【終了しました】平成28年度 第4回モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会「技術セミナー」開催のお知らせ(開催日:2月8日(水))

次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」を設置し、最新の技術動向や業界の技術ニーズなどの情報提供の場として「技術セミナー」を開催しています。 昨今、地球環境保全が緊急の課題となっているなかで、スマートシティー構想など、総合的なエネルギーマネージメントモデルが提案され、様々なモビリティーとのエネルギー授受方式が検討されています。今回は、その中でも注目されている、各種モビリティーへのワイヤレス給電の開発状況についてお話していただきます。

~各種モビリティーへのワイヤレス給電技術の動向について~

講演1

「小型モビリティーへのスマートワイヤレス給電の提案」
講師:埼玉大学大学院理工学研究科 教授 金子裕良 氏
mph170208_01a

プロフィール:1989年埼玉大学大学院修士課程修了。同年新日本製鐵(株)入社。1990年埼玉大学工学部助手、1995年同大学総合情報処理センター講師を経て、2008年より現職。専門は、非接触給電や電源など電気機器の設計解析および産業用ロボットの知的情報処理・制御の研究に従事。博士(工学)。

概要:小型モビリティーや電動自転車へのワイヤレス給電。走行中充電と停車中充電との比較と互換性、利便性と課題など。

講演2

「EVバス向けワイヤレス急速充電システムの公道走行実証」
講師:(株)東芝 研究開発センター ワイヤレスシステムラボラトリー
研究主幹  尾林秀一 氏
mph170208_02a

プロフィール:1987年京都大学大学院修士課程修了。同年(株)東芝入社。無線通信電波伝搬、マイクロ波アンテナ、高周波無線回路、マイクロ波回路、ワイヤレス電力伝送技術の研究開発に従事。

概要:環境省委託事業として実施している 85kHz帯 44kW ワイヤレス充電システムの構成、電力伝送と放射エミッション特性、2台のEVバスを用いた公道走行実証の概要を紹介する。

日時・場所

日時 : 2017年2月8日(水) 13:30~15:30

場所 : 新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室
 (さいたま市中央区上落合2-3-2)
 (JR埼京線 北与野駅前)

参加費 : 自動車産業部会会員:無料     公社会員:1,000円    非会員:2,000円

申込み

申し込み受付は終了いたしました。

パンフレット