【埼玉県次世代住宅産業プロジェクト】製品発表会を開催しました!(開催日10月3日(水))

10月3日(水曜日)、新都心ビジネス交流プラザにて「埼玉県次世代住宅産業プロジェクト 製品発表会」を開催しました。
埼玉県産業振興公社では、埼玉県先端産業創造プロジェクトの一環として、県内中小企業の次世代住宅(スマートハウス)産業への参入を促進することを目的に「埼玉県次世代住宅産業プロジェクト」を推進しています。今回の製品発表会は、プロジェクトの開発製品を住宅や建設、設備など関連する業界の皆さまに広くご紹介するために開催したものです。
当日は、日本工業大学学長の成田健一先生より基調講演をいただいた後、現在開発中の4製品「自然エネルギー運用技術と連動する省エネ装置」「高効率マルチ出力電源装置」「太陽光・熱ハイブリッド型パネル」「高効率床暖房システム」と、これまでに開発した「地中熱ヒートポンプシステム」「木質系断熱材」「高断熱ガラスフィルム」について、各製品の開発を担う企業の方から、製品の特徴などについてご説明いただきました。
住宅の建設や施工に携わる事業者の皆様や、技術開発に関心をお持ちの企業の方など120名を超える方々にお集まりいただき、好評のうちに発表会を終えることができました。また、ポスターセッションでは活発な意見交換が行われていました。
今回報告のあった開発中の4製品については、平成31年1月30日、31日に開催予定の「彩の国ビジネスアリーナ2019」に完成品を展示すべく作業が進められており、2月末には最終の成果報告会も開催する予定としております。埼玉県産業振興公社では、引き続きこうした情報発信の機会を設けることで、開発製品、技術の普及を図っていくこととしております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

開催日時・場所

10月3日(水曜日) 13:30~17:00
新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室
(さいたま市中央区上落合2-3-2 埼京線北与野駅下車 徒歩1分)

内容

(1)基調講演「環境に配慮した住宅地設計が資産価値を保つ」
日本工業大学 学長 成田 健一 先生

(2)開発品の概要と社会的要請への対応
公社先端産業コーディネータ 小笠原 均郎

(3)各開発プロジェクトリーダーによる製品開発の報告
①自然エネルギー運用技術と連動する省エネ装置の開発
②高効率マルチ出力電源装置の開発
③太陽光・熱ハイブリッド型パネルの開発
④高効率床暖房システムの開発

(4)各開発企業による開発完了製品の紹介
①地中熱ヒートポンプシステム
②木質系断熱材
③高断熱ガラスフィルム

(5)ポスターセッション(名刺交換・商談タイム)