第3回農業ロボット研究会を開催しました!(10月23日)

農業ロボット研究会では、農業分野における様々な課題を産学官や異業種の連携により解決することを通じて、県内産業の活性化を目指します。
今回は、生産者、ものつくり・IT関連企業等が集まり、新しいビジネスアイデアを考えるワークショップを行い、農業分野におけるビジネスの可能性を追求しました。

開催日時・場所

10月23日(月曜日) 13:30~16:30
新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室
(さいたま市中央区上落合2-3-2 埼京線北与野駅下車 徒歩1分)

主催

埼玉県
埼玉りそな産業経済振興財団
埼玉型フードシステム研究会(埼玉りそな産業経済振興財団、埼玉県)
(公財)埼玉県産業振興公社

セミナー内容

プレゼン 「施設園芸(葉物野菜)の現状と課題」
株式会社クレオ
代表取締役 三宅 泰正 氏

グループワーク 「課題に基づく、新たな農業ロボットアイデアの作成」

全体討議 「農業分野におけるビジネスの可能性、応用可能性ある技術」

まとめ 生産者・アドバイザーからのコメント
東京電機大学 未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科
准教授 釜道 紀浩 氏

DSC09518 DSC08570
DSC08602 DSC08629

当日は台風の通過直後ではありましたが、20名近くの方が参加されました。
またグループワークでは、グループごとに活発な議論が交わされ、参加者同士の交流も深まったようです。
本研究会は今後も、農業現場で求められるロボットを複数の企業等によるチームで開発していくことを念頭に置きながら活動する予定です。