募集中次世代自動車産業支援

第5回CASE研究会in彩の国ビジネスアリーナ2020 講演・試乗会「自動運転の最新技術」ほか参加者募集【開催日:1月29日(水)~30日(木)】

 次世代自動車センター埼玉では、彩の国ビジネスアリーナ2020(多様な業種の技術、製品等を紹介する展示・商談会)において、これからの自動車産業において変革をもたらす最新技術を紹介する様々な講演会・ミニプレゼンを実施いたします。
 開催当日は、関連した技術・製品等が展示されていますので、ぜひ、会場にお越しください。
このほかにも、「新時代を彩る、埼玉の技術力!」をスローガンに様々な業種の企業が600社以上の展示や講演会を行います。
 大変多くのビジネスヒントが展示されていますので1日では回り切れない内容となっております。プレゼンも2日間実施されますので、ぜひ両日ともお越しください。

1.CASE研究会 [自動運転] 特別講演(29日)・試乗会(29日,30日)

■特別講演会

 テーマ:公道走行可能な自動運転バスの実験車両と自動運転の実用化・市販化
 日 時:令和2年1月29日(水)
          講 演 15:00-15:45
          試乗会 15:45~(希望者のみ、所要時間10分程度)
          ※試乗会はこのほかにも30分~1時間おきに2日間実施予定です。
           どの回にご参加いただいても内容は同じです。
 会 場:彩の国ビジネスアリーナ2020 講演会場C
      (さいたまスーパーアリーナ さいたま市中央区新都心8
 定 員:70名
 参加費:無料
 講 師:埼玉工業大学 工学部情報システム学科 教授 渡部 大志 氏
  

<講演の概要>
 埼玉工業大学で取り組んできた自動運転の公道実証実験とそのノウハウをもとに開発し、実用化・市販化を目指している、公道走行可能な自動運転バス車両についてお話いただきます。

<プロフィール>
 東北大学大学院理学研究科修了。博士(理学)。専門分野は「自動運転」「画像工学」「バイオメトリクス」などの情報工学。自動車技術会、電子情報通信学会などに所属。埼玉工業大学発の自動運転ベンチャー「フィールドオート」の社長でもある。

■試乗会

講演終了後に希望者は、埼玉工業大学で開発している自動運転バスにご試乗いただけます。
   

💡Point!
 試乗では、カメラ画像、ライダー画像、三次元  地図データとの対比がご覧いただけます。
 ※渡部講師による自動運転の講演会は、初日のみですが、試乗会は、2日間実施する予定です。
  天候等により、試乗会が、中止になる場合もあります。

お申込みはこちら

2.その他のプレゼン等

 彩の国ビジネスアリーナ2020の開催期間中(令和2年1月29日(水)~30日(木))に講演会場Cにおいて、次世代自動車に関する技術プレゼン等を行います。
 プレゼン企業の出展ブースは、講演会場Cに隣接しておりますので、ご参加いただいた後は、ぜひ、それぞれのブースにもお立ち寄りください。皆様の参考にしていただけると思います。

 開催日:令和2年1月29日(水)、30日(木)
 会 場:彩の国ビジネスアリーナ2020 講演会場C
     (さいたまスーパーアリーナ さいたま市中央区新都心8
 定 員:70名
 参加費:無料
   (埼玉工業大学、NTT東日本は、申込が必要です。
    それ以外のプレゼンにつきましては、入退場自由です。)

彩の国ビジネスアリーナ2020 講演会場C 講演・プレゼン スケジュール

※内容は変更になる場合がございます。

1/29(水)
開始 終了 プレゼンテーマ プレゼン企業 内容
11:00 11:30 将来を見据えたクルマの魅力づくり マレリ(株) 2019年10月より、カルソニックカンセイと伊Magneti Marelli社は統合し、独立系としてグローバルTOP10に入るTIER1サプライヤ『MARELLI』として活動しています。100年に一度といわれる変革期にMARERRIが考える将来に向けた車の魅力づくりを解説します。
11:50 12:10 車室内センシング技術へのクラリオンの取り組み クラリオン(株) セーフティアンドインフォメーションシステム、自動車向けクラウド情報ネットワークサービス、 業務車両向け運行管理システム、カーナビゲーション、カーオーディオ等の自動車関連製品を開発してきた実績を持つクラリオンが取り組む車室内センシング技術の取り組みをご紹介します。
12:30 12:50 HONDA「N」からのご提案~コスト削減+多様な活用方法のご紹介~ 本田技研工業(株) HONDA「N」シリーズに開発メンバーが込めた妥協しない思いとそこから生み出された様々なパーツを組み合わせたあらゆるシーンで活用できる可能性をご紹介します。「N」は、業種を問わず皆様の活用シーンに合わせた最高の1台となります。「Nならここまでできる!」を展示と併せてご紹介します。
15:00 15:45 公道走行可能な自動運転バスの実験車両と自動運転の実用化・市販化 埼玉工業大学

要申込

埼玉工業大学で取り組んできた自動運転の公道実証実験とそのノウハウをもとに開発し、実用化・市販化を目指す、公道走行可能な自動運転バス車両についてお話します。
1/30(木)
開始 終了 プレゼンテーマ 講演者 内容
11:20 11:40 HONDA「N」からのご提案~コスト削減+多様な活用方法のご紹介~ 本田技研工業(株) HONDA「N」シリーズに開発メンバーが込めた妥協しない思いとそこから生み出された様々なパーツを組み合わせたあらゆるシーンで活用できる可能性をご紹介します。「N」は、業種を問わず皆様の活用シーンに合わせた最高の1台となります。「Nならここまでできる!」を展示と併せてご紹介します。
12:00 12:30 中小企業の未来を創る、新しい価値を生み出すIT活用の本質 SOLIZE Engineering(株) 人手不足、事業継承、労働生産性・・・課題が散在する一方で、グローバルビジネス、オープンイノベーションと新しい可能性の芽がある事も事実です。
セミナーでは、これまで培ってきた企業の潜在的な力を引き出し、知恵が活きる企業へと変革するポイントをお伝えします。
13:00 14:00 NTT東日本が手掛ける中小製造業におけるAI活用について-ものづくりを支援するAI導入のポイント(ヒントと進め方)- NTT東日本

(要申込)

※申込HP準備中

NTT東日本では、数々のAI関連事業を手掛けています。その中で2018年に埼玉県より委託を受け、中小製造業の外観検査の自動化に向けたAI活用による検証事業を実施しました。その経験を生かし、ものづくりにおけるAI導入のポイント(ヒントと進め方)について事例を交えながらご紹介いたします。
14:10 14:30 将来を見据えたクルマの魅力づくり マレリ(株) 2019年10月より、カルソニックカンセイと伊Magneti Marelli社は統合し、独立系としてグローバルTOP10に入るTIER1サプライヤ『MARELLI』として活動している。100年に一度といわれる変革期にMARERRIが考える将来に向けた車の魅力づくりを解説します。
14:30 14:50 自動駐車・自動運転への取り組み クラリオン(株) セーフティアンドインフォメーションシステム、 自動車向けクラウド情報ネットワークサービス、 業務車両向け運行管理システム、 カーナビゲーション、カーオーディオ等の様々な自動車関連製品を開発してきた実績を持つクラリオンが取り組む自動駐車・自動運転の取り組みをご紹介します。
15:10 15:30 作動カットモデルの製作過程 埼玉自動車大学校 様々な作動カットモデルとその製作過程を紹介いたします。完成後には見る事の出来ないフレームの特殊な内部構造や各部品単体の製作過程を盛り込み、ハイブリット車や電気自動車などのカットモデル完成までの製作現場を解説させて頂きます。
15:30 15:50 HONDA「N」からのご提案~コスト削減+多様な活用方法のご紹介~ 本田技研工業(株) HONDA「N」シリーズに開発メンバーが込めた妥協しない思いとそこから生み出された様々なパーツを組み合わせたあらゆるシーンで活用できる可能性をご紹介します。「N」は、業種を問わず皆様の活用シーンに合わせた最高の1台となります。「Nならここまでできる!」を展示と併せてご紹介します。

※この他にも、東洋電装(株)、ヤマト運輸によるプレゼンも実施を予定しています。
 プレゼン内容、時間等が変更になる場合がございます。情報は随時更新いたします。

3.特別講演 Hondaの夢を世界の空に

 次世代自動車支援センター埼玉の主催でHonda Aero,Inc.社長 藁谷様によるお特別講演を開催いたします。
 テーマ:Hondaの夢を世界の空に~Hondaにおけるジェットエンジン開発~
 日 時:令和2年1月29日(水)13:00~14:30
 会 場:彩の国ビジネスアリーナ2020 講演会場A
     (さいたまスーパーアリーナ さいたま市中央区新都心8
 定 員:260名
 参加費:無料
詳細・お申込みはこちら

 

 

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp