企業会計入門研修(17K55)

17k55

儲けのしくみを理解 / 簿記2級クラス / 決算書が読める

企業会計の目的・役割をはじめ、仕分けから決算までの一連の流れをやさしく解説します。簿記の基礎的な知識を身につけたい方や、経営効率化のヒントを得たい方、取引先の信用状態を把握・分析する営業の方にもお勧めです。

受講生の声
  • 数字に対して苦手意識、拒否感を持っていたが、今回の研修で会計に関して理解が深まり、実務でも活かしていきたいと思った
  • 繰り返し演習問題を行うことで、数字の動きが理解できた
  • 会計ソフトでは見えないお金の流れをつかむことができた
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ
研修コード 17K55
研修名 企業会計入門研修
研修日程 平成29年8月2日(水)、3日(木)【2日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669 さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 新入社員・実務担当者・営業担当者・企業会計の基礎を学びたい方
定員 30名
受講料 【会員】15,000円  【一般】19,200円
カリキュラム

1.会計の役割

    • 企業の中での会計の役割
    • 簿記経理の流れ

2.企業会計の基本原理

    • 簿記の基本概念
    • 簿記の5つの概念と財務諸表
    • 取引とは
    • 仕訳と勘定記入
    • 帳簿と伝票

3.諸取引の処理方法

    • 現金預金
    • 売掛金と買掛金
    • 貸付金と借入金
    • 商品
    • 固定資産とその他負債
    • 資本
    • 収益と費用
    • 経費とは

4.企業会計と税金

    • 消費税のしくみ
    • 法人税のしくみ

5.財務分析の基礎

    • 貸借対照表の見方
    • 損益計算書の見方

6.決算書のしくみ

    • 決算書とは
    • 決算手続き
講師紹介 原義彦税理士事務所 税理士
原 義彦 氏

プロフィール

1990年法政大学経済学部卒業。靴メーカーの営業職を経たのち、98年に堀江國明税理士事務所に勤務。企業会計の研究などを手掛ける。2004年税理士登録・独立。

細かくややこしい企業会計の話を、相手の立場に応じてわかりやすく伝えるのに定評がある。

<主な著書>
・『これだけでわかる決算書 読み方のコツ(池田書店)』
・『はじめてでもわかる簿記と経理の仕事(成美堂出版)』 など

備考 演習で電卓を使用します。
公社でも用意しておりますが、日常業務で使い慣れたものの方がよいという方は、お持ちいただくことをお勧めします。カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ