【終了しました】第4回農業ロボット研究会を開催します(開催日:3月19日(月))

第4回農業ロボット研究会 ~ロボット技術による農産物の付加価値の創出~

近年、農産物は高品質・高付加価値商品として輸出への期待が高まる中で、国際基準に合致した品質の確保が求められ、より効率的な収穫や高い精度の検査を行うために、ロボット技術の導入が期待されています。
今回は、人では発見が難しい微小害虫の検出・除去と優しいハンドリングを提供するロボットハンドの事例を紹介し、その応用展開を参加の方々と共に考えて行きます。

開催概要

開催日時・場所

平成30年3月19日(月曜日) 13:30~17:00
新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室
(さいたま市中央区上落合2-3-2 埼京線北与野駅下車 徒歩1分)

内容

13:30~ 開催挨拶・趣旨説明
13:40~ 講演①「モモシンクイガ被害検出システム」
山梨大学 大学院 情報メカトロニクス工学科 教授 小谷 信司 氏
14:30~ 講演②「農産物ロボットハンド」
スキューズ株式会社 技術本部 副本部長 廣畠 健一 氏
15:30~ パネルディスカッション「ロボットによる農業の省力化・付加価値向上の可能性」
~ハンド・自動検査機が他の農業分野でも応用できるか~

パネラー:山梨大学  小谷 信司 氏
スキューズ 廣畠 健一 氏
モデレーター:埼玉りそな産業経済振興財団 室長 真鍋 伸次 氏
16:30~ 閉会
16:40~ 名刺交換会(17時終了予定)

定員・参加費

50名 無料

主催

埼玉県
埼玉りそな産業経済振興財団
埼玉型フードシステム研究会(埼玉りそな産業経済振興財団、埼玉県)
公益財団法人埼玉県産業振興公社

お申し込み・お問い合わせ

参加をご希望される方は参加申込書(PDFファイルが開きます)に必要事項を記入の上、
下記あてFAX(048-857-3921)にてお申込みください。

お問い合わせ

公益財団法人埼玉県産業振興公社(先端産業支援センター埼玉)
担当:小野・大松
TEL 048-711-6870
FAX 048-857-3921