【WEB研修に変更】現場改善実践研修(20KEE)

5Sや目で見る管理、工程分析といったなど基本的な改善手法を復習した後、受講者には自社における現場改善の提案と実践をしていただきます。最終日には、その改善結果を持ち寄り、講師を交えフォローアップを行います。

本研修のポイント

●現場改善実践とフォロー

●効果的なムダ取り手法

●生産性向上とIE

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら
研修コード 20KEE
研修日程 令和3年2月5日(金)、3月2日(火)【2日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 配信元:公社 大きな地図で見る
Webセミナー(オンラインセミナー)に変更しました。

【受講方法】Zoom
※ 参加申込いただきました皆様には別途参加URLをご案内させていただきます
※ セミナーを録画させていただきますのでご了承ください

Zoom社のWebミーティングシステムを使用したWeb配信によるセミナーです。
参加者は、インターネット環境のある好きな場所で、自身のパソコン等から、申し込み後
お知らせするURLをクリックすることで、ご参加(視聴)いただけます。
当日は、演習を行う予定ですので、パソコンでご参加ください。

(※Zoomは「無料」で使用できます。ただし、インターネット接続の通信料金はご参加者
負担となります。)

対象者 中堅社員、管理職、生産工学(IE)を学びたい方
定員 30名
受講料 【会員】15,600円  【一般】19,800円 (消費税込)
カリキュラム 1.現場改善の考え方
・製造業を取り巻く環境変化と工場の課題
・生産活動の基本(QCD、4M、5S)
・現場改善の必要性
・現場改善の考え方と改善の原理原則

2.各企業における現場改善の現状
・なにが「ムダ」かを考え直す
・事例から見る現場改善
・人の動き方に注目する

3.自社現場改善の進め方
(自社における改善実践)

4.自社現場改善発表

5.生産性向上と安全確保
・生産性とは
・安全確保とは
・生産方式を改めて考える
・レイアウト変更のすすめ
・設備投資までの考え方

講師紹介 有限会社コンサルティングベルオフィス 代表取締役  鈴木 規男 氏

<プロフィール>
ヤマハ発動機㈱にて現場改善・生産性向上の指導、また新工場計画立案等の業務に
従事した後、1994年、コンサルタントとして独立した。
現在、自動車部品、電器、食品、化学等の企業コンサルティング活動を行うほか、
各地の「現場改善活性化セミナー」等の講師として、国内外で活躍されている。

備考 ・新型コロナウイルス感染症対策を徹底して開催いたします。感染状況により、中止・延期・WEB開催となる場合があります。公社の防止対策について詳しくは下記をご覧ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。