情報・ノウハウ提供(講座・セミナー開催)」(54.5%)、「資金支援」(45.0%)、「海外展示会・見本市出展支援」(38.6%)の声が多い。

詳細は別添「アンケート調査結果」を御覧ください。

※企業数は有効回答数

調査概要

1 調査対象

埼玉県、埼玉県産業振興公社、ジェトロ埼玉の各メールマガジンに登録する県内企業等延べ7,103社

2 調査期間

令和2年6月10日(水曜日)から令和2年6月20日(土曜日)

3 調査方法

ウェブアンケート

4 有効回答数

245社

問合せ先

埼玉県産業労働部 企業立地課 国際経済担当
担当 小関、美濃部 電話 048-830-3779
(公財)埼玉県産業振興公社 取引振興部海外ビジネス支援グループ
担当 井原、嶌田 電話 048-647-4156
(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)埼玉貿易情報センター
担当 難波、植竹 電話 048-650-2522

Webセミナー:「何から始めれば良いかわからない方必見!動画活用入門セミナー」を開催しました(開催日:7月7日(火))

株式会社コミュニティネット 代表取締役 今井房子 氏を講師に迎え、Webセミナー「何から始めれば良いかわからない方必見!動画活用入門セミナー」を開催しました。

本セミナーでは、これから動画を活用していきたい人のために、事例を交えながら初心者でも簡単にできる動画の活用方法について学びました。
受講者アンケートでは「とてもわかりやすくYouTubeを始めたい気持ちになりました」「事例を交えながら大変わかりやすい内容でした」などといった意見をいただき、大変好評でした。

※今後も、企業に役立つ新たなテーマのWebセミナーをご提案していきます。

開催日概要

日時:令和2年7月7日(火)14:00~15:30
会場:Webセミナー
受講料:会員 2,000円
    一般 3,000円
受講者:23名

内容

カリキュラム

1 動画活用について
  ・動画活用市場
  ・動画活用のメリット
2 動画活用事例
3 お金をかけない動画編集・アップロードの方法
  ・YouTubeチャンネル
  ・YouTubeスタジオ
4 魅力的な動画にするためのポイント
5 Q&A

講師

株式会社コミュニティネット
代表取締役 今井房子 氏

当日の様子

(公財)埼玉県産業振興公社

総務企画部 研修・情報グループ

〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階

TEL. 048-647-4087FAX. 048-645-3286

メール: kensyu@saitama-j.or.jp

【終了しました】埼玉県よろず支援拠点 非常勤事務員の募集について

募集内容

埼玉県産業振興公社では、令和2年度中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(埼玉県よろず支援拠点)の実施するにあたり、運営業務を行う非常勤事務員を公募します。
 
● 区 分
 非常勤事務員
● 募集人数
 2名
● 職務内容
 詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。
● 勤務場所
 公益財団法人埼玉県産業振興公社 大宮事務所
 さいたま市大宮区桜木町1丁目7番地5 ソニックシティビル10F
● 任用期間
 令和2年8月3日~令和3年3月31日
 ※勤務状況、能力等により更新になる場合があります。
● 応募資格・勤務条件等
 詳細は「非常勤事務員募集案内」(PDF)をご覧ください。
● 申込方法
 下記応募書類(様式1~様式3)に必要事項を記入し、
 特定記録郵便で下記の応募・問合せ先へ送付してください。
 ※封筒の表に「非常勤事務員採用選考申込書」と朱書きしてください。
● 受付期間
 令和2年7月1日~令和2年7月14日 ※令和2年7月14日消印有効
 

公募要領・応募書類

・非常勤事務員募集案内 (PDF)
・[様式1]応募申込書 (Word)
・[様式2]履歴書 (Word)
・[様式3]エントリーシート (Word)
 

応募・問合せ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社 経営支援グループ 吉野・塚田
〒330-8669 さいたま市大宮区桜木町1丁目7番地5 ソニックシティビル10F
電 話 048-783-3926
FAX 048-645-3286

→埼玉県よろず支援拠点公式ホームページはこちら