QC手法入門研修(川越)(21KQF)

品質管理の基礎となるQC手法について学びます。特に、チェックシート、パレート図、特性要因図については身近な事例を用いた演習やグループディスカッションを交えながら、分かりやすく習得する。

本研修のポイント

●品質管理の基礎となるQC手法を学ぶ
●グループディスカッションを交えながら習得

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら
研修コード 21KQF
研修日程 令和3年10月19日(火)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 ウエスタ川越 2階会議室1,2  
川越市新宿町1-17-17(川越駅から徒歩5分)
対象者 新入社員、若手社員、中堅社員
定員 20名 ※1テーブル1名での着席
受講料 【会員】7,800円(消費税込)  【一般】9,900円 (消費税込)
カリキュラム 1.品質管理~データの取り方、まとめ方

2.QC手法の必要性とその種類

3.基本的QC手法の演習(体得)
・チェックシート
・パレート図
・特性要因図

※親和図、系統図、マトリックス図についての用語説明も行う。

講師紹介 職場活性化研究所 代表  渡辺 孝 氏

<プロフィール>
東洋インキ製造(株)にて労務本部課長、人材開発部課長をはじめ、
QCサークル推進室長、TQC推進本部課長を歴任。
同社を退職後、QC・TQM活動に関する知識を活かして、
自ら職場活性化研究所を設立。多くの企業で品質管理活動の指導講師として
活躍するとともに、QC・TQMの普及・啓発活動を推進している。
また、デミング賞やQCサークル活動で著名な(財)日本科学技術連盟において、
TQM奨励賞審査員・QCサークル上級指導士、元QCサークル本部指導員
として活躍中である。

備考 ・新型コロナウイルス感染症対策を徹底して開催いたします。感染状況により、中止・延
期・WEB開催となる場合があります。公社の防止対策について詳しくは下記をご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。