契約書とコンプライアンスの基礎研修(草加)(19KQO)

企業対企業で起こるトラブルのほとんどは「契約」に関するものといっても過言ではありません。損害額や賠償額が多額になるおそれもあります。本研修では、未然にトラブルを避けるべく、契約書とコンプライアンスの押さえどころを分かりやすく解説します。

本研修のポイント

●実務経験豊富な行政書士の講師が実務の目線から解説します
●事例紹介、演習あり

研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら

 

研修コード 19KQO
研修日程 2019年6月12日(水)【1日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 草加市文化会館 レセプションルーム
〒340-0013 草加市松江1-1-5
対象者 総務・営業事務の実務担当者・若手社員・中堅社員・管理職・経営者
定員 20名
受講料 【会員】7,800円  【一般】9,900円 (消費税込)
カリキュラム 1.コンプライアンスの基礎知識
2.中小企業のビジネスパーソン必須の法律知識
・民法、商法
・消費者契約法
・独占禁止法、下請法
・知的財産法(著作権法を中心に)
・個人情報保護法 ほか
3.契約書の基礎とポイント
・契約とは?
・印鑑の基礎知識
・印紙の基礎知識
4.契約書を活用した商談のポイント
5.契約書(全般)の読み方、チェック方法のポイント
6.秘密保持契約書の読み方、チェック方法のポイント
講師紹介 行政書士大森法律事務所 代表 大森 靖之 氏

プロフィール

法学部卒業後、電機メーカー(東証一部)に入社。法務部に配属され契約書や社内規定作成のキャリアを積んだのち、2013年にビジネス契約書専門の行政書士事務所をさいたま市浦和区に開設。現在は、「トラブルの予防」に軸足を置いたビジネス契約書や各種規約の作成のほか、起業家や中小企業の経営者向けの研修・教育で活躍中。豊富なキャリアに基づいた分かりやすい講義で好評を得ている。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。