工場リーダー育成研修(20KDA)

製造業の要である生産部門の責任者の方に、工場経営に関する広い視野と知識を身に付けていただき、これからの工場運営を的確に行い、これにより儲かる生産の展開ができるようサポートします。

本研修のポイント

●工場長の役割とハタラキ
●生産管理業務の基本的な考え方や取り組み方
●今日の利益(現在展開中の生産での利益の確保)の追究の仕方
●明日の利益(これからの生産での利益の確保、創出)の追究の仕方 などを詳しく解説します!

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 20KDA
研修日程 令和2年8月7日(金)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 製造部門の監督者、リーダー、中堅社員
定員 30名
受講料 【会員】7,800円  【一般】9,900円 (消費税込)
カリキュラム 1.工場長の役割とモノづくり
・生産のフレームワーク
・工場長の立場と役割
・日常管理と目標管理
・安全衛生を確保する
・工場長の心構え
・グループディスカッション
「あるべき工場長の姿を考える」
2.今日の利益を確実にする
・生産管理機能を高める
・5Sの深化、拡大を図る
・見える化の展開を図る
・トヨタの”7つのムダ”でムダを退治する
3.明日の利益を追求する
・明日の利益は「顧客満足度の向上」から
・生産リードタイムの短縮化と在庫削減
・グループディスカッション
「今日の利益、明日の利益に向けて改善活動を考える」
4.モノづくりのための人的能力を高める
・知識、技能の向上を図る
・モチベーションの向上を図る
・コミュニケーションの向上を図る
講師紹介 株式会社マネジメント21 代表取締役 吉原 靖彦 氏

プロフィール

東京都立大学工学部卒業後、大手機械メーカーでの生産管理、生産技術、製造、開発設計などの実務経験後、大手コンサルティングファーム(社)中部産業連盟で主席コンサルタント、コンサルティング部長、執行理事などを歴任した。2010年に(株)マネジメント21設立、同社代表取締役となる。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。