設備の自主保全研修(22KHF)

設備トラブル”ゼロ”を目指し、そのための保全(専門保全、自主保全)の責任と役割を理解していただきます。正しい自主保全を行うことが、設備保全の第1歩であると認識し、自社における設備管理のレベルアップにつなげていただきます。

本研修のポイント

●保全業務についての知識が豊富な講師が担当
●質疑応答が気軽にできる!

お申し込みはこちら

研修コード 22KHF
研修日程 令和4年8月1日(月)、2日(火)【2日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 若手社員、中堅社員、管理職
定員 24名 
受講料 【会員】17,600円(消費税込)  【一般】25,800円 (消費税込)
カリキュラム 1.設備に強い製造担当者
2.設備トラブルの実際
3.設備トラブルのフェーズ
4.保全の仕組み(その分類)
5.故障のメカニズム
6.故障の原因と対策
7.自主保全のステップ展開
8.0ステップ:5Sの理解
9.1ステップ:初期清掃の理解
10.2ステップ:発生源・困難箇所対策の理解
11.3ステップ:自主保全仮基準書作成の理解
12.4ステップ:総点検の理解
13.自主保全をうまく進めるには
14.保全と製造の役割分担
15.専門保全の機能と役割
講師紹介 株式会社日本能率協会コンサルティング
コンサルタント 中西 浩明 氏

プロフィール

社団法人日本プラントメンテナンス協会に入職。コンサルタント管理業務やTPM優秀賞審査
事務局などを担当。分社化にともない株式会社JIPM ソリューションに移籍後、海外や国内
の営業を担当。タイに赴任。タイからの帰国後、株式会社日本能率協会コンサルティングの
コンサルタントとして現在に至る。

備考 ・新型コロナウイルス感染症対策を徹底し開催いたします。感染状況により、中止・延期・
WEB開催となる場合があります。公社の防止対策について詳しくは下記をご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。