医療機器分野「台湾技術交流会」を開催いたしました (11月1日~2日)

    台湾の医療機器産業は近年、高付加価値化、ミドル・ハイエンド化を志向して成長しています。今後台湾で開発・製造される医療機器製品の多様化が進む中で、日本企業と台湾企業の提携可能性はますます高まると思われます。公社では成長著しい台湾において、台湾企業と県内企業との連携を促進することで互いの競争力を高めることを目的に、台湾の金属工業研究発展センターが支援している医療クラスター企業と県内企業との技術交流会を実施しました。成長分野である医療・医療機器に携わる台湾企業と県内企業との技術交流によって国際競争力の強化と取引機会の獲得・拡大を図りました。

開催期間

2018年11月1日(木)~11月2日(金)

台湾企業・医療機器関連機関

バイオ医学産業・医療機器関連 支援機関及びその関連企業2社(新竹市)
工業技術研究院(ITRI)(新竹市)

金属工業研究発展センター及びその関連企業4社(高雄市)
FA分野・台湾企業1社(台南市)

埼玉県企業

株式会社ICST (さいたま市)
株式会社華光 (埼玉工場:さいたま市)
株式会社コスミックエムイー (川口市)

写真

<当日の様子>
IMG_1974_RIMG_2023_RIMG_1998_R