平成29年度埼玉県ナノカーボン人材育成プログラム 第八回を開催しました(2月23日)

   昨年度ご好評いただきましたナノカーボン実践プログラムを、今年度は「ナノカーボン人材育成プログラム」と名称を改め開催しております。本プログラムは、ナノカーボンに関するビジネスの現状等を多角的に学ぶとともに、研究者や企業同士のネットワークの構築を図り、ナノカーボン分野でのビジネスチャンスをつかめるような企業・人材の育成を目指します。7月より毎月開催を行う、全8回の構成となっております。

2月23日(金)に第八回を開催し、山形大学 大学院理工学研究科 教授 高橋辰宏氏および片野染革株式会社 代表取締役 片野秀臣氏と研究開発本部長 正岡弘氏にご講演いただきました。
また、講演会終了後は講師の先生方と参加者の方々との交流、意見交換を図るため、交流会を開催いたしました。

【開催概要】

◆日 時:平成30年2月23日(金)14:00~16:30
◆会 場:新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室A
(さいたま市中央区上落合2-3-2)
◆内 容:
講演① 山形大学 大学院理工学研究科 教授 高橋辰宏氏
「CNT被覆による炭素材料/樹脂界面の新しい接合技術とその応用」
講演② 片野染革株式会社
「CNTを使ったマスターバッチとその応用」
◆参加者:セミナー 43名+事務局
交流会  25名+事務局

DSC02205DSC02211
講演① 山形大学 大学院理工学研究科 教授 高橋辰宏氏のご講演

DSC02220IMG00761_HDR2
講演② 片野染革株式会社 代表取締役 片野秀臣氏
研究開発本部長 正岡弘氏のご講演

DSC02184片野染革株式会社様 サンプル展示

アンケートの結果より 総合評価で100%の方に満足、やや満足の評価をいただきました。
・先端技術は開示範囲が狭くなりますね。
・CNTをCFRPに応用することは今後の大きなテーマ
・大学の先生らしく学術的な話が聞け、理解が深まりました。
・川下産業の具体的な採用事例等をモデルとして時に自動車産業分野に集中した研究事例を紹介してほしい。
・技術立社として固有の差別化技術や実績の具体事例を紹介して欲しいと感じました。
・展示サンプルが参考になりました。

などの忌憚ないご感想、ご意見を頂戴いたしました。

一年間に渡り全8回を通じて、ナノカーボンの合成から精製・分散・混合、複合化まで製品になるまでの工程に準じたセミナーを開催してまいりました。
ご参加くださいました皆様、誠にありがとうございました。