募集終了先端産業振興

【募集終了しました】「第1回CASE研究会技術セミナー(Web配信)【開催日8月30日(火)】」のご案内

~カーボンニュートラルとCASE~

2050年までのカーボンニュートラル実現がグローバルに要請されている。カーボンニュートラルを代表とする自動車の課題解決のためには電動化などCASEの各要素がばらばらに進化するだけではなく、CASE各要素間の融合やエネルギー・DXなど他要素との融合が求められている。今回はカーボンニュートラル実現のために必要なアクションについて自動運転・EV車・MaaS・電力とクルマの連携について最新動向を紹介する

※ご案内チラシ

開催概要

■開催日時

令和4年8月30日(火 13:30~16:00(Zoomウェビナー)

■開催方式

WEBセミナー(オンラインセミナー) Zoom開催
・Zoom社のWebミーティングシステムを使用したセミナーです。
・参加者は、インターネット環境のある場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後に
お知らせする受講用URLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。

・Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加者用URLを開催前日までにご案内させていただきます。

■講演内容

 

講演1
テーマ 自動車産業の現状と将来のあり方について
講師 経済産業省
製造産業局 自動車課 課長補佐(戦略総括) 小林 直貴 氏
概要 「CASE」(コネクティッド・自動化・サービス・電動化)と呼ばれる、「グリーン化」と「デジタル化」が大きな潮流となる中、今後世界で自動車の作り方・使い方が大きく変革していく可能性がある。自動車をとりまく環境変化を踏まえ、①目指すべき「モビリティ社会」や、②その実現に向けて解決すべき課題(ミッション)側から見た取組について講演する。
プロフィール 2012年経済産業省入省。資源エネルギー庁省エネルギー課、国際課において東日本大震災後のエネルギー政策に携わる。その後、防衛省防衛装備庁への出向を経て、通商政策局国際経済課にてG20議長国として貿易分野の閣僚声明・首脳声明の調整に携わる。米国マサチューセッツ工科大学への留学を経て、2022年6月より現職。
講演2
テーマ CNと防災に寄与する東京電力の新しい電化・V2H
講師 東京電力ホールディングス株式会社

経営技術戦略研究所 事業開発推進室 電化開発プロジェクトグループ

グループマネージャー 猿田 健一 氏

概要 当社は、CN(カーボンニュートラル)実現に向けた需要の電化、またレジリエンス(防災)向上のため、家庭用の太陽光発電、蓄電池、EVの連携を可能とする多機能パワコンシステムの開発を進めております。講演では、主に、開発の背景、システムの特長、そして将来の活用イメージについてご紹介いたします
プロフィール 1999年3月筑波大学大学院理工学研究科卒業。

1999年4月東京電力(株)入社。

変電部門・法人営業部門を経て、主に、蓄電池の運用・評価・活用技術の研究に従事。現在、経営技術戦略研究所に所属し、電化開発に関わるプロジェクトを担当。

 

■定員

80名(申込先着順)

■参加費

無料

■申込期限

8月25日(木)16:00まで

■お申込み

参加をご希望される方は、下記の入力フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。

※お申込み受付は終了しました。

※ 参加申込いただきました皆様には別途参加に必要なZoomアドレス等を開催前日までに
ご案内させていただきます。

■Zoomの注意事項

・本セミナーではオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を使用します。
・参加に必要なZoomアドレス等は、開催前日までにお申込み時に登録いただいた
E-MAILへお送りいたします。
・Zoomを初めて使用される方は、事前に「接続テスト」を実施されることをお勧めします。
[接続テスト用URL] https://zoom.us/test
・イヤホンやヘッドセットを使用されますと、よりクリアな音声でご参加いただくことが
できます。
・Zoomが出力する映像や音声の録画、撮影、録音は禁止します。
・Zoomのよくある質問➝ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/206175806-Top-Questions

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 先端産業振興グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-711-6870   FAX.048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp