若手・中堅社員のための分かりやすいビジネスコミュニケーション研修 (21KA3)

ビジネスのあらゆる場面で求められる、分かりやすく説得力のある説明や話し方=ロジカルコミュニケーションを習得する一日です。相手に言いたいことが伝わらないのはなぜなのか、コミュニケーションで陥りやすい失敗パターンを知り、相手に分かりやすい話し方の技法を講義と実践を重ねながら習得します。どなたにとっても、受講後職場ですぐに生かせるスキルです。

本研修のポイント

●分かりやすい話し方(伝え方)の重要性を認識
●分かりやすい話し方のための話法や情報整理法を理解し習得
●ワークを通して日常で効果的に活用できることを実感

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 21KA3
研修日程 令和4年2月14日(月)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 若手社員、後輩指導にあたる中堅社員
定員 24名
受講料 【会員】7,800円  【一般】9,900円 (消費税込)
カリキュラム 1.オリエンテーション
(1)本研修のねらいと趣旨
(2)コミュニケーションとは
2.分かりやすい話し方
(1)分かりやすい話し方の3大要素
(2)分かり難い話し~陥りやすいパターンを認識する~
(3)分かりやすい話の構成法
(4)伝えたい情報を分かりやすくする情報整理法
(5)その他のストーリーライン
3.総合ワーク
(1)業務をテーマにした話の作成
(2)発表/フィードバック
4.まとめ
講師紹介 株式会社リンクスビジネスラボラトリー 代表取締役 山田 主規 氏

プロフィール

1965年東京生まれ。日本大学生物資源科学部卒業後、大手コンサルティングファームを経て、1994年、コンサルティング事務所AMC(オーセンテック・マネジメント・コンサルティング)を設立。同事務所代表に就任。1998年、各分野の工キスパー卜を融合させたシンクタンク機関「~会社を元気にする会社~リンクス経営研究所」を設立。同グループ代表。現在は、主に中小・中堅企業再建支援コンサルティング及び上場企業やベンチャー企業の経富戦略・マーケティンゲ・組織開発コンサルテイングを中心に活躍中。

備考 ・新型コロナウイルス感染症対策を徹底して開催いたします。感染状況により、中止・延期・WEB開催となる場合があります。公社の防止対策について詳しくは下記をご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。