香港FOOD EXPO 2017出展支援を実施しました(8月15日~20日)

公社では、香港を始め海外への埼玉県内企業の食品輸出拡大を支援するため、香港で開催された展示商談会 「FOOD EXPO 2017」への県内企業の出展およびマッチング支援を実施しました。2,000を越える企業(29ヶ国・地域)が出展する中、来場者は約50万人を数え、文字通りアジア最大規模の食品展示会となりました。

展示会出展に向けて、公社では、輸出ルートを確立するためにバイヤーとの交流会を実施したほか、準備会を3回実施し、各社が商品の強みを効果的にアピールするための商談会シートやPOP作成の支援をしました。
ジェトロや香港貿易発展局のビジネスマッチングサービスを利用したほか、現地事情に詳しいコンサルタントを活用して有力バイヤーとのマッチングを設定しました。

また、4つの食品スーパーを視察し、香港市場のトレンドや、日本食品の立ち位置などを知る機会となりました。

展示会開催期間
2017年8月17日(木)~8月19日(土)
(出展支援事業実施期間: 2017年8月15日(火)~8月20日(日))

会場

香港 Convention & Exhibition Center

参加企業

8社(敬称略)

蒟蒻屋本舗(株)、(株)スーパーヤオフジ、ディボーネクラフト(株)、(株)都平昆布海藻、(株)ナガホリ、(株)ハーヴィインターナショナル、笛木醤油(株)、矢島園(株)

<展示会風景>

小川町の「手漉き和紙 たにの」の谷野様に和紙のテーブルクロスを、埼玉県よろず支援拠点の田端様に統一感のある各社のポスターを作成頂きました。(写真は会期前日の準備風景)

会期中を通して、埼玉県ブースには大変多くの方が来場しました。

IMG_2632

IMG_2766

IMG_2706