「ロボット×要素技術 ロボット入門セミナー【開催日:2月19日(金)】」を開催しました。

人手不足や、コロナ禍における「非接触」「遠隔」へのニーズの高まりなど、近年様々な分野において、ロボットを活用したビジネスへの展開が期待されています。本セミナーでは、ロボットを構成する要素技術について、分かりやすく解説し、最新の活用事例をご紹介します。

 

開催結果

■日時

令和3年2月19日(金)10:00~12:00

■対象

ロボット事業に参入を検討している県内中小企業、ロボット事業の拡大を検討している県内中小企業 等

■会場

オンライン形式(Zoomウェビナー利用)

■参加人数

68名

■主催

公益財団法人 埼玉県産業振興公社、埼玉県

■参加費

無料

■概要

(1)ロボットの要素技術について
・・・講師埼玉県産業振興公社コーディネータ岩田昇資

(2)「遠隔技術」の先進的な活用事例
・・・講師株式会社アトラックラボ代表取締役伊豆 智幸

(3)「センサー技術」の先進的な活用事例超音波技術で”海の見える化”を実現する海洋自動観測ロボットの開発
・・・講師株式会社ブルーオーシャン研究所代表取締役伊藤喜代志

 

 

 

                               

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

「埼玉医療機器等製品事例成果発表会withニーズマッチングin埼玉県立がんセンター【開催日:2月10日(火)ー3月3日(水)】」を開催しました

埼玉県では、さいたま市や支援機関が連携し、医療機関、医療機器メーカー、ものづくり企業等が参画する「医療イノベーション埼玉ネットワーク」を構築しています。
今回、医療現場のニーズにもとづきと企業が共同開発した事例を紹介する「埼玉医療機器等製品事例成果発表会」と医療機関の医療者と医療機器メーカー、ものづくり企業が連携し、新たな医療機器を開発する取り組みである「ニーズマッチング会」をオンライン形式で開催しました。
医療従事者と連携した医療機器開発に関心のある企業等多くの方にご参加頂き、大変有意義な会となりました。

開催結果

■開催日・場所

・・令和3年2月10日(水)~3月3日(水)WEB開催

■対象

・・医療機器メーカー、医療機器製造業、医療イノベーションネットワーク企業 等
・・・(※「医療イノベーションネットワーク」…埼玉県内外の企業や大学・研究機関、医療機関などが参加する産学医のプラット
・・・・フォーム
  登録者数:423社・機関(H31.3月末現在) 詳しくはこちら

■参加人数

・・92名

■主催

・・医療イノベーション埼玉ネットワーク(公益財団法人 埼玉県産業振興公社)

■参加費

・・無料

■詳細
  埼玉医療機器等製品事例成果発表会 

//【講演】
////「withコロナ時代の医工連携に期待すること」
・・・
オルバヘルスケアホールディングス株式会社
・・・・代表取締役社長(医学博士) 前島 洋平 氏

//【成果発表会】

・・・医療イノベーション埼玉ネットワークの取組成果として、製品化した事例企業の事例
・・・発表プレゼンテーションを行いました。

・・・ 1)新型コロナウィルス抗体検査サービス プロテックス(株)
・・・ 2)活性化血液凝固時間(ACT)測定装置  (株)アペレ
・・・ 3)ヒト毛髪・繊維片/縦スライス装置   (株)ワイエイシイダステック
・・・ 4)超小型X線撮影装置          (株)ティーアンドエス
・・ ・ニーズマッチング会から製品化した製品についての紹介・・・・・・・・             

//【ニーズマッチングin埼玉県立がんセンター】
 ・・ 医療現場からの臨床ニーズについて発表いただきました。(6ニーズ)

 同時開催 WEB展示会  

・・・企業23社の製品・技術・試作品等を紹介しました。
・・

    
・・・・・・・・・・・・・・   ….. /今年の様子

               

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

「助っ人メーカーマッチングサイト」のご案内

 新型コロナウィルス対策用の資機材メーカーでは、海外からの部品調達遅延などで生産に支障が出ています。医療機関や介護施設では資機材が不足して医療行為に影響がでています。新たな製品の商品化を目指す企業では、開発や量産等で急ぎ必要な協力企業探しに苦慮しています。
このような現状の中、(公財)埼玉県産業振興公社では、協力企業の仲介や、早期製品化に役立つ現場ニーズ等も紹介するマッチングサイトを開設しました。

新型コロナウィルス感染対策の関連資機材の早期普及支援

助っ人メーカーマッチングサイト
~コロナ対策資機材の早期普及を目指して~ 開設:2020年5月22日(金)

▶【案件No S1.S4飛沫感染防止用具の提供】について、公社の仲介により県内医療機関への提供が実現いたしました! 

助っ人が欲しい

・資機材メーカー ・・・海外からの部品が届かずに生産できない
・・・・・・・・・・・・・人手が足りずに増産できない
・医療機関、介護施設 こんな資機材が急ぎ欲しい
・集客施設、学校・・・ 消毒や検温、遠隔対応をしたいがどこかできないか
・自治体 ・・・・・・・物資が足りない行政や民間の施設がある

◆調達ニーズ等ある場合は、下記より登録シートをダウンロードの上、事務局(sentan@saitama-j.or.jp)まで
ご送付ください。
・・・調達ニーズ登録シート(Excel)

助っ人できます

機材メーカー  ・・・部品作れます
・・・・・・・・・ ・・・購入部品を融通します
・・・・・・・・・ ・・・組立を手伝います
・・・・・・・・・ ・・・営業や納品を手伝います
・・・・・・・・・ ・・・一緒に商品化します
・大学、研究機関 ・・・研究シーズがあります
・・・・・・・・・・・・・一緒に開発できます
・・・・・・・・・・・・・性能試験できます
・・・・・・・・・・・・・評価分析装置を有料でご利用いただけます

◆助っ人ニーズのある場合は、本ページ下部に掲載されている案件詳細を確認・対応掲載案件番号を明
記のうえ(対象案件がない場合にはその旨シート送信時メールにご記載ください)、下記より登録シート
をダウンロードし、事務局(sentan@saitama-j.or.jp)までご送付ください。
・・・助っ人登録シート(Excel) 

新型コロナウィルスに関連して資材調達に苦慮する企業を支援するため「助っ人メーカーマッチングサイト」のシステムを利用し、広く提案を募集します。
募集も応募もいずれも無料です。

<ご利用にあたっての注意事項>
●本サイトをきっかけとした取引は、双方の自己責任のもと行ってください。
 サイト事務局である(公財)埼玉県産業振興公社はよりよい仲介に努めますが、一切の責任を負わないものとします。
●本サイトは、新型コロナウイルス対策で資機材が不足する医療機関への支援、経済的打撃などを受けている中小企業の製品開発や販路開拓支援を目的としています。
 つきましては、本サイトの主旨に合致しないと事務局が判断したものについては対応いたしません。
●当公社による商品開発等のサポート支援は埼玉県内企業を優先させていただきます
/あらかじめご了承ください。

【概念図】

■『助っ人欲しい』案件一覧 (詳細は、各案件名をクリックして下さい) 

1.新型コロナウイルスRNA抽出キットの実用化(資機材メーカー)
2.リケガードフィルム使用フェイスガードの卸販売(資機材メーカー)
3.三室型 強酸性次亜塩素酸電解水の販路開拓・取次(資機材メーカー)
4.新型コロナウィルス 抗体検査サービス 拡販パートナー募集(資機材メーカー)

■『助っ人できます』企業一覧 (詳細はクリック先の内容詳細・シートに記載の企業HP等でご確認下さい) 

///S1.飛沫感染防止用具の提供(主に医療機関向け)
///S2.部品製作~商品化のお手伝い(メーカー向け)
///S3.メカ設計・エレキ設計・組み立て・加工・塗装などご相談可能(メーカー向け)
// S4.オリジナル特殊生地を活かした医療向け防護服のご提案(主に医療機関向け)

 S5.消毒・滅菌工程の簡易確認シールの製造・提供
///S6.医療機器のOEM製作
///S7.様々な製品の生産設備の開発設計を支援致します
///S8.工場(CR)・倉庫スペース、工数のご提供
///S9.救急隊員を感染から守る超軽量飛沫防止カバー
///S10.アクリルパネル等コロナ対策グッズの製作(医療機器部品、検査装置メーカー)
///S11.フェイスシールド・パーティション・スマートスキャナ
///S12.屋外用簡易PCR検査ルーム 
///S13.工事いらずの監視カメラ LED直管カメラ 
///S14.簡易ガウン・ニトリルグラブ・PVCグラブ
///S15.最適な患者管理に貢献するベッド固定型飛沫防止フード
S16.新型コロナウィルス 抗体検査サービス

■『お役立ち情報』補助金等 (詳細はクリック先のHP等でご確認下さい) 

///・サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金について


◆「助っ人メーカーマッチングサイト」におけるお問合せは、下記までお願いいたします。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 高野・有海

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.j

【終了しました】「先端素材製品開発研究会 成果発表会」開催のご案内【開催日:3月22日(月)】

ナノカーボンをはじめとするナノテクノロジー技術について、令和2年度先端素材製品開発研究会で試作開発した成果の発表を中心に、「成果発表会」を開催いたします。
今年度はカーボンナノチューブ(CNT)とセルロースナノファイバー(CNF)の2つの素材の応用展開として『スピーカー』『車載部品』の2つのテーマで開発を進めてまいりました。
ぜひビジネスマッチング、交流の場としてご活用ください。

開催日時等

開催日時

令和3年3月22日(月)14:00~15:00

開催方式

Zoom ウェビナーによるライブ配信

定員

80名

参加費

無料

内容

分科会①スピーカー
Cu含浸CNT線の応用:スピーカー用CNTコイルの開発
CNFシートの振動板への応用」

分科会②車載部品
CNTの活用1:静電塗装
CNTの活用2:電磁波吸収
車載部品ナノハイブリッドコンポジットの開発

詳しい内容はちらしをご覧ください。

申込み方法

webフォームからお申し込みください。
⇐こちらをクリック

 

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部(担当)梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870  FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

「ロボット産業参入ガイドセミナー【開催日:11月19日(木)】」を開催しました。

日本の産業界は、高齢化の進行や労働人口の不足などにより、労働力が深刻な問題となっており、ロボットを活用した省人化、生産性向上のニーズが高まっています。世界的にもロボットの活用、生産性向上が言われる中、今回のセミナーでは異業種企業や新規企業がどのようにロボット業界に参入するか、または何をすべきか、参入に向けた”はじめての一歩”を分かりやすくご紹介いただき、ご好評をいただきました。

 

開催結果

■日時

令和2年11月19日(木) 10:00~11:00

■対象

ロボット関連の事業に参入を検討している県内中小企業、ロボット関連の事業拡大を検討している県内中小企業 等

■会場

オンライン形式(Zoomウェビナー利用)

■参加人数

57名

■主催

公益財団法人 埼玉県産業振興公社

■参加費

無料

■概要

(1)ロボットとは・~現在のロボット定義と考え方~

(2)ロボット産業の市場について・~成長産業の今~

(3)ロボットの先進的な活用事例・~実践例の紹介~

(4)ロボット産業への参入について
・基礎知識・・・・~意外なものがロボット!?~
・トレンド・・・・~まずは初めの一歩~
・求められるもの~自社の強みを知り、次につなげる~

(5)行政の支援施策について~各種機関や補助金の紹介~

 

■講演資料

当日の講演資料はこちらからダウンロードできます。

 

                               

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

「ロボットアーム・ハンド参入ガイドセミナー&ロボットアーム・ハンド WEB商談会【開催日:1月19日(火)】」を開催しました。

近年様々な分野において人手不足が大きな課題になりつつある中、私たちの生活を支え、より豊かにしてくれるような人間共創型のロボットの普及導入が進んでおります。また、アフターコロナを見据えた中で、こうしたロボットに対するニーズはますます高まっています。今回のセミナーでは、産業用のみならず、普段の一般生活でも役立つのロボットの課題解決をする上で重要となる「ロボットアーム・ハンド」の現状と活用事例について解説をいあします。また、セミナーに併せて、ロボットアーム・ハンド業界の参入機会を提供すべく、今回の講師としてお迎えしました企業様との商談会を同時に開催しました。

 

開催結果

■日時

令和3年1月19日(火) セミナー10:00~12:00WEB商談会13:30~16:30

■対象

ロボットアーム・ハンド関連の事業に参入を検討している県内中小企業、ロボットアーム・ハンド関連の事業拡大を検討している県内中小企業 等

■会場

オンライン形式(Zoomウェビナー利用)

■参加人数

50名(商談会参加は10社)

■主催

公益財団法人 埼玉県産業振興公社

■参加費

無料

■概要

(1)ロボットアーム・ハンドの現状
・・・講師埼玉県産業振興公社コーディネータ岩田昇資

(2)ロボットアーム・ハンドを活用した活用事例①~遠隔釣りロボットの活用~
・・・講師株式会社Re-al代表取締役社長新明脩平※WEB商談会参加

(3)ロボットアーム・ハンドを活用した活用事例②~遠隔釣りロボットの活用~
・・・講師株式会社リコーシニアスペシャリスト武田教生※WEB商談会参加
・・・講師株式会社/Artificial/Limb/Technologies代表取締役吉田龍央※WEB商談会参加

                               

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

「農業ロボット参入ガイドセミナー&農業ロボット WEB商談会【開催日:12月15日(火)】」を開催しました。

日本の農業は、高齢化の進行や新規就農者の不足などにより、労働力が深刻な問題となっており、ロボットを活用した省人化、生産性向上のニーズが高まっています。こうした中、ますますの活用が期待されている農業ロボットの現状と活用事例について今回のセミナーで解説し、ご好評をいただきました。また、セミナーに併せて、農業ロボット産業の参入機会を提供すべく、今回の講師としてお迎えしました企業様との商談会を同時に開催しました。

 

開催結果

■日時

令和2年12月15日(火) セミナー10:00~12:00WEB商談会13:30~16:30

■対象

農業ロボット関連の事業に参入を検討している県内中小企業、農業ロボット関連の事業拡大を検討している県内中小企業 等

■会場

オンライン形式(Zoomウェビナー利用)

■参加人数

51名(商談会参加は10社)

■主催

公益財団法人 埼玉県産業振興公社

■参加費

無料

■概要

(1)農業機械の現状とロボット技術の活用例
・・・講師埼玉県産業振興公社コーディネータ酒井貴之

(2)農業ロボットの市場と成長性
・・・講師農研機構農業技術革新工学研究センター研究推進部戦略企画管理役
・・・・・
杉本光穗

(3)農業ロボットの先進的な活用事例①~農作業の疲労低減、安全性確保~
・・・講師株式会社イーエムアイラボ代表西教生※WEB商談会参加

(4)農業ロボットの先進的な活用事例②~無人機による各種データ活用~
・・・講師株式会社ラポーザ代表荒井克人※WEB商談会参加

 

■講演資料抜粋

(1)株式会社イーエムアイラボ代表西教生

講演資料抜粋① 講演資料抜粋②

(2)株式会社ラポーザ代表荒井克人

講演資料抜粋① 講演資料抜粋②

 

                               

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

【終了しました】「令和2年度 埼玉医療機器等製品事例成果発表会withニーズマッチングin埼玉県立がんセンター (WEB開催)【2月10日(水)】」のご案内

埼玉県では、さいたま市や支援機関が連携し、医療機関、医療機器メーカー、ものづくり企業等が参画する「医療イノベーション埼玉ネットワーク」を構築しています。 このたび、医療現場のニーズにもとづきと企業が共同開発した事例を紹介する「埼玉医療機器等製品事例成果発表会」と医療機関の医療者と医療機器メーカー、ものづくり企業が連携し、新たな医療機器を開発する取り組みである「ニーズマッチング会」をオンライン形式で開催いたします。ぜひご参加ください。        

★募集案内パンフレット

開催概要

■開催日・場所

令和3年2月10日(水)WEB開催

埼玉医療機器等製品事例成果発表会 16:00~17:00

・・
・・■講演 「withコロナ時代の医工連携に期待すること」
・・・オルバヘルスケアホールディングス株式会社
・・・(2021/1/1 株式会社カワニシホールディングス株式会社より社名変更)
・・・・・・代表取締役社長(医学博士) 前島 洋平 氏

・・■成果事例紹介
・・・医療イノベーション埼玉ネットワークの取組成果として、製品化した事例企業の事例
・・・・発表プレゼンテーションを実施します。(4社)
・・・
・・・
【プレゼンテーション製品・企業】
・・・ 1)新型コロナウィルス抗体検査サービス プロテックス(株)
・・・ 2)活性化血液凝固時間(ACT)測定装置  (株)アペレ
・・・ 3)ヒト毛髪・繊維片/縦スライス装置   (株)ワイエイシイダステック
・・・ 4)超小型X線撮影装置          (株)ティーアンドエス

//・・ニーズマッチング会から製品化した製品についても紹介いたします。

ニーズマッチングin埼玉県立がんセンター 17:00~18:00

・・・医療現場からの臨床ニーズについて発表いただきます。

同時開催 WEB展示会 23社 2月10日(水)~3月3日(水)  

・・企業の製品・技術・試作品等を紹介します。出展企業への問合せが可能です。
・・※WEB展示会のみもご参加いただけます。
・・

・・                      
・・・・・・・・・・・・・・   …../昨年度の様子             

お申し込み・お問い合せ

◆サイトへのアクセス
サイトオープンしました!
お申込みいただくと、アクセス用のURLを記載したメールをお送りいたします。
(発表会・ニーズマッチング会の配信も同サイト上で行います。)

◆お申込み方法
参加をご希望される方は、次の入力フォームに必要事項を記入の上お申込みください。
★入力フォームはこちら
(※Web展示会のみのご参加の方も上記のお申込みをお願いします。)

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【募集終了しました】「第2回CNF実用化セミナー
 ~テーマ:機能性添加剤①食品~」
【開催日:2月5日(金)】参加者募集のご案内

先端素材の一つ、「CNF(セルロースナノファイバー)」は、植物由来であることから化粧品や食料品、そしてCNFの特性を活かす複合材料まで様々な分野への利用が期待されています。
このたびCNFの応用分野について、3回にわたり実用化セミナーを開催します。
第2回は「食品」をテーマに、食品に活用できるCNFの特性や安全性についての基礎から、最新の研究開発動向、製品開発事例など具体的な利用方法について紹介します。
新素材のCNFに興味・関心がある方は、ぜひご参加ください。
本セミナーは、新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、Zoomウェビナーを使用したオンラインセミナーです。インターネット環境があれば、どこでもパソコン、スマートフォン等を利用してご参加が可能です。

募集チラシはこちら

開催日時等

■開催日時 2月5日(金)14:30~16:45

■参加方式 Zoomウェビナーによる聴講(登録申込要)

■参加費   無 料

■募集人数 90名

講演概要

講演1 「セルロースナノファイバーを食品等に利用するために」
・・・・・講師:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
・・・・・・・・森林資源科学研究領域 研究専門員 林徳子氏

■講演2 「日本製紙のCNF-食品用添加剤としての利用-」
・・・・・講師:日本製紙株式会社 参与 研究開発本部長代理 CNF研究所長 野々村文就氏

■講演3「バイオマスナノファイバー“BiNFi-s”を使った化粧品・食品への応用」
・・・・・講師:株式会社スギノマシン経営企画本部開発プロジェクトG
・・・・・・・・アシスタントマネジャー 近藤兼司氏

聴講方法について

【Zoomの注意事項について】
本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時間近くになりましたら申し込み後お知らせするURLをクリックし、ご参加ください。
////開会1時間前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、必ず「接続テスト」を実施していただくことをお勧めします。
・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止いたします。
・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

 

お申込み

参加をご希望される方は、下記参加申込フォームよりお申し込みください。
・参加申込フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

【募集終了しました】「ロボット×要素技術 ロボット入門セミナー【開催日2月19日(金)】」参加者募集のご案内

人手不足や、コロナ禍における『非接触』『遠隔』へのニーズの高まりなど、近年様々な分野においてロボットを活用したビジネスへの展開が期待されています。
本セミナーでは、ロボットを構成する要素技術について、最新の活用事例と共に分かりやすく解説いたします。
※第16回埼玉ロボットビジネス交流会との合同開催になります。

(定員に達したため、募集を終了しました)

開催概要

■開催日時

令和3年2月19日(金) 10:00~12:00

■会場

なし(WEB形式)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:00~12:00)
(1)ロボットの要素技術について
////////講師 埼玉県産業振興公社 コーディネータ 岩田 昇資 氏

(2)「遠隔技術」の先進的な活用事例
////////遠隔技術で実現する無人車両の開発
////////講師 (株)アトラックラボ 代表取締役 伊豆 智幸 氏

(3)「センサー技術」の先進的な活用事例
////////超音波技術で‟海の見える化”を実現する海洋自動観測ロボットの開発
////////講師 (株)ブルーオーシャン研究所 代表取締役 伊藤 喜代志 氏

 

■定員

50名

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー
部品納入から製品開発まで様々な形でロボット産業に参入を検討している企業等

 

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問? https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

(定員に達したため、募集を終了しました)

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

「ロボット×要素技術 ロボット入門セミナー【開催日2月19日(金)】」参加者募集のご案内

人手不足や、コロナ禍における『非接触』『遠隔』へのニーズの高まりなど、近年様々な分野においてロボットを活用したビジネスへの展開が期待されています。
本セミナーでは、ロボットを構成する要素技術について、最新の活用事例と共に分かりやすく解説いたします。
※第16回埼玉ロボットビジネス交流会との合同開催になります。

開催概要

■開催日時

令和3年2月19日(金) 10:00~12:00

■会場

なし(WEB形式)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:00~12:00)
(1)ロボットの要素技術について
////////講師 埼玉県産業振興公社 コーディネータ 岩田 昇資 氏

(2)「遠隔技術」の先進的な活用事例
////////遠隔技術で実現する無人車両の開発
////////講師 (株)アトラックラボ 代表取締役 伊豆 智幸 氏

(3)「センサー技術」の先進的な活用事例
////////超音波技術で‟海の見える化”を実現する海洋自動観測ロボットの開発
////////講師 (株)ブルーオーシャン研究所 代表取締役 伊藤 喜代志 氏

 

■定員

50名

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー
部品納入から製品開発まで様々な形でロボット産業に参入を検討している企業等

 

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問? https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

「第2回先端医療手術機器研究会【開催日:1月13日(水)】」を開催しました。

医療イノベーションネットワークでは、産学医が融合した医工連携ネットワークの形成により、新たな医療機器の開発を支援しています。
現在、先端医療の現場では、使用される医療機器や検査機器が日々進化し、新たな治療法や術式が生まれており、使用されている機器の動向や今後医療現場で求められる医療器具の課題を理解することがますます重要になっています。
今回は、心臓血管外科をご専門とされ埼玉医科大学国際医療センターでご活躍の徳永千穂氏、循環器疾患がご専門の埼玉医科大学国際医療センター杉佳紀氏にお話しいただきました。
医療機器開発を検討中の企業様、開発中の企業様などにご参加いただき、普段目にする機会が少ない最先端の医療機器を使用した、最先端の医療がどのように行われているかについて、実際に医療に携わっていらっしゃる先生からご紹介いただくことができ、大変有意義な研究会となりました。

開催結果

■日時

令和3年1月13日(水) 13:30~16:00

■対象

医療機器メーカー、医療機器製造業、医療イノベーションネットワーク企業 等
(※「医療イノベーションネットワーク」…埼玉県内外の企業や大学・研究機関、医療機関などが参加する産学医のプラットフォーム  登録者数:411社・機関(H30.12末現在) 詳しくはこちら

■会場

WEB開催

■参加人数

71名

■主催

医療イノベーション埼玉ネットワーク(公益財団法人 埼玉県産業振興公社)

■参加費

無料

■概要

◆13:30~13:40 開会挨拶
13:40~14:40
【講演1】「心臓血管外科における医療機器の役割」
   埼玉医科大学国際医療センター 心臓血管外科 講師 徳永 千穂 氏
14:40~15:40
【講演2】「循環器疾患ー治療の進歩はデバイスからー」
・・ 埼玉医科大学国際医療センター 心臓内科 講師 杉 佳紀 氏
◆15:40~15:50 閉会挨拶
・・

                   ・・・・                    当    日    の    講    演    の    様    子                                  
お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

【募集終了しました】「ロボットアーム・ハンド参入ガイドセミナー&ロボットアーム・ハンド WEB商談会【開催日1月19日(火)】」参加者募集のご案内

近年様々な分野において人手不足が大きな課題になりつつある中、私たちの生活を支えより豊かにしてくれるような人間共生型のロボットの普及導入が進んでおります。また、アフターコロナを見据えた中で、こうしたロボットに対するニーズはますます高まっております。
本セミナーでは、産業用のみならず、普段の一般生活でも役立つロボットの課題解決をする上で重要となる「ロボットアーム・ハンド」の現状と活用事例について解説いたします。
併せて、ロボットハンド・アームの開発現場への参入機会を提供すべく、今回の講師としてお迎えしました企業様との商談会を同時に開催します。

(定員に達したため、募集を終了しました)

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和3年1月19日(火) 10:00~12:00
◆商談会   令和3年1月19日(火) 13:30~16:30
※商談会は上記時間内で面談時間を商談会参加者様に個別にご案内します。

■会場

なし(WEB形式)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:00~12:00)
(1)ロボットアーム・ハンドの現状
講師 埼玉県産業振興公社 コーディネータ 岩田 昇資 氏
(2)ロボットアーム・ハンドを活用した事例①
遠隔釣りロボットの活用
講師  (株)Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
(3)ロボットアーム・ハンドを活用した事例②
義肢の展望について
講師 (株)リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

◆商談会(13:30~16:30)
◇商談対象者(本セミナー担当講師)◇
株式会社Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
株式会社リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

■定員

50名(商談会は各社6名)

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー
部品納入から製品開発まで様々な形でロボット産業に参入を検討している企業等

◆商談会
ロボット産業に参入を検討している、あるいは既に参入していて事業拡大を図りたい
県内企業(ロボットアーム・ハンドに対する部品納入などを含む。)
詳しくは下記ニーズ情報をご参照ください。

社名 ㈱Re-al ㈱リコー
HP https://re-al.co.jp/ https://www.ricoh.co.jp/
商談希望 ジャンル ロボット制作にあたり、下記の開発及び生産が可能な企業様と商談を希望します。
・遠隔制御ネットワーク構築、生産委託
・工業デザイン
義肢に関するノウハウをお持ちで、サポートが可能な企業及び医療等の関連する企業様
不可条件 商談希望に沿った商談案件を優先させていただきます。

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問? https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎・岡部

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【Webセミナー】令和2年度『新エネルギー分野参入支援セミナー(開催日:令和2年11月30日(月))』を開催しました。

埼玉県産業振興公社では、新エネルギー分野への新たな参入の可能性を探るべく、新エネルギーに関する最新の技術動向やメーカーによる実用化事例にまつわるセミナーをオンラインで開催しましたところ、58名の方に聴講していただきました。

★当日の案内チラシはこちら★

開催概要

■開催日時

令和2年11月30日(月) 14:00~16:00

■開催方法

WEBセミナー

■プログラム

あいさつ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 島田 守
基調講演

新エネルギーに対する国の施策と最新の技術動向

国立研究開発法人産業技術総合研究所 西尾 匡弘 氏

事例紹介① パワー半導体材料“酸化ガリウム”

株式会社ノベルクリスタルテクノロジー 倉又 朗人 氏

事例紹介② ワイヤレス給電を使った新たなエネルギーの配り方

株式会社ベルニクス 鈴木 健一郎 氏

事例紹介③ マグネシウム蓄電池実現に向けて

埼玉県産業技術総合センター 栗原 英紀 氏

セミナー総括 コロナ後を見据えた新エネルギー分野のあり方とマッチングの必要性

公益財団法人埼玉県産業振興公社 京島 良幸

■参加費

無料

開催報告

■当日の配信映像

■セミナーを振り返って

本セミナーにおいて、酸化ガリウムの将来展望や、ワイヤレス給電の広範囲に渡る実用化技術、マグネシウム蓄電池の実用化事例と各課題を改めて知る機会になったなど、聴講いただいた方々から多くのご意見をいただきました。
また、このセミナーを契機に、県内中小企業同士のマッチングや、県内中小企業と国・埼玉県の研究機関とのマッチング、県内中小企業と大手企業とのマッチングにつながった事例が7件散見されるなど、県内中小企業の新製品開発や販路開拓の支援につながる機会を創出することができました。
今回のセミナーで講演をしていただいた講演者の皆様、また、聴講していただいた皆様ありがとうございました。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 長谷部

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870?? FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

(募集終了しました)第3回産学連携技術シーズ発表会(超音波技術と先進的な製造技術)
【開催日1月20日(水)】参加者募集の案内

産学連携支援センター埼玉では、ビジネス展開や課題解決に役立つ大学・研究機関・企業の様々な技術シーズを紹介し、「産・学」「産・産」の連携を促進します。
第3回は、「超音波技術と先進的な製造技術」をテーマにシーズを紹介します。
また、併せて総合エレクトロニクスメーカーである 富士通株式会社から技術開発の開放特許をプレゼンテーションします。
大学・研究機関との産学連携に関心のある企業は、是非ご参加を検討ください。

募集チラシはこちら

開催概要

■開催日時

令和3年1月20日(水)13:30~16:10

■受講方法

Zoomウェビナーによるオンラインセミナー

※Zoom社のWEBミーティングシステムを使用したWEB配信によるセミナーです。
※ライブ配信となります。
※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。

■開催概要

13:30~13:40
 開会・事務局説明
13:40~15:40
 シーズ発表
  講演1 超音波を使って見えないものを可視化する技術
        国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 研究員 荒  邦章 氏
  講演2 ファインバブルにおける高性能ノズル開発
        ものつくり大学   技能工芸学部     教 授 平井 聖児 氏
                             教 授 堀内  勉 氏
  講演3 電子機器筐体の隙間から漏洩する電磁波の遮へい方法
        東洋大学  理工学部電気電子情報工学科  准教授 草間 裕介 氏
  講演4 印刷法による大画面TFTアレイシートの製造とセンサー応用技術
        国立研究開発法人 産業技術総合研究所
        エレクトロニクス・製造領域研究戦略部  連携主幹 山本 典孝 氏
15:40~16:10
 開放特許
  講演5 総合エレクトロニクスメーカー 富士通(株)から開放特許の紹介
        富士通株式会社 法務・知財・内部統制推進本部
        知的財産イノベーション統括部ビジネス開発部 主任 田口 有悟 氏

■参加費

無料

【Zoomの注意事項について】
・・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時刻近くになりましたら開催前日までにメールでご案内したURLをクリックし、
ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記入力フォームよりお申し込みください。
・入力フォームはこちらをクリックください←※入力フォームが開きます。

 

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 産学・知財支援グループ 高橋・梶山

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-857-3901 FAX.048-857-3921

メール: sangaku@saitama-j.or.j

「ニーズマッチングin埼玉医科大学病院【開催日:11月20日(金)】」を開催しました

医療イノベーション埼玉ネットワークでは、医療機関の医療者と医療機器メーカー、ものづくり企業が連携し、新たな医療機器を開発する取り組みとしてニーズマッチングを開催しています。
今回は、埼玉医科大学病院から、最新の臨床ニーズを提案いただきました。新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえたオンライン形式での開催でしたが、医療従事者と連携し医療機器開発を推進したい企業様にご参加頂き、臨床起点のマッチングを推進するための大変有意義な会となりました。

開催結果

■日時

・・令和2年11月20日(金) 16:00~17:30

■対象

・・医療機器メーカー、医療機器製造業、医療関係者、医工連携に関心をお持ちの方、医療イノベーションネットワーク企業 等
・・・(※「医療イノベーションネットワーク」…埼玉県内外の企業や大学・研究機関、医療機関などが参加する産学医のプラット
・・・・フォーム
  登録者数:423社・機関(H31.3月末現在) 詳しくはこちら

■会場

・・WEB開催

■参加人数

・・37

■共同主催・・

・・公益社団法人埼玉県臨床工学技士会・医療イノベーション埼玉ネットワーク
・・(事務局 公益財団法人 埼玉県産業振興公社)

■参加費

・・無料

■概要

<ニーズ発表会でのニーズ一覧>

No 開発するデバイスの種類
オートクレーブ可能な包装シート
乳幼児胸部X線撮影支援システム
待機医療機器の充電環境の改善
AIを用いた自動穿刺システム
血糖値持続管理システム
車椅子トイレの補助便座
点滴スタンドのコンパクトサイズへの改善
モバイルアラーム

   
・・・・                                     当    日    の   発   表    の   様   子                                  

お問い合わせ先

先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F

TEL. 048-711-6870 FAX. 048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

 

【終了しました】「第2回 先端医療手術機器研究会(WEB開催)【1月13日(水)】」参加者募集のご案内

公社では、産学医が融合した医工連携ネットワークの形成により、新たな医療機器の開発を支援しています。
現在、先端医療の現場では、手術で使用される医療機器や検査機器が治療や術式などによって日々進化しており、使用されている機器の課題や今後医療現場で求められる医療器具の動向を理解することが益々重要になっています。本研究会では、診療分野の医師を講師としてお招きし、実際の現場の様子や求められるものについてご講演頂きます。
今回は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、オンライン形式でセミナーを開催します。インターネット環境があれば、どこでもパソコン、スマートフォン等を利用してご参加が可能です。
現在、医療機器を開発している企業やこれから開発に取り組む企業は、今後の製品化を進める上で、是非とも参考にしてください。

開催概要

■開催日時

令和3年1月13日(水)13:30~16:00

■開催方法

WEB開催
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したWeb配信で開催します。
・参加者は、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)
Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions
※ 参加申込いただきました皆様には別途参加登録用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆13:30~13:40 開会挨拶

13:40~14:40
・・【講演1】「心臓血管外科における医療機器の役割」
・・ 埼玉医科大学国際医療センター  心臓血管外科 講師 徳永 千穂 氏・・・・・・

14:40~15:40
・・【講演2】「循環器疾患 -治療の進歩はデバイスからー」
・・ 埼玉医科大学国際医療センター 心臓内科 講師 杉 佳紀 氏・・・・・

◆15:40~15:50 閉会挨拶
・・※ご質問は「Q&A」機能で受け付ける予定です。

■定員

100名

■参加費

無料

■対象者

埼玉県内外の医療機器メーカー、医療機器に関わるものづくり企業、
医療イノベーション埼玉ネットワーク企業・大学  等

【聴講された方へ、アンケートのお願い】(任意)
//今後の参考のためにぜひご回答ください。回答はこちらから➝アンケートフォームが開きます
【Zoomの注意事項について】
本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
////開会時間近くになりましたら申し込み後お知らせするURLをクリックし、ご参加ください。
////開会1時間前から接続いただくことが可能です。
・Zoomを初めて使用される方は、必ず「接続テスト」を実施していただくことをお勧めします。
・・[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止いたします。
・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、次の入力フォームに必要事項を記入の上お申し込みください。
下記募集案内パンフレットにご記入のうえFAXでのお申し込みも可能です。
・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます
募集案内パンフレット

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 有海・阿部

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.j

「ロボットアーム・ハンド参入ガイドセミナー&ロボットアーム・ハンド WEB商談会【開催日1月19日(火)】」参加者募集のご案内

近年様々な分野において人手不足が大きな課題になりつつある中、私たちの生活を支えより豊かにしてくれるような人間共生型のロボットの普及導入が進んでおります。また、アフターコロナを見据えた中で、こうしたロボットに対するニーズはますます高まっております。
本セミナーでは、産業用のみならず、普段の一般生活でも役立つロボットの課題解決をする上で重要となる「ロボットアーム・ハンド」の現状と活用事例について解説いたします。
併せて、ロボットハンド・アームの開発現場への参入機会を提供すべく、今回の講師としてお迎えしました企業様との商談会を同時に開催します。

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和3年1月19日(火) 10:00~12:00
◆商談会   令和3年1月19日(火) 13:30~16:30
※商談会は上記時間内で面談時間を商談会参加者様に個別にご案内します。

■会場

なし(WEB形式)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:00~12:00)
(1)ロボットアーム・ハンドの現状
講師 埼玉県産業振興公社 コーディネータ 岩田 昇資 氏
(2)ロボットアーム・ハンドを活用した事例①
遠隔釣りロボットの活用
講師  (株)Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
(3)ロボットアーム・ハンドを活用した事例②
義肢の展望について
講師 (株)リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

◆商談会(13:30~16:30)
◇商談対象者(本セミナー担当講師)◇
株式会社Re-al 代表取締役社長 新明 脩平 氏
株式会社リコー シニアスペシャリスト 武田 謙郎 氏

■定員

50名(商談会は各社6名)

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー
部品納入から製品開発まで様々な形でロボット産業に参入を検討している企業等

◆商談会
ロボット産業に参入を検討している、あるいは既に参入していて事業拡大を図りたい
県内企業(ロボットアーム・ハンドに対する部品納入などを含む。)
詳しくは下記ニーズ情報をご参照ください。

社名 ㈱Re-al ㈱リコー
HP https://re-al.co.jp/ https://www.ricoh.co.jp/
商談希望 ジャンル ロボット制作にあたり、下記の開発及び生産が可能な企業様と商談を希望します。
・遠隔制御ネットワーク構築、生産委託
・工業デザイン
義肢に関するノウハウをお持ちで、サポートが可能な企業及び医療等の関連する企業様
不可条件 商談希望に沿った商談案件を優先させていただきます。

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問? https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
・入力フォームはこちらから→入力フォームが開きます

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎・岡部

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp

【募集終了しました】オンライン彩の国ビジネスアリーナ<先端産業ゾーン(航空・宇宙/医療・ヘルスケア)>出展者募集のご案内

埼玉県産業振興公社は、先端産業関連分野(航空・宇宙/医療・ヘルスケア)への県内企業中小企業の参入及び事業拡大を支援するため
当公社等主催「オンライン彩の国ビジネスアリーナ」に設置する「先端産業ゾーン」に出展する支援対象企業を募集します。

※中小企業の受注確保・販路開拓、技術力向上等を目的に毎年開催している国内最大級のビジネスマッチングイベント
「彩の国ビジネスアリーナ」、本年度はオンライン展示会として開催します。
出展者や来場者の皆様が安心・安全に交流でき、国内外からも多くの方々が参加できる
「オンライン彩の国ビジネスアリーナ」をビジネスチャンス拡大の機会として、是非ご活用ください!

■開催概要

日時 :令和3年 1月8日(金)~2月8日(月)
会場 :さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区新都心8番地)
主催 :埼玉県、(公財)埼玉県産業振興公社、(公社)埼玉県情報サービス産業協会、株式会社りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、埼玉懸信用金庫、飯能信用金庫、川口信用金庫、青木信用金庫

オンラインビジネスアリーナ出展に関する詳細はこちら

■募集の概要

◆募集要領(PDFファイル)

◆出展申込書(Excelファイル)

1 支援の対象企業 下記の要件を満たす企業
①埼玉県内に本社または事業所・工場を有する企業
②[航空・宇宙分野]
・・・埼玉航空機産業参入研究会の登録企業のほか、優れた技術・製品を展示できる企業 等

[医療・ヘルスケア分野]
・・・医療イノベーションネットワーク埼玉に登録済の企業のほか、プロジェクトを活用した
・・・製品・技術を展示できる企業 等

③出展後の書面アンケート調査、商談経過・結果報告に協力すること

2 募集企業数
[航空・宇宙分野]・[医療・ヘルスケア分野] 併せて15社程度
(1社あたり1小間)
※出展支援先審査要領に基づく審査会にて決定する。

3 出展料  スタンダードプラン1小間分の出展料30,000円(消費税込)を公社が負担する。

4 応募受付期限 令和2年11月26日(木)17:00 応募必要書類必着

5 応募方法等  応募必要書類(①出展申込書・②会社案内)を
郵便またはEmail添付、持参のいずれかの方法で応募先に提出してください。

6 出展者決定  提出いただいた出展申込書の内容を基に審査の上決定させていただきます。

応募・問合せ先

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ
航空・宇宙分野:江花
医療・ヘルスケア分野:有海

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: mailto:sentan@saitama-j.or.jp

【募集終了しました】「農業ロボット参入ガイドセミナー・WEB商談会【開催日12月15日(火)】」参加者募集のご案内

日本の農業は、高齢化の進行や新規就農者の不足などにより、労働力が深刻な問題となっており、ロボットを活用した省人化、生産性向上のニーズが高まっています。
こうした中、ますますの活用が期待されている農業ロボットの現状と活用事例について解説いたします。併せて、農業ロボット産業への参入機会を提供すべく、今回の講師としてお迎えしました企業様との商談会を同時に開催します。
また、今回は新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、オンライン形式でセミナー、商談会を開催します。
インターネット環境があれば、どこでもパソコン、スマートフォン等を利用してご参加が可能です。
現在、部品納入から新規開発まで新規にロボット産業への参入を検討している企業は、是非とも参考にしてください。

開催概要

■開催日時

◆セミナー  令和2年12月15日(火) 10:00~12:00
◆商談会   令和2年12月15日(火) 13:30~16:30
※商談会は上記時間内で面談時間を商談会参加者様に個別にご案内します。

■会場

なし(WEBセミナー)
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。
・詳しくは下記の■Zoomの注意事項をご参照ください。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

■開催概要

◆セミナー(10:00~12:00)
(1)「農業機械の現状とロボット技術の活用例」
講師 埼玉県産業振興公社 コーディネータ 酒井 貴之 氏
(2)「農業ロボットの市場と成長性」
講師 農研機構 杉本 光穗 氏
(3)「農業ロボットの先進的な活用事例①」
講師 (株)イーエムアイ・ラボ 代表 西 教生 氏
(4)「農業ロボットの先進的な活用事例②」
講師 (株)ラポーザ 代表 荒井 克人 氏

◆商談会(13:30~16:30)
◇商談対象者(本セミナー担当講師)◇
株式会社イーエムアイ・ラボ 代表 西 教生 氏
株式会社ラポーザ 代表 荒井 克人 氏

■定員

50名

■参加費

無料

■対象者

◆セミナー
部品納入から製品開発まで様々な形でロボット産業に参入を検討している企業等

◆商談会
下記ニーズ情報をご参照ください。

社名 ㈱イーエムアイ・ラボ ㈱ラポーザ
HP https://emi-lab.jp/ http://raposa.jp/
商談希望 ジャンル ロボット作成にあたり、下記業務ができる企業様 ・機械組み立て ・電気配線 ・モータ取り扱い ・制御 などができる ドローンやUGVを使ったスマート農業やインフラ測量を行うためセンサーやカメラに知見がある企業様、データ処理ができる企業様
不可条件 小ロット生産の対応ができない(メインは試作品の製造となるため)

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。

・開会時刻近くになりましたら参加者用URLをクリックし、ご参加ください。開会20分前から接続いただくことが可能です(参加者用URLはお申込み後にお送りいたします)。

・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test

・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことができます。

・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。

・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

お申し込み・お問い合せ

※大変申し訳ございませんが、定員に達したため募集を終了しました。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLをご案内させていただきます。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ 宮崎・岡部

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: sentan@saitama-j.or.jp