平成30年度 高校生ものづくりコンテスト「電子回路組立部門」埼玉県予選会が開催されました

7月26日(木)、日本工業大学において
平成30年度 高校生ものづくりコンテスト「電子回路組立部門」埼玉県予選会が開催されました。

日本工業大学
県内工業高校から1年生10名、2年生16名、3年生21名の計47名が参加しました。

午前:競技課題Ⅰ「電子回路の組み立て・半田付けに関する競技」80分
午後:競技課題Ⅱ「制御プログラムの作成に関する競技」90分
以上2点について優秀な生徒を表彰します。

午前の競技に向けて、持ち物のチェックをする選手たち

ものづくりコンテスト 電子回路組立

競技についての諸注意を真剣に聞きながら、材料に不足がないかどうか入念にチェックします。

ものづくりコンテスト 電子回路組立  ものづくりコンテスト 電子回路組立

競技スタートの合図とともに、
午前の競技「入力基板製作課題」の製作がスタートしました。

回路図から実態配線図を作成します。
持参した工具を使い、日頃の成果を発揮して課題の基板製作に真剣に取り組んでいます。

ものづくりコンテスト 電子回路組立  OLYMPUS DIGITAL CAMERAものづくりコンテスト 電子回路組立  ものづくりコンテスト 電子回路組立

基板の審査です。さまざまな項目について、審査員が細かくチェックしていきます。

ものづくりコンテスト 電子回路組立  ものづくりコンテスト 電子回路組立

続いて、午後の「制御プログラムの作成に関する競技」がスタートしました。
事前に製作した7セグメントLED付マイコン基板と、午前中の競技で製作した入力基板を接続して、課題の制御プログラムを作成します。

全部で8問あり、6問目・7問目・8問目は難易度が高く、配点も高くなっています。

ものづくりコンテスト 電子回路組立  ものづくりコンテスト 電子回路組立

プログラムの審査です。正しく動作しているか、審査員が1問ずつ確認していきます。

ものづくりコンテスト 電子回路組立

閉会式では、日本工業大学 電気電子通信工学科 教授 生駒 哲一先生、 審査員 窪田 政一様による
指導講評がありました。

 

審査結果
第1位(埼玉県知事賞) 熊谷工業高等学校 3年 今井 駿介 さん
第2位(埼玉県産業振興公社理事長賞) 越谷総合技術高等学校 3年 阿部 ブライヤン さん
第3位 越谷総合技術高等学校 3年 新井 優希 さん
第3位 新座総合技術高等学校 3年 皆銭 拓眞 さん

ものづくりコンテスト 電子回路組立

代表者のみなさんは8月17日の関東大会へ出場します。
関東大会でも、埼玉県代表として大いに活躍していただきたいです。

 

【公社では県内工業高校と連携し、ものづくり人材の育成を支援しております。】