事務効率化研修 (17K62)

17k62

管理・間接部門の5S / ファイリング / 業務改善方法を学ぶ

事務部門の「5S・ファイリング」による管理・間接業務を改革するための推進方法を学びます。「モノの見える化=5S」「業務の見える化=ファイリング」を推進することで、業務のムダを徹底的に排除し、効率的な業務を遂行するスキルを身につけます。

受講生の声
  • 5Sとはすべて独立しているものだと思っていたが、すべてがつながっていることが分かり大変勉強になりました。
  • ファイリングシステムは、事務の生産性を高めるためにはとても役に立ちそうなので即実行に移し、部屋内のスリム化を進めたいと思います。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ
研修コード 17K62
研修名 事務効率化研修
研修日程 平成29年10月16日(月)、17日(火)【2日間】
研修時間 9:30~16:30
研修会場 埼玉県産業振興公社 研修室  大きな地図で見る
〒330-8669 さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル10階
TEL 048-647-4087
対象者 若手社員、主任クラス、課長クラス、部長クラス、事務担当者
定員 30名
受講料 【会員】15,000円  【一般】19,200円
カリキュラム

1.事務所における5S推進・ファイリングシステム確立の必要性と目的

    • 5S・ファイリングができていないことによる問題点
    • 5S・ファイリングの目的と効果

2.事務所の5S・書類整理の進め方

    • 5Sの定義・目的・効果
    • 整理・書類整理の進め方・ポイント
    • 整理基準(手持ち基準)の作成演習
    • 整とん・清掃のポイントの進め方・ポイント
    • 清潔・しつけ定着化のポイント
    • 実施事例の紹介

3.ファイリングシステムの確立方法

    • ファイリングシステムの目的
    • ファイリングシステムの確立手順
    • ファイル背表紙の作成演習
    • 電子データファイリングシステムの確立手順
    • 実施事例の紹介
講師紹介 一般社団法人中部産業連盟 コンサルタント
鈴木 理能 氏

プロフィール

2005年中産連入職。専門分野は5S、VM(目で見る管理)、生産管理改善、生産現場・事務現場改善、品質管理改善、ISO9001、ISO14001、環境規制(グリーン調達)対応などである。多くの企業の経営診断、改善指導及び教育訓練に従事している。著書に「新まるごと工場コストダウン事典(共著)」などがある。

備考 カリキュラム内容は、予告なく変更される場合がありますので、予めご了承ください。
申込(1~3名) 申込(3~、複数講座) 研修パンフレット お問合せ