知財力向上支援(人材育成)

知的財産アドバイザーによる複数回の訪問支援

知的財産アドバイザーが企業を訪問し、社内勉強会の講師や出願手続き等の実務指導などを通じ、知的財産を企業経営に活かすための支援を行います(有料)。

こんなニーズをお持ちの企業におススメします!

  • 特許・実用新案・意匠・商標の基礎知識を学び、商品開発や営業活動に活かしたい。
  • 具体的な事例を通して、他社から侵害警告を受けた場合の対処方法を身につけたい。
  • 効果的に先行出願を調査し、商品開発(技術、形状、ネーミング等)に活かしたい。
  • 特許事務所を上手に活用し、効果的な権利を取得したい。
  • 自社で出願することにより、経費を抑えたい。  その他・・・
実際の支援事例
  • A社 ~トップを交えた勉強会で知財的なセンスを磨く~
    トップを交えた社内勉強会に開発や製造、営業部門のスタッフに参加していただき、知的財産権の基礎知識やそれぞれの業務との関係を知ることにより、日常業務における効果的な知財活用方法を学んでいただきました。また、A社は同業他社から特許の侵害警告を受けた経験もあったため、警告文を受け取った時の具体的な対応についても、事例を通して学んでいただきました。
  • B社 ~OJT方式で基礎的な実務能力を身につける~
    開発担当者や技術担当者を対象に、実際に特許出願を検討している案件を題材に取り上げ、無料の特許・意匠・商標等データベース「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」を用い、自社に適した効果的な先行技術の調査方法を学んでいただきました。また、特許明細書の書き方など、実際の手続きについて学んでいただき、実践的な能力を身につけていただきました。

支援回数

1社あたり5回を基本とします。

費用

企業の負担:公社会員企業2,000円/5回
(非会員企業 20,000円/5回)

※公社会員制度についてはこちらをご覧ください。