損益分岐点からはじめる利益計画・資金計画研修(WEB開催)(20KUI)

利益のカギをにぎる損益分岐点について、事例解説を交えながら習得します。特に、利益を上げるための方策や改善案についてお悩みの方必見です。どの製品を売れば利益につながるか、どこまで値下げができるかなど、売り上げと経費のバランスを見るのに最適な損益分岐点の知識を身につけ、利益を創出できる会社作りをしましょう!

本研修のポイント

●数字が苦手な方でも理解しやすいようにカリキュラムを工夫しています
●プロの税理士がわかりやすく解説します
●他社の事例紹介もあります

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 20KUI
研修日程 令和3年2月2日(火)【半日】
研修時間 13:30~16:30
研修会場 Webセミナー(オンラインセミナー)

【受講方法】
Zoom
※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます
※ セミナーを録画させていただきますのでご了承ください
※ セミナー後、期間限定で録画動画を配信します(セミナー受講者限定です)

Zoomを使用したWeb配信によるセミナーです。
参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコンやタブレット、スマートフォン等から、申し込み後お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。

(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネットに接続するための通信料金はご参加者負担となります。)

対象者 経営者、経営幹部、営業部門長、営業担当者、新規事業開発担当者
※「要点集中!決算書の見方研修」を受講した方、または同等の知識のある方
定員 40名
受講料 【会員】4,600円  【一般】5,700円 (消費税込)
カリキュラム 1.損益分岐点① ~変動費と固定費の区分
(1)変動費と固定費の区分が問題点を浮き彫りにする
(2)固定費・変動費とは
(3)限界利益・限界利益率とは
(4)損益分岐点の算出の例題
(5)損益計算書の構造と変動費・固定費の区分対象
(6)変動費と固定費の区分が実務的に役立つ
(7)限界利益率は1-(変動費÷売上高)に置き換えできる

2.損益分岐点② ~応用式が役に立つ
(1)損益分岐点を小さくするには
(2)収益上のゆとり(経営安全率)を見よう
(3)損益分岐点(トントンの売上高)の応用式は役立つ
(4)固定費の変化を見る注意点

3.利益計画・資金計画
利益計画の基礎、条件変化への対応

4.事例分析

講師紹介 税理士法人Triple Win 代表社員税理士 堀江 亮佑 氏

プロフィール

2014年税理士登録。35歳若手税理士。会社経営に真に貢献できる税理士像を目指し、税理士業務のみならず、セミナー活動にも力を注いでいる。
<主な著書>
・『税理士必携 業種別税務ハンドブック(ぎょうせい)』
・『税理士必携!顧問先企業の財務データ分析・指導マニュアル(日本法令)』

税理士法人Triple Win 社員税理士 堀江 國明 氏

プロフィール

1985年税理士登録
1987年独立開業
現在、税理士業務の他に研修会やセミナー等における講演活動を積極的に行っている。
<主な著書>
・『ゴルフのスコアでみる損益分岐点(ぎょうせい)』
・『これだけでわかる決算書(池田書店)』
・『税務証拠資料全書(中央経済社)』
・『貸付用語辞典(銀行研修社)』
・『はじめてでもわかる簿記と経理の仕事(成美堂出版)』
・『税理士必携!顧問先企業の財務データ分析・指導マニュアル(日本法令)』

備考 ・新型コロナウイルス感染症対策を徹底して開催いたします。感染状況により、中止・延期・WEB開催となる場合があります。公社の防止対策について詳しくは下記をご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。