募集終了中小企業AI・IoT活用支援

【募集終了しました】令和元年度 第2回 IoT普及セミナーを開催します【開催日:6月19日(水)】

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、主に埼玉県内の中小製造業がIoTを活用する際に参考となる情報を提供するため、IoT普及セミナーを開催します。第1部では、IoT化の対応で変わるものづくり企業のビジネスモデル及び競争優位の源泉と企業間関係についてご説明いただきます。第2部では、補助金を活用してIoTシステムを導入した県内中小製造業より、IoTシステムを導入したきっかけや成果など、事例を通してご発表いただきます。

チラシ

開催日時等

日時:令和元年6月19日(水)14:00-16:30
会場:新都心ビジネス交流プラザ4階 会議室A・B(さいたま市中央区上落合2-3-2)
対象:埼玉県内の中小企業経営者・実務者等
定員:50名(申込順)
参加費:無料

内容

(第1部)14:00~15:10

「ものづくり企業のIoT利活用の経営戦略」
~IoT化対応で変わるビジネスモデル及び競争優位の源泉と企業間関係~

<概要>
上位の大手発注企業は、自社のIoT化が進み、下請けとなる中小企業にデータ連携を求めている。今後は、下請け受注サイド企業の競争力の源泉は、従来のQCDから、IoT活用による生産管理能力の向上とデータ連携が重要となる。
<講師>
岩手県立大学 総合政策学部  准教授 近藤 信一 氏
<プロフィール>
早稲田大学卒。財団法人機械振興協会経済研究所で研究副主幹をつとめ、現在岩手県立大学で、経営戦略論に関して教鞭をとっている。専門は、国際経営戦略論。最近は、IoT利活用の経営戦略に対する考察を東北各県等で講演し、好評を博している。

(第2部)15:20~16:30

「平成30年度IoT補助金で導入したIoTシステム成果発表」

1.「IoT活用の企業連携で設備故障による生産遅延「Zero化」事業」

<概要>
支給検査機にIoT機能を実装し常時動態監視することで異常の早期対応を可能にした。また、発注、生産、出荷、在庫等を管理する専用受発注システムを開発。

<発表者>
司ゴム電材株式会社

2.「IoT機器導入による生産状況の見える化及び取得データ分析と実現化の把握」

<概要>
全プレス加工設備の生産数を含む稼働状況データをIoT機器を活用して自動取得し、取得データをグラフ表示で見える化し、早期の異常処理や生産性向上施策につなげている。
<発表者>
株式会社G.W.JAPAN

3.「マネキンの生産性向上に向けた顧客へのVR(仮想現実)環境の提供」

<概要>
高性能3Dスキャナーでデータ化したマネキンモデルをクラウド上の仮想空間で顧客と共有し、チャット等の活用でリアルタイムに商談・打合せ効率を飛躍的に向上。

<発表者>
株式会社モード工芸

お申込み

募集は終了いたしました。

チラシ


募集開始のご案内について

IoT普及セミナー、その他IoTイベントの募集については、メールでもご案内しております。
ご希望の方はiot@saitama-j.or.jpまでご連絡ください。

(公財)埼玉県産業振興公社

新産業振興部 IoT・技術支援グループ

〒338-0001 埼玉県さいたま市 中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3階

TEL. 048-621-7051FAX. 048-857-3921

メール: iot@saitama-j.or.jp