平成30年度 第1回 モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会を開催しました(6月13日)

次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」活動を行っています。
近年、EVやハイブリッドなどさまざまな方式の自動車が実用化されています。今回は、電動化動向分析として「次世代自動車のメガトレンドによる影響評価」及び「今後の電動化拡大に向けたニーズ」についての技術紹介をしていただきました。
第1部の技術セミナーでは、73名(42社)の皆さんにご参加いただきました。また、第2部の研究会会員メンバーによる討論会では、講師のお2人にも加わっていただき専門的な内容にも踏み込んだ意見交換が行われ、大変有意義な研究会となりました。

日時:2018年6月13日(水)13:30~16:30
場所:新都心ビジネス交流プラザ4階 会議室C

パンフレット

第一部 <技術セミナー>

講演1

「次世代自動車産業のメガトレンド分析」01齋藤氏
(株)野村総合研究所
グローバル製造業コンサルティング部
自動車産業第2グループ 上級コンサルタント
齋藤 貴成 氏

【プロフィール】2003年(株)野村総合研究所入社。製造業向けコンサルティング業務に15年以上従事。
専門は自動車及び自動車部品メーカ向けの事業戦略策定支援、経営改革支援、研究開発改革支援など。

講演2

「自動車の電動化拡大に向けたニーズ」02久保氏
日産自動車(株) パワートレイン・EV技術開発本部
パワートレイン・EV先行技術開発部
アライアンスGM  久保賢明 氏

【プロフィール】1990年日産自動車株式会社入社。総合研究所にてパワートレインを中心として研究に従事。その後、パワートレイン開発本部にて製品の先行開発からそれを支えるモデルベース開発を支援。現在は、将来の技術戦略の立案とともに、先行技術開発をグローバルに推進している。

会場・質疑の様子

03会場の様子 04質疑の様子

第二部 <技術討論会>

05研究会1 06研究会2