募集中次世代自動車産業支援

CASE無料講演会「モビリティ変革の動向をつかむ」参加者募集【開催日:11月26日(火)】

自動車産業に変革をもたらす技術(CASE)や複数の交通手段を快適に利用する技術(MaaS)について現在、どのような開発が進められ、これからどのような車社会となっていくのかを学んでいただく講演会です。
自動車産業に関わる方はもちろん、様々な企業等の皆様のご参加をお待ちしています。
CASEConnectedAutonomousShared & ServicesElectric 
MaaS Mobility as a Service)

開催日時等

日 時:令和元年11月26日(火)13:30-16:30
会 場:新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室(さいたま市中央区上落合2-3-2)
参加費:無料

内 容

■講演1 「自動運転の高度化を目指して」

<講師>
 日産自動車株式会社 総合研究所 モビリティ&AI研究所 所長 山村 智弘 氏

<講演の概要>
これから知能化が進むクルマとして、自動運転技術のさらなる高度化が求められています。日産自動車での最新の研究成果の一部として、ドライバ特性を理解・反映した自動運転特性の研究例や、モビリティサービス実現に向けた取り組み例を紹介します。

<プロフィール>
1987年  東京大学工学部航空学科 卒業
1987年  日産自動車入社 研究、先行開発、情報システムなどの業務を経験
2018年~ 現職
      専門分野:運転支援システムのヒューマンファクター、人間工学、
      シミュレーション技術

■講演2 「自動運転の発展を支える自動車部品開発」

<講師>
 日立オートモティブシステムズ株式会社
 技術統括本部 次世代モビリティ開発本部 自動運転技術開発部
 主幹技師 谷道 太雪 氏

<講演の概要>
自動運転の発展には、人間の目の代わりに人・車・標識・車線等の道路環境を捉える外界認識と、脳の代わりに運転の仕方を考える高度な情報処理技術が欠かせません。本講演では、自動運転に必要な外界認識を支えるセンサ装置と情報処理を実行する計算装置の開発について紹介します。

<プロフィール>
1998年 自動車間制御用ECU(Electric Control Unit)の開発に従事
2013年 社内プロジェクト自動運転プロジェクトリーダ
2016年 日立オートモティブシステムズアメリカ先行開発部門シニアダイレクタ
現在  自動運転開発技術部にて自動運転システムの企画担当主幹技師。

■講演3 「ナビタイムジャパンのMaaSに関する取り組みと今後の展開」

<講師>
 株式会社ナビタイムジャパン MaaS事業部 部長 森 雄大 氏

<講演の概要>
日本におけるMaaSの動向のご紹介と、ナビタイムジャパンのコア技術である「トータルナビ」を活用したマルチモーダルなモビリティサービスや交通事業者などとの連携、今後の展望などについて紹介します。

<プロフィール>
2009年 株式会社ナビタイムジャパン入社。2年間モバイルアプリケーション開発に従事。
2011年 商品企画部門へ異動。『自転車NAVITIME』、『カーナビタイム』を企画。
2013年 テレマティクス事業部長に就任。コネクテッドカー向けにオンラインサービスを
    提供する事業を立ち上げ、同サービスを欧州自動車メーカー複数社に導入。
2016年 トータルナビ事業部長に就任。徒歩、電車、バスなど複数の移動手段を組み合わせて
    最適な経路案内を行う『NAVITIME 』を提供する事業の責任者を務める。
2019年 4月よりMaaS事業を立ち上げ、責任者を務める。

お申込み(受付中)

こちらからお申込みください。(メール送信フォーム)

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp