『ロボティクスシーズマッチング at 日本工業大学』を開催しました

公益財団法人埼玉県産業振興公社では、埼玉県の支援の下、大学・研究機関等の先端的な研究シーズと企業の優れた技術を融合させ、実用化開発・製品化開発を強力に支援する「先端産業創造プロジェクト」を推進しています。
この「先端産業創造プロジェクト」の一環として、今回、日本工業大学において、『ロボティクスシーズマッチング』を開催しました。

開催日時

7月24日(火曜日) 13:30~17:00
(懇親会 17:00~18:00)

会場

日本工業大学 宮代キャンパス LCセンター
(埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1)

主催

埼玉県
公益財団法人埼玉県産業振興公社
学校法人日本工業大学

後援

株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、
西武信用金庫、飯能信用金庫、青木信用金庫、一般社団法人さいしんコラボ産学官

シーズ内容

ヒューマンインターフェースを考慮した医療福祉機器
先進工学部 ロボティクス学科 教授
中里 裕一 氏

新しいロボット機構
先進工学部 ロボティクス学科 教授
樋口 勝 氏

非接触での生体情報センシング技術
先進工学部 ロボティクス学科 准教授
秋元 俊成 氏

日本工業大学 先進工学部 ロボティクス学科の中里裕一教授、樋口勝教授、秋元俊成准教授による研究シーズ発表に加えて、ロボティクス学科の各教員によるポスターセッションを開催するとともに、埼玉県産業振興公社のコーディネータ、日本工業大学の産学連携コーディネータによるマッチング支援や、懇親会(情報交換・交流会)も行いました。

約100名の方にご参加いただき、うち、県内企業の参加者が半数を超えるなど、埼玉県内企業のロボット分野に対する高い関心を窺い知ることができました。