第1回農業ロボット研究会を開催しました!(6月6日)

日本の農業は、「就農者の高齢化による労働力の不足」「生産コストの高さによる所得の低さ」など様々な課題を抱えており、ロボット・ICT技術による解決が期待されています。
本研究会では第1回目の研究会として、農業現場でのロボットニーズや開発の事例を学ぶためのセミナーを開催いたしました。

開催日時・場所

6月6日(火曜日) 13:30~16:30
新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室
(さいたま市中央区上落合2-3-2 埼京線北与野駅下車 徒歩1分)

主催

埼玉県
埼玉りそな産業経済振興財団
埼玉型フードシステム研究会(埼玉りそな産業経済振興財団、埼玉県)
(公財)埼玉県産業振興公社

セミナー内容

講演①「スマート農業の推進について」~農業分野におけるICT、ロボット技術等の活用~
農林水産省 生産局 農産部 技術普及課 生産資材対策室 課長補佐
角張 徹 氏

講演②「農業ICTによるホウレン草・芽ネギ栽培の成功事例紹介」
株式会社オネスト IoT事業部
森 博 氏

講演③「イチゴ収穫ロボット開発物語」
宇都宮大学 教授  アイ・イート株式会社 取締役
尾崎 功一 氏

DSC09518 DSC08570
DSC08602 DSC08629

100名を超える方に参加され「ICTとロボットといった、複数の技術や実例が興味深かった」「新しい知見や実践的な話が聞けてよかった」などの感想をいただき、大好評のうちにセミナーを終えることができました。
本研究会は今年度、農業現場で求められるロボットを複数の企業等によるチームで開発していくことを念頭に置きながら活動する予定です。