【終了しました】「ロボティクスシーズマッチング at 日本工業大学」を開催します(7月24日(火))

「ロボティクスシーズマッチング」では、大学や研究機関が持つ優れたロボット技術シーズを活用し、
企業とのマッチングを通じて、ロボット産業の拡大を目指します。
今回は、日本工業大学の技術シーズを紹介します。
皆様の課題に対するソリューションのヒントが眠っているかもしれません。是非とも御参加下さい!!

開催概要

日時

平成30年7月24日(火)
シーズ発表会 13:30~17:00(受付開始13:00)
懇親会    17:00~18:00(会費:1,000円)

会場

日本工業大学 宮代キャンパス LCセンター (東武動物公園駅 西口から徒歩14分ほか)
詳しくはこちらをご参照ください。

定員

100名(受付順)

シーズ内容

シーズ名・研究者 シーズの概要 今後取り組みたい研究開発及び希望連携先
1

ヒューマンインターフェースを考慮した医療福祉機器

先進工学部 ロボティクス学科
教授 中里 裕一

医療・福祉・介護機器の開発をヒューマンインタフェースの視点で設計・開発しています。ペットロボットの形状や材質から始まり、自動化のレベル・知能化の有無などを検討します。また、電動モータを使わない静音アクチュエーターの開発も行っております。 ①医療機器・福祉機器の開発を行いたい企業
②人間との共存を考えた自動機器の開発を行いたい企業
③ヒューマンインタフェース機器の開発を行いたい企業
2

新しいロボット機構

先進工学部 ロボティクス学科
教授 樋口 勝

水圧モーター駆動の1つの回転ブラシで移動と洗浄を両立する小型洗浄ロボット、省設置スペースで大作業領域のパラレル機構、歩行形態を変えることで高移動効率と対地適応性を両立した4足歩行ロボット等の開発を行っています。 ①車輪以外の移動機構を必要としている企業
②アーム形の産業ロボットでは困難な、高速・高精度かつ大負荷の作業をロボットにより自動化したい企業
③製品の実用化に協力していただける企業
3

非接触での生体情報センシング技術

先進工学部 ロボティクス学科
准教授 秋元 俊成

非接触での生体情報計測を目指して研究を行っています。レンズとフォトトランジスタを用いた血中酸素飽和度の計測を1例として、その他、病院や高齢者施設での携帯情報モニタの計測システムの開発を行っています。 ①医療機器・介護機器の開発を行いたい企業
②距離画像センサや画像センサで自動化をしたい企業
③福祉機器等の評価を依頼したい企業

ロボティクス学科の各研究室によるパネルセッション

シーズ名・研究者 シーズの概要
1

超音波を用いた計測技術

於保 茂

超音波を用いて非接触で回転角や角度変化、回転数を測り、トルクの推定もできます。またGPSが使えない場所でも、車のような移動体の位置を数cmの精度で測ることができます。
2

モータの高性能モーションコントロール技術の開発

浦川 禎之

モータのディジタル制御での演算時間遅れを含めた制御器設計により、試行錯誤の調整なしで柔軟な力制御や限界ギリギリの高速高精度制御を実現します。
3

管内移動作業ロボットの要素技術

宮川 豊美

多様な管内(垂直、曲管、分岐管)や狭隘部を移動し、作業する管内移動作業ロボットの実現を目指した要素技術開発を行っています。
4

高剛性な材料開発

安原 鋭幸

物体の移動には重さが重要なファクターとなります。軽くすればより速く動かせます。複合材料により剛性を保ちつつ軽量な材料の開発を目指しています。
5

適切な経路選択を促す時間地図の作成

鈴木 宏典

ドライバに対して適切な経路選択を促す「時間地図」の作成を試みました。カーナビ、スマホの経路選択アプリへの応用を想定しています。
6

プロジェクションマッピングによる機構学教材システム

櫛橋 康博

歯車、4節リンク、多関節アームなどの機構学学習を支援するため、実物の機構に目視できない力や速度ベクトルをリアルタイムに投影する教材システムの開発。
7

ロボットビジョン

田村 仁

ディープラーニングを用いた静止画からの距離画像生成や、カメラを用いた非接触な血管年齢計測など、機械学習や画像計測手法の研究およびVRへの応用。
8

残像を利用した空間ディスプレイ

滝田 謙介

ジャイロセンサなどを組み合わせた姿勢センサを搭載し、人が手で持って振ることで空間の自由な位置に、文字や映像を浮かび上がらせることができます。

こちらもご参照ください!ロボティクス学科 研究室紹介

詳細

日本工業大学産学連携起業教育センターのサイトでも詳しい情報が見られます。

主催

埼玉県
公益財団法人 埼玉県産業振興公社
学校法人 日本工業大学

後援

株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、
西武信用金庫、飯能信用金庫、青木信用金庫、一般社団法人さいしんコラボ産学官

お申込み・お問い合わせ先

公益財団法人埼玉県産業振興公社
先端産業支援センター埼玉 担当:長谷部
TEL 048-711-6870