募集中次世代自動車産業支援

「令和元年度 第3回モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」参加者募集のご案内【開催日:令和元年11月13日(水)】

次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため、「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」を設置しています。同研究会では、最新の技術動向や業界の技術ニーズなどの情報共有の場として技術セミナーを開催しています。今回は、『水素社会に向けた燃料電池車の現状と今後』を研究会テーマとし、2名の講師を迎えて講演していただきます。

チラシ

内容

【テーマ】『水素社会に向けた燃料電池車の現状と今後』

【講演1】「FCVの開発と初期市場の創出~水素社会を目指して~」

<講師>
トヨタ自動車株式会社 先進技術統括部
担当部長 河合 大洋 氏
<講演概要>
2019年夏までに、国内・米/加州・欧州で合計9000台以上のFCV/MIRAIが市場導入され、FCバス/SORAも2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け100台規模の導入が始まりました。日本、米国、欧州各国に加え、中国での取組が活発になっています。本講演では、日本、欧州、米国、中国等における水素、FCVを取り巻く現状と課題、今後の方向性について説明します。

【講演2「水素エネルギー社会への取組」

<講師>
日本エア・リキード株式会社 水素エネルギー事業部 事業推進部
マネージャー 谷水 賢史 氏
<講演概要>
水素は輸送部門のエネルギー転換における解決策の一つとして更なる注目を集めています。エア・リキードは50年以上にわたり、水素の製造から貯蔵、供給に至るバリューチェーン全体における専門技術を培ってきました。水素ステーションの整備を通じたエア・リキードの取組と現状を紹介します。

開催日時等

日時

令和元年11月13日(水)13:30-15:30

会場

新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室(さいたま市中央区上落合2-3-2)

参加費

自動車産業部会会員 無料
公社会員 1,000円
上記以外 2,000円
(すべて消費税含む、当日現金で申し受けます。)

お申込み

お申込みはこちら(webフォーム)から
または、チラシ裏面のFAX申込書よりお申込みください。

チラシ

メールでの募集案内について

各種研究会その他イベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はjidosha@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

お問い合わせ先

〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2  新都心ビジネス交流プラザ3階
次世代自動車支援センター埼玉
(公財)埼玉県産業振興公社 新産業振興部 IoT・技術支援グループ 黒田

TEL. 048-621-7051 FAX. 048-857-3921

メール: jidosha@saitama-j.or.jp