【埼玉県次世代住宅産業プロジェクト】製品発表会を開催します(開催日:10月3日(水))

地球温暖化対策が様々な分野で進められる中、ゼロエネルギーハウスを実現する建材や設備への期待が高まっています。当公社では、県内中小企業や住宅メーカー、大学等の連携による住宅用の創エネ・省エネ製品・技術の研究開発を支援する「埼玉県次世代住宅産業プロジェクト」を平成26年度から実施しています。
このたび、これまでの開発成果品と、現在開発中の製品をいち早く紹介する発表会を下記のとおり開催することと致しました。
今回は、現在開発中の4製品「自然エネルギー運用技術と連動する省エネ装置」「高効率マルチ出力電源装置」「太陽光・熱ハイブリッド型パネル」「高効率床暖房システム」の開発報告と、これまでに開発した「地中熱ヒートポンプシステム」「木質系断熱材」「高断熱ガラスフィルム」についてご紹介します。各製品の開発を担う企業や大学の担当者が来場し、開発品についてご説明をします。
ゼロエネルギーハウスなどにご関心をお持ちの住宅メーカーや工務店、建材や住宅設備等を扱う商社、メーカー、施工会社など、多くの企業の皆さまのご来場をお待ちしております。

★参加お申し込みはこちら(入力フォームが開きます)★

★案内チラシ・参加申込書(FAX送付用)はこちら(PDFファイルが開きます)★

開催概要

【日時】

平成30年10月3日(水)
13:30~17:00(受付開始13:00)

【プログラム】

(1)基調講演「環境に配慮した住宅地設計が資産価値を保つ」
(日本工業大学 学長 成田 健一 先生)
日本の家はなぜ短命か?ヒートアイランドや住宅温熱環境など家の内と外の環境研究から得た、省エネで資産価値を長く維持できる住宅地と家の設計について、実例を交えつつお話します。

(2)開発品の概要と社会的要請への対応
(公社先端産業コーディネータ 小笠原 均郎)

(3)製品開発の報告(各開発プロジェクトリーダーよりお話をいたします)
①自然エネルギー運用技術と連動する省エネ装置の開発
②高効率マルチ出力電源装置の開発
③太陽光・熱ハイブリッド型パネルの開発
④高効率床暖房システムの開発

(4)開発プロジェクト完了製品のご紹介
平成28年度までに開発プロジェクトが完了した「地中熱ヒートポンプシステム」「木質系断熱材」「高断熱ガラスフィルム」について、開発企業の担当者がお話をいたします。

(5)ポスターセッション(名刺交換・商談タイム)

【会 場】

「新都心ビジネス交流プラザ」4階会議室
さいたま市中央区上落合2-3-2(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅からは徒歩8分)

【定 員】

80名(申込順)

【参加費】

無料

お申し込み

★こちらの入力フォームからお申し込みいただけます★
または、
参加申込書(PDFファイルが開きます)にご記入いただき、FAX又はメールにて下記までご送付ください。
FAX:048-857-3921
E-mail:sentan@saitama-j.or.jp

※開催日の一週間前に受講票をメール(またはFAX)でお送りいたします。
プリントアウトして、当日受付にお出しください。

お問い合わせ

公益財団法人埼玉県産業振興公社 新産業振興部 先端産業振興グループ
電話:048-711-6870   FAX:048-857-3921
E-mail:sentan@saitama-j.or.jp