新入・若手社員向け工具入門研修(春日部)(19KAP)

これから技術者として成長していく新入・若手社員には、生産現場で使用される工具の基礎的な知識が必要不可欠です。
普通科卒など、初めて工具を手にする方を対象とし、安全に作業するための心がけや一般工具・測定器の使用方法、注意点について、実際の器具を使用しながら実践的に学んでいただきます。
研修チラシ

お申し込みはこちら
4名以上のお申し込みはこちら
研修コード 19KAP
研修日程 2019年4月22日(月)、23日(火)【2日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 春日部高等技術専門校大きな地図で見る
春日部市大増新田61-1
対象者 新入社員、若手社員、内定者 (初めて工具を手にする方)
定員 15名
受講料 【会員】8,000円  【一般】12,000円(消費税,テキスト代含む))
カリキュラム 1.労働安全衛生(学科)
機械作業の危険と災害防止、整理・整頓・清掃・清潔、服装、正しい作業、
グラインダー作業、ボール盤作業
2.作業用工具の名称と使われ方(学科)
両口スパナ、ドライバー、六角レンチ、ヤスリ、モンキースパナ、
パイプレンチ、ペンチ、ニッパー、ハンマー、金切りのこ、バイス、
ドリル、タップ、ダイス等
3.金属切断、ねじ切り、ネジ締め(実技)
金切りのこ、プラスドライバー、六角棒レンチ、スパナの使い方
4.直接測定と比較測定(学科)
・測定器名と用途
スケール、ノギス、けがき定盤、Vブロック、スコヤ、水準器、
マイクロメータ、シリンダーゲージ、ハイトゲージ、ダイヤルゲージ、
ブロックゲージ
5.測定実習(実技)
ノギス、マイクロメータ、ダイヤルゲージ、シリンダーゲージ
備考 ・カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。