アクセス埼玉 平成31年2月号

特集

健康経営が職場と社会を変える

acc2705

少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少により、人材不足が常態化する今日、経営者にとって社員が心身共に健康で生き生きと働ける職場づくりがますます重要になってきました。
このような背景により、経営戦略の一つとして、社員の健康増進を図るため、健康経営に取り組む企業が増えています。
健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できる」との考え方に立って、社員の健康づくりを経営的視点から考え、戦略的に実践することです。

    • 今なぜ健康経営に取り組む企業が増えているのか
    • 健康経営を始めるきっかけ
    • 事業所における取り組みのポイント
    • 健康経営を実践した企業の事例
    • 社員の視点で健康経営の効果を捉える
    • 社員への健康投資で会社も地域も大変身!