【NEW】パワハラを生まない職場づくり研修(22KNL)

令和4年度より中小企業にも〖職場におけるハラスメント防止法〗が適応され、その対策が義務化されます。大切なことは未然防止。この研修ではパワハラをしてしまったこと(人)への対策ではなく、パワハラを生まない〖安心安全な職場・組織〗作りに必要なことを学びます。また、パワハラは時に被害妄想から騒いでしまうこともあり、その場合は逆パワハラにもなりかねません。マイナスの意味付けの癖を知ることも未然防止へと繋がっていきます。
パワハラ防止研修は非常にデリケートな部分を含んでいますが、【パワハラ防止法が適応される】【対策が義務化される】というこのタイミングで、自社の組織づくりを再構築しましょう。

本研修のポイント

● 人事担当者、管理職、リーダー向けの研修
● パワハラを生まないことにフォーカスした研修
● 演習、グループ討議あり

お申し込みはこちら
研修コード 22KNL
研修日程 令和4年5月11日(水)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 人事担当者、管理職、リーダー
定員 24名
受講料 【会員】8,800円(消費税込)【一般】12,900円 (消費税込)
カリキュラム 1.パワーハラスメントとは(パワハラの定義)
2.安心安全な組織(職場)とは
3.自分の思考のタイプを知る
4.志向のタイプ別伝え方・叱り方・受け留め方の癖を知る
5.タイプ別に誤解をされない具体的な使え方を学ぶ
6.出来事に対しての意味付けは個々で違う(被害妄想を生まない意味付け)
7.違いのすり合わせ
8.安心安全な組織づくりのために組織づくりの再構築
講師紹介 スクール コミュニケーション サポート 代表 齋藤 由起子 氏

プロフィール

国際線客室乗務員として勤務後フリーで研修講師となる。接遇研修、コミュニケーションスキルアップ研修を得意とし、研修実績は延べ7万人。埼玉県産業振興公社では20年近く主に新入社員研修・若手社員育成研修・職場のコミュニケーション活性化研修などに携わる。2019茨城国体ボランティアマナー講師としても活躍。

備考 ・新型コロナウイルス感染症対策を徹底して開催いたします。感染状況により、中止・延期・WEB開催となる場合があります。公社の防止対策について詳しくは下記をご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。