アクセス埼玉 平成30年7月号

特集

航空機クラスターの展開と中小企業のビジネスチャンス

acc2705

2018年の国内における航空機産業の市場規模は約1・7兆円(うち、民間航空機が約1・2兆円)となっており、10年前と比べて約1・6倍にまで拡大しています(生産動態統計)。
また、世界のジェット旅客機の需要は、今後約20年間で代替需要も合わせて約3万3000機と見込まれています。
このように、航空機産業は安定した市場拡大が期待できる数少ない市場といえるでしょう。
加えて、航空機は1機当たり最大で300万点にも及ぶ部品から構成されており、その数は自動車の10倍から100倍とされています。従って、今後の世界的な航空機需要を取り込むことができれば、国内産業の新たな柱となることが期待されます。

    • 世界の中での日本の航空機産業
    • 日本の航空機産業の構造
    • 航空機クラスター形成のトレンド
    • 神戸航空機クラスター研究会の取り組み
    • 神戸航空機クラスター研究会参加企業の具体事例
    • 航空機産業への参入に向けて

【大起理化工業(株)】               【(有)マグネオ技研】