管理者のための問題解決力向上研修Ⅱ(21KCF)

部門強化のためには、組織(人と業務)問題の本質を的確に捉えた上で、組織課題を設定し解決していくことが管理者に求められる必須の役割行動です。
本研修では、部門の問題解決を図るための手法と解決策を実行するための知識と技能を習得します。

本研修のポイント

● 管理職向けの研修
● 管理職として問題解決力を養成する研修
● 演習、グループ討議あり

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 21KCF
研修日程 令和3年12月10日(金)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 部門責任者(チームリーダー、グループリーダー、課長、部長)の方、管理者候補の方
定員 24名
受講料 【会員】7,800円  【一般】9,900円 (消費税込)
カリキュラム 1.管理者としての問題解決の考え方
(1)問題解決力が求められる領域
(2)管理者は日々多様な問題解決を行う立場にある(3種類の問題と問題発見の仕方)
(3)マネジメント問題の把握と問題・課題の整理
2.問題解決のステップと手法
(1)問題解決の6ステップ
(2)問題解決の各種手法
3.問題解決の5つの重要視点
(1)目的志向の視点
(2)原因帰属の視点
(3)時間軸の視点
(4)システム志向の視点
(5)問題構造究明の視点
4.管理者のマネジメント力の向上
(1)優れた管理者が行っている問題解決法の特徴
(2)チームによる問題解決と管理者の役割
(3)部下の意識・行動改善への指導
5.まとめ
(1)管理者の役割を果たすにはコンセプチュアルスキル(概念化思考、分析思考)が重視される 他
講師紹介 株式会社Up’s Consulting 代表取締役 村岡 滋 氏

プロフィール

大学卒業後、大手印刷会社、大手プラスチックメーカーにて営業、事業企画に従事。同時に社内管理職試験講師も務める。米国現地法人へ副社長として出向、赤字の会社の黒字化。帰国後はSBUのGM(グループマネージャー)として事業損益責任者と営業総括責任者として従事した後、独立。
独立後は、中小企業庁や中小機構、埼玉県産業振興公社等の支援機関のコーディネーター、専門家、企業の研修講師として活躍、現在に至る。

備考 ・新型コロナウイルス感染症対策を徹底して開催いたします。感染状況により、中止・延期・WEB開催となる場合があります。公社の防止対策について詳しくは下記をご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。