【募集終了しました】平成30年度第2回軽量化研究会 聴講者募集のご案内【開催日:8月30日(木)】

「軽量化研究会」では、次世代自動車の重要課題である車両の軽量化をテーマとして、最新の技術情報や先進企業の取組みなどを紹介し、会員企業の研究開発や技術革新を促進するとともに販路拡大の取組みをサポートします。今回は、ステンレスやアルミ、チタンなどの金属粉末を材料とし、軽量化や高機能化を可能とする造形方法として注目される金属3Dプリンティングをテーマに、研究開発動向や独自技術について紹介します。

【テーマ】「金属3Dプリンターが拓く新しいもの造り」

【講演1】「金属積層造形技術の応用と研究開発動向
     ―電子ビーム積層造形技術の特徴と可能性について―」

<講師>
東北大学 金属材料研究所   教授 千葉晶彦 氏
<講演概要>
金属積層造形技術を、前半はものづくりの視点からとらえ、その特徴と可能性について言及する。後半は、金属積層造形技術を用いた新規材料開発の可能性、欧米を中心として展開されているIoTとAIによる製造業のデジタル化(先進製造業)と金属積層造形とのかかわりについて、最近の世界的な研究開発状況を踏まえ説明する。

【講演2】「オープンパラメータを活用した金属粉末の調達と独自技術」

<講師>
株式会社ACR 研究開発部 部長  野口  宏 氏
<講演概要>
金属3Dプリンターはとっつきにくいためにメーカー純正の金属粉末、焼結レシピをそのまま使っているところがほとんど。そのようなメーカーお仕着せの環境では他社との差別化を図ることもできず、独自技術への発展も望めない。独自技術にこだわり、純正以外の金属粉末を導入した顛末記を中心に紹介する。

開催日時等

日時

平成30年8月30日(木)13:30-16:30

会場

新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室C(さいたま市中央区上落合2-3-2)

定員

50人(定員になり次第締め切ります)

参加費

自動車産業部会会員 無料
公社会員 1,000円
上記以外 2,000円
(すべて消費税含む、当日現金でお支払ください)
パンフレットはこちら

問合せ・申込先

次世代自動車支援センター埼玉 黒田
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2
TEL 048-621-7051  FAX 048-857-3921