金属熱処理基礎研修(川越)(19KPX)

熱処理をする鉄鋼・非鉄材料の種類と性質を知り、各種熱処理(焼入れ、表面硬化、改質処理等)方法の基礎技術を学びます。さらに、品質管理のための各種検査技術、熱処理に伴うトラブル例を知り、生産現場における技術力向上を図ります。
※本研修は「座学のみ」となっております。

本研修のポイント

● 鉄鋼・非鉄材料の種類と性質
● 熱処理方法と効果
● トラブル事例

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

※受講者の職務内容、受講目的の事前提出を必須とします。

研修コード 19KPX
研修日程 2019年5月16日(木)、23日(木)【2日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 川越高等技術専門校  大きな地図で見る
川越市並木572-1
対象者 若手・主任クラス
定員 10名
受講料 【会員】8,000円  【一般】12,000円 (テキスト代込・消費税込)
カリキュラム 1日目 鉄鋼の特性(座学)
・Fe-C系平衡状態図
・基本的熱処理
・焼入れ性
・質量効果
・金属材料とその熱処理

2日目 表面硬化熱処理(座学)
・浸炭、窒化、高周波焼入れ
・表面改質処理
・検査技術
・熱処理トラブル

講師紹介 埼玉県立川越高等技術専門校
職業訓練指導員
備考

・ご持参いただく物:筆記用具

・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。

本研修を受講された方はこちらの研修にも受講されています